訓令式

あらまし

明治時代から ローマ字には いろいろな 方式が ありましたが,それらの 中で 有力な ヘボン式日本式が 対立 して しまい,混乱が つづいていました。そこで,ローマ字の 書きかたを 統一 しようという ことに なり,1937(昭和12)年に 公式の ローマ字が つくられました。それが 訓令式です。

戦後,GHQが 一部の 分野で ヘボン式を 強制 した こと などから,ローマ字は ふたたび 混乱 して しまいましたが,1954(昭和29)年に あらためて 訓令式を 公式の ローマ字と する ことが きめられました。日本語を ローマ字で 書く ときは 訓令式を もちいる ことに きまっています。


ローマ字は 人名や 地名を 書く ために あるのでは なく,日本語の 文章を 書く ために あります。つまり,ローマ字は 日本語の 表記法の ひとつです。したがって,ローマ字は ただ ABCで 書けば いいという ものでは なく,日本語で くらしている 人が おぼえやすく つかいやすい 書きかた,日本語の 性質に あった 書きかたで なければ いけません。訓令式は そのように 設計 された 方式で,日本語を 書くのに ふさわしい ローマ字です。学校の「国語」で 訓令式を おしえるのは このためです。ローマ字の 勉強は 日本語の 勉強です。外国語の 勉強では ありません。


訓令式は 発音の 正確さ よりも つづりの 規則性を 優先 した 方式で,ヘボン式は 発音を 正確に しめせるけれども つづりが やや 不規則な 方式だと 説明 される ことが よく あります。しかし,これは とんでもない まちがいです。ローマ字は 日本語の 表記法で あって 発音記号では ありません。ローマ字には 正確な 発音を しめす 目的も 機能も なく,日本語を しらない 外国人は どの 方式の ローマ字を みても 読みかたが わからず,正しい 発音では 読めません。

ローマ字と ローマ字入力を 混同 して,ふりがなを ABCに 変換 した ものが ローマ字だと おもっている 人も いますが,これも まちがいです。ローマ字は 日本語の 音声を 表音文字の ABCで 書く もので,その つづりは ことばの 音声で きまります。ふりがなでは きまりません。ローマ字を 書く ときに 必要な 情報は 音声です。ふりがなでは ありません。

ローマ字は 発音記号では ないという 説明と,ローマ字は 音声を 書く ものだという 説明が 矛盾 している ように みえるかも しれませんが,これらは 両立 します。発音記号が 書く 音声は 実際に 口から でている 音声です。それに たいして,ローマ字が 書く 音声は 頭の 中に ある 音声です。そして,これらの 音声は ちがう ものだからです。ローマ字は 頭の 中に ある 概念的な 音声を 書く もので,実際に 口から でている 物理的な 音声を 書く ものでは ありません頭の 中では おなじだと おもっていても 実際には ちがう 発音を している ことが あります。たとえば,「音程」「音符」「音楽」の〈ン〉は すべて 発音が ちがいます。〈ハ〉〈ヒ〉〈フ〉の 子音も すべて ちがいます。けれども,日本語の はなし手は これらの ちがいを 意識 していません。つまり,頭の 中では すべて おなじ 音声です。このような ばあい,発音記号は ちがいを 書きわけますが,訓令式は おなじ ように 書きます。すなわち,「音程」「音符」「音楽」の〈ン〉を すべて n と 書き,〈ハ〉〈ヒ〉〈フ〉の 子音を すべて h と 書きます。ヘボン式が「音符」の〈ン〉を m と 書き,〈フ〉の 子音を f と 書くのは 英語の はなし手の 頭の 中では これらの 音声が ほかと ちがうからです。頭の 中で おなじだと おもっている 音声を おなじ つづりで 書き,ちがうと おもっている 音声を ちがう つづりで 書く わけです。これは ローマ字 だけの 話では なく,表音文字で 書く 言語の つづりかたは 基本的に この しくみで できています。

訓令式の「ローマ字表」

訓令式の「ローマ字表」を 下に しめします。ヘボン式も 一緒に した「ローマ字表」は「「国語」の ローマ字」に あります。

直音拗音
aiueo
キャキュキョ
kakikukekokyakyukyo
シャシュショ
sasisusesosyasyusyo
チャチュチョ
tatitutetotyatyutyo
ニャニュニョ
naninunenonyanyunyo
ヒャヒュヒョ
hahihuhehohyahyuhyo
ミャミュミョ
mamimumemomyamyumyo
yayuyo
リャリュリョ
rarirureroryaryuryo
wao
ギャギュギョ
gagigugegogyagyugyo
ジャジュジョ
zazizuzezozyazyuzyo
ヂャヂュヂョ
dazizudedozyazyuzyo
ビャビュビョ
babibubebobyabyubyo
ピャピュピョ
papipupepopyapyupyo

