お名前の ローマ字 変換

はじめに

名前の 書きかた

名前の 先頭は 大文字に します。姓と 名は「姓-名」の 順です。姓を すべて 大文字で 書く 方法も あります。イニシャルに する ときは うしろに とめの印(.)を つけます。特殊な 文字が つかえない ときは 代用表記に します。

Yamada Tarô(山田 太郎)
YAMADA Tarô 【大文字の 姓】
Yamada T. 【イニシャル】
Yamada Taroo 【代用表記】

くわしくは「人名」を お読み ください。

ローマ字の 方式

ふつう,日本の 人名は 日本語なので,ローマ字の 方式は 日本語らしい 訓令式に します。英語風の つづりに しなければ ならない 特別な 事情が ある ばあいは ヘボン式に しても かまいませんが,それで 国際的に なる わけでは なく,外国人が ただしい 発音で 読んで くれる わけでも ありません。「英語式」に すると 日本人が みても ただしく 読めない つづりに なる ことが あります。

Itirô(一郎)【訓令式
Ichirō(一郎)【ヘボン式
Ichiro(一郎)【「英語式」

訓令式を すすめる 理由は「ヘボン式か 訓令式か」「むやみに「英語式」を つかわない」で くわしく 説明 しています。


イ段の 長音は ii に する 書きかたも あります。くわしくは「îii と 書く?」を お読み ください。

Nîyama, Niiyama(新山:ニーヤマ)
Îda, Iida(飯田:イーダ)

変換の しくみ

完全に 自動で ふりがなを ローマ字に 変換 する ことは できません。したがって,この ツールは 読みかたを 入力 する しくみに なっています。ふりがなを 入力 しても ただしい ローマ字に 変換 できません。

読みかたは ふりがなを すこし 改造 した 書きかたで,「ー」を つかって 長音を あらわします。たとえば,「太郎」は「たろー」,「優子」は「ゆーこ」です。

お名前の ローマ字 変換

ふりがなでは なく 読みかたを 入力 して ください。
例:「さいとー ゆーこ」「ひろお いっせい」「ふじい しょーたろー」


******の まちがいでは ありませんか? ふりがなを 入力 すると ただしい ローマ字に 変換 できません。もし まちがっていたら「やりなおす」ボタンを おして ください。まちがっていなければ[そのまま]ボタンを おして ください。くわしくは 確認メッセージの 説明を お読み ください。

変換 できなかった ところが あります。

***は 書きかたが きまっていません。くわしくは「日本式・訓令式・ヘボン式の 特殊音」を お読み ください。

学校の テストでは n'wnw に して ください。

イ段の 長音は ii に する 書きかたも あります。くわしくは「îii と 書く?」を お読み ください。

ここでは 訓令式を すすめています。「恥を かかない ために」も お読み ください。ボタンが おせなく なったら 下に 書いてある 復活の おまじないを 入力 して ください。

ローマ字は ことばを きりはなして 書きます。くわしくは「分かち書き」を お読み ください。

パスポートの 名前の 書きかたは「パスポートの ローマ字」で 説明 しています。

通常の 語句を ローマ字に 変換 したい ときは「なんでも ローマ字 変換」を おつかい ください。字数の 制限が ゆるめて あります。

つかいかた

  1. ふりがなでは なく 読みかたを 入力 します。ひらがなでも カタカナでも かまいません。漢字は つかえません。「姓」と「名」は「姓-名」の 順で,あいだに 空白を いれて ください。25文字まで 入力 できます。
  2. ローマ字の 方式に あわせて ボタンを おして ください。

※ [X]ボタンを おすと 入力欄を からに します。

※ ふりがなを 入力 している 可能性が ある ときは 確認の メッセージが 表示 されます。まちがって ふりがなを 入力 していたら[やりなおす]ボタンを,まちがいが なければ[そのまま]ボタンを おして ください。

訓令式の ときは 筆記体風の 書体と 装飾的な 書体の 見本も 表示 しますローマ字表記に きる印(')が はいっている ばあい,筆記体風の 書体の 見本は そこで 線が きれて しまいますが,本当は つづけて 書いた あとで きる印(')を つけたします。

気を つける こと

おぎない

各方式の 説明

訓令式
「国語」で ならう 日本語らしい 書きかたです。特別な 事情が なければ 訓令式を つかうのが ローマ字の ルールです。ここでは 仕様が 拡張 してあり,〈ティ〉〈ファ〉〈チェ〉などの 特殊音に 対応 しています。
ヘボン式
「国語」で ならう 英語風の 書きかたです。英語風に 書かなければ ならない 特別な 事情が あれば,ヘボン式を つかっても かまいません。
「英語式」
「英語」で ならう 英語の 書きかたです。一般には これが ヘボン式と よばれています。judo(柔道)や koban(交番)の ように,日本語から 英語に なった ことばは この つづりに なります。英語に なっていない ことばを「英語式」で 書いても 意味が ありません。
訓令式(パスポート)
ここで すすめている パスポートの 名前の 書きかたで,訓令式を 拡張 した ものです。ここでは「パスポートむけ訓令式」と よんでいます。特殊音に 対応 しています。
ヘボン式(パスポート)
外務省が すすめている パスポートの 名前の 書きかたで,「英語式」と ほぼ おなじ ものです。一般に「外務省ヘボン式」と よばれています。ここでは「パスポート式」と よんでいます。一部の 特殊音に 対応 しています。

なぜ ふりがなでは ダメなのか?

