はじめに

この サイトは 何か?

この サイトの 目的

Rômazi Aiueo(ローマ字 あいうえお)は ローマ字の 理解と 普及を 目的とした サイトです。一般の 方に ローマ字の 基本を まなんでいただき,ローマ字を どんどん つかってもらおうという とりくみです。

名前の ローマ字を しらべている 人は「名前の ローマ字」で さがすか「お名前の ローマ字 変換」または「ふりがなの ローマ字 変換」を おつかい ください。ローマ字に かんする 疑問が ある 場合は「よく ある 質問」に こたえが あるかも しれません。こどもむけの 教材は「ローマ字の おさらい」に あります。

ローマ字を まなぶ

ABCで 書かれた 文章を みつけた こどもが おもわず「英語だ!」と いって しまう ことが あります。本当は フランス語かも しれないし,ローマ字書きの 日本語かも しれない わけで おかしいのですが,そういう 感覚は おとなにも あるでしょう。これは 日本人の 国際感覚が まずしいからです。英語 以外の 外国語や ローマ字を 学校で きちんと おしえていない ことなどが その 原因です。

ローマ字は 小学校の「国語」で ならいますが,正しく 理解 している 人は すくない ようです。ローマ字 くらい しっていると いう 人でも 勘ちがい している ことが おおく,学者クラスの 知識人でも ローマ字を 正しく 書ける 人は あまり いません。日本は,教育が ゆきとどいた 先進国なのに,大部分の 国民が 母語を ABCで 正しく 書けないという,世界でも めずらしい 国です。

つぎの 例を みて ください。

× Kareha Tokyo he ikimashita.
(彼は東京へ行きました。)

この ローマ字は まちがっています。どこが おかしいか わかりますか? わからない 人は この サイトを 読んでみて ください。正しく 書ける ように なるでしょう。この サイトは 正しい ローマ字の 知識を ひろめる くわだてです。

Kare wa Tôkyô e ikimasita.
(彼は東京へ行きました。)

ローマ字を つかう

ローマ字は いろいろな ところで つかわれている ように みえますが,それは まちがいです。本物の ローマ字が つかわれていないからです。じつは,一般に ローマ字と よばれている ものは 本物の ローマ字では ありません。

日本の 人名や 地名を 外国人でも 読める ように ABCで 書いた ものが ローマ字だと おもっている 人は おおいでしょう。しかし,本物の ローマ字は そういう ものでは ありません。パスポートや 道路標識で つかわれている ローマ字も 本物の ローマ字では ありません。本物の ローマ字は 英語教育とも ローマ字入力とも 関係 ありません。

本物の ローマ字は わすれられています。これは 日本の ために よく ない ことで,みすごす わけに いきません。この サイトは「本物の ローマ字を つかいましょう。」という おさそいでも あります。

この サイトの 対象

この サイトが かんがえている 読者は(専門家では なく)一般の 人です。たとえば つぎの ような 人です。

もちろん,このほかの 人でも かまいません。ローマ字に 興味が ない 人でも 読めば 何か 発見が あるでしょう。

この サイトの 中身

メニューから アクセス できる ページ

各ページの てっぺんに ある メニューから 下の ページに アクセス できます。

そのほかの ページ

つぎに しめす ページも あります。

サイトマップ」に すべての ページが まとめてあります。この サイトの 中を 検索 したい ときは「サイト内検索」を おつかい ください。

ローマ字入力に ついて

ローマ字入力の くわしい 説明は しませんが,ローマ字入力の キーの おしかたが 学校で ならう ローマ字(訓令式ヘボン式)と ちがっている 理由などは 説明 しています。

ローマ字入力の 影響で ひろまってきた,変な ローマ字(いわゆる「ワープロ式」)にも ふれています。

つぎに 読むと よい ページ

この ページの つぎに どこを 読んだら いいのか わからない 人には 下の ページを おすすめします。

この サイトに ついて

だれが つくっているか?

この サイト Rômazi Aiueo(ローマ字 あいうえお)は 管理人の Hypnos が ひとりで つくっています。個人の サイトです。

中身に ついて

ローマ字には 公式の ルールが さだまっていない ところが たくさん あり,はっきり「これが 正解です。」と いいきれない 場合も あります。この サイトの 解説は 独自の 見解や 提案を ふくんでいます。あらかじめ ご理解 くださいローマ字の 書きかたに ついては,ほかの サイトも しらべてみて ください。いろいろな かんがえが あり,それぞれに よい ところが あります。ただし,本当の ローマ字の 目的に あわない ものや ローマ字の 原則から はずれている ものは おすすめ しません。この サイトの 目的は ローマ字を ひろめる ことですが,その ローマ字とは 本物の ローマ字です。「英語式」「ワープロ式」では ありません。

ローマ字の 規格や 歴史の 解説は 事実に もとづいている つもりですが,個人サイトの 限界が あり,内容の 正確さを うけあう ことは できませんまちがいを みつけたら「おといあわせ」から こっそり おしえて ください。

参考文献などは あげていません。ローマ字に かんする 本は あまり 市販 されておらず,アクセス しづらいのが 現状です。昔は ローマ字で 書かれた 一般むけの 本も たくさん あったのですが,いまは おおきな 図書館でも みつけるのが むつかしく なっています。

読む 環境

あたらしい ブラウザーで お読み ください。バージョンが ふるいと 正しく 表示 できない ことが あります。

JavaScript を 有効に して ください。JavaScript を 無効に すると,一部の 機能が つかえません。

画面が おおきい 環境で お読み ください。スマートフォン など,画面が ちいさい 環境では レイアウトが みだれたり して 読みにくいかも しれません。また,タッチ パネル の デバイスでは おしにくい リンクや ボタンが あるかも しれません。

表示や 動作が おかしい ときは ブラウザーの キャッシュが 影響 している うたがいが ありますので,強制的に 再読みこみ(リロード) してみて ください。
Ctrl+F5Command+Rなどで できます。)

おといあわせ

この サイトに ついての ご質問や ご要望は「おといあわせ」で うけつけています。また,各ページの ところどころに SNSに つながる ボタンを おいています。そこに Web拍手の ボタンも あります。そこから この サイトの 管理人に みじかい メッセージを おくる ことが できます。かんたんな ご要望や まちがいの 指摘などは それを つかって いただいても かまいません。Twitter に ダイレクト メッセージを おくって くださっても かまいません。

名前の 書きかたも おこたえ します。そのときは 漢字表記 だけで なく かならず 読みかたを 書きそえて ください。読みかたは のばす 音を「ー」で あらわす カタカナ表記で おねがいします(例:太郎さん → タロー,優子さん → ユーコ)。

そのほかの 内容(ローマ字文の 添削依頼など)には おこたえ できません。

この サイトの なりたち

この サイトの はじめと,ここ 1年の おおきな 変更は つぎの とおりです。