※ カタカナは 音声を しめしています。

印刷用の「ローマ字表」(A4サイズ,2ページ)も あります。

訓令式の きまり

  1. 撥音(ン)は n で あらわします。撥音の つぎに 母音字 または y が つづく ときは きる印(')で くぎります。
  2. 促音(ッ)は つぎの 子音字を かさねます。
  3. 長音(ー)は のばす 音の 母音字に 山形(^)を のせます。

onsen(温泉)
sinbun(新聞)
hon'ya(本屋)
kitte(切手)
zassi(雑誌)
itti(一致)
utyû(宇宙)
kibô(希望)
takusî(タクシー)
Tôkyô(東京)
Yamada Tarô(山田太郎)
Mukasi mukasi, aru tokoro ni ozîsan to obâsan ga imasita.


ここでは イ段の 長音を î で あらわしていますが,これを ii に する 書きかたも あります。くわしくは「îii と 書く?」を お読み ください。

takusii(タクシー)


ローマ字の 書きかたを しらべている 人は やさしい 説明が「あらまし」に ありますので,そちらも お読み ください。くわしい 説明は「書きかた」に あります。


「四つの言葉」から「小鳥」(昔の 教科書)

レオナルド・ダ・ビンチ「随想録」より。カルデリノは イタリア語で,日本では ラテン語の Charadrius から カラドリウスと よんでいる ようです。

「徳の愛」は カトリックが 重視 する 美徳の ひとつです。ラテン語は caritas。英語の charity(慈善)の 語源です。

おぎない

「訓令式」という 名前

「訓令式」は 正式の 名前では なく,訓令で さだめられた ことから 自然に ついた 名前です。訓令とは 行政機関に たいする 命令です。その 訓令とは 1937(昭和12)年9月21日に だされた 内閣訓令第3号「国語ノローマ字綴方統一ノ件」です。これで 公式の ローマ字が さだめられ,ルール上は ローマ字の つづりかたが 統一 されました。ただ,この あたらしい 方式には 名前が ついていなかったので,ヘボン式日本式と 区別 する ために,「訓令式」「国定式」などと よばれる ように なり,やがて「訓令式」に おちついたという わけです。

この 訓令は 1954(昭和29)年12月9日に だされた 内閣訓令第1号「ローマ字のつづり方の実施について」で あらためられました。しかし,この あたらしい 訓令には おおきな 問題が あり,ローマ字の 混乱を まねいています。くわしくは 「ローマ字のつづり方」で 説明 しています。

ふりがなと ローマ字


ふりがなと ローマ字

ふりがなと ローマ字は おなじ 音声を ちがう 表音文字で 書いた ものです。

よく,ふりがなでは 〇〇なのに ローマ字では ××に なるのは なぜですかという 質問を する 人が います。こんな 疑問が でてくるのは ふりがなを ABCに 変換 した ものが ローマ字だと おもっているからです。これは よく ある おもいちがいです。

ふりがなと ローマ字に 直接の 関係は ありません。日本語の 音声を かな文字で 書いた ものが ふりがなで,ラテン文字(ABC)で 書いた ものが ローマ字です。だから,ローマ字を 書く ときに 必要な 情報は その ことばの 音声で あって,ふりがなでは ないという わけです。

じつは,ふりがなを ローマ字に 変換 する ことも,ローマ字を ふりがなに 変換 する ことも,完全に 自動では できません。ふりがなを ローマ字に 変換 すると うたっている ツールは インターネットに 公開 されている もの だけでも たくさん ありますが,それらは すべて 不完全で,まちがった 結果を 出力 する ことが あります。くわしくは「なぜ ふりがなでは ダメなのか?」を お読み ください。

ローマ字を よく しらない 人が ローマ字を みれば,ローマ字の 書きかたが 奇妙に みえて しまうかも しれません。しかし 全体的には,ふりがなの 書きかたより ローマ字の 書きかたの ほうが うまく 設計 されています。ふりがなには 発音どおりに 書かない ところが あり,ふりがなを みた だけでは 読みかたが わからない ことも あります。それに たいして,ローマ字は ほぼ 発音どおりの つづりかたで,ローマ字を みれば 読みかたが わかります。

ローマ字入力と ローマ字

ローマ字入力は ローマ字を 日本語入力システムに 応用 した ものです。ただし,キーボードから ローマ字を 入力 して 漢字に 変換 する 方式では ありません。ローマ字を つかって ふりがなを 入力 する だけです。たとえば,キーボードで hikôki を 入力 して「飛行機」に 変換 するのでは なく,hi, ko, u, ki で「ひ」「こ」「う」「き」を 入力 する だけです。

ローマ字と ローマ字入力は まったく ちがう 別の もので,ローマ字の つづりかたと ローマ字入力の キーの おしかたも ちがいます。音声を 〈 〉で,ふりがなを「 」で あらわすと,つぎの ように なります。

ローマ字
〈コンニチワ〉→ konnitiwa(こんにちは)
〈オーサマ〉→ ôsama(王様)
〈オーカミ〉→ ôkami(オオカミ)
〈クーキ〉→ kûki(空気)
〈ケーキ〉→ kêki(ケーキ)

ローマ字入力
ko, nn, ni, ti, ha →「こ」「ん」「に」「ち」「は」
o, u, sa, ma →「お」「う」「さ」「ま」
o, o, ka, mi →「お」「お」「か」「み」
ku, u, ki →「く」「う」「き」
ke, -, ki →「け」「ー」「き」

書きかたで 気を つける ところ

訓令式の「ローマ字表」は 母音字と 子音字の ならびかたが 規則的です。しかし よく みると,〈ヂ〉〈ヅ〉〈ヂャ〉〈ヂュ〉〈ヂョ〉〈ヲ〉の 部分が 不規則です。ローマ字入力では これらの 部分も 規則的です。そのため,ローマ字を よく しらない 人や ローマ字入力に なれている 人は「鼻血(はなぢ)」「三日月(みかづき)」を hanadi, mikaduki と 書いて しまう ことが あります。これは まちがいですから 気を つけて ください。

なぜ「ぢ」「づ」を di, du と 書かないのか,不思議に おもうかも しれませんが,その 理由は かんたんです。ローマ字は 日本語の 音声を ABCで 書く ものだからです。音声を 書く わけですから,おなじ 音声は おなじ つづりで 書きます。いまの 共通語では「じ/ぢ」「ず/づ」の 音声は おなじなので,「じ/ぢ」は zi で 統一 し,「ず/づ」は zu で 統一 する ルールに なっています。ときどき,di, du に すると 外国人が〈ディ〉〈ドゥ〉(または〈デュ〉)と 読んで しまうから こういう ルールに してあるのだと いわれる ことも ありますが,そんな 理由では ありませんローマ字を 発音記号の ような ものだと おもっている 人は おおいのですが,それは よく ある おもいちがいです。ローマ字は 日本語の 表記法の ひとつです。したがって,訓令式は 日本語の 性質に あわせて 設計 してあります。外国人に どう 読まれるかは まったく 関係が ないので かんがえに はいっていません。中国や 韓国の ローマ字も 中国語や 韓国語の 性質に あわせて 設計 されていて,外国人に どう 読まれるかで つづりが きまっているのでは ありません。英語の つづりも フランス語の つづりも 外国人に どう 読まれるかを かんがえて つくってある わけでは ないでしょう。ある 国の 言語の 表記法が その 国の 人で なく 外国人の 都合で できている などと いう ことは,植民地でも ない かぎり,ふつうは ありません。

これと おなじ 理屈で,「じゃ/ぢゃ」「じゅ/ぢゅ」「じょ/ぢょ」は zya, zyu, zyo で 統一 し,「お/を」は o で 統一 する ルールに なっています。


こまかい 話を すれば,四つ仮名(じ・ず・ぢ・づ)の 書きかたには すこし まずい ところが あります。これは 訓令式の 弱点です四つ仮名は 現代仮名遣いと おなじ ように D と Z を つかいわける 書きかたに すると いいでしょう。〈オ〉と〈ヲ〉を o で 統一 しているのは このままで かまいません。くわしくは「もっと 日本語らしい 書きかた」を お読み ください。

訓令式と ヘボン式の ちがい

訓令式は つづりの 規則性を 優先 した 方式で ヘボン式は 発音の 正確さを 優先 した 方式だと 説明 される ことが よく あります。しかし,これは 完全な まちがいです。ローマ字は 日本語の 音声を ABCで 書きあらわす 方法ですから,ふたつの 方式に 読みかたの ちがいは ありません。たとえば,訓令式の si, ti, tu, hu, ziヘボン式shi, chi, tsu, fu, ji は まったく おなじ 発音を あらわしています。ちがうのは 読みかたでは なく,書きかたです。ただし,これは 表面的な ちがいです。訓令式と ヘボン式の 本質的な ちがいは その 目的です。目的が ちがうので 書きかたに ちがいが あります。

もともと,ローマ字は 外国人が 日本語を 読む ために つくった ものでした。一番 はじめの ローマ字は ポルトガル語を はなす 人が つくったので その 書きかたは ポルトガル語風に なっていました。このほかにも オランダ語風・フランス語風・ドイツ語風の ローマ字が ありました。これらの ローマ字は 外国人が 外国人の ために つくった もので,すべて 外国語風の 書きかたです。ヘボン式も その ひとつで,書きかたが 英語風に なっています。

それに たいして,訓令式は 日本人が 日本語を 書く ために つくった 方式です。そのため,日本語の 音韻(おんいん)に もとづいた 書きかたに してあります。音韻は すこし むつかしい ことばですが,かんたんに いえば,ある 言語の はなし手が ちがいを 意識 している 音声です。訓令式は 日本語の はなし手が ちがいを 意識 している 音声を ちがう つづりで 書き,ちがいを 意識 していない 音声を おなじ つづりで 書きます。したがって,〈タ〉〈チ〉〈ツ〉の 子音は おなじ つづりで 書き,「パンダ」の〈ン〉と「サンマ」の〈ン〉も おなじ つづりで 書きます日本語は〈タ〉〈チ〉〈ツ〉の 子音を 区別 しません。「パンダ」の〈ン〉と「サンマ」の〈ン〉も 区別 しません。そのため,日本語で くらしている 人は ふだん これらの ちがいを 意識 していません。したがって,これらを 区別 しない 書きかたの ほうが 日本語を 書くのに 適しています。訓令式は こういう 方針で 設計 されています。なお,ときどき ヘボン式は 音声を 重視 した 表記で 訓令式は 音韻を 重視 した 表記なので,外国人むけの 表示には 音声が わかりやすい ヘボン式が ふさわしいという 解説を みかけますが,これは まちがいです。どちらの 方式も 日本語の 音韻を もとに した 書きかたで ある 点は おなじです。だから「ローマ字表」が 五十音図の 形に 書かれています。ちがうのは,英語の 音韻に ひきずられた せいで,ヘボン式に 余計な 区別が まざりこんでいる ところです。

つまり,ヘボン式は 外国人が 日本語を 読む ために つくった 英語風の 書きかたで,訓令式は 日本人が 日本語を 書く ために つくった 日本語らしい 書きかたです。具体的な つづりや こまかい 規則の ちがいは「ローマ字の 比較」で 説明 しています。

訓令式が つかわれない 理由

ローマ字の 書きかたには「ローマ字のつづり方」という 公式の ルールが あり,日本語を ローマ字で 書く ときは 訓令式を もちいる ことに きまっています。くわしくは「ヘボン式か 訓令式か」「訓令式の 根拠」を お読み ください。

ところが,訓令式を つかう 人は あまり いません。ほとんどの 人は 一般に よく つかわれている ヘボン式を あたりまえの ように うけいれています。また,みずから すすんで ヘボン式を つかっています。これには いくつか 理由が あります。



企業の ロゴタイプ

まず,ヘボン式が 正式の ローマ字だと 勘ちがい されている ことです。政治的な 理由で,パスポートの ローマ字道路標識(案内標識)の ローマ字 など,公の 分野で つかわれる ローマ字が すべて ヘボン式から 派生 した 書きかたに なっています。また,ビジネス上の 理由で,企業の ロゴタイプも ほとんどが ヘボン式から 派生した 書きかたに なっています。芸能人の ニックネーム なども ヘボン式から 派生した 書きかたに なっている ものが おおいでしょう。これらが 勘ちがいを ひろめています。

英語教育にも 問題が あります。「英語」の 教科書が ヘボン式から 派生した「英語式」を 採用 している ことです。これが 正しい ローマ字の 知識を うわ書き して しまいます。「英語式」は あくまでも 英語の 書きかたで あって,正しい ローマ字では ないのですが,おおくの 英語教師は この 区別が わかっておらず,正しい ローマ字と 英語の 書きかたを きりわけて おしえていませんきびしい ことを いう ようですが,一部の 英語教師・英語講師の 不勉強には 目に あまる ものが あります。特に,ちいさい こどもに 英語を おしえている 小学校の 教師や 英語塾の 講師の 中には 言語学の 基礎が あやしい レベルの 人も います。翻訳・通訳の プロや 外国で くらしている 人 など,外国語に くわしい 人も ローマ字の 知識は ほとんど もっていません。そして,そういう 人ほど ローマ字教育や 訓令式の 廃止を 熱心に うったえるので,手が つけられません。これらが ローマ字の 正しい 理解を さまたげています。よく ローマ字教育の せいで 英語が わからなく なっていると いわれますが,事実は その 反対です。あやまった 英語教育や 英語崇拝の せいで ローマ字が わからなく なっています。このような わけで,「国語」の ローマ字と「英語」の ローマ字の ちがいを 正しく 理解 している 人は あまり いません。訓令式は 小学生が おぼえやすい ように 単純化 した 幼稚な 書きかたとか,いまは つかわれなく なった ふるい 方式だと おもっている 人も いる ようです。

国際理解教育に 力が そそがれていない せいで,日本人の 国際感覚が まずしい ことも 理由の ひとつです。日本人の おおくは 国際化の 意味を 正しく 理解 しておらず,なんでも 英語風に すれば 国際的に なると 勘ちがい しています。その上,経済界や 教育産業から「英語コンプレックス」を うえつけられています。日本人の「英語かぶれ」は 外国でも よく しられており,軽蔑 されています。こういう わけで,英語で 書ける ものを ローマ字で 書くのは はずかしいとか,英語風の つづりに なっていない 訓令式は かっこわるいとか,そんな 感覚が 日本人の あいだに ひろまっています。


TINTIN

Tintinは ベルギーの 漫画(バンドデシネ)の キャラクターです。原作は フランス語なので,Tintinの 読みかたは〈タンタン〉です。写真は ロンドンに ある お店。

ローマ字は 発音記号 みたいな ものだという よく ある おもいちがいも おおきいでしょう。この 勘ちがいを している 人は sa が〈サ〉なら si は〈スィ〉で,ta が〈タ〉なら ti は〈ティ〉だと かんがえています。こんな おもいちがいを していたら,si, ti を〈シ〉〈チ〉と 読む 訓令式が おかしく みえても しかたが ありません。けれども,ローマ字は そういう ものでは ありません。どんな つづりを どんな 音声で 読むか,どんな 音声を どんな つづりで 書くか,これは 言語に よって ちがいます。たとえば,イタリア語は ca を〈カ〉,ci を〈チ〉と 読みます。スペイン語は ga を〈ガ〉,gi を〈ヒ〉と 読みます。中国語は xi を〈シ〉,qi を〈チ〉と 読みます。chi は 英語なら〈チ〉と 読みますが,フランス語なら〈シ〉,ドイツ語なら〈ヒ〉,イタリア語なら〈キ〉と 読みます。ABCの 読みかた・書きかたというのは こういう ものです。それぞれの 言語の 性質に あわせた ルールに してあるからです。だから,訓令式も 日本語の 性質に あわせた ルールに してあります。ところが,かたよった 外国語教育の せいで,世界の 言語に かんする 知識が なく,外国人は みんな chi を〈チ〉と 読む ものだと おもいこんでいる 人が います。その 結果,〈チ〉を chi と 書く ヘボン式は 国際的で すぐれた 方式だと はやとちり して しまい,すすんで ヘボン式を つかう 人が でてきます訓令式で tya, tyu, tyo を〈チャ〉〈チュ〉〈チョ〉と 読むのが おかしいと いわれる ことも ありますが,これも おかしな ことでは ありません。英語の meet you の 発音は〈ミーチュー〉に ちかいでしょう。〈ティ〉と〈チ〉は 発音が にていて,しかも〈チ〉の ほうが 楽に 発音 できるので,〈ティ〉が〈チ〉に かわって しまう 現象は よく おこります。日本語の「ち」の 発音も いまは〈チ〉ですが 昔は〈ティ〉でした。

このように,訓令式が つかわれないのは,まちがった 政策や 教育が 一般人を 無知に おいこんでいるからです「無知」は バカに して いっているのでは ありません。日本で 教育を うける 人が 英語 以外の 外国語や ローマ字の 知識から 政治的な 意図で とおざけられている ことを 問題に しています。したがって,すべては 政治の まずしさから きていると いえます。ローマ字教育に かぎった 話では ありませんが,政治の 力が 教育を ゆがめている ことは おおきな 問題です。



「北京」の ピンイン表記

現在,国際的な 場で「北京」は Beijing と 書かれます。これは ピンインという 中国の ローマ字です。ピンインは 中国語の 性質に あわせて 設計 された 中国語らしい つづりかたです。けれども,すこし 前まで「北京」は Peking と 書かれていました。これは イギリス人が つくった ウェード式という ローマ字です。中国は 英語風の ウェード式を やめて,中国語らしい ピンインに のりかえたのです。