前おき

まにあわせの 正書法

ある 言語の 正しい 書きかたを「正書法」と いいます。たとえば,英語では 文の 先頭は 大文字に して,文の 末尾には ピリオドを うちます。人称代名詞の I は つねに 大文字という ふうに,単語の つづりは 辞書に のっている 形が 正しい ものと きまっています。このほかにも いろいろな きまりを しっているでしょう。それらを まとめた ものが 英語の 正書法です。一般に,文字を もつ 言語には 正書法が あり,特に 国の 公用語などには きちんとした 正書法が あります。

ところが,日本語では この 正書法が おおづかみにしか さだめられていません。たとえば,〈タバコ〉という ことばの つづりは「たばこ」「タバコ」「煙草」の 3種類が つかわれていて,どれが 正しいとも きまっていません。〈アカルイ〉の おくりがなは「明い」「明るい」「明かるい」の どれでも かまいません。〈ウケツケ〉は「受け付け」「受付け」「受付」の ように ばらばらです公用文では〈アカルイ〉の おくりがなは「明るい」に きまっています。

きまりが ないと,書く ときに 自由で ある 反面,まよって しまう 不便が あります。読み手に とっては いい ことが まったく ありません。たとえば,インターネットで 検索 する とき,書きかたが 統一 されていない ために,おもいどおりに ヒット しない ことが よく あります。先進国の 言語で,きちんと した 正書法が さだまっておらず,不合理な ままに なっているのは 日本語 だけです学校の「国語」でも,漢字の 書き順,トメ・ハネ,手紙の 様式,原稿用紙の つかいかたなどは おしえますが,もっとも 大切な はずの 日本語の 書きかたという ものを きちんと おしえません。

これには ふたつの 理由が あります。ひとつは,日本語の 表記システムが あまりにも 複雑すぎて,ルールづくりが むつかしい ことです。もう ひとつは,ルールという 枠を はめる ことに たいして,感情的に 反発 する 人が おおい ことです。

日本語の 書きかたを 文字で 分類 すると「漢字かな交じり文」「かな文字文」「ローマ字文」の 3種類 ありますが,いずれも きちんと した 正書法は ありません。ですから,この サイトで 解説 している ローマ字文の 書きかたも 日本語の ルールとして 公式に さだめられた ものでは ありません。もちろん,いいかげんに でっちあげた ものでも なく,明治時代から ローマ字論者が ねりあげてきた 書きかたに この サイト 独自の かんがえを くわえた 提案を しめしています。


具体的な 説明の 前に,まず ローマ字の 基本的な かんがえかたを 確認 しておきます。それから 章を あらためて,〈ア〉〈キャ〉などの 音声の 書きかた,その つぎに「山」「美しい」などの 単語の 書きかた,そして「桜が 咲いた。」などの 文・文章の 書きかたという 順番で のべていきます。

ローマ字の かんがえかた

ローマ字は 音声を 書いている


「飛行機」

「飛行機」を ローマ字で hikouki と 書いて しまう 人が います。これは ローマ字の かんがえかたが わかっていないから おこる まちがいです。ローマ字は ふりがなを ラテン文字(ABC)に 変換 した ものでは ありません。日本語の 音声を ラテン文字で 書いた ものです。(以下,必要に 応じて 文字を「 」で,音声を〈 〉で しめします。)

ローマ字の 世界では,まず はじめに ことばの 音声が あって,その 音声を 書きあらわす ために 文字が あると かんがえます。まず はじめに〈ヒコーキ〉という 音声が あって,それを 漢字で 書けば「飛行機」に なり,ひらがなで 書けば「ひこうき」に なり,ラテン文字で 書けば hikôki に なるという わけです。


ローマ字を 書く ときは,頭の 中で かんがえた ことばを そのまま ローマ字で 書く 場合と,漢字や かな文字で 書かれている ことばを ローマ字で 書きなおす 場合の 2とおり ありますが,いずれも ことばの 音声を ラテン文字に 変換 します。

頭の 中で かんがえた「飛行機」を ローマ字で 書く ときは,〈ヒコーキ〉という 音声を ローマ字の ルールで hikôki に 変換 します。

〈ヒコーキ〉 → hikôki

漢字で 書かれた「飛行機」を ローマ字で 書きなおす ときは,「飛行機」という 文字を いったん〈ヒコーキ〉という 音声に もどして,それを ローマ字の ルールで hikôki に 変換 します。

「飛行機」 → 〈ヒコーキ〉 → hikôki

ひらがなで 書かれた「ひこうき」を ローマ字で 書きなおす ときは,「ひこうき」という 文字を いったん〈ヒコーキ〉という 音声に もどして,それを ローマ字の ルールで hikôki に 変換 します。

「ひこうき」 → 〈ヒコーキ〉 → hikôki

これが ローマ字の かんがえかたです。ふりがなを 変換 するのでは なく,かならず 音声を 変換 します。「おはよう」だったら,文字の「おはよう」を ohayou に 変換 するのは まちがいで,正しくは 音声の〈オハヨー〉を ohayô に 変換 します。「こんばんは」だったら,文字の「こんばんは」を konbanha に しないで,音声の〈コンバンワ〉を konbanwa に します。

「おはよう」 → 〈オハヨー〉 → ohayô
「こんばんは」 → 〈コンバンワ〉 → konbanwa

ふりがなと ローマ字の 関係


ふりがなと ローマ字

ふりがなと ローマ字は おなじ 音声を ちがう 表音文字で 書いた ものです。

よく,ふりがなでは 〇〇なのに ローマ字では ××に なるのは なぜですかという 質問を する 人が います。これは ふりがなを ABCに 変換 した ものが ローマ字だという よく ある おもいちがいを しているからです。

日本語の 音声を かな文字で 書いた ものが ふりがなで,ラテン文字(ABC)で 書いた ものが ローマ字です。ふりがなと ローマ字に 直接の 関係は ありません。ローマ字を 書く ときに 必要な 情報は その ことばの 音声です。ふりがなでは ありません。ローマ字の つづりは 音声で きまります。ふりがなでは きまりません。また,ふりがなと ローマ字は 文字が ちがう だけで なく,音声を 文字に 変換 する ルールも ちがいます。ふりがなの 書きかたと ローマ字の 書きかたが ちがっているのは このためです。

じつは,ふりがなを ローマ字に 変換 する ことも,ローマ字を ふりがなに 変換 する ことも,完全に 自動では できません。ふりがなを ローマ字に 変換 すると うたっている ツールは インターネットに 公開 されている もの だけでも たくさん ありますが,それらは すべて まちがった 結果を 出力 する ことが あります。くわしくは「なぜ ふりがなでは ダメなのか?」を お読み ください。

ローマ字を よく しらない 人には ローマ字の 書きかたが,ふりがなの 書きかたと ちがうので,不自然に みえて しまうかも しれません。けれども,全体的には ふりがなの 書きかたより ローマ字の 書きかたの ほうが うまく 設計 されています。

ローマ字入力と ローマ字の 関係

ローマ字入力は ローマ字を 日本語入力システムに 応用 した ものです。ただし,キーボードから ローマ字を 入力 して 漢字に 変換 する 方式では ありません。ローマ字を つかって ふりがなを 入力 する だけです。たとえば,キーボードで hikôki を 入力 して「飛行機」に 変換 するのでは なく,hi, ko, u, ki で「ひ」「こ」「う」「き」を 入力 する だけです。

【ローマ字】
〈コンニチワ〉→ konnitiwa(こんにちは)
〈オーサマ〉→ ôsama(王様)
〈オーカミ〉→ ôkami(オオカミ)
〈クーキ〉→ kûki(空気)
〈ケーキ〉→ kêki(ケーキ)

【ローマ字入力】
ko, nn, ni, ti, ha →「こ」「ん」「に」「ち」「は」
o, u, sa, ma →「お」「う」「さ」「ま」
o, o, ka, mi →「お」「お」「か」「み」
ku, u, ki →「く」「う」「き」
ke, -, ki →「け」「ー」「き」

このように,ローマ字入力は ローマ字と まったく ちがう 別の ものです。ローマ字の つづりかたと ローマ字入力の キーの おしかたも ちがいますローマ字と ローマ字入力は にているので 混同 されやすい 問題が あります。ローマ字で「きゃ」を kiya と 書いたり「葉っぱ」を hatupa と 書いたり する まちがいは まず みかけないのに,「こんばんは」を konbanha と 書いたり「飛行機」を hikouki と 書いたり する まちがいは よく みかけます。これは ローマ字と ローマ字入力の 混同が 原因です。「国語」で ならった 正しい ローマ字を 完全に わすれて しまった あとに ローマ字入力を おぼえた 人は この まちがいを しがちです。小学校で ローマ字入力を おしえられた 人は はじめから ふたつの ちがいを 理解 していない ことも あります。ローマ字と ローマ字入力の 混同は「ワープロ式」と よばれる まちがった ローマ字が はびこる もとに なっています。

ふりがなは 音声を 書いていない?

ふりがなと ローマ字は おなじ 音声を ちがう 表音文字で 書いた ものですが,文字の 種類が ちがう だけで なく,音声を 文字に 変換 する ルールも ちがいます。おなじ 音声を もとに しているのに ふりがなの「ひこうき」と ローマ字の hikôki が 対応 していない ように みえるのは 変換の ルールが ちがうからです。

ローマ字の ルールは 音声を ほぼ その とおりに 変換 します。そのため,ローマ字は ほぼ 読んでいる とおりに 書けて,書いてある とおりに 読めます。それに たいして,ふりがなの ルールは 音声を その とおりに 変換 しません。そのため,ふりがなは 読んでいる とおりに 書けなかったり,書いてある とおりに 読めなかったり します。ふりがなは 音声と 文字(つづり)の 対応が すこし ずれている わけです。具体的には つぎの ところが ずれています。

ふりがな音声ローマ字
こんばんはこんばんはコンバンワkonbanwa
お母さんおかあさんオカーサンokâsan
お姉さんおねえさんオネーサンonêsan
おおかみオーカミôkami
王様おうさまオーサマôsama
鼻血はなぢハナジhanazi
三日月みかづきミカズキmikazuki

ふりがなも 音声を 書いていた

かな文字も 音声を 書く ために 発明 された 文字ですから,はじめは ふりがなも 音声を その とおりに 書いていました。ところが,いまは 音声と 文字(つづり)の 対応が すこし おかしく なっています。たとえば,音声の〈オ〉に 対応 する 文字は「お」「を」の ふたつ あり,文字の「は」に 対応 する 音声は〈ハ〉〈ワ〉の ふたつ ありますただし,かな文字の 形は 統一 されていませんでした。たとえば,「あ」には いろいろな 形が あり,〈ア〉と 読む ひらがなが たくさん あった わけです。かな文字が いまの 形に 統一 されたのは 1900(明治33)年です。それ 以降,つかわれなく なった ふるい 形の かな文字は「変体仮名」と よばれています。いまでは つかわれない 文字なので,ふるめかしさを だしたい ところで わざと これを つかう ことが あります。

これは 日本語の 発音が かわったからです。一部の ことばの 発音が かわったのに,その ことばの つづりを 実際の 発音に あわせて かえる ことを しなかった ため,ずれが できて しまった わけです。数百年という ながい 時間が たてば,音声と 文字(つづり)の 対応は さまざまな 理由で ずれてきます。これは 日本語に かぎらず 外国語でも 自然に おこる 現象です英語は この ずれが ひどい 言語として しられています。英単語の つづりが おぼえにくい 理由の ひとつが これです。そして,英語も はじめから ずれていた わけでは ありません。たとえば,ふるい 英語では name, time を つづりの とおりに〈ナーメ〉〈ティーメ〉と 読んでいました。

明治時代から 正式の ルールに なった「歴史的仮名遣い」は 平安時代の はじめごろの 発音に あわせた つづりかたで,いまの 発音との ずれが はなはだしく,たいへん あつかいにくい ものでした。これを きちんと 読み書き できたのは 教育に 時間と お金を かけられる 一部の 人 だけでした。そこで,戦争が おわった あと,日本を 民主化 する ために この ルールが あらためられ,「現代かなづかい」が できました。これで ほとんどの ずれが なく なって 読み書きが やさしく なり,日本の 教育水準は いちじるしく あがりました。ただし,「現代かなづかい」は すべての ずれを なおす ことが できなかったので,まだ いくつかの ずれが のこっているという わけです。

表語文字と 表音文字

ことばを 文字で 書きあらわす やりかたには 表語文字を もちいる 方法と 表音文字を もちいる 方法が あります。漢字は 表語文字で,かな文字と ラテン文字は 表音文字です。

表語文字を もちいる 場合,ひとつの ことばが ひとつの 文字で 書けます。これは たいへん わかりやすい 書きかたに おもえますが,実際には 欠点が おおく,つかいにくい 書きかたです。そのため,表語文字は だんだん すたれていき,ほとんど なく なって しまいました。いまも いきのこっている 表語文字は 漢字 だけで,その 漢字を つかって 書く 言語は 中国語と 日本語 だけです。

表音文字を もちいる 場合,ひとつの ことばを 書くのに ひとつ 以上の 文字が 必要です。ことばの 音声を ばらばらに 分解 して,それぞれの 音声に 対応 した 文字(つづり)を ならべて 書きます。なんだか ややこしい 書きかたに おもえますが,実際には 利点が おおく,つかいやすい 書きかたです。そのため,いまでは ほとんどの 言語が この 書きかたを しています。

世界の 中で みれば,表音文字を もちいる 書きかたが ふつうです。文字は そのように 発展 してきました。韓国語と ベトナム語も 昔は 漢字を つかっていましたが いまは 表音文字 だけで 書かれます。日本語も 表音文字 だけで 書く ように すれば 便利に なりますから,日本語を かな文字や ラテン文字で 書く かんがえが 昔から あります。これを かな文字論ローマ字論と いいます。

ラテン文字で ことばを 書く」「ことばと 文字の 関係」も お読み ください。

「ことばの 音声を 書く」の 意味

ローマ字を 外国人むけの 発音記号 みたいな ものと かんがえている 人は おおいのですが,それは よく ある おもいちがいです。ローマ字は ことばの 音声を ABCで 書きますが,発音記号では ありません。発音記号が 書く 音声は 実際に 口から でている 音声です。それに たいして,ローマ字が 書く 音声は 頭の 中に ある 音声です。そして,これらの 音声は ちがう ものです。ちょっと ややこしいので,すこし くわしく 説明 します。

文字の 役割は ことばを 記録 する ことです。表音文字を ならべて ことばを 書く 場合でも,その ことばが わかる ように 書けば それで 役目を はたせます。つまり,おなじ ことばを おなじ つづりで 書き,ちがう ことばを ちがう つづりで 書けば,それで 十分です。そのため,ことばの 音声を 書くとは いっても,ことばの 区別に かかわらない 程度の ちがいを いちいち 書きわける 必要は ありません。それどころか,ふだんは その ちがいを 意識 していません。意識 する 必要が ないからです。

つまり,ローマ字は ことばの 音声を 書きますが,音声を 機械で 録音 する ように 正確に うつしとる ものでは ありません。言語学者が こまかく 分類 した 音声を 書く ものでも ありません。声の 質や おおきさ,しゃべる はやさなどの 情報も ことばの 区別に かかわらないので 書きません。おなじ ことばを おなじ つづりで,ちがう ことばを ちがう つづりで 書く だけです。ふたつの 音声の 波形が ちがっても,発音記号が ちがっても,声の おおきさが ちがっても,それらが おなじ ことばを あらわす 音声に きこえたら おなじ つづりで 書きます。反対に,ふたつの 音声が ちがう ことばを あらわす 音声に きこえたら,それらは ちがう つづりで 書きます。ことばの 音声を 書くというのは こういう 意味です。

これは「足(シ)」は「石(シ)」や「牛(シ)」とは ちがうという レベルの 話に とどまりません。もっと こまかい 音声に かんしても そうです。たとえば,「音声(オセイ)」「音符(オプ)」「音楽(オガク)」の〈ン〉は 物理的な 音声と しては すべて ちがいます。〈ハ〉〈ヒ〉〈フ〉の 子音も 物理的な 音声と しては すべて ちがいます。しかし,日本語で くらしている 人は これらの ちがいを 意識 していません。このような 場合,発音記号は ちがいを 書きわけますが,ローマ字は おなじ つづりで 書きます。すなわち,「音声」「音符」「音楽」の〈ン〉を すべて n と 書き,〈ハ〉〈ヒ〉〈フ〉の 子音を すべて h と 書きます。「音声」「音符」「音楽」の〈ン〉も,〈ハ〉〈ヒ〉〈フ〉の 子音も,日本語で くらしている 人の 頭の 中では おなじ 音声だからです。

ヘボン式が「音符」の〈ン〉を m と 書き,〈フ〉の 子音を f と 書くのは 英語で くらしている 人の 頭の 中では これらの 音声が ほかと ちがうからです。

音声を 書く ルール

ローマ字は 発音記号では ないというのは,別の 意味からも いえます。音声を 発音記号で 書く 場合,その やりかたは 世界共通です。しかし,音声を 表音文字で 書く 場合,その やりかたに 世界共通の ルールは ありません。どんな 音声を どんな つづりで 書くか,その 反対に,どんな つづりを どんな 音声で 読むか,これは 言語に よって ルールが ことなります。たとえば,英語の ja は〈ジャ〉ですが,ドイツ語の ja は〈ヤ〉です。英語の cho は〈チョ〉ですが,フランス語の cho は〈ショ〉です。イタリア語の ca は〈カ〉ですが,マジャル語(ハンガリー語)の ca は〈ツァ〉です。それぞれの 言語の 性質に あわせた ルールに してあるからです。ローマ字も 日本語の 性質に あわせた ルールに してあります。この ルールを まとめた ものが「ローマ字表」です。