ふりがなでは 音声が わからないから

完全に 自動で ふりがなを ローマ字に 変換 する ことは できません。なぜ ふりがなでは ダメなのか,不思議に おもう 人が いる ようですが,その 理由は かんたんです。ローマ字は ふりがなを ABCに 変換 した ものでは ないからです。ローマ字は 音声を ABCに 変換 した ものです。ふりがなから 音声が わかれば いいのですが,ふりがなを みた だけでは 音声が わからない ことも あり,そう なると ローマ字の つづりは きめられません。

たとえば,ふりがなが「はなこ」だったら その 音声は〈ハナコ〉だと わかります。けれども,ふりがなが「たろう」だったら その 音声は〈タロウ〉か〈タロー〉か わかりません。人間が みれば 常識で〈タロー〉だと わかりますが,単純な 機械には それが わかりません。また,ふりがなが「こうみ」だったら,その 音声は〈コウミ〉か〈コーミ〉か わかりません。これは どちらも ありそうな 名前なので,人間が みても わかりません。

はなこ(花子)たろー(太郎)
こうみ(小海)こーみ(香美)

なぜ 音声が わからないのか?


ふりがなと ローマ字

日本語の 音声を かな文字で 書いた ものが ふりがなで,ラテン文字(ABC)で 書いた ものが ローマ字です。ふりがなと ローマ字に 直接の 関係は ありません。

ふりがなを みても 音声が わからない ことが あるのは 音声を ふりがなに 変換 する 規則が 原因です。ことなる 音声が おなじ ふりがなに 変換 される ばあいが あるため,ふりがなを もとの 音声に もどせないからです。

たとえば,「子牛」の 音声と「講師」の 音声は ちがいますが,これらの ふりがなは おなじ「こうし」です。「小売り」の 音声と「高利」の 音声は ちがいますが,これらの ふりがなは おなじ「こうり」です。したがって,ふりがなの「こうし」「こうり」を もとの 音声に もどそうと おもっても,それが できません人間は かな文字 だけで 書かれた 文でも ただしい 読みかたが わかります。これは どうしてかと いうと,意味で 判別 しているからです。もし 文の 前後関係から 意味を おしはかる ことが できなかったら,それは 読めません。たとえば,ふりがなの「はは」だけが ぽつんと 書かれていたら,前後関係の ヒントが ないので「母」の 意味か「歯は」「葉は」などの 意味か 判別 できず,読めません。

もし ふりがなを 音声に もどす ことが できれば,入力 した ふりがなを 音声に もどし,その 音声を ローマ字に 変換 するという 2段階の 処理で ふりがなを ローマ字に 変換 できるのですが,それが できないという わけです。

ローマ字に 変換 する ツール

インターネットには ふりがなを ローマ字に 変換 すると うたっている ツールが たくさん 公開 されています。これらは おおきく 2種類に わけられます。ふりがなの「こう」を kou に 変換 する「ワープロ式」タイプと ko に 変換 する「英語式」タイプです。

これらは どちらの タイプも まちがった 結果を 出力 する ことが あります。河野(こうの)さんと 小浦(こうら)さんで かんがえてみると,どちらの タイプも 一方が おかしく なって しまうのが わかるでしょう。

「ワープロ式」タイプ
こう → kou
こうの → × Kouno(河野)
こうら → Koura(小浦)

「英語式」タイプ
こう → ko
こうの → Kono(河野)
こうら → × Kora(小浦)

漢字かな表記なら ローマ字に 変換 できそうに おもえますが,やはり 文字を みた だけでは 音声が わからない ものが あり,単純な ツールでは 不完全な 変換 しか できません。

理: オサム? サトシ?
裕子: ヒロコ? ユーコ?
止める: トメル? ヤメル?
明日: アス? アシタ? ミョーニチ?

このように,音声が わからない ふりがなや 漢字かな表記は ローマ字に 変換 できません。それに たいして,音声が わかる 読みかたは ローマ字に 変換 できます。

おーの(大野)
たろー(太郎)

棒引き仮名遣い」も お読み ください。

恥を かかない ために

日本人の 名前は 世界の 非常識

日本語を ローマ字で 書く ときは 日本語らしい 訓令式を つかう ことに なっています。それが ローマ字の ルールです。しかし,実際には 英語風の ヘボン式を つかう 人が ほとんどです。日本人の 名前は 日本語なのに,それを わざわざ 英語風の つづりで 書く 人が おおいのは,いくつもの おもいちがいが 原因です。「よく ある おもいちがい」も お読み ください。

外国人は 自分の 名前を 自分の 言語らしく 書きます。フランス人の 名前は フランス語らしい つづり,ドイツ人の 名前は ドイツ語らしい つづりです。英文の 中に 自分の 名前を 書く ときも,そのままの つづりを つかいます。中国人は ピンインという 中国語の ローマ字を つかいますが,これも 中国語らしい つづりです。これが 世界の 常識です。日本人の 名前が 日本語らしい つづりで なかったら,それは 世界の 非常識ですローマ字の 書きかたは「ローマ字のつづり方」という ルールで きまっていて,日本語を ローマ字で 書く ときは 訓令式を つかう ことに なっています。ヘボン式も 特別な 事情が ある ばあいに かぎって もちいる ことが ゆるされていますが,現在 よく つかわれている ヘボン式「ローマ字のつづり方」に しめされている 書きかたとは ちがいます。くわしくは「英語式」を お読み ください。

ローマ字 書いても 恥 かくな!

国際感覚が まずしく ローマ字の 知識も とぼしい ことから,おおくの 日本人は おかしな ことを しています。これでは 国際社会で 恥を かいて しまいます。小学校で ならった ローマ字の ルールを わすれて,よりによって 自分の 名前を まちがった つづりで 書いていたら 外国人に わらわれます。それに,名前は きわめて 政治的な ものですから,自分の 名前を 外国語風に 書いている 心が うたがわれて,まちがった メッセージを うけとられる おそれが あります日本で よく つかわれている ローマ字が 英語に にているのを 不思議に おもっている 外国人は すくなく ありませんが,それが 日本人の 非常識だと はっきり 気づいている 人は あまり いないでしょう。それなら いまの ままで いいだろうと おもうかも しれませんが,それは のびすぎた 鼻毛を そのままに しておく ような ものです。だれでも 自分の 名前くらい ただしく 書きたいと おもっている はずです。ほかの 人が 自分の 名前の つづりを まちがえたら いい 気は しないでしょう。それなのに 自分で ローマ字を まちがえていたら いけません。漢字の トメ・ハネに うるさい 人が 漢字を まちがえていたら はずかしいでしょう。それと おなじ ことに なっていないか,よく かんがえてみる べきです。また,名前を みた だけで その 人の ルーツや 宗教まで わかる ことが あります。名前の つづりを かえるのは,よほど おおきな(たとえば 政治的な)理由が あるからに ちがいないと かんがえるのが ふつうです。移民が 名前の つづりを むりやり かえさせられたとか,みずから すすんで かえたとか,そんな はなしは よく あります。日本人の 名前は どれも これも 英語風に 変形 して 書いてあると 気づいた 外国人は どう おもうでしょうか。日本は アメリカの 属国だから 英語風の 書きかたを おしつけられているのだろうと かんがえて,日本人に 同情 するかも しれません。あるいは,幼稚な「英語かぶれ」か いじけた 植民地根性から そう しているのかも しれないと うたがって,嫌悪感を いだくかも しれません。いずれに しても,日本や 日本人が 尊敬 される ことは ないでしょう。

そう ならない ために,名前は 訓令式で 書く ように して ください。パスポートや クレジット カードの ように,長音符号つき文字û, ô など)が つかえない ときは 代用表記で 手を うてます。

日本人の 名前は 日本語らしく

日本語は 日本の 文化です。日本人の 名前を 日本語らしく 書く かんがえは 日本の 文化を 大切に する 心からも 自然に でてくる はずです。これは つまらない「日本自慢」では ありません。多様性を おもんじる 現代社会では,他人の 文化を 尊重 しなければ なりませんが,まず その 前に 自分の 文化を 大切に しなければ なりません。自分の ものを 大切に できない ような 人が 他人の ものを 尊重 できる はずが ないからです。自分の おもちゃを 大事に しない こどもは 友達の おもちゃも 乱暴に あつかって こわして しまいます。それと おなじです。

国際化の 時代だから こそ 日本人の 名前は 日本語らしく 書かなければ ならないという わけです。そして,日本人が そう すれば,外国人が かならず それを 尊重 して くれますここでは 説明を わかりやすく する ために はなしを 単純化 していますが,実際は 日本人と いっても いろいろな 人が いて,その アイデンティティーも さまざまです。ばあいに よっては「日本語」を「アイヌ語」「琉球語」などに おきかえて かんがえて ください。日本人は 日本語,中国人は 中国語という 具合に 国と 言語を 組に して かんがえるのは まちがいです。世界を みわたせば わかる ように,国と 言語は 対応 しないのが ふつうです。この サイトの ほかの ところでも 説明を わかりやすく する ために,フランス人は フランス語,ドイツ人は ドイツ語といった 単純化を しています。けれども,本当は そうでは ないので 気を つけて ください。なお,ここで いっているのは 正式な 名前を 書く ときの はなしです。留学 した 日本人が 日常生活(おもに 会話)で つかう 名前 などは また 別の はなしです。外国人が 発音 しにくいとか,変な ことばを おもいおこさせるとか,何かの 理由で そのままの 名前を つかいにくいという 人は,ニックネームを つかうと いいでしょう。この ニックネームは 日本風で なくても かまいません。