こういう わけですから,しらない 言語の つづりは 読みかたが わかりません。たとえば,フランス語を しらない 人が フランス語の つづりを みても 正しい 発音では 読めません。フランス映画の おしまいに うつしだされる FIN を みた こどもが〈フィン〉と いって しまうのは フランス語を しらないからです。これと おなじで,日本語を しらない 人が ローマ字を みても 正しい 発音では 読めません。道路標識や 駅名標には ローマ字が 書いてありますが,外国人は それらを 正しい 発音では 読めません。おおよその 読みかたが わかる だけです。

漢字と かな文字を しらなくても 書ける

ローマ字の つづりは 音声で きまりますから,ローマ字を 書く だけなら 漢字や かな文字の 知識は いりません。極端な いいかたを すれば,日本語で 会話が できる 人なら,漢字と かな文字を まったく しらなくても,ローマ字を おぼえて つかいこなす ことが できます。

外国人の 中には 日本語で 会話が できるけれども 漢字かな交じり文の 読み書きは できないという 人が 大勢 います。ローマ字を つかえば そういう 人と メールや チャットが できます。日本人に とっても 便利な ことが あります。たとえば,「蒲公英」を 書けと いわれたら こまって しまう 人も いるでしょうが,〈タンポポ〉を ローマ字で 書くのは かんたんです。「氷」が「こおり」か「こうり」か よく わからない こどもでも,〈コーリ〉を ローマ字で 書くのは たやすいでしょう。ちいさい こどもむけの 絵本は かな文字 だけで 書いてありますが,ローマ字書きに すれば もっと やさしく なります。ローマ字は,(1) 文字の 形が わかりやすく,(2) 文字の 数が すくなく,(3) つづりかたが 規則的だからです。本当は 小学校で かな文字の 前に ローマ字を おしえた ほうが いい くらいです(1) ラテン文字は 文字の 形が 幾何学的で おぼえやすいのですが,ひらがなは 複雑な 曲線で できている ため 書くのも 読むのも むつかしい 欠点が あります。外国人が 日本語を まなぶ ときも ひらがなを おぼえるのに とても 苦労 する そうです。 (2) 訓令式で つかう 文字は 通常 19文字です。大文字と 小文字が あるので 2倍の 38文字と しても,小文字には 大文字と おなじ 形で おおきさが ちがう だけの 文字が 10個ほど あり,おぼえるのは かんたんです。ひらがなと カタカナを あわせると 100文字 ちかくにも なり,外国人が これを おぼえるのは たいへんです。日本語の 初心者が はじめに こえなければ ならない ハードルに しては たかすぎます。 (3) ローマ字は 発音と つづりの 対応が 規則的ですが,ふりがなは 変則的な つづりに なる ことばが たくさん あります。例:「私は」の「は」,「大きい」の「おお」。さらに つけくわえると,ローマ字には こどもに 子音・母音(音素の 概念)を おしえやすい 利点が あります。ただし,実際には 授業時間が すくないので そこまでは なかなか おしえられません。そのため,こどもが 英語を まなびはじめる ときに つまずく もとに なっています。こどもに 文字を おしえる 段階で 音素の 概念を きちんと おしえない 国は 日本 だけです。

このように,ローマ字は 書くのが かんたんです。そして,読むのも かんたんです。日本人でも 外国人でも,おとなでも こどもでも,すぐに おぼえて つかいこなす ことが できます。これが ローマ字の すぐれている ところです。

ふりがなと ローマ字の 比較(かなづかいとの 関係)

はじめて 読む 人は ここを よみとばしても かまいません。

ふりがなと ローマ字に 直接の 関係は ありません。しかし,どちらも おなじ 音声を もとに した 文字列ですから,にている ところも あります。どれほど にていて どれほど ちがっているでしょうか。 3種類の かなづかいで かんがえます。

ローマ字は いまの 発音に あわせた つづりかたで,表音かなづかいに にていますが,すこし ちがう ところも あります。具体例で しめした ものが 下の 表です。

歴史的仮名遣い現代仮名遣い表音かなづかいローマ字
は(助詞)wa
へ(助詞)e
を(助詞)o
かはかわかわkawa
にはにわにわniwa
こひこいこいkoi
まひまいまいmai
飼うかふかうかうkau
添うそふそうそうsou
うへうえうえue
まへまえまえmae
かほかおかおkao
しほしおしおsio
i
参るまゐるまいるまいるmairu
うゑうえうえue
こゑこえこえkoe
うをうおうおuo
をんなおんなおんなonna
こう(副詞)かうこうこー
近江あふみおうみおーみÔmi
日向ひうがひゅうがひゅーがHyûga
言ういふいうゆーiu *
~でしょう~でせう~でしょう~でしょー-desyô
今日けふきょうきょーkyô
おほやけおおやけおーやけôyake
こほりこおりこーりkôri
とほりとおりとーりtôri
ほほほおほー
あぢあじあじazi
ふぢふじふじhuzi
紅葉もみぢもみじもみじmomizi
みづみずみずmizu
かづらかずらかずらkazura
小豆あづきあずきあずきazuki
鼻血はなぢはなぢはなじhanazi **
近々ちかぢかちかぢかちかじかtikazika **
縮むちぢむちぢむちじむtizimu **
三日月みかづきみかづきみかずきmikazuki **
常々つねづねつねづねつねずねtunezune **
続くつづくつづくつずくtuzuku **
贔屓ひいきひいきひーきhîki ***
夫婦ふうふふうふふーふhûhu
英語えいごえいごえーごeigo *
お母さんおかあさんおかあさんおかーさんokâsan
お兄さんおにいさんおにいさんおにーさんonîsan ***
お姉さんおねえさんおねえさんおねーさんonêsan
お父さんおとうさんおとうさんおとーさんotôsan
上手じやうずじょうずじょーずzyôzu
蒸気じようきじょうきじょーきzyôki
饒舌ぜうぜつじょうぜつじょーぜつzyô­zetu
丈夫ぢやうぶじょうぶじょーぶzyôbu
一帖いちでふいちじょういちじょーitizyô
条約でうやくじょうやくじょーやくzyô­yaku

* ローマ字と 表音かなづかいが ずれている ところです。

** ローマ字の ルールが すこし まずい ところです日本語の 表記システムを 表音化 していく 方向性は まちがっていませんが,なんでもかんでも 発音どおりに 書けば いいと かんがえるのは まちがいです。ローマ字には 日本語の 表記システムを 合理化 する 目的が あります。発音と つづりの 対応が できるだけ 単純な 規則に なる ように,発音の とおりに 書くという 表音化の かんがえが あります。「私は」の「は」を wa に するのも それが 理由です。四つ仮名の 書きかたも この かんがえに したがっていて,「味」「水」を azi, mizu と 書きます。いまの 日本人は「味」が「あ」か「あ」か,「水」が「み」か「み」か,もう わかりません。そのため,これらは「あ」「み」と きめて しまわないと いけません。そう しないと,一部の 知識人にしか つかいこなせない,民主的で ない ルールに なるからです。これが 表音化の 理由です。けれども,連濁などの「ぢ」「づ」は すこし 話が ちがいます。「鼻血」が「はな」で「三日月」が「みかき」で ある ことは 小学生でも わかるからです。これらは 発音どおりの 書きかたには しないで,語源などと むすびついた つづりの「はな」「みかき」 に する ほうが いいでしょう。この かんがえを ローマ字の つづりに あてはめると,「鼻血」「三日月」は hanadi, mikaduki に なります。ローマ字には 日本語を 日本語らしく 書くという 目的も あり,昔の 発音や 語源を きりすてようと している わけでは ありません。したがって,基本的には 合理化(発音どおりの つづり)の かんがえかたに したがっていても,日本語らしさ(語源などと むすびついた つづり)に したがう べき ところも あります。それが 連濁などの「ぢ」「づ」です。「もっと 日本語らしい 書きかた」も お読み ください。

*** îii と 書く ことも あります。「îii と 書く?」で 説明 しています。

音声の 書きかた

直音

直音は ふつうの 音です。直音は「ローマ字表」の とおりに 書きます。

aiueo
kakikukeko
sasisuseso
tatituteto
naninuneno
hahihuheho
mamimumemo
yayuyo
rarirurero
wao
gagigugego
zazizuzezo
dazizudedo
babibubebo
papipupepo

〈ヂ〉〈ヅ〉〈ヲ〉に 気を つけて ください。「鼻血」「三日月」は hanadi, mikaduki では ありません。

e(絵)
yama(山)
sakura(桜)
hanazi(鼻血)
mikazuki(三日月)

拗音

拗音(ようおん)は〈キャ〉〈キュ〉〈キョ〉などの 音です。「ねじれる 音」とも いいます。拗音も「ローマ字表」の とおりに 書きます。

キャキュキョ
kyakyukyo
シャシュショ
syasyusyo
チャチュチョ
tyatyutyo
ニャニュニョ
nyanyunyo
ヒャヒュヒョ
hyahyuhyo
ミャミュミョ
myamyumyo
リャリュリョ
ryaryuryo
ギャギュギョ
gyagyugyo
ジャジュジョ
zyazyuzyo
ヂャヂュヂョ
zyazyuzyo
ビャビュビョ
byabyubyo
ピャピュピョ
pyapyupyo

拗音は かな文字の 2字で 1音を あらわしますが,1字ごとでは なく,1音ごとに くぎって かんがえます。「お茶」は「お」「ち」「ゃ」と くぎって otiya に するのでは なく,〈オ〉〈チャ〉と くぎって otya に します。

otya(お茶) kyaku(客)
syakai(社会) syuzyutu(手術)

〈ヂャ〉〈ヂュ〉〈ヂョ〉に 気を つけて ください。「割れ茶碗」「丸提灯(まるぢょうちん)」は waredyawan, marudyôtin では ありません。

warezyawan(割れ茶碗)
maruzyôtin(丸提灯)

外来語などで よく つかわれる 〈ファ〉〈シェ〉〈ウォ〉 などの 音は「ローマ字表」に 書かれていません。これらは 特殊音の ところで 説明 します。

撥音(ン)

撥音の 書きかた

撥音(はつおん)とは〈ン〉の 音です。「はねる 音」とも いいます。撥音は n と 書きます。ローマ字入力に なれている 人は うっかり nn と 書いて しまう ことが ありますから 気を つけて ください。

panda(パンダ)
kirin(キリン)
tenki(天気)
kanban(看板)

撥音の つぎに 母音字 または y が ある ときは n の うしろに きる印(')を 書きます。これは「恋愛」「深夜」が〈レナイ〉〈シニャ〉と 読まれるのを ふせぐ ためです。

ren'ai(恋愛)
den'en(田園)
sin'ya(深夜)
hon'yaku(翻訳)

撥音(ン)の つぎに n が あると nn の 形に なりますが,これは 促音では ありません。それを わかりやすく する ため,この サイトは n の うしろに きる印(')を 書いても いい ことに します。「新年」が〈シッネン〉と 読まれるのを ふせぐ ためです。ただし,ふつうは そんな むりやりの 読みかたを しないので きる印(')は 書きません。「国語」の テストでも きる印(')は 書きません。

sinnen, sin'nen(新年)
onna, on'na(女)


「お料理の勉強」(昔の 教科書)

「そんな」に きる印(')は いりませんが,「ぼんやり」には きる印(')が いります。


kon'nichiwa

マライア キャリーが 書いた「こんにちは」に きる印(')が はいっていました。

この サイトは〈ヌァ〉を nwa と 書く ことに しているので,撥音の つぎに w が ある ときも n の うしろに きる印(')を 書く ことに します。「電話」が〈デヌァ〉と 読まれるのを ふせぐ ためです。ただし,ふつうは〈ヌァ〉を つかいませんから きる印(')は 書きません。「国語」の テストでも きる印(')は 書きません。

denwa, den'wa(電話)
genwaku, gen'waku(幻惑)

ヘボン式の 撥音

一般的な ヘボン式には b, m, p の 前に ある 撥音(ン)を m と 書く きまりが あります。学校の「英語」で ならう「英語式」パスポートの ローマ字駅名標の ローマ字は この きまりに したがっています。ただし,道路標識(案内標識)の ローマ字は 例外で,すべての 撥音を n と 書きます。

kamban(看板)
sampo(散歩)
Homma Shimpei(本間新平)
Shimbashi(新橋)

なぜ こんな きまりが あるのかと いうと,ヘボン式は 英語風の つづりだからです。もう すこし くわしく いうと,日本語と 英語では〈ン〉という 発音の 認識に ちがいが あり,ヘボン式は 英語の 認識に あわせて 設計 してあるからです。じつは,日本語の 撥音には いくつか 種類が あります。たとえば,「3台」「3枚」「3回」の〈ン〉は すべて 発音が ちがい,発音記号で 書けば ちがう 記号に なります。日本語では これらの ちがいに 意味が なく,日本語の はなし手は ちがいを 意識 していませんが,実際には ちがう 発音を しています。英語では これらの ちがいに 意味が あり,英語の はなし手は ちがいを 意識 して つづりも 書きわけています。英語の pumpkin(カボチャ)を よく みると,p の 前に ある〈ン〉は m に なっているのが わかるでしょう。アメリカ人の ヘボンが ローマ字の つづりかたに この m を とりいれたので,一般的な ヘボン式は こういう ルールに なっています。ヘボン式は 英語の はなし手が つかう ものですから,英語の 認識に あわせた つづりに なっている わけですヘボン式は 英語の はなし手が 日本語の 発音を ききとって 英語風の つづりで 書きうつした ものです。日本人が 英語の 発音を きいて カタカナで 書いた ものと おなじです。したがって,発音記号の ように 正確な 発音を あらわしている わけでは ありません。たとえば,日本語の〈ハ〉と〈ヒ〉の 子音は ちがいますが,ヘボン式は この ちがいを 書きわけません。「3枚」と「3回」の〈ン〉も ちがう 発音ですが,これも 書きわけません。日本語の〈ン〉には いくつか 種類が あり,その 中には 英語に ない〈ン〉も ありますが,ヘボン式は この〈ン〉も n と 書いています。


ただし,撥音を n, m で 書きわける 表記法が すぐれているという 意味では ありませんから,勘ちがい しない ように して ください。日本語では,〈ン〉の 発音の ちがいに 意味が ないので,それらを 書きわける 必要も ありません。じっさい,ふりがなでは すべて「ん」と 書いていますが,それで 不都合は ありません。〈ン〉の 発音の ちがいを n, m で 書きわけると,英語の はなし手が みた とき 自然な つづりに なりますが,日本語の はなし手が みれば 不自然です。ローマ字は 日本語を 表音文字で 書いた もので,その つづりは 基本的に 音声で きまります。しかし,あくまでも 日本語の 表記法で あって,発音記号の ような ものでは ありませんし,正確な 発音を しめす 目的も ありません。したがって,日本語の はなし手が 意識 していない レベルの 発音の ちがいで つづりを かえては いけません。

日本語に とって n, m の 書きわけは 必要が ないというより,むしろ 有害です。日本語を ヘボン式で 書くと,ことばの つづりが 一定 しなかったり,ことばを ABC順に ならべる ときの 順番が おかしく なったり するからです。たとえば,インターネットで「金」を 検索 しても「金メダル」が ヒット せず,「回覧」を 検索 しても「回覧板」が ヒット しないというのでは 不便でしょう。名簿で 野間さんが 野田さんより うしろに あるのに 本間さんが 本田さんより 前に あったら おかしいでしょう。百科事典で「ヒガンバナ」が「彼岸」より 前に あったり,国語辞典で「疑問文」が「疑問」より 前に あったり したら つかいにくいでしょう。これらは すべて n, m の 書きわけから おこります。これは ヘボン式が もっている 致命的な 欠点です。

kin(金)
kimmedaru(金メダル)
kairan(回覧)
kairamban(回覧板)
Noda(野田)
Noma(野間)
Honda(本田)
Homma(本間)
higan(彼岸)
higambana(ヒガンバナ)
gimon(疑問)
gimombun(疑問文)

昔の 和英辞典は みだし語を ヘボン式ローマ字で 書いていましたが,この 問題を さける ため,n, m の 書きわけを しない ように 改造 した ヘボン式を つかっていました。


「新和英大辞典」(研究社)

ローマ字の 書きかたを 説明 している 部分から 一部を ぬきだした ものです。撥音は すべて n に しています。


さらに,こまかい ことを いうと,b, m, p の 前の〈ン〉だから m に なると 単純に かんがえるのは あやまりです。英語で b, m, p の 前に ある〈ン〉は おおくの 場合 m と 書かれますが,つねに そうとは かぎりません。唇を とじる〈ン〉は m に なるという 説明も よく みかけますが,かならず そうとも かぎりません。複合語の sunbeam, gunmetal, pinpoint の つづりを よく みて ください。接頭辞が つく 単語にも,input, unpack の ように,m に ならない ものが ありますn の〈ン〉が つぎの 音に 影響 されて m の〈ン〉に かわるのは「同化」と よばれる 現象の 一種です。発音 しやすく する ため,自然に おこります。[nb][nm][np]は 発音 しにくいので 無意識に[mb][mm][mp]に なる わけです。発音の 変化に あわせて つづりまで かわるか どうかは また 別の 条件で きまります。たとえば,import は つづりが かわっていますが,input は つづりが かわっていません。


tembin(和英語林集成)

「てんびん」は tembin なのに「てんびん棒」は tembimbō で,「てんびん」の つづりが ねじまげられています。ヘボン式は 英語の はなし手が 日本語を よむ ための ふりがな みたいな ものだからです日本語を ヘボン式で 書くと,ことばの つづりが かわって しまう ことが あります。これは 英語を カタカナで 書く 場合に おきかえてみると よく わかります。英語の thank は「サンク」,you は「ユー」ですが,thank you を「サンキュー」と 書いたら,ことばの つづりが かわって しまいます。「サンキュー」は 読みかたを しめす ふりがな みたいな ものだから そう なって しまう わけです。英語を カタカナで 書くと したら「サンク ユー」に しないと いけません。この 理屈で,「てんびん」が tembin で「棒」が なら,「てんびん棒」は tembinbō に しないと いけません。ところで,「和英語林集成」は「てんびん」を「天秤」と 書いているのに「てんびん棒」は「担棒」と 書いています。「和英語林集成」は ヘボンが ひとりで つくったのでは なく,日本人の 協力者が いました。当時の 日本人が 漢字を つかう ときの 感覚が あらわれている ようで 興味ぶかい ところです。

b, m, p の 前の〈ン〉を,複合語か どうかを かんがえず,すべて m に する ヘボン式の ルールは やりすぎです。日本語を しらない 外国人は b, m, p の 前の〈ン〉を,複合語で あろうが なかろうが,みさかいなく m に する 書きかたしか できないかも しれません。けれども,そんな 書きかたでは 日本語を ねじまげて しまいます。この 欠点は ヘボン式が 日本語を 書くのに 適さない 理由にも なっています。くわしくは「「あんパン」は ampanか?」を お読み ください。


ヘボン式では,撥音の うしろに いれる くぎりの 記号を つなぎ(-)に するのが ふつうですが,きる印(')に する 書きかたも あります。

ren-ai, ren'ai(恋愛)
jin-in, jin'in(人員)
hon-ya, hon'ya(本屋)
gen-yu, gen'yu(原油)

ほんらい,つなぎ(-)は ふたつの ことばを つなぐ 記号です。発音を きる ときは きる印(')を つかう べきです。しかし,日ごろ よく 目に する 道路標識(案内標識)の ローマ字駅名標の ローマ字つなぎ(-)を つかっているので,つなぎ(-)が 一般的に なっています。「和英語林集成」も つなぎ(-)を つかっていました漢字と 漢字の さかいめに 記号が はいる ケースが おおいので,ヘボンが これを ことばの くぎりと 認識 していたのかも しれません。ヘボンは 日本語 だけで なく 中国語も しっていましたから,中国語では ひとつの 漢字が ひとつの ことばで ある ことも しっていた はずです。

小学校の「国語」で どちらに しているかは わかりません。いいかげんに ごまかしているかも しれません。テストの ときは 教科書や 教師の 書きかたに あわせて ください。


「毎日の言葉」 (昔の 教科書)

ここでは「乱用」が ran'yō と 書いてあります。

撥音と ナ行の 子音

はじめて 読む 人は この 節を 読みとばしても かまいません。

撥音は n の うしろに 発音を きる 印を 書かなければ ならない ケースが あります。これは 撥音を ナ行の 子音字と おなじ n で あらわしているからです。

撥音を n では なく,たとえば,nn, nq, ñ などで あらわす ことに すれば,こんな 面倒な ことを しなくて すみます。しかし,これは ローマ字の 大改造に なって しまうので,昔から 手が つけられない ままに なっています単語の 途中に 記号が はいると 文章を 編集 している ときに 単語選択や 単語検索が やりにくい 不便が あります。パスポートの 名前など,記号が つかえない 状況も ある ことを かんがえると,できれば 記号は ない ほうが いいでしょう。「何(なに)」を〈ナン〉,「物(もの)」を〈モン〉と 発音 する ことが ある ように,撥音は ナ行と 関係が あり,撥音を n に する 設計は 見当はずれでは ありません。記号を つかわずに 撥音の n と ナ行の n を 区別 できる 書きかたに すれば いい わけです。

撥音(※)記念禁煙近年
n', n, nkinenkin'enkinnen
n', n', nkinenkin'enkin'nen
n', n', n'kinen'kin'en'kin'nen'
nn, n, n (NG)kinenkinnenkinnen
nn, nn, nkinenkinnenkinnnen
nn, nn, nnkinennkinnennkinnnenn
nq, n, nkinenkinqenkinnen
nq, nq, nkinenkinqenkinqnen
nq, nq, nqkinenqkinqenqkinqnenq
ñ, n, nkinenkiñenkinnen
ñ, ñ, nkinenkiñenkiñnen
ñ, ñ, ñkineñkiñeñkiñneñ

※ 左から,母音字 または y の 前の 撥音,n の 前の 撥音,そのほかの 撥音。

促音(ッ)

促音の 書きかた

促音(そくおん)とは〈ッ〉の 音です。「つまる 音」とも いいます。促音は つぎの 子音字を かさねて 書きます。たとえば,つぎの 音が〈キ〉なら ki の 子音字 k を 書き,つぎの 音が〈サ〉なら sa の 子音字 s を 書きます。促音の つぎに 拗音が くる ときは kya, sya, tya などの 1文字めを 書きます。たとえば,つぎの 音が〈ショ〉なら syo の 1文字めの s を 書きます。

ふつう,ひとつの ことばの 中で 促音の つぎに ナ行音・撥音・母音は きませんから,このような 場合の 書きかたは きまっていません。

一般的な 和語と 漢語では 子音字を かさねる ところが kk, ss, tt, pp の いずれかの 形に なり,そのほかの 形には なりません。感動詞・オノマトペ・外来語などでは hh, dd, gg などの 形に なる ことも あります。

kitte(切手)
happa(葉っぱ)
zassi(雑誌)
issyo(一緒)
mattya(抹茶)
tokkyo(特許)
ehhen(えっへん)
yahhô(ヤッホー)
beddo(ベッド)
baggu(バッグ)
rozzi(ロッジ)


ふつう,mm, yy,ww の 形が できる ことは ありません。しかし この サイトは,「甘い」を むりやりの 発音で〈アッマイ〉と いいたい とき,その 発音を ammai と 書く ことに します。

ammai(あっまい)
huwwahuwa(ふっわふわ)

nn の 形は 特別で,これは 促音では ありません。「女」を onna と 書けるのは このためです。しかし,この ルールには すこし 問題が あります。「イヌ」を むりやりの 発音で〈イッヌ〉と いいたい ときに その 発音を innu と 書く ことが できません。そこで,促音の つぎに ナ行音・撥音・母音が ある 場合,この サイトは 促音を q で 書く ことに します。こう すると,「イッヌ」だけで なく「ウッウ」「エッン」なども 書ける ように なります。

iqnu(イッヌ)
puqnyupunyu(ぷっにゅぷにゅ)
uqu(ウッウ)
gaqô(ガッオー)


「あっ」「ほっ」の ように,促音で おわる ことばには つぎの 音が ありません。この 場合は しかたが ないので,促音を つまる印(')で あらわす ことに なっています。この サイトは かわりに q を 書いても いい ことに しますつまる印きる印と おなじ 記号です。はたらきの ちがいで よびわけています。「補助動詞」を 書く ときに つかう ぬけ字の印も おなじ 記号です。

a'(あっ)
ho' to suru(ほっとする)
kora'(こらっ)
uwa'(うわっ)
eq(えっ)
Kazi daq!(火事だっ!)


「はだかの王様」(ローマ字文庫)


促音の つぎに n または 母音が ある ときも 促音を つまる印(')で あらわせば いいと かんがえる 人が いるかも しれません。しかし,促音の 前に 撥音が あると,それでは うまく いきません。

× zen'in(全員?,ゼンッイン?)

かな文字表記では 促音を「っ」で あらわしています。つねに「つ」を つかっている ところが すこし おかしな かんじも しますが,促音は 独立 した 音声なので,それを ひとつの 文字で あらわすのは 自然です。ローマ字でも 促音は(できるだけ 記号を つかわず)文字で あらわす ほうが いいでしょう。

ヘボン式の 促音

ヘボン式には 子音字の f, j が ありますから,ff, jj の 形が できる ことも あります。

促音の つぎに sh, ts が ある ときは,その 1文字めを 書きます。ch の ときは 特別で,c では なく t を 書きます。

kitte(切手)
sutaffu(スタッフ)
bajji(バッジ)
zasshi(雑誌)
itchi(一致)
mittsu(三つ)

子音が ch の とき,cch では なく tch に する 理由は,ヘボン式が 英語風の つづりだからです。英単語の match, switch, stretch などを かんがえてみれば,tch が 英語風の つづりだと わかるでしょう英語で なければ cch という つづりも あります。ただし,発音は ちがいます。たとえば イタリア語で,ザッケローニ監督は Zaccheroni,ピノッキオは Pinocchio です。


「コペル君の手紙」
(「君たちはどう生きるか」より)
(昔の 教科書)

ここでは「実地」を jitchi と 書いています。tch の 形に なる 例です。


ヘボン式では「イッヌ」の 問題が「あっまい」でも おこります。この サイトが すすめる 改良案は q です。

ammai(あんまい)【ヘボン式
aqmai(あっまい)【改良案】

「洗濯機」「三角形」

「楽器」の 発音は〈ガクキ〉では なく〈ガッキ〉です。それでは,「洗濯機」は?〈センタクキ〉か〈センタッキ〉か,まよって しまう 人が いるかも しれません国語辞典で「洗濯機」を ひくと「せんたく・き」などと 書いてあり,正しくは〈センタクキ〉かと かんがえて しまいそうです。しかし,この 説明は 形態素(意味の 最小単位)を しめす もので,発音を しめしているのでは ありません。

実際は どちらの 発音も 流通 していますから,どちらで 書いても かまいません。

sentakuki, sentakki(洗濯機)
sankakukei, sankakkei(三角形)
ryokakuki, ryokakki(旅客機)

長音(ー)

長音の 書きかた

長音(ちょうおん)は 読みかたに「ー」が つく 音です。「のばす 音」「ひく 音」とも いいます。長音は のばす 音の 母音字に 山形(^)を のせます。

okâsan(お母さん)
otôsan(お父さん)
onêsan(お姉さん)
onîsan(お兄さん)
Â, sore wa nê...
(ああ,それは ねえ……)
Ê, mâ sô desu.
(ええ,まあ そうです。)
 ieba kô iu.
(ああ 言えば こう 言う。)


「小僧の神様」(昔の 教科書)

「そう」「まあ」「小僧」「奇遇」「ご馳走」は 長音を ふくむ ことばです。

のばす 音の 母音字に 山形(^)を のせるという 説明が よく わからない 人は 実際の 読みかた(発音)を カタカナで 書く 練習から はじめると いいでしょう。まず,「お母さん」「お父さん」を「オカーサン」「オトーサン」と 書いてみます。それから,「ー」の 前の 音の 母音字に 山形(^)を のせます。

お母さん
→ オカーサン
→「カ」の 母音字 a に ^ を のせる
okâsan
お父さん
→ オトーサン
→「ト」の 母音字 o に ^ を のせる
otôsan

ローマ字は 日本語の 音声を 書く ものです。ローマ字を 書く ときは ふりがなでは なく 読みかたを 頭に おもいうかべる ように すると,まちがいが すくなく なります。

何が 長音か?

ローマ字文を 書いてみると,長音なのか そうで ないのか よく わからない ことばが たくさん ある ことに 気が つきます。これが 長音の ややこしい ところで,そもそも 何が 長音かが はっきり しません。たとえば,「さあ,行こう!」の「さあ」「こう」は 長音なのか そうで ないのか,どちらとも いえそうです。「各(おのおの)」「とけい」は〈オノーノ〉〈トケー〉に ちかい 発音を していますが,これらを 長音と かんがえる べきでしょうか? 「例」を〈レー〉と 読む 人が「礼」を〈レイ〉と いうかも しれません。発音には 個人差が あり,地域・年代・状況による ちがいも ありそうです。

しかし,ルールは きっちり きめなければ ルールに なりませんから,ローマ字の 世界で 長音と みなす ものが きめられています。

オノマトペ

一番 わかりやすいのは オノマトペです。たとえば,「ピー」「ブーン」「ザーザー」「モーモー」などが 長音です。

(ピー) bûn(ブーン)
zâzâ(ザーザー) mômô(モーモー)

外来語の「ー」

外来語で「ー」を つけて 書く 音は 長音です。たとえば,「コーヒー」の〈コー〉と〈ヒー〉です。ふつう,漢字と ひらがなで 書く ことばには「ー」を つかいませんが,カタカナで 書く 外来語は のばす 音に「ー」を つけるので,みた目で 長音が わかります。

kôhî(コーヒー) pûru(プール) kânêsyon(カーネーション)

ただし,すこし ひねった つづりの 外来語が あるので 気を つけて ください。おどりの「バレエ」や あそびの「ボウリング」などです。これらは〈バレー〉〈ボーリング〉と 発音 しますから,「レエ」「ボウ」の 部分は「ー」が なくても 長音です。

また,昔は「ー」を つかわないで 外来語を 書く ことが ありました。いまなら「スター」「スキー」「スープ」「スケート」「ストーブ」と 書く ところを,昔は「スタア」「スキイ」「スウプ」「スケエト」「ストオブ」と 書いたり しました。これらも「ー」は ありませんが 長音です。

barê(バレエ) bôringu(ボウリング)
sutâ(スタア) syô(ショウ)

和語

和語で 前の 音の 母音と おなじ 母音が つづいている 場合,それから「オ段+う」に なっている 場合は 長音です。たとえば,「お母さん」の「かあ」,「お父さん」の「とう」が 長音です。

(さあ) okâsan(お母さん)
îe(いいえ) nîzuma(新妻)
(へえ) kôri(氷)
otôsan(お父さん) ikô(行こう)


おなじ 母音が つづいていても「青鬼(あおおに)」の「おお」は〈オー〉では ありません。これは 複合語で,たまたま おなじ 母音が 連続 している だけです。「あお・おに」と わけて かんがえる ことが できますただし 発音に かんしては,〈オオ〉と〈オー〉の へだたりが 問題に なる ことは ほとんど ありません。「青鬼」を〈アオーニ〉と 発音 しても 通じるでしょう。「各(おのおの)」を〈オノーノ〉と いっても 通じるのは このためです。〈イイ〉と〈イー〉,〈ウウ〉と〈ウー〉なども おなじで,「黄色」が〈キーロ〉でも 問題に なりませんし,〈マツーラ〉と よべば 松浦さんが ふりかえります。

aooni(青鬼)
onoono(各)
kiiro(黄色)
Matuura(松浦)

漢語の「ウ段+う」

漢語で ふりがなが「ウ段+う」に なる ものは 長音です。ふりがなが「くう」「すう」などに なる ものです。たとえば,「空気」の「くう」,「数字」の「すう」が 長音です。

kûki(空気)
sûzi(数字)
hûrin(風鈴)
gyûnyû(牛乳)


「ウ段+う」でも「湖(みずうみ)」の「ずう」は〈ズー〉では ありません。これは 和語の 複合語で,たまたま「ウ段+う」に なっている だけです。「みず・うみ」と わけて かんがえる ことが できますただし 発音に かんしては,〈ウウ〉と〈ウー〉の へだたりが 問題に なる ことは ほとんど ありません。「湖」を〈ミズーミ〉と 発音 しても 通じます。「牡馬(おすうま)」を〈オスーマ〉,「安売り」を〈ヤスーリ〉と いっても わかるでしょう。

mizuumi(湖)
osuuma(牡馬)
kyokuuti(曲打ち)
yasuuri(安売り)

漢語の「オ段+う」

漢語で ふりがなが「オ段+う」に なる ものは 長音です。ふりがなが「おう」「こう」「そう」などに なる ものです。たとえば,「工事」の「こう」,「農家」の「のう」が 長音です〈コウ〉〈ノウ〉などが 正しい 発音で〈コー〉〈ノー〉などは だらしない 発音だと おもっている 人が いますが,それは まちがいです。

kôzi(工事)
nôka(農家)
hôsô(放送)
syôbô(消防)


「オ段+う」でも「子牛(こうし)」の「こう」は〈コー〉では ありません。これは 和語の 複合語で,たまたま「オ段+う」に なっている だけです。「こ・うし」と わけて かんがえる ことが できます。

kousi(子牛) kôsi(講師)
kouri(小売り) kôri(高利)
youti(夜討ち) yôti(幼稚)

漢語の「エ段+い」

漢語で ふりがなが「エ段+い」に なる ものも 長音と かんがえる ことが できます。ふりがなが「えい」「けい」「せい」などに なる ものです。しかし,ローマ字の 世界では これを 長音と かんがえない ことに なっています。たとえば,「映画」の「えい」は〈エー〉,「経済」の「けい」は〈ケー〉に ちかい 発音を している はずですが,これらは ê, kê と 書きません「えい」「けい」などの 正しい 発音が きまっている わけでは ありませんが,共通語では ほぼ 完全に〈エー〉〈ケー〉です。アナウンサーなども 新人研修で そのように おしえられる そうです(〈エイ〉〈ケイ〉と おしえているという 情報も あります)。いずれに しても,どちらかが 正しいという 意味では ないので 気を つけて ください。ときどき,〈エイ〉〈ケイ〉が 正しい 発音で〈エー〉〈ケー〉は だらしない 発音だという 意見を みかけますが,それは まちがいです。

この 理由は,本当の 発音は〈エイ〉だという 気もちです。実際には〈エー〉と いっている 人でも,本当は〈エイ〉が 正しい 発音だという 意識を もっています。この 意識に もとづいた ルールに してあるからです昔は〈エイ〉に ちかい 発音でしたが,いまは〈エー〉に かわっています。「となりの 家に かこいが できたってねえ。」「へえ。」という 小話は「塀(へい)」と「へえ」の 発音が おなじ〈ヘー〉だから なりたつ わけです。この 発音の 変化は 江戸時代に おこったと されています。比較的 あたらしいので,本当は〈エイ〉だという 意識が のこっているのかも しれません。「映画」を 読む とき,ほとんどの 人は 完全に〈エーガ〉か あるいは〈エイガ〉と〈エーガ〉の 中間くらいの 発音を していますが,「手拍子に あわせて ゆっくり 発音 して ください。」と いわれたら〈エ,イ,ガ〉と いって しまいます。本当は〈エイ〉だという 意識が あるからでしょう(ふりがなに つられるのかも しれません)。現代仮名遣いでも 実際の 発音に かかわらず「映画」の ふりがなを「えいが」と 書きます。いまの ところ〈エイガ〉と 発音 しても 通じますから,完全に〈エー〉には なりきっていません。しかし,この 意識は かわってきていて,〈エイ〉の 感覚が うすれて〈エー〉の 感覚が つよく なっています。「携帯電話」が「ケータイ」に なったのも その せいです。すこし 話が それますが,このごろ 外来語の「メール」「ゲーム」が「メイル」「ゲイム」と 書いてあるのを みかける ように なりました。漢語で「エイ」が「エー」に かわったのと 反対に,外来語で「エー」が「エイ」に かわった 現象です。ただし,これは 自然に おこった 変化では なく,英語を 崇拝 する 一部の 人が 原音に ちかづけようと して 意識的に やっている ことだと おもわれます。したがって,これが 一般に ひろまっていくかは わかりません。

eiga(映画)
keizai(経済)
reisei(冷静)
seimei(生命)


「エ段+い」でも「絵入り」の「えい」は〈エー〉では ありません。これは 和語の 複合語で,たまたま「エ段+い」に なっている だけです。「え・いり」と わけて かんがえる ことが できます。

eiri(絵入り) eiri(営利)
keiro(毛色) keiro(経路)
teitai(手痛い) teitai(停滞)


ややこしいのですが,上で 説明 した ように,和語と 外来語の〈エー〉は 長音です。「お姉さん」の「ねえ」や「ケーキ」の「ケー」は 長音ですが,「景気」の「けい」は 長音と かんがえません。

kêki(ケーキ) keiki(景気)

いまは こういう ルールに なっています。「映画」の 発音は〈エイガ〉でも〈エーガ〉でも それらの 中間でも かまいません。けれども,「映画」の ふりがなは「えいが」に きまっています。それと おなじ ように,「映画」の ローマ字は eiga に きまっています。ふりがなも ローマ字も 発音記号では なく,実際の 発音を 書いている わけでは ない ことに 気を つけて ください。


きびしい 目で みれば,漢語の「エ段+い」を 長音と みなさない この ルールは すこし 変です。「絵入り」と「営利」は あきらかに 発音が ちがうのに おなじ つづりの eiri に なって しまうからです。これでは 読む ときに 不便なので,「絵入り」を e'iri と 書く アイデアも ありますが,それでは かえって 不便でしょう。漢語の「エ段+い」は いまの ローマ字(訓令式)の 弱点です。「もっと 日本語らしい 書きかた」も お読み ください。

そのほか

長音は このほかにも あります。基本は 長音の 発音を していたら 長音と かんがえて いいのですが,すこし 例外が あります。

まず,文法から 長音と かんがえない ものが あります。

これらは 長音と かんがえません。ウ音便は 長音と かんがえます。

kuu(食う) suu(吸う)
yuu(結う) kuruu(狂う)
kiite(聞いて) hiite(引いて) hibiite(響いて)
ii(いい) kawaii(かわいい) ôkii(大きい)
utukusii(美しい) kodomorasii(こどもらしい)
ohayô(おはよう) arigatô(ありがとう)

そして,語源から 長音と かんがえない ものが あります。たとえば,「率いる」「用いる」の 語源は「引き率(い)る」「持ち率(い)る」ですから「きい」「ちい」は 長音と かんがえません。「許婚」の 語源は「言い名付く」の 連用形ですから「いい」は 長音と かんがえません。「炎」の 語源は「火(ほ)の 穂(ほ)」ですから「のお」を 長音と かんがえません。

ただし,語源を どれだけ 重視 するかは 書き手の 判断に よります。語源なんて しらない ことも おおいでしょう。語源を 意識 しなく なっている ことばも あります。名詞は 実際の 発音を 重視 する ほうが いいという かんがえも あり,その 場合は 長音に します。したがって,書き手に よって つづりが ちがう ことも あります。

hikiiru(率いる)
motiiru(用いる)
iinazuke(許婚)
honoo, honô(炎)

まよいやすい ことばを 下に まとめておきます。

â([副]ああ,[感]ああ) akanbê(あかんべえ)
bâsan(婆さん) ([副]どう)
ê([感]ええ) ([感]へえ)
hiideru, hîderu(秀でる)
hîki(贔屓)
hîragi(ヒイラギ)
honoo, honô(炎)
(頬,ホオ:朴,[感]ほう)
huruu(振るう,奮う,篩う)
ii([形]いい) î(飯)
îe(いいえ) ikidôru(憤る)
imôto(妹) kâsan(母さん)
kawaisô(かわいそう)
([副]こう)
kôgôsii(神々しい)
kômori(コウモリ)
kômuru(被る)
kônotori(コウノトリ)
kôri(氷,郡) kôrogi(コオロギ)
kôru(凍る) kôzi(麹)
kurôto(玄人) kuruu(狂う)
kuu(食う) ([感]まあ)
mîra(ミイラ) ([副]もう)
môderu(詣でる) môkeru(儲ける)
moyôsu(催す) mukô(向こう)
([終助]なあ,[感]なあ)
nêsan(姉さん)
nîsan(兄さん) nîzuma(新妻) nonbê(飲兵衛)
nuguu(拭う)
nuu(縫う) ohayô(おはよう) ô([感]おお)
ôgi(扇)
ôi(多い,覆い,[感]おーい) ôkami(オオカミ)
ôkii(大きい) ômu(オウム)
ômune(概) ôse(仰せ,逢瀬)
ôu(覆う) ôyake(公)
ôyoso(凡) otiiru(陥る) otôto(弟)
([感]さあ) sayônara(さようなら) (シイ:椎)
sîka(詩歌) siiru(強いる)
sîtageru(虐げる)
sîtake(シイタケ)
sirôto(素人) ([副]そう)
sô da([助動]そうだ)
sukuu(救う,掬う,巣食う)
sumô(相撲) suu(吸う) tamasî(魂)
tîsai(小さい)
todokôru(滞る) (十)
tôge(峠) tôi(遠い)
tôri(通り) tôru(通る)
tôsan(父さん)
ureeru(愁える,憂える)
urûdosi(閏年) yazirobê(やじろべえ)
yô da([助動]ようだ)
yosoou, yosôu(装う)
yuu(結う) zîsan(爺さん)

ヘボン式の 長音

ヘボン式の 長音符号は,山形(^)に する 書きかたも ありますが,マクロン(¯)に するのが 一般的です。ヘボン式の 変種で 長音符号を つける ものは 大抵 マクロン(¯)に しています。

しかし,「ローマ字のつづり方」を すなおに 解釈 すれば,長音符号を マクロン(¯)に するのは ルール違反です。


ヘボン式は 長音符号を 書かないと おもっている 人が いるかも しれません。しかし,それは まちがいです。ヘボン式は 長音符号を 書きます。じつは,一般に ヘボン式と よばれている 書きかたは もともとの ヘボン式では なく,もともとの ヘボン式から 記号を とりのぞいて,みた目を 英語風に した ものです。学校の「英語」で ならう 書きかたが それです。「英語」の 教科書などが,くわしい 説明を しないで,それを ヘボン式と よんでいる ため,世の中に 勘ちがいが ひろまっています。


「和英語林集成」の 長音

これは ヘボンが つくった 和英辞典です。ここで つかわれた ローマ字が もともとの ヘボン式です。長音符号を 書いています。

この サイトは 記号を はぶいた ヘボン式を もともとの ヘボン式と 区別 して「英語式」と よんで います。

小文字の i^ を のせた 文字?


iî

長音は のばす 音の 母音字に 山形(^)を のせる と 説明 しましたが,こまかい ことを いうと,小文字の i の 上に 山形(^)を のせた 文字は ありません。

小文字の i山形(^)を のせると i の 点が なく なります。手書きの ときも 点は 書きません。

ただし,実際には 点を つけている 参考書 なども あります。学校の テストでは 教科書や 教師の 書きかたに あわせて ください。

îii と 書く?


「アルプスの山の娘」(昔の 教科書)

ここでは「おじいさん」「シーツ」が oziisan, siitu と 書いてあります。

iî は 形が にすぎていて みわけにくい ことなどから,î の かわりに ii に する 書きかたが あります。i は 字体が ほそく,ふたつ ならべても 単語の つづりが ながく ならないので,読みにくく なる 心配が ありませんほかの 理由も ありそうです。機械式の タイプライターで i^ を おなじ 位置に 印字 して むりやり î を つくっていた 時代には,i^ の 相性が わるい ことや,わずらわしい 操作が きらわれた ことも あるでしょう。和語には〈イイ〉か〈イー〉か わかりにくい ことばが あり,書く ときに まよいがちです。î は「のばす 音の 母音字に 山形(^)を のせる」という 説明の とおりにも なりません(i の 点が きえる)。これでは こどもが 混乱 するかも しれません。それで,ii で 統一 して しまおうと かんがえられたのかも しれません。

こうすると,〈イイ〉と〈イー〉を 区別 できなく なりますが,〈イイ〉と〈イー〉は 発音が にていて,その へだたりは あまり 問題に なりません。しかも,和語と 漢語には〈イー〉を ふくむ ことばが あまり ありません。

onîsan, oniisan(お兄さん)
tîsai, tiisai(小さい)
bîru, biiru(ビール)
sukî, sukii(スキー)

この サイトで 各方式の 書きかたを 説明 する ときは「英語式」ヘボン式の 変種 だけ ii に しています。実際には,訓令式ヘボン式でも ii が よく つかわれます。教科書でも ii が ふつうです。

odîsan(お爺さん)【日本式
ozîsan(お爺さん)【訓令式
ojīsan(お爺さん)【ヘボン式
ojiisan(お爺さん)【「英語式」

学校の テストでは 教科書や 教師の 書きかたに あわせて ください。

大文字の 母音字を かさねて 書く?

「ローマ字のつづり方」は 長音の 母音字が 大文字なら 母音字を ならべても よいと しています(そえがきの 第4項)。

Ôsaka, Oosaka(大阪)
Ôita, Ooita(大分)
Ôatari da!  Ooatari da!
(大当たりだ!)


「人魚姫」

Ôzisama, ÂOozisama, Aa と 書いてあります。

この きまりが できた 理由は いくつか ある ようです。その ひとつは タイプライターを つかっていた ことです。タイプライターには 長音符号つき文字â, î, û など)に 対応 する キーが ありませんから,ローマ字文を 書く ときは 山形(^)と 母音字を あわせて 長音符号つき文字を つくっていました。たとえば,a^ を おなじ 位置に 印字 して â を つくっていた わけです。ところが,^ は 大文字(A, I, U, E, O)と うまく かさならないので,大文字の ときは この やりかたが つかえませんでした。いまは もう タイプライターを つかいませんから,この 理由は なく なっていますローマ字用の タイプライターには 小文字の û, ô に 対応 する キーを もっている 製品も ありました。日本語の 長音は ウ段と オ段が 圧倒的に おおいので,これで 操作性は かなり よく なった はずです。

この 書きかたの デメリットも 無視 できません。〈アー〉〈イー〉〈ウー〉〈エー〉〈オー〉で はじまる ことばは,文頭に ある ときと 文中に ある ときで つづりが ちがう ことに なります。これでは 小学生が 混乱 します。検索などの テキスト処理にも 都合が わるいでしょう。

Ookina ôkina sora no sita...
(大きな大きな空の下……)

この サイトは,長音の 母音字が 大文字でも 山形(^)を つけています。

つねに 母音字を かさねて 書く?

長音は つねに 母音字を かさねて 書けば いいじゃ ないか,という わりきった かんがえも あります。かな文字では〈オー〉という 音声を「おお」「おう」「オー」と つねに 2文字で 書いています。これは 長音を 2拍に かぞえる 感覚にも あっていて,自然で あるとも いえます。ローマ字でも おなじ ように すれば いいだろう,という わけです。


「巨人のあしあと 田中館愛橘博士逸話集」

ここでは 母音字を かさねる 方式で 長音を 書いています。

しかし,これには 欠点が ふたつ あります。まず,すべての 長音を 母音字の 連続に すると,つづりが ながく なって 読みにくい ことです。もっとも,これは 感覚的な 問題ですから,なれて しまえば 解決です。

hyoosyoozyoo(表彰状)
syuutyuuryoku(集中力)

より 重要なのは 論理的な 問題です。この 書きかたで おなじ 母音字が 3個 以上 つづくと,読みかたが わからなく なって しまいます。この 問題は きる印(')を つかわないと 解決 できません。

huuu(風雨,フウー?)
 → huu'u
soooo(相応,ソオーオ?)
 → soo'oo
oootoko(大男,オオートコ?)
 → oo'otoko

長音符号つき文字を つかわない 書きかた

長音符号つき文字が つかえない ときは よく あります。パスポートや クレジット カードの 名前を 書く とき,パソコンなどの 環境(ハード・ソフト)が 対応 していない とき,プレゼントの「名いれ」で つかえる 文字に 制限が ある ときなどです。こういう ときの ために,長音符号つき文字を つかわないで 長音を 書く,まにあわせの やりかたが あります。いくつか ある 方式の 中で,もっとも つかいやすいのは 母音字を かさねて 書く 方式です。

raamen(ラーメン)
suteeki(ステーキ)
Taroo(太郎)
Huuka(風花)

この 書きかたは あくまでも まにあわせです。公式ルールで みとめられた 書きかたでは ありません(大文字の 場合は みとめられています)。上で のべた ように,欠点も あります。学校で おしえませんから,テストでは つかえませんし,この 書きかたを しらない 人も いるでしょう。

けれども,これは 読みまちがいが おこりにくい ように かんがえられた 書きかたで,実用の レベルでは 問題なく つかえます。長音符号つき文字が つかえない 状況は おおいので,そんな ときは まよわず これを つかって ください。長音符号を はぶいて「東京」を Tokyo に するのは もっとも まずい やりかたです。くわしくは「代用表記」を お読み ください。

hoosoo(放送)
gyuunyuu(牛乳)
koozyoo(工場)
Tookyoo(東京)
Kyuusyuu(九州)
Yuuziroo(裕次郎)


友人あての メールや チャットなどは きっちり した 文面で なくても いいでしょう。そういう 場合,長音符号つき文字が つかえる 環境でも この 書きかたに して かまいません。そう すれば タイピングが 楽に なります。

Zyaa, soo iu koto de yorosiku.
(じゃあ,そういうことで よろしく。)
uwaaaaaaaaaa
(うわああああああああああ)


ながい 母音を 母音字の 連続で あらわす 書きかたは 外国語の つづりにも よく ある ものです。下は オランダ語の 例です。

raam (窓)
muur(壁)
boot(ボート)

特殊音

外来語などで よく つかわれる〈ティ〉〈ファ〉〈チェ〉などの 音を ローマ字の 世界では「特殊音」と よんでいます。特殊音は 昔の 日本語に なかった 音声です。

訓令式や 一般的な ヘボン式特殊音の 書きかたを きめていません。ヘボン式の 一種で ある 標準式は 英語を カタカナ表記 する ときに つかいそうな 特殊音の 書きかたを さだめています。99式は ひろい 範囲の 特殊音を カバー しています。

特殊音は 自由に 書いて いい ことに なっているので,いろいろな 書きかたが おこなわれています。この サイトも 昔から おこなわれている 書きかたを 参考に して 独自の 書きかたを 提案 しています。

hwôku(フォーク) tyên(チェーン)


「幼き日のモツアルト」
(「若きモーツァルト」より)
(昔の 教科書)

外国の 固有名詞には 特殊音を ふくむ ものが あります。ここでは Vienna, Wenzel(ウィーン,ウェンツェル) の 読みかたを ローマ字で Wiin, Wentweru と 書いています。

いまは 学校で 特殊音の 書きかたを おしえません。そのため,こどもが 外来語を ローマ字で 書こうと しても できない ことが あります。質問 された 教師も こまって しまいます。くわしくは「特殊音」を お読み ください学習指導要領は「日常使われている簡単な単語」を ローマ字で 読み書き できる ことを 学習の 目標に しています。日常生活で 目に する ローマ字は 正しい 書きかたを しておらず,外来語を 原つづり(ほとんどは 英語)で 書いています。そのため,特殊音の ローマ字表記は つかわれていません。そこで,「簡単な」という 条件で 特殊音を きりすてている ようです。ローマ字は ローマ字入力と 混同 されやすいので,特殊音の 書きかたを きちんと さだめて おしえないと,〈ティ〉〈ツァ〉を thi, tsa に する ような,まちがった 書きかたが ひろまって しまう おそれが あります。

鼻濁音

鼻濁音(びだくおん)とは 鼻に ぬける 濁音(特に ガ行)の ことです。「学校」の〈ガ〉と「小学校」の〈ガ〉を 区別 して 発音 する 人が いますが,このときの 後者の〈ガ〉が 鼻濁音です昔は 関東地方や 東北地方で つかわれていましたが,いまは つかう 人が すくなく なってきています。西日本では ほとんど つかわれません。アナウンサーには いまでも 鼻濁音を きっちり 発音 する 人が います。ただし,そのような 区別を する ことが 正しいとか うつくしいとか,そいいう 意味では ありませんから,気を つけて ください。

ローマ字では,鼻濁音と 通常の 濁音とを 区別 しません。実際には 鼻濁音で 発音 されていても,ふつうの 濁音と おなじ ように 書きます。

gakkô(学校) syôgakkô(小学校)

きこえない 音

母音の 一部は きこえなく なる ことが あります。たとえば,「です」「ます」の 発音は,実際には〈デス〉〈マス〉では なく,〈デs〉〈マs〉に ちかいでしょう。「たくさん」は〈タkサン〉,「ネクタイ」は〈ネkタイ〉に ちかい 発音を している はずです関東地方などでは「北」の〈キ〉や「光」の〈ヒ〉の 母音が 無声音(声帯が ふるえない 音)に なって きこえなく なる ことも あります。

このような ことばを ローマ字で 書く とき,実際の 発音に ちかづけて des, mas, taksan, nektai の ように する べきかという 問題が あります。

これは,そのようには 書きません。ローマ字は 発音記号では ないからです。ローマ字は 実際に 口から でている 物理的な 音声を 書く ものでは なく,頭の 中に ある 音声を 書く ものです「です」を des と 書く アイデアは 100年前から ありましたが,むつかしいので 採用 されませんでした。意識 していない ものを 書く ことは できないからです。実際に 口から でている 音声が〈デs〉で あっても,頭の 中では〈デス〉と いっている つもりだから desu と 書く わけです。もし 実際の 音声を 書く ルールに したら,ローマ字を 正しく 書く ことが できるのは 言語学の 専門家 だけに なって しまいます。ただし,この 問題は もう すこし ふかく かんがえてみる ことも できます。なぜ〈デス〉と いっている つもりなのかと いえば,それは ちいさい ときから「です」と 書かれた 文章を 読んで そだったからです。つまり,かな文字表記に つられて そう おもいこんでいる だけです。言語学に あかるい 人は 実際の 音声が〈デs〉だと 気づいているので,もし 日本語を ローマ字で 書く ことが 一般化 すれば,かならず des と 書く 人も でてきます。すると,それを 読んだ 人も 実際は〈デs〉だと 気づくでしょう。そして,本当は〈デs〉だという 意識を もつ ように なれば,des と 書くのが 自然に なる はずです。こうして,だんだん des が ひろまっていく 可能性も あります。

desu(です) masu(ます)
takusan(たくさん) nekutai(ネクタイ)

発音どおりに 書かない カタカナ語

カタカナ語の 中には 発音の とおりに 書かない ものが あります。このような ことばは 発音に あわせて 書きます。

bôringu(ボウリング)
uindô(ウィンドウ)
uebu(ウェブ)
baiorin(ヴァイオリン)
purintâ(プリンタ)

歴史的仮名遣いの「ゐ」「ゑ」「を」

ふるい かなづかいで「ゐ」「ゑ」「を」と 書かれている ものを ローマ字で 書きなおす 場合は,i, e, o と 書きます。

ai(あゐ:藍)
koe(こゑ:声)
oke(をけ:桶)

助詞の「は」「へ」「を」

助詞の「は」「へ」「を」は wa, e, o と 書きます。ローマ字は 音声を 書く ものだからです。

watasi wa(私は)
anata e(あなたへ)
kore o(これを)

共通語では「お」と「を」の 発音は どちらも おなじ〈オ〉です。ときどき「お」は〈オ〉で「を」は〈ウォ〉だという 意見を みかけますが,それは まちがいです。学校の「音楽」などで「を」を〈ウォ〉と 発音 する ように 指導 する ことも ある ようですが,これは まったく 意味の ない ことです。「国語」で「を」は〈ウォ〉だと おしえられたと いいはる 人も いますが,おそらく 教師の 説明が わるくて,昔の 発音の 話を 勘ちがい して しまったのでしょう。

昔は「お」と「を」の 発音が ちがっていました。奈良時代は「お」は〈オ〉で「を」は〈ウォ〉でした。かな文字が 成立 した 時代も これらが ちがう 発音 だったから ちがう 文字を つくった わけです。しかし,平安時代の 末に「お」の 発音が〈ウォ〉に かわって「お」と「を」は おなじ 発音に なりました。さらに,江戸時代に〈ウォ〉が〈オ〉に かわって どちらも〈オ〉に なりました。ただし,ことばの つづりを 実際の 発音に あわせて かえるという ことを しなかったので,かな文字で 書く ときは「お」と「を」を 区別 した ままでした。そのため,明治時代に なっても「お」と「を」は 本当は ちがう 発音だという 意識が のこっていました。いつも「を」を〈オ〉と 発音 しているのに かしこまった 状況では〈ウォ〉と 発音 する 人が いた そうです。 いまでも 一部の 地方には「を」を〈ウォ〉と 発音 する 人が います。しかし,そういう 人も テレビなどで プロの アナウンサーの 発音を きいて 共通語の 発音を しっている はずです明治時代に できた 日本式が「を」を wo と 書くのは この 意識に あわせた ルールに してあるからです。かな文字の 場合,戦後に「現代かなづかい」(1946年)が できて,すべて 実際の 発音に あわせて「お」と 書く 民主的な ルールに なりました。ただし,保守派に 妥協 して,助詞の「を」は「を」の ままに されました。「現代かなづかい」は これを「お」と 書いても かまわない ことに していたのですが,復古調の「現代仮名遣い」(1986年)は それを みとめていません。

ローマ字は「お」も「を」も 実際の 発音に あわせて o と 書くのが きまりです。「魚(うお)」「塩(しお)」などの ことばで「お」が 無意識に〈ウォ〉に ちかい 発音に なる ことも ありますが,その 場合も o と 書きます。


99式は 文字を 中心に かんがえる 方式ですが,助詞の「は」「へ」「を」は wa, e, o が 基本です。

「ぢ」「づ」

「ぢ」「づ」は かならず zi, zu と 書きます。ローマ字は 日本語の 音声を 書く もので,おなじ 音声は おなじ つづりで 書きます。いまの 共通語では「じ」と「ぢ」および「ず」と「づ」は おなじ 音声なので,つづりを zi, zu で 統一 しています。

これと おなじ 理屈で,「じゃ」「じゅ」「じょ」と「ぢゃ」「ぢゅ」「ぢょ」も おなじ つづりの zya, zyu, zyo に なります。

ふだん ローマ字入力を つかっている 人は di, du, dya, dyu, dyo と 書いて しまう ことが あります。気を つけて ください。

hanazi(鼻血)
bakazikara(馬鹿力)
mikazuki(三日月)
kanzume(缶詰)
warezyawan(割れ茶碗)
maruzyôtin(丸提灯)

ときどき,「ぢ」「づ」を di, du に すると 外国人が〈ディ〉〈ドゥ〉(または〈デュ〉)と 読んで しまうから zi, zu に してあるのだという 説明を みかけますが,そんな 理由では ありません。ローマ字は 日本語の 表記法ですから,訓令式の つづりかたは 日本語の 性質に あわせて 設計 されています。外国人に どんな 発音で 読まれるかは かんがえに はいっていません。


こまかい ことを いえば,「ぢ」「づ」を かならず zi, zu と 書く ルールには すこし まずい ところが あります。これは いまの ローマ字(訓令式)の 弱点です。くわしくは「もっと 日本語らしい 書きかた」を お読み ください。

記号の「ヶ」

「一ヶ月」などの「ヶ」は「個」の 異体字「箇」から できた 記号です。カタカナの「ケ」を 小書きに した 文字では ありません(だから,対応 する ひらがなが ありません)。

「ヶ」を ふくむ ことばは 発音に あわせて 書きます。

ikkagetu, 1 kagetu(一ヶ月)
Tigasaki(茅ヶ崎)

アクセント

「雨」と「飴」,「箸」と「橋」などは 耳で きいた だけで 判別 できます。アクセントが ちがうからです英語などは 強弱アクセントですが,日本語は 高低アクセントです。

ところが,ローマ字で 書くと まったく おなじ つづりに なって しまい,みわける ことが できません。ローマ字は 日本語の 音声を 書く ものですが,音声情報の すべてを 記号化 している わけでは なく,おおくの 情報は ぬけおちて しまいます。そのため,耳で きくと 区別 できるのに,目で みると 区別 できない ことばが あります音声を 書くとは いっても,実際の 音声を 録音 する ように 記録 している わけでは ないので,しゃべる はやさ,声の おおきさ,アクセント(つよい/よわい/たかい/ひくい),イントネーション,鼻声か ガラガラ声か などは わからなく なります。これらの ほとんどは ことばの 意味に かかわらない 情報ですが,アクセントは ことばの 意味に かかわります。

いまの ローマ字は この 状況に 対処 していません。「講演」と「公園」などは 耳で きいても 区別 できないので どうしようも ありませんが,「雨」と「飴」などは 耳で きけば 区別 できるのですから,目で みても 区別 できる ように 書きわけたいという 要求が あります。

そこで,ひとつの 工夫として,アクセントの 情報を 記号で しめす 方法が あります。一部の ことばに アクセントを あらわす 印を つけて,みた目で 区別 できる ように する アイデアです。ただし,アクセントは 地方に よって ことなりますから,共通語を 基準に するなどの とりきめが 必要ですイタリア語には これに にた かんがえかたで 記号を つける つづりが あります。例:e(そして),è(ある[三人称単数]);li(彼ら,それら),(そこ)。

áme, ame(雨,飴)
hási, hasi(箸,橋)
sáke, sake(鮭,酒)
káu, kau(飼う,買う)

この アイデアの 目的は 実際の アクセントを しめす ことでは ありません。ことばに 目印を つけて 同音異義語を みた目で 区別 できる ように する ことです。その 目印の つけかたに アクセントを 利用 している だけですことばの アクセントは 複合語に なったり すると かわる ことが あります。例:「雨」「雨ふり」「にわか雨」。ここで いっている やりかたは このような 場合でも 印を かえません(áme, ámehuri, niwakaáme)。

けれども,これには 問題が あります。アクセントが おなじ 同音異義語も この やりかたで 区別 しようと する 人が でてくる おそれが あるからです。それでは 耳で 区別 できない ことばを 目で 区別 できる ように 漢字を 書くのと おなじに なって しまいます。これは 文字の 色を かえて 区別 する ような もので,そう かんがえると おかしさが わかるでしょう。また,どの 部分に どんな 印を つけるかも 問題です。長音符号が ついている 母音字の 上に もうひとつ 印を つけるのは むつかしく,たとえ つけても よみにくいでしょう。

かんがえなければ ならない ことは いろいろ ありそうです。アクセントの 表記は これからの 課題です。

ラ行音

日本語には L音と R音の 区別が ありません。そのため,ラ行の 子音を ローマ字で 書く とき Lと Rの どちらを つかっても いい 状況に あり,Lと Rの どちらで 書くのが 正しいかという 質問が よく あります。

江戸時代に 書かれた ふるい ローマ字の 中には Lを つかっている 例も ありますが,いまは ローマ字の 方式(訓令式ヘボン式日本式)に かかわらず Rと きまっています。したがって,正しい 書きかたは Rですローマ字の 書きかたは「ローマ字のつづり方」という ルールで きまっています。ヘボン式を 拡張 した 標準式には「ラ゜」「リ゜」「ル゜」「レ゜」「ロ゜」(英語の L音)を Lで 書く ルールが あります。なお,ラ行の 子音は それが 単語の 先頭に あるか そうで ないかなどの 条件に よって かわりますが,ローマ字は すべて Rで 書きます。Lか Rかを 問題に する 人は 外国人が ローマ字を 正しい 発音で 読めない ことを 気に している ようですが,ローマ字は 発音を しめす ものでは ないので,そんな ことを 気に する 必要は ありません。

はじめて ローマ字を つくったのは 外国人ですが,その 外国人が Rを 採用 したのは ラ行の 子音が 外国語の R音に にていたからです。いまの ルールは この Rを うけついでいます。これが Rに なっている 理由です。

ただし,ラ行の 子音が 外国語の R音と にているから Rが 正しいという 意味では ないので,気を つけて ください。表音文字は 発音記号では なく,ABCで 書かれた つづりを どのように 発音 するかは 言語に よって ちがいます。つまり,音声と 文字(つづり)の 対応は 言語に よって まちまちです。したがって,ある 外国語が 日本語の ラ行音と よく にた 音声を Xと 書いていたと しても,日本語の ラ行音を Xと 書かなければ ならない 理由には なりません。

ときどき,ラ行の 子音は Lで 書く べきだという 意見を みかけます。おそらく,これは 英語や 中国語を 中心に かんがえた ために おきた まちがいです。これらの 言語が Lや Rで 書いている 音声を 日本人が きくと,ラ行の 子音は R音より L音に ちかいと かんじる ことが あります。その上,ローマ字を 発音記号と 勘ちがい していたり,音声と 文字(つづり)の 対応が 言語に よって ちがうのを しらなかったり する 人が いるので,ラ行の 子音を Rで 書くのは おかしいとか,Lで 書く べきだとか,そんな 意見が でてくるのでしょう。

上代特殊仮名遣い

いまの 日本語の 母音は〈ア〉〈イ〉〈ウ〉〈エ〉〈オ〉の 5種類 ありますが,万葉集が つくられた 時代の ふるい 日本語には〈イ〉〈エ〉〈オ〉が 甲類と 乙類の 2種類ずつ あり,全部で 8種類の 母音が あったと する かんがえが あります。これらの 母音を ローマ字で 書きわけたい 場合は,乙類の〈イ〉〈エ〉〈オ〉を それぞれ ï, ë, ö で あらわします。

aki(秋;キ甲類) tukï(月;キ乙類)

無音

ことばの 途中に ある すきまや 完全な 無音を 文字で あらわしたい 場合,また 文末の 余韻を あらわしたい 場合は ... を つかいます。漢字かな交じり文では 三点リーダー(…)を 2個 つなげた 記号を つかう ことが おおい ようですが,ローマ字文では とめの印(.)を 3個 つなげた 記号を つかいます。文末で 文の おわりも しめす 場合は とめの印(.)が 4個に なります。

ta...su...ke...te
(た……す……け……て)
ara, mâ...(あら,まあ……)
zawa... zawa...
(ざわ… ざわ…)
....(……。)

もっと 日本語らしい 書きかた

はじめて 読む 人は ここを よみとばしても かまいません。

訓令式の 弱点

ローマ字には 日本語を 合理的に 日本語らしく 書くという 目的が あります。この 点から みた とき,いまの ローマ字(訓令式)には すこし まずい ところが あります。この 弱点は いくつか ありますが,ここでは その 中の ふたつを とりあげ,それらを あらためる かんがえを しめします。

漢語の「エ段+い」

漢語の「エ段+い」は ei と 書く ことに なっています。しかし,これでは ちがう 発音で 読む ことが おおい「営利」と「絵入り」が おなじ つづりに なって しまい,不合理です。じっさい,読む ときに 不便です。

eiri(営利)
eiri(絵入り)

この 問題の 解決策は,漢語の「エ段+い」を 長音と みなして ê と 書く ことです。いまの 訓令式は 漢語の「エ段+い」は〈エイ〉と 発音 するのが 正しいという 意識に もとづいた ルールに なっています。けれども,実際には 漢語の「エ段+い」を〈エー〉と 発音 する ことが おおく,〈エイ〉が 正しいという 意識は うすれています。「携帯電話」が「ケータイ」に なった くらいですから,わかい 人なら「経済」の ふりがなを「けーざい」と 書く ことにも あまり 抵抗を かんじないでしょう。

êri(営利)【改良案】
eiri(絵入り)

この ê を つかっている 小説も すでに あります。「ローマ字文の 見本」で 紹介 しているMiti(道)」を 読んでみて ください外国人に 日本語を おしえる 日本語教育の 教科書には「とけい」を tokee と 書いている ものが あります。これは ローマ字を 発音記号の 代用品として つかっている だけですが,そのために 漢語の「エ段+い」が 一歩 すすんだ 書きかたに なっています。ただし,ee は すこし まずい つづりです。teeen(庭園,テエーン?),keeee(経営,ケエーエ?),tumeeri(詰襟,ツメーリ?),kareeda(枯れ枝,カレーダ?)などで 読みかたが わからなく なるからです。

四つ仮名

ローマ字には 日本語を 合理的に 書く 目的が あります。そのため,発音と つづりの 対応が できるだけ 単純な 規則に なる ルールを 採用 しています。「味」が「あ」か「あ」か,「水」が「み」か「み」か,いちいち おぼえて 書きわけるのは たいへんですから,現代仮名遣いでは「あ」「み」と 書く きまりに なっています。それと おなじで,ローマ字も「味」「水」は azi, mizu と 書く きまりに なっています。ローマ字は これが もっと 徹底 していて,助詞の「は」「へ」「を」も wa, e, o です。このように,ローマ字には できるだけ 発音どおりの つづりに して 書きかたを やさしく する 表音化の かんがえが あります。

しかし,いまの ローマ字(訓令式)は この 表音化を やりすぎている ところが あります。四つ仮名(じ・ず・ぢ・づ)を zi, zu で 統一 しているのが それです。表音化の 方向性は まちがっていませんが,なんでもかんでも 発音どおりに すれば いいという ものでは ありません。じっさい,連濁などの 書きかたが かえって 不規則に なっています。カ行・サ行・ハ行の 音が にごる ときは K→G, S→Z, H→B という 法則で 説明 できますが,タ行では それが うまく いかず,T→D という 法則で 説明 できません。これは あきらかに 表音化の やりすぎから おこっている 問題です。

K→G
 傘
雨傘
    kasa
 amagasa
 岸
川岸
    kisi
kawagisi
 雲
綿雲
    kumo
watagumo
 毛
鼻毛
    ke  
hanage  
 米
生米
    kome
namagome
S→Z
 猿
子猿
    saru
  kozaru
 汁
梨汁
    siru
nasiziru
 炭
消炭
    sumi
kesizumi
 背
猫背
    se  
nekoze  
 空
青空
    sora
  aozora
T→D, Z
  竹
 竿竹
    take
 saodake
  血
 鼻血
    ti  
hanazi  
  月
三日月
    tuki
mikazuki
  寺
 山寺
    tera
yamadera
  鳥
 水鳥
    tori
mizudori
H→B
 針
編針
    hari
 amibari
 人
恋人
    hito
 koibito
 舟
小舟
    hune
  kobune
 塀
石塀
    hei 
 isibei 
 堀
内堀
    hori
 utibori

この 問題の ひとつの 解決策は D と Z を 書きわける ことです。ローマ字には 日本語を 日本語らしく 書くという 目的も あります。連濁などの「ぢ」「づ」では,規則を 合理化 する 目的より こちらの 目的を 優先 する べきです。この 場合,語源などと むすびついた つづりを 尊重 して,「鼻血」「三日月」は hanadi, mikaduki と 書きます。こう すれば,タ行の 連濁は T→D という 法則で 説明 できます。

T→D
  竹
 竿竹
    take
 saodake
  血
 鼻血
    ti  
hanadi  
  月
三日月
    tuki
mikaduki
  寺
 山寺
    tera
yamadera
  鳥
 水鳥
    tori
mizudori

もう すこし くわしく いうと,書き手の 意識に もとづいて 発音どおりの つづりと 語源などと むすびついた つづりを つかいわけます。具体的には,みっつの 場合に わけて D と Z を 書きわけます。

(1) 〈シ〉〈ス〉〈シャ〉〈シュ〉〈ショ〉が にごった 音声だと 意識 している ことばは Z で 書く。

mezirusi(目印)
hitoziti(人質)
misezimai(店じまい)
morizio(盛り塩)
simazima(島々)
sizimi(シジミ)
usuzumi(薄墨)
nigirizusi(握りずし)
zumi(用済み)
karizumai(仮住まい)
sumizumi(隅々)
suzume(スズメ)
dazyare(駄洒落)
syuzyu(種々)
kenkyûzyo(研究所)

(2) 〈チ〉〈ツ〉〈チャ〉〈チュ〉〈チョ〉が にごった 音声だと 意識 している ことばは D で 書く。

hanadi(鼻血)
sokodikara(底力)
warudie(悪知恵)
moraiditi(貰い乳)
tikadika(近々)
tidimu(縮む)
mikaduki(三日月)
kodutumi(小包)
kandume(缶詰)
oriduru(折り鶴)
tunedune(常々)
tuduku(続く)
waredyawan(割れ茶碗)
sekaid(世界中)
turidyôtin(つり提灯)

(3) どちらとも 意識 していない(意識 できなく なった)ことば,漢字の 音読みで もともと 濁音の ものは Z で 書く。

hizi(肘)
mazime(真面目)
omikuzi(おみくじ)
azi(味)
huzi(フジ:藤)
momizi(モミジ:紅葉)
kazu(数)
kizu(傷)
nezumi(ネズミ)
mizu(水)
kazura(カズラ:葛)
azuki(アズキ:小豆)
kizuna(絆)
sakazuki(盃)
tumazuku(躓く)
zi(字)
zu(図)
z(十)

現代仮名遣いは この かんがえかたを 採用 しています。「気付く」と「築く」の 発音は おなじですが,ふりがなは「きく」と「きく」で ちがいます。この 理由は「気付く」には〈ツ〉が にごった 音声だという 意識が あるけれども「築く」には その 意識が ない(意識 できなく なった)からです。


現代仮名遣いと 訓令式を くらべると,全体的には 訓令式の 書きかたの ほうが すぐれています。現代仮名遣いは 書きかたに 不合理な ところが あり,おぼえるのも つかうのも かんたんでは ありません。しかも 長音の 書きかたが まずい せいで,ふりがなを みても 正しい 読みかたが わからない ことも あります。それに たいして,訓令式は つづりかたが 規則的で,おぼえるのも つかうのも かんたんです。発音どおりの 書きかたなので,正しい 読みかたが わかります。

けれども,連濁などの「ぢ」「づ」の 書きかたに かぎって いえば,現代仮名遣いの ほうが すぐれています。そこで,訓令式に 現代仮名遣いの かんがえかたを とりいれて,ルールを すこし あらためようという わけです。

ローマ字の つづりかたを かんがえる とき,この サイトは いまの 日本語の はなし手が もっている 意識に よりそった ルールに するのが のぞましいと かんがえています。すこし むつかしい いいかたを すれば,通時性(通時態)より 共時性(共時態)を 優先 します。これは 言語学の たちばの ひとつで,一般人が 日常の くらしで もちいる 表記システムを かんがえる とき,もっとも 大切な 原則です。ちいさい こどもでも「三日月」は「ツキ」の 発音が かわって「ヅキ」に なっている ことを 意識 しています。この 意識に よりそった ルールに する かんがえです。


ただし,こう すると すこし 不便に なります。たとえば,「稲妻」は inaduma と 書かれるかも しれません。「稲妻」の 語源(この 場合は 漢字で わかります)を しっている 人や 稲作農家の 人は〈ツ〉が にごった 音声だという 意識を もっているかも しれないからです。こうして 表記の ゆれが おこります。けれども,これは ルールの 設計が まずいから おこるのでは なく,日本語の はなし手が もっている 意識の 多様性を うつしだして おこります。そうで あれば,それを 大切に する べきです。

この ほかにも,耳で きいた だけでは 正しい つづりが わからない 固有名詞が でてきます。たとえば〈ユズル〉という 名前です。結弦さんには〈ツ〉が にごった 音声だという 意識が あるので Yuduru ですが,譲さんには その 意識が ないので Yuzuru です。

日本語を 日本語らしく 書く ために,この 程度の 不便は うけいれないと いけないでしょう。


語源などを 解説 する ときは ふだん 意識 していない ことばも D と Z を 書きわけます。

ine(稲)+ tuma(妻)→ inaduma(稲妻)
sake(酒)+ tuki(坏)→ sakaduki(杯)
tume(爪)+ tuku(付く)→ tumaduku(躓く)
Tôkyô de wa(東京では)→ Tôkyô dya(東京じゃ)
sinde simae(死んでしまえ)→ sindimae(死んじまえ)


四つ仮名の 書きかたが 複雑化 している 問題を 解決 する もう ひとつの かんがえは,ローマ字の 方式を 新日本式に する ことです。新日本式は,タ行を ta, ci, cu, te, to,ダ行を da, zi, zu, de, do と 書きます。こう すると,タ行の 連濁を T→D,C→Z という 単純な 法則で 説明 できます。ただし,タ行の 子音字が T と C に わかれて しまい,語源との つながりを わかりやすく する ことは できません。

T→D,C→Z
  竹
 竿竹
    take
 saodake
  血
 鼻血
    ci  
hanazi  
  月
三日月
    cuki
mikazuki
  寺
 山寺
    tera
yamadera
  鳥
 水鳥
    tori
mizudori

ヘボン式は「じ/ぢ」「ず/づ」を つねに ji, zu と 書きます。この ルールは このままで かまいません。ヘボン式には 日本語らしく 書くという 目的が ないからです。

Takarazuka(宝塚) 【ヘボン式
Sangenjaya(三軒茶屋) 【ヘボン式

単語の 書きかた

分かち書き

ローマ字文は ことばを 空白で くぎって 書き,ふつうは 空白の ところで 改行 します。こういう 書きかたを「分かち書き」と いいます。ローマ字文では おおよそ 単語ごとに 空白を いれます。より くわしい 解説は「分かち書き」に あります。

この 章では そのように くぎられた 単位の つづりに ついて 説明 します。かんたんに いえば「単語の 書きかた」です。


「大クラウスと小クラウス」

普通名詞と 固有名詞

普通名詞

「ローマ字のつづり方」は 普通名詞の 先頭を 大文字で 書いても いい ことに しています(そえがきの 第6項)。こう すると,ドイツ語の ような 字面に なります。戦前は この 書きかたが よく おこなわれていました。

この メリットは,助詞と みじかい 名詞を みわけやすい ことです。たとえば,「へ」と「絵」,「の」と「野」,「を」と「尾」,「から」と「殻」「空」などを みた目で 区別 できて 読みやすく なります。

Haru no No no Hana(春の野の花)


「遠足に行くまで」(昔の 教科書)

しかし,大文字が おおいと,ローマ字文を 書くのが すこし 面倒です。キーボードから 入力 する ときは 特に そうです。固有名詞を みわけにくく なる デメリットも あります。

そういう わけで,いまは 普通名詞の 先頭を 小文字で 書くのが ふつうに なっています。この サイトも 普通名詞の 先頭は 小文字で 書いています。

固有名詞

固有名詞は つねに 先頭を 大文字で 書きます。

Nippon(日本)
Huzisan(富士山)
Yamada Hanako(山田花子)
Midoriyama Syôgakkô(緑山小学校)

より くわしい 解説は「固有名詞」に あります。

数値を ふくむ 表現

数値を ふくむ 表現には 下の 3種類が あります。

数値 そのもの

「数値 そのもの」は 算用数字で 書きます。おおきい 数値では 万・億・兆などを man, oku, tyô と 書いても かまいません。

3桁ごとに 空白を いれる ことも できます。日本では この 3桁くぎりに カンマ(,)を もちいるのが 一般的ですが,これは おすすめ しません。国内むけの 文章なら 4桁くぎりの ほうが わかりやすいので,できれば カンマ(,) 以外の 記号を つかって,4桁くぎりに しても いいでしょう「12,345」は 3とおりに 解釈 できます:(1) 整数の 12345,(2) 小数の 12.345,(3) 整数の 12 と 345。おおきな 数字を どのように くぎるかは 文化に よって ちがいます。インドでは すこし かわった くぎりかたを するので,日本の メーカーが それに あわせた 電卓を うりだして ヒット商品に なった ことが ある そうです。

2 tai 1 de Nippon ga katta.
(2対1で日本が勝った。)
3 tasu 5 wa 8 desu.
(3たす5は8です。)
8 oku 5000 man(8億5000万)
9 192 631 770(91億9263万1770)
91'9263'1770(91億9263万1770)


「蚊と蝿」 (昔の 参考書)

算数の 文章問題から 一部を ぬきだした ものです(本当は この あとに 設問が あります)。ローマ字の 方式が 日本式で すこし よみにくいかも しれませんが,ここでは 数値の 書きかたを みて ください。数値を 4桁くぎりに している ところも あります。

数値+助数詞 または 数値+単位

数値+助数詞 または 数値+単位は,算用数字を つかう 方法と 算用数字を つかわない 方法が あります。単位が つく ものは かならず 算用数字を つかって 書きます。助数詞が つく ものは 数値が ちいさい とき(目安として 10以下)だけ 算用数字を つかわない 書きかたに しても かまいません助数詞と 単位の 区別は わかりにくいかも しれませんが,つぎの ように かんがえて ください。助数詞は 物の 数を かぞえる ときに つける ことばで,豆腐を かぞえる「丁」,人を かぞえる「人(にん)」,馬を かぞえる「頭(とう)」,家を かぞえる「軒(けん)」など。数値に よって 読みかたが かわる ことが あります。通常は 自然数(1,2,3,...)に つきます。例:5台,20枚。マイナスの 数値や 小数に つけると すこし 変な かんじが する はずです。一方,単位は 量の 種類を あらわす ことばで,長さを あらわす「メートル」,重さを あらわす「グラム」,電圧を あらわす「ボルト」,温度・角度などを あらわす「度」など。数値に よって 読みかたが かわる ことは ありません。マイナスの 数値や 小数に ついても 違和感が ありません。例:マイナス10度,2.5メートル。

ただし,道路標識(案内標識)の ローマ字駅名標の ローマ字では,読みかたを しめす 目的が あるので,算用数字を つかわない 書きかたに しなければ なりません。例:Santyôme(3丁目)。


算用数字を つかわないで 書く 場合,数値の 部分と 助数詞は くっつけて 書きます。数値の 部分が 和語で 助数詞と 一体化 している ことばも あります。例:「ひとつ」「ふたつ」「ひとり」「ふたり」。

Itimai..., nimai..., sanmai...
(一枚……,二枚……,三枚……)
Kanozyo wa hitori de sunde imasu.
(彼女は独りで住んでいます。)
Kita no wa hutari dake desita.
(来たのは二人だけでした。)
Tanuki ga sanbiki orimasita.
(タヌキが三匹おりました。)

ただし,「1杯」は 特別です。これは 算用数字を つかわずに 書くと「たくさん」の 意味に 誤解 されるかも しれません。そこで,「1杯」は かならず 1 pai(または 1-pai)と 書く ように して ください。

1 pai(1杯) ippai(いっぱい)

このような ことばとして,ほかに「一番」「一部」「一面」などが あります。


「大クラウスと小クラウス」


算用数字を つかって 書く 場合,数値の うしろに つなぎ(-)を 書きます。

1-mai(1枚) 2-hiki(2匹)
3-ko(3個) 4-nin(4人)
5-syaku 6-sun(5尺6寸)
7-kai(7回) sessi 8-do(摂氏8度)
9-mêtoru(9メートル)
10-guramu(10グラム)


「トンネルの話」 (昔の 教科書)

ここでは「100パーセント」を 100-pâsentoと 書いています。

この あとで 説明 している ように,単位記号,お金の「円」,日付の 略語などは つなぎ(-)を いれません。すこし ややこしいので,この サイトは 意味が わかりにくく ならない 範囲で つなぎ(-)を はぶいています。学校の テストでは きちんと 書いた ほうが いいでしょう。

1 mai(1枚) 2 hiki(2匹)
3 ko(3個) 4 nin(4人)


名刺 (いまの 教科書)

ここでは「3年」と「2組」に つなぎ(-)を 書いています。

読む とおりに 書くので,数値に よって つづりが かわる ことも あります。

1 pon, 2 hon, 3 bon
(1本,2本,3本)
1 patu, 2 hatu, 3 patu
(1発,2発,3発)


「トンボ」 (昔の 教科書)

読む とおりに 書くので,「7匹」と「3匹」で つづりが ちがいます。

このとき,「1本」を 1 ppon の ようには 書きません。

6 piki(6匹;6 ppikiに しない)
10 ko(10個;10 kkoに しない)


自然科学の 分野で もちいる 単位には 世界共通の 記号(単位記号)が あります。あまり 専門的な もので なければ,それを つかっても いいでしょう(専門家むけの 文章なら 遠慮は いりません)。この 場合,つなぎ(-)は 書きません。

単位記号の おおくは ラテン文字 1文字か 2文字で できています。大文字と 小文字の 区別が ありますから まちがえない ように して ください。「リットル」は 大文字の L で 書く ことを おすすめ します以前は 小文字の エルの 筆記体が よく つかわれていましたが,これは まちがいです。

100 mêtoru, 100 m(100メートル)
65 guramu, 65 g(65グラム)
1.5 rittoru, 1.5 L(1.5リットル)


「よい選手は言い訳を言わない」(昔の 教科書)

「1500メートル」は 単位記号を つかって 書いています。

「キロ」「ミリ」などの SI接頭語は くっつけて 書くのが 基本ですが,この サイトは つなぎ(-)を いれて みた目を きりはなして いい ことに します。くっつけると つづりが ながく なって 読みにくい ことが あるからです。

3.5 miri-mêtoru(3.5ミリメートル)
980 hekuto-pasukaru
(980ヘクトパスカル)
500 giga-baito(500ギガバイト)


「○○倍」「○○割」「○○番」「第○○」なども,助数詞・単位と おなじ ように かんがえます。分数を「○○分の○○」と いう ときの「分」なども おなじです。

100 bai(100倍)
3 wari 5 bu(3割5分)
dai 40 kai(第40回)
dai 2 kaigisitu(第2会議室)
20 bun no 3(20分の3)
5 no 2 zyô(5の2乗)


「偉大な母,偉大な娘」 (昔の 教科書)

分数を 250,000,000-bun no 1 と 書いています。

「ごと」「おき」「ずつ」「ぶり」「め」などは きりはなして 書きます。ただし,住所の「○丁目」は 「目」を くっつけます。

4 nen goto(4年ごと)
50 mêtoru oki(50メートルおき)
10 ko zutu(10個ずつ)
1 nen han buri(1年半ぶり)
mae kara 5 ban me(前から5番目)
4 tyôme(4丁目)


「アルプスの山の娘」(昔の 教科書)

ここでは「1匹ずつ」を 1-piki zutuと 書いています。



値:600円

算用数字で 金額を 書く とき,算用数字と 通貨単位は きりはなします。つなぎ(-)は 書きません。通貨単位の 先頭は 大文字に します。「円」は En です。Yen では ありません。

100 En(100円)
200 Doru(200ドル)
300 Won(300ウォン)


ふるい ヘボン式の「円」

これは ヘボンが つくった「和英語林集成」という 和英辞典です。「圓」は「円」の ふるい 字体です。

お店の 値札などで よく みる yen は 英語です。ふるい ヘボン式では「円」を yen と 書く ことが ありました。これが 英語の つづりに なったのでしょう。En で ないのは,昔の 日本語では「エ」の 発音が〈イェ〉に ちかかったからです。ふるい 地図には「江戸」を Yedo とか Jedoと 書いた ものが あります。有名な「ガリバー旅行記」にも Yedo が でてきます。

通貨単位には 世界共通の 記号(通貨記号)が あります。あまり 専門的な もので なければ,それを つかっても いいでしょう(専門家むけの 文章なら 遠慮は いりません)。通貨記号は 数字に くっつけて 書きます通貨記号は 数値の うしろや 途中に 書く ものも あります。なお,手書きの ときは「500円」を ¥500- の ように 書きたい 人も いるでしょう。それは 自由に して ください。JPY や USD などの 通貨コード(ISO 4217)を つかっても かまいません。

¥100(100円)
$200(200ドル)
₩300(300ウォン)

デザインの 都合で 値札などの「円」を ABC表記に したい 場合は,正しい ローマ字で En と 書く ように して ください。英語の はなし手 だけを 相手に している お店は 別として,ふつうは 英語で 書く 理由が ありません。観光地の お店などが 外国人にも わかる 書きかたに したい 場合は,JPY に すると まちがいが なくて いいかも しれません。


この サイトは,「何個」「数人」「幾度」などの「何」「数」「幾」を 独立 した ことばと みなして 助数詞や 単位から きりはなしても いい ことに しますが,ひとつづきに 書いても かまいません。

nan nin(何人)
nan guramu(何グラム)
sû nin(数人)
sû guramu(数グラム)
nanzyû nin(何十人)
nanzyû guramu(何十グラム)
sûhyaku nin(数百人)
sûhyaku guramu(数百グラム)

ただし,発音が かわって 一体化 している 場合は ひとつづきに 書く しか ありません。

nanzyukko(何十個)
sûhyappiki(数百匹)
sûhyakkiro-guramu
(数百キログラム)

「二百何十」や「五千数百」の「二百」「五千」の 部分 だけを 算用数字で 書いても いいでしょう。この 場合は つなぎ(-)を いれます。

200-sûzyû mai(二百数十枚)
5000-sûhyaku kônen
(五千数百光年)


「二,三回」「五,六時間」などは くぎり(,) または つなぎ(-)を つかって 書きます。特に 範囲を 意味 する ときは つなぎ(-)が いいでしょう。「千二,三百人」などは 意味が わかりやすい ように 数字を 書きかえても かまいません。算用数字を つかわない 場合も おなじ ように しますダッシュが つかえる ときは ENダッシュを つかっても かまいません。

2, 3 kai(二,三回)
5-6 zikan(五,六時間)
24-5 sai(二十四,五才)
1200-1300 nin(千二,三百人)
7-8 man biki(七,八万匹)
2 man 5000-6000 nen
(二万五,六千年)


「一房の葡萄」 (昔の 教科書)

ここでは「三、四人」を 3,4-nin と 書いています。


「塩を乗せた船」 (昔の 教科書)

ここでは「二、三日」を 2-3-niti,「十三、四の」を 13-4 no と 書いています。


「イナゴの大旅行」 (昔の 教科書)

ここでは「四十五、六の」を 算用数字を つかわずに 書いています。

ことばに なっている もの

「ことばに なっている もの」は 音声の とおりに 書きます。人名に ふくまれる 数字も この パターンです。

daiiti ni(第一に)
hutarizure(二人連れ)
sanmaime(三枚目)
sisya-gonyû(四捨五入)
Hyakunin Issyu(百人一首)
senmaidôsi(千枚通し)
Itirô(一郎)
Zirô(二郎)
Saburô(三郎)

数値+助数詞 または 数値+単位が 別の ことばと むすびついて 複合語を つくっている 場合,数字を つかった 書きかたでも かまいません。

3-wari dasya(3割打者)
4-bu onpu(四分音符)
1.5 L botoru(1.5Lボトル)
10-nen teiki(10年定期)
24-zikan sei(24時間制)
1985-nen siki(1985年式)

このときは つなぎ(-)を いれる ほうが わかりやすいでしょう。

日付と 時刻

日付

ふつうの 日付は 算用数字を つかって 書きます。「2月」を nigatu に しないという 意味です。「日」は 読みかたに したがって つづりが かわります。

「年」「月」「日」には 略語が あります:n.(年),gt.(月),nt.(日)。nt. は 記号の ような もので,「1日(ツイタチ)」「2日(フツカ)」などでも nt. です。

1964 nen, 1964 n.(1964年)
10 gatu, 10 gt.(10月)
4 ka, 4 nt.(4日:ヨッカ)
1969 n. 10 gt. 13 nt.
(1969年10月13日)

昔の 元号にも 略語が あります。例:Mz.(明治),Tsy.(大正),Syw.(昭和)。イニシャルで あらわしても かまいません。

Mz. 18 nen, M18 n.(明治18年)
Tsy. 5 nen, T5 n. (大正5年)
Syw. 41 nen, S41 n.(昭和41年)
2011(H23) n.(2011(平成23)年)

文章の 中に 書く 日付は 読みかたが わかる 形に,独立 している 日付は 略語を つかった みじかい 形に すると いいでしょう。


「偉大な母,偉大な娘」(昔の 教科書)

文章の 中に 書く 日付は この 書きかたが いいでしょう。


「巨人のあしあと 田中館愛橘博士逸話集」

これは 略語を つかった 書きかたに している 例です。

曜日にも 略語が あります。

Get.(月曜日) Kay.(火曜日)
Sui.(水曜日) Mok.(木曜日)
Kin.(金曜日) Doy.(土曜日)
Nit.(日曜日)
4 gt. 15 nt. (Kin.)
(4月15日(金曜日))

下に カレンダーの 例を しめします。こういう ときは デザインを 重視 して とめの印(.)を はぶいて しまっても かまいません。

日づけの あとに 書く 場合は,もっと みじかく しても 意味が わかります。つぎの ように 書いても いいでしょう。

(G) (Ka) (S) (M)
(Ki) (D) (N)
4 gt. 15 nt. (Ki)
(4月15日(金曜日))


年数・月数を いう ときの「○ヶ年」「○ヶ月」は 読む とおりに kanen, kagetu です。

日付の「日」と 日数の「日」は 発音に あわせて niti, ka の どちらも つかえますが,日付の「年」「月」を 略語で 書いたら「日」も 略語に して ください。日付の「日」が nt. で 書いてある 場合は 読みかたに 気を つけて ください。

5 kanen(5ヶ年)
Heisei 5 nen(平成5年)
3 kagetu kakarimasu.
(3ヶ月かかります。)
3 gt. made kakarimasu.
(3月までかかります。)
Tanzyôbi made ato 2 ka desu.
(誕生日まであと2日です。)
Tanzyôbi wa 11 gatu 2 ka desu.
(誕生日は11月2日です。)
Tanzyôbi wa 11 gt. 2 nt. desu.
(誕生日は11月2日です。)

時刻

ふつうの 時刻は 数字を つかって 書きます。「3時」を sanzi に しないという 意味です。「分」は 読みかたに したがって つづりが かわります。

2 zi 35 hun 40 byô(2時35分40秒)
6 zi 3 pun mae(6時3分前)
13 zi tyôdo(13時ちょうど)
gozen 8 zi han(午前8時半)


「6時になった?」(昔の 教科書)

簡潔な 書きかた

文章に うめこまれない 日付と 時刻は 記号を つかって 簡潔に 書いても かまいません。ただし,「12/3」の ような 書きかたは「12月3日」か「3月12日」か はっきり せず,まちがいの もとです。そこで,国際標準(ISO 8601)の 書式に あわせて 書く ことを おすすめ します。これなら 勘ちがい される 心配が なく,世界中に 通用 します。

2013-05-06(2013年5月6日)
2013-05(2013年5月)
13:25:40(13時25分40秒)
13:25(13時25分)

共通部分を まとめた ことば

「小・中学校」は「小学校」と「中学校」の 共通部分を まとめた 書きかたです。ローマ字でも このように 書きたければ,つぎの ように します。

syô-, tyû-gakkô(小・中学校)
syô-, tyû-, kôtô-gakkô
(小・中・高等学校)
mai-asa, -yû(毎朝・夕)
yu-syutu, -nyû(輸出・入)

中点を 書かない ことも あります。ローマ字でも このように 書きたければ,全体を ひとつづきに 書きます。

syôtyûgakkô(小中学校)
yusyutunyû(輸出入)
reidanbô(冷暖房)
tôkaihyô(投開票)

どちらの 書きかたに するかは 書き手の 感覚に よりますが,どちらに しても 読みやすくは ありません。もっと いいのは 省略 しない ことです。

syôgakkô to tyûgakkô
(小学校と中学校)
yusyutu to yunyû
(輸出と輸入)
zyôsuidô to gesuidô
(上水道と下水道)

記号的な 文字を ふくむ ことば

「サ行」「ウ段」など,記号の ような 文字を ふくむ ことばが あります。これは 発音の とおりに 書く だけでは わかりにくいので,つなぎ(-)を いれます。「へ長調」「ト音記号」などは,それほど わかりにくくは ありませんが,この 書きかたに そろえます。

sa-gyô(サ行) i-onbin(イ音便)
to-on kigô(ト音記号)
hen-ho-tyôtyô(変ホ長調)

省略した 固有名詞

漢字表記の 省略した 固有名詞が あります。「沙翁」「比島」などです。これは,できるだけ もとの 名前に もどして 書きます。

ただし,「セ氏」「超ド級」の ように,ひとつの ことばに なっている ものは 発音の とおりに 書きます。

sessi(セ氏<セルシウス)
tyôdokyû(超ド級<ドレッドノート)

外国の 文字を ふくむ ことば

外国の 文字(ラテン文字や ギリシャ文字など)を ふくむ ことばが あります。たとえば,「A案」「B級」「Tシャツ」「Uターン」「β線」などです。これらは,その 文字を そのまま つかって 書きます。ただし,つなぎ(-)を いれます。

それが ラテン文字の 場合は,できれば 書体を かえます(イタリック体)。そう しないと,A-siki が「A式」か「ア式」か わかりません。

大文字と 小文字の 区別も します。小文字で はじまる 表記が 文の 先頭に くると,その 文は 小文字で はじまる ことに なります。

A-an(A案) T-syatu(Tシャツ)
X-sen(X線) γ-senγ線)
LC kairo(LC回路) SN-hi(SN比)
P-V-kyokusen(P-V曲線)
U-tân wa dekinai yo.
(Uターンは できないよ。)
n-zi no keisû o motomeru.
(n次の係数を求める。)


「偉大な母,偉大な娘」(昔の 教科書)

「X線」を X-senと 書いています。

文字の 形を もとに した ことば

文字の 形を もとに している ことばが あります。たとえば,「大の字」「くの字に」「コの字型」などです。これを ローマ字で 書く ときは つぎの ように すると いいでしょう。

dainozi(大の字)
kunozi ni(くの字に)
konozigata(コの字型)
zyûziro(十字路)
teiziro(丁字路)
kinzitô(金字塔)
kuti o henozi ni site
(口をへの字にして)
L-zigata(L字型)
gyaku-S-zi(逆S字)
8-nozi undô, hatinozi undô
(8の字運動)
4-nozi-gatame, yonnozi-gatame
(4の字固め)

本当は,「大の字」は dai-no-zi と 書く ほうが いいのでしょうが,面倒なので この サイトは つなぎ(-)を はぶいています。


漢字や かな文字の 形を もとに した ことばを ローマ字で 書くと,視覚的な おもしろさが うしなわれて しまいます。「大の字」や「川の字」を ローマ字で 書いていたら,だんだん ことばの 由来が わからなく なっていくかも しれません。これは おおきな 損失の ように おもえます。

しかし,それほど 深刻に ならなくても いいでしょう。ことばの 由来が わからなく なっても,ことば そのものが うしなわれる わけでは ありません。「金字塔」の 語源を 理解 して つかっている 人は あまり いないでしょう。そう かんがえると,かならずしも 語源の 文字(漢字や かな文字)を 書く 必要は ありません。英語でも delta(三角州)は ギリシャ文字の Δ を 書かないで 読みかたを 書いていますもちろん,この 問題を かるく あつかう ことは できません。ローマ字論の 重要な テーマです。

頭字語

頭字語とは,いくつかの 単語から 構成 される 語の 頭文字を つなげて つくられた ことばです。頭字語は イニシャリズムと アクロニムに わけられます。イニシャリズムは 文字を 1文字ずつ 読む もので,USA, NHK などです。アクロニムは 文字の ならびを ふつうの ことばの ように 読む もので,UNESCO, rader などです。頭字語は そのまま 書きます。

専門家で ないと 読みかたが わからない ような アクロニムは カタカナ語の ように 書いても かまいません(専門家むけの 文章なら 遠慮は いりません)。

USA(アメリカ合衆国)
NHK(日本放送協会)
UNESCO, Yunesuko(ユネスコ)
rader, rêdâ(レーダー)

外来語

外来語は 原つづりでは なく 日本語の つづりで 書きます。外来語は 日本語だからです。こどもは 原つづりを 読む ことも 書く ことも できません。おとなでも こまるでしょう。

miruku(ミルク) remon(レモン) kamera(カメラ)
zubon(ズボン)
penki(ペンキ)
arukôru(アルコール)
kurowassan(クロワッサン) wakutin(ワクチン)
randoseru(ランドセル) birôdo(ビロード)
kyûkâbu(急カーブ)
kappumen(カップ麺)
simin sentâ(市民センター)
garasu sen'i(ガラス繊維)
hotto yoga(ホットヨガ)
têma pâku(テーマパーク)

日本語の つづりは もとの 外国語の つづりと おなじでは ありません。日本語には 日本語の つづりが あります。たまたま おなじに なる ものも ありますが,ふつうは 語源が おなじ ことばでも 言語が ちがえば 発音も つづりも ちがうのが あたりまえです。

「コーヒー」
coffee【英語】
café【フランス語】
Kaffee【ドイツ語】
kahvila【フィンランド語】
kôhî【日本語】

「タバコ」
tobacco【英語】
tabac【フランス語】
Tabak【ドイツ語】
tabaco【ポルトガル語】
tabako【日本語】

「テレビ」
television【英語】
telewizja【ポーランド語】
televizyon【トルコ語】
telebista【バスク語】
terebi【日本語】


「野球大会」(昔の 教科書)

ここでは 野球の「ショート」「プレイ ボール」を syôto, purei bôru と 書いています。


外来語は 原つづりを 書く べきだと いう 人は 外来語が 日本語で ある ことを わすれているのかも しれません。それに,「マシン/ミシン」「アイアン/アイロン」「トラック/トロッコ」などは 原つづりで 書くと 読めません。「ビル」「ハンカチ」「コンビニ」なども 原つづりで 書くと どう 読んだら いいのか わかりません。日本語の つづりなら ひとつづきに 書ける 複合語も,原つづりに すると つなぎ(-)を いれないと 不自然です。原つづりが ラテン文字表記で ない 場合は どう するのでしょうか。もとの 外国語と ちがう 意味で つかわれている「アルバイト」「カルテ」「マンション」を 原つづりで 書いて いいでしょうか。「シュークリーム」「テーマソング」を 原つづりで 書く 意味が あるでしょうか。

そして なにより 大事な ことですが,日本語の つづりで 書かないと,日本語が どんどん やせほそって おとろえて しまいます。

masin(マシン) misin(ミシン)
aian(アイアン) airon(アイロン)
biru(ビル) hankati(ハンカチ)
haburasi(歯ブラシ) gêmuki(ゲーム機)

ローマ字書きの 外来語は 外国人が 読みにくいから 原つづりが いいという 意見も ありますが,これは まちがいです。英語には フランス語から はいってきた ことばが たくさん あります。フランス語の はなし手が 英文を 読むと,chair, dance, river より chaise, danse, rivière の ほうが 読みやすいと かんじるでしょう。けれども,フランス語の つづりに あわせて しまえ などと いう 人は いません。


原つづりで 分かち書きき されていた ことばを その とおりに きりはなす 必要は ありません。「カフェオレ」「アラカルト」などを ローマ字で 書く とき,原つづりを しっていると どう 書いたら いいのか まよって しまうかも しれませんが,それは 書き手の 気もちで きめて かまいません。

kahweore(カフェオレ):
café au lait
arakaruto(アラカルト):à la carte
guranpuri(グランプリ):
grand prix
kûdetâ(クーデター):coup d'État
akapera(アカペラ):a cappella
bosanoba(ボサノバ):bossa nova
omu-raisu(オムライス):omelette + rice
têma songu(テーマソング):Thema + song


「手を振る機関車」(昔の 教科書)

ここでは San FranciscoSanhuransisuko と 書いています。

きりはした ほうが いい 場合も あります。たとえば,化合物の 名前です。これは,全体を ひとつの ことばと みなして つづけて 書くと,ながく なりすぎる ことが ありますから,適当な ところで きりはなすと いいでしょう。ただし,「○○酸」「○○化」の san, ka は くっつけます。

sakusan (酢酸): acetic acid
enka natoriumu(塩化ナトリウム):
sodium chloride
2-sanka tanso(二酸化炭素):
carbon dioxide
metiru arukôru
(メチルアルコール):
methyl alcohol
pori(biniru arukôru)
(ポリビニルアルコール):
poly(vinyl alcohol)

外国語

ローマ字文の 中に 外国語の 語句を 原つづりの ままで 書く 場合,できれば 書体を かえます(イタリック体)。外国の 固有名詞(人名,地名など)を 原つづりで 書く ときも おなじです。専門家むけの 文章などで,日本語訳の さだまっていない 専門用語を 英語の つづりで 書く 場合も ありますが,これも おなじです。

文を まるごと 引用 する 場合は ふつうの 書体で かまいません(ローマン体)。

Neko wa Katze desu.
(ネコは Katze です。)
McDonald's no kanban ga mieta.
(マクドナルドの看板が見えた。)

人に よって 発音が ことなる ことば

「言う」は〈イウ〉と 発音 するでしょうか? それとも〈ユウ〉〈ユー〉に ちかい 発音を するでしょうか? 実際の 発音は 人に よって ちがいます。このような 場合に どう 書くかという 問題が あります。

ふつう,「言う」は iu と 書きます。しかし,実際の 発音が〈ユー〉に ちかかったら その ように 書く べきだと 主張 する 専門家も います。この サイトは どちらでも かまわない ことに します。書き手の 気もちで きめて ください。

いまの ところ,「言う」を〈ユワナイ〉〈ユイマス〉〈ユウ〉〈ユウトキ〉〈ユエバ〉〈ユオー〉と 活用 させる 人は すくない ようです。そこで,「そういう~」「~という~」など,「言う」の 意味が うすれている もの だけ 読む とおりに 書く ことに しても いいでしょう漢字かな交じり文でも「そう言う~」「~と言う~」とは 書きません。

iu, yuu(言う)
Sô yû koto ka.(そういうことか。)
Ningen to yû mono wa...
(人間というものは……)


「十戒」は〈ジュッカイ〉と 読む 人が おおいでしょう。「消耗」「早急」「重複」の ように,まちがいが 一般に ひろまって 読みかたが かわっていく ことばも あります。複合語の 中には 連濁の ありなしが 人に よって ちがう ものが あります。たとえば,「研究所」の 発音には〈ケンキューショ〉と〈ケンキュージョ〉が あります。これらも 書き手の 判断に まかせます書き手が まちがいに 気づいて いない 場合は,どちらでも いいと 説明 する 意味も ありませんが。

zikkai, zyukkai(十戒)
kenkyûsyo, kenkyûzyo(研究所)
sakkyû, sôkyû(早急)
tyôhuku, zyûhuku(重複)

ならべかた(ソートの 順番)

索引など,語句や 項目に 順番を つけて ならべる 場合,その 順番は ABC順です。五十音順では ありません。

順番の きめかたは つぎの とおり:長音は 母音字かさね式の 代用表記に おきかえる;きる印(')などは とりのぞく;大文字と 小文字を 区別 しないで ABC順に ならべる。

1 aaa
2 aab
3 âcaac と かんがえる)
4 Aadaad と かんがえる)

人名のリスト(名簿など)では,まず 姓の ABC順で ならべ,つぎに 同姓の 人を 名の ABC順で ならべます。外国人の 人名も 姓に 相当 する 部分を 前に します。

1 Tanaka, Itirô
2 Tanaka, Saburô
3 Tanaka, Zirô
4 Tanakadate, Aikitu

語句や 人名の ならべかえには「ローマ字の ならべかえ」ツールを おつかい ください。

文章の 書きかた

文と 段落

文の はじめと おわり

文の 書きだしは 大文字に します。平叙文の 末尾には とめの印(.)を,疑問文の 末尾には といの印(?)を,感嘆文(ときには 命令文も)の 末尾には つよめの印(!)を 書きます。漢字かな交じり文では 疑問文や 感嘆文でも 文末に 特別な 記号を 書かないのが ふつうです。しかし,ローマ字文では かならず これらの 記号を 書きます。

これらの 記号の 直後で 改行 しない 場合は,記号と つぎの 文頭の あいだに 1文字分の 空白を いれます。

Sakura ga saita.(桜が咲いた。)
Sakura wa saita?(桜は咲いた?)
Sakura mo saita!(桜も咲いた!)
Are ga zô da yo. Ôkii nê!
(あれが象だよ。大きいねえ!)

文の くぎり

文の 途中の くぎりには くぎり(,),おおくぎり(;),ふたつ点(:)を つかいます。くぎり(,)は ちいさい くぎり,おおくぎり(;)は おおきい くぎりに つかいます。ふたつ点(:)は「すなわち」「つぎの とおり」と いいかえられる ような くぎりや 対比を しめす ときに つかいます。

これらの 記号の 直後で 改行 しない 場合は,記号の うしろに 1文字分の 空白を いれます。

Yamada kun, zabuton 2 mai.
Ame ga huttara, toriyame ni simasu.
Aoki, Inoue; Ueda, Endô no 2 kumi.
Tarinai mono ga aru: zyagaimo, miruku sore kara batâ mo.

改行・分綴

改行 する とき,ひとつづきの つづりを 途中で きっては いけません。しかし,ながい つづりの 途中に つなぎ(-)を いれ,その 直後で 改行 する ことが できます。たとえば,「花屋」を hana-ya の ように きりはなし,hana- までを 行末に 書き,ya を つぎの 行頭に おくる ことが できます。

これを 分綴(ぶんてつ)と いい,その 規則を 分綴法と いいます。ハイフネーションと いった ほうが わかりやすいでしょう。これは 言語に よって 規則が ことなり,外国語では むつかしい ことも ありますが,日本語(ローマ字)は かんたんです英語の 場合,流儀が いろいろ あって,出版・印刷業界の 人しか 正確な ルールを しらない ほど ややこしい そうです。一般人は 辞書を みなければ わかりません。高機能な ワープロは それを 自動的に やってくれます。

まず,音節を たちきらない ように します。直音・拗音・長音は それより こまかく きりません。撥音・促音は 前の 音に くっつけます。きる 位置に きる印(')が ある 場合は それを とりのぞきます。

きれる 位置を つなぎ(-)で しめすと,つぎの ように なります。

yu-ki(雪) ha-na-bi(花火)
ka-za-gu-ru-ma(風車)
zyo-kyo(除去) tyo-syo(著書)
sya-syu(社主)
kô-kû(航空) bô-hû(暴風)
hô-sô(放送)
an-zen(安全) sin-ten(進展)
kan-tan(簡単)
hap-pa(葉っぱ) gak-ki(楽器)
zas-si(雑誌)
hon-ya(本屋;hon'-yahon-'ya に しない)

行末に 1文字 だけ のこしたり,行頭に 1文字 だけ おくったりは しません。分綴 された 行末が 3行 以上 つづかない ように します。ページの さかいめでも きりません。つまり,ひとつの ことばが ページを またがない ように します。

また,人名を きりはなさない ように します。姓と 名の あいだの 空白や つなぎ(-)でも できるだけ 改行 しない ように します。人名に 敬称が ついている 場合も 名前と 敬称の あいだの 空白では できるだけ 改行 しない ように します。ただし,一部を イニシャルに してある 人名は 空白で 改行 して かまいません。

ie(家) aoi(青い) asa-gao(朝顔)
Yamada Hanako(山田 花子)
Itô san(伊藤さん)

数字に 記号が ついている 表記は 途中で 改行 できません。たとえば,50 guramu なら 50 の うしろで 改行 できますが,50 g50 の うしろで 改行 できません。

50-guramu(50グラム)
100 m(100メートル)
p.22(22ページ)
¥10(10円)

なるべく ことばの くみたてに したがって きる ように します。

yama-nobori (山登り; ya-manobori, yamano-bori などを さける)


テキスト エディターで 書く とき などは,改行と 分綴を 意識 しながら 書かなければ なりません。しかし,ワープロで 書く 場合は,改行と 分綴が 自動的に おこなわれるので,それらを 意識 しなくて かまいません。改行と 分綴を 機械まかせに する 場合,つぎに しめす 特殊な 文字を つかう ことが できます。

改行 しない 空白
そこで 改行 しない 空白です。人名の くぎりなどは この 空白を もちいると よいでしょう。Microsoft Word では Ctrl+Shift+Space で 入力 できます。
ソフトハイフン
その 位置で きる 必要が ない(と 機械が 判断 した)ときには 何も 表示 せず,きった ほうが いい(と 機械が 判断 した)ときには つなぎ(-)を 表示 する 指定です。つづりの ながい ことばは きりの いい ところに ソフトハイフンを 挿入 しておくと いいでしょう。Microsoft Word では Ctrl+- で 入力 できます。ただし,きる印(')を とりのぞく 処理は できない ようです。

特殊な 記号の はたらきを たしかめる デモを つくりました。[デモ]ボタンで テキスト ボックスの はばが ゆっくり ちぢんでいき,それに つれて 改行位置が 自動的に かわります。特殊な 記号の ふるまいを みて ください。

xxx xxx xxx Yamada Tarô xxx

 YamadaTarô の あいだの 空白は「改行 しない 空白」です。

xxx xxx xxx yama­nobori xxx

 yamanobori の あいだに「ソフトハイフン」が いれてあります。

段落・字さげ

段落の 先頭では 4~6文字分の 字さげ(インデント)を おこないます。ワープロで 書く ときは,字さげが 自動的に おこなわれます。

  Ningyo wa, minami no hô no umi ni bakari sunde iru no de wa arimasen. Kita no umi ni mo sunde ita no de arimasu.
  Hoppô no umi no iro wa, aô gozaimasita. Aru toki, iwa no ue ni, onna no ningyo ga agatte, atari no kesiki o nagame nagara yasunde imasita.

また,段落に「両端ぞろえ」の 書式設定を すると,各行の 右端が そろって,みばえが よく なります。書式設定が できない 場合は,右端が 不ぞろいに なりますが,それで かまいません。

記号

ローマ字文で つかう 記号

ローマ字文で つかう 記号は すべて 半角の 記号です。これらの 記号には 名前が ついていますが,いまは 学校で おしえません。昔も 名前が 統一 されていた わけでは ない ようです。ヘボン式の 場合は 英語の 名前を そのまま つかう ことも ありました。

下に 一般的な 名前と この サイトが 提案 する 名前を しめします。

記号名前(一般的)名前(提案)
.とめ,とめの印とめる印
?といの印,うたがいの印とう印
!つよめる印,つよめの印つよめる印
,くぎり(ちいさく)くぎる印
;おおくぎりおおきく くぎる印
:ふたつ点くらべる印
-つなぎつなぐ印
'きる印,つまる印,ぬけ字の印きる印,つまる印,はぶく印
" "引用の印(ふたえの)ぬきだす印
' '一重の引用の印ひとえの ぬきだす印
( )括弧(まるい)まとめる印
[ ]角括弧しかくい まとめる印
^やまがたやまがた
¯ぼうよこぼう

漢字かな交じり文で つかう 記号

漢字かな交じり文で つかう 記号は すべて 全角の 記号です。ローマ字文では あまり つかわない 記号でも 積極的に つかう 傾向が あります。これらを ローマ字文に 書きなおす 場合,記号を どのように 書きなおしたら いいかを 例で しめします。


句点(。),疑問符(?),感嘆符(!)は つぎの ように します。

天気が いい。  → Tenki ga ii.
これですか?  → Kore desu ka?
わかった!  → Wakatta!


読点(、)は つぎの ように します。

はい、そうです。 → Hai, sô desu.
東京、大阪、名古屋
 → Tôkyô, Ôsaka, Nagoya
二、三人  → 2,3-nin
四、五時間  → 4-5-zikan


コンマ(,),セミコロン(;),コロン(:)は つぎの ように します。

東京,大阪,名古屋
 → Tôkyô, Ôsaka, Nagoya
二日で神戸,大阪;京都,奈良を回ります。
 → Hutuka de Kôbe, Ôsaka; Kyôto, Nara o mawarimasu.
明日は 雨だ:運動会は 延期だろう。
 → Asita wa ame da: Undôkai wa enki darô.


中点(・)は つぎの ように します。

東京・大阪・名古屋
 → Tôkyô, Ôsaka, Nagoya
ジョージ・ワシントン
 → Zyôzi Wasinton
三・一四  → 3.14国際標準化機構(ISO)の とりきめに よると,小数点の 記号には くぎり(,)を つかうのが 国際標準です。しかし,日本は とめの印(.)を つかっています。日本が この 習慣を あらためる までは,ローマ字文でも とめの印(.)に します。論文を 書く ときは 規定に したがって ください。
二・二六事件  → 2.26 ziken
小・中学校  → syô-, tyû-gakkô または syôtyûgakkô または syôgakkô to tyûgakkô
元・総理大臣  → moto sôri daizin


等号(=)は つぎの ように します。

レヴィ=ストロース
 → Rebi-Sutorôsu
チェコ=スロバキア
 → Tyeko-Surobakia


ダッシュ(–,—)は つぎの ように します。

東京―大阪 → Tôkyô-Ôsaka
三十二―三十三ページ
 → 32-33 pêzi
その朝は――もう4月だったが――雪が降った。
 → Sono asa wa—mô 4 gatu datta ga—yuki ga hutta.

※ ダッシュには,すこし みじかい EN ダッシュ(–)と すこし ながい EM ダッシュ(—)が あります。範囲を しめす ときは EN ダッシュ(–),語句の 挿入や 引用を しめす ときは EM ダッシュ(—)という つかいわけが あります。ダッシュが つかえない 場合は,1個 または 2個の つなぎ(-)で 代用 します。


波ダッシュ(~)は つぎの ように します。

100~200人 → 100-200-nin


リーダー(…)は つぎの ように します。

そう……ですか。 → Sô... desu ka.
おや,まあ…… → Oya, mâ...
……。 → ....
夏の大三角形……ベガ,アルタイル,デネブ
冬の大三角形……シリウス,プロキオン,ベテルギウス
↓ 
Natu no daisankakkei—Bega, Arutairu, Denebu
Huyu no daisankakkei—Siriusu, Purokion, Beterugiusu

※ 文中の 空白や 文末の 余韻を しめしたい とき,漢字かな交じり文では 三点リーダー(…)を 2個 つなげた 記号が よく つかわれますが,ローマ字文では とめの印(.)を 3個 つなげて つかいます。文末で 文の おわりを しめす ときは さらに とめの印(.)が くわわります。点線の イメージで もちいられている リーダーは ダッシュに おきかえます。


丸括弧( ( ) )は つぎの ように します。

六月十日(土) → 6 gt. 10 nt. (D)


カギ括弧( 「 」,『 』 ),ノノカギ(〝 〟)は つぎの ように します。

「おはよう。」 → "Ohayô."
「おはよう」と言った。
 → "Ohayô," to itta.
「火事だ!」と叫んだ。
 → "Kazi da!" to sakenda.
それは「危険」を意味する。
 → Sore wa "kiken" o imi suru.
判定は「B」です。
 → Hantei wa 'B' desu.
『漱石全集』の「明暗」
 → "Sôseki Zensyû" no "Meian"
月刊『養豚ジャーナル』
 → gekkan Yôton Zyânaru
スイッチを〝A〟に あわせた。
 → Suitti o 'A' ni awaseta.

※ 漢字かな交じり文では 直接話法の とじる カギ括弧の 前で 句点(。)を 書かない ことが ありますが,ローマ字文では かならず とめの印(.)を 書きます。その あとに 文が つづく ときは くぎり(,)を 書きます。この 記号は といの印(?)や つよめる印(!)に なる ことも あります。この 場合は,その あとに 文が つづいても 記号は かわりません。

※ 書籍・雑誌の 名前と 作品・記事の 題名を カギ括弧の 種類で 区別 する きまりは ありません。新聞・雑誌の 名前に 括弧は いりません。


「夏の小半日」 (昔の 教科書)

ここでは「仕事」が 物理学の 専門用語で ある ことを しめしています。


引用符(“ ”, ‘ ’)は つぎの ように します。

“NO SMOKING”
 → "NO SMOKING"
判定は‘B’です。
 → Hantei wa 'B' desu.


方向の ある 引用符

※ 方向の ある 引用符(左側と 右側で ペアに なっている もの)を もちいるかは 自由です。こまかい ことを いうと,引用符には いろいろな 形が あり,ヨーロッパの 言語でも ばらばらで 統一 されていません。この サイトは 英語風の 引用符を つかっています。


括弧や 引用符が いれ子に なった 場合に どう するかという 問題も ありますが,この サイトは そこまで こまかい 規則を きめていません。

せりふ

戯曲などの せりふ は つぎの ように 書きます。引用符は はぶいても かまいません。

A: "Kyô wa nan niti datta?"
B: "Sâ."
A: "Soko ni sinbun ga aru. Hizuke o mite goran."
B: "Dame desu yo. Kore wa kinô no sinbun desu kara."

わかりやすい ローマ字文の ために

みじかすぎる ことばを さける

みじかすぎる ことばは,助詞などと みわけにくく 読みにくいので,できるだけ さけます。漢字 1文字を 音読みに する ことばも,同音異義語が おおいので,できるだけ つかわない ように します。これらは 別の ことばで いいかえます。

ことばいいかえ例
案(あん)かんがえ,目論み
意(い)意味,心持ち
絵(え)挿絵,口絵,墨絵,油絵,絵画
柄(え)取っ手
江(え)入り江
尾(お)尻尾
木(き)立ち木,木立,樹木,木材
毛(け)髪の毛,頭髪
刑(けい)刑罰
計(けい)合計,はかりごと
系(けい)系統
子(こ)こども
差(さ)違い,隔たり,差し引き
死(し)死去,逝去
情(じょう)真心,なさけ
背(せ)背中,背丈
台(だい)置き台,乗せ台
血(ち)血潮,血の気,血糊
手(て)手のひら
戸(と)扉,開き戸,引き戸,折り戸
名(な)名前
荷(に)荷物
根(ね)根っこ,根元
野(の)野原,野辺
葉(は)葉っぱ
刃(は)やいば
火(ひ)ほのお
美(び)美しさ
法(ほう)法律
間(ま)あいだ,いとま,すきま,ころあい
身(み)からだ
実(み)木の実,さね,種
論(ろん)論説
輪(わ)輪形,わっか,リング,サークル

漢字 1文字を 音読みに する ことばでも,きいた だけで 意味が わかる ものは そのままで かまいません。たとえば,「一」「二」「三」「点」「線」「面」「金」「銀」「銅」「愛」「本」「毒」などです「金」「銀」「銅」は「こがね」「しろがね」「あかがね」でも いい わけですが,いまでは かえって わかりにくいかも しれません。

省略 した 漢字の ことばを さける

「就職活動」を「就活」と いう ような,ながい 漢字の ことばを ちぢめた いいかたが あります。便利ですが,漢字の ことばを もとに しているので,できるだけ つかわない ように 心がけます。

「電卓」「高校」の ように 定着 している ものや,「特急」「魚雷」「消防」の ように もとの ことばが わすれられている ものは つかって かまいません。

すこしでも わかりやすく する ため,つなぎ(-)を いれる アイデアも あります。

syûsyoku katudô, syû-katu(就活)
gakusei waribiki, gaku-wari(学割)
Nippon Ginkô, Niti-Gin(日銀)
Tôkyô Daigaku, Tô-Dai(東大)
dentaku(電卓) tokkyû(特急)

「パソコン」「ワープロ」などの ように,もとから 省略 されている 外来語は そのまま つかって かまいません。「テレビ」「ハンカチ」「コンビニ」などは ことばの うしろを はぶいた 形ですが,これらも つねに この 形で つかわれる かぎり 問題 ありません。大切なのは 漢字に よりかからない こと,同音異義語を ふやさない ことですカタカナ語を すすめている わけでは ありません。同音異義語が ふえにくい 外来語の ほうが ましだという 意味です。「パソコン」「リモコン」「エアコン」「マザコン」の 「コン」は 意味が ちがいます。これらの「コン」は 同音異義語の ような ものです。その 意味で「コン」は よく ない ことばですが,「コン」だけで つかう ことが ないので 問題が おこりません。

国名や 地名を 漢字で あらわした ことばを さける

国名や 地名を 1文字の 漢字で あらわしている ことばは できるだけ もとの 名前に もどします。ただし,「英語」の ように 定着 している ものは そのままで かまいません。また,「信越」の ように もとに もどしても わかりやすく ならない ものは そのままでも かまいません。

Aomori-Hakodate Renrakusen
(青函連絡船)
Nippongo-Huransugo Ziten
(日仏辞典)
Nippon-Doitu-Itaria Sangoku Dômei
(日独伊三国同盟)

文の 構造を わかりやすく する

ローマ字文に かぎった ことでは ありませんが,ながい 文は 構造が わかりにくく なりがちです。文の 構造を わかりやすく するには,文を みじかく するのが 一番ですが,くぎり(,)や おおくぎり(;)などで くぎるのも 効果が あります。声に だして いうと したら,くぎりの ところで 一瞬の すきまを あけて 発音 する はずです。その すきまを 記号で しめしていると かんがえても いいでしょう。

Boku no uti ni aru huruido kara dete kita koban ga aru.
(僕の うちに ある 古井戸から でてきた 小判が ある。)
Boku no uti ni, aru huruido kara dete kita koban ga aru.
(僕の うちに,ある 古井戸から でてきた 小判が ある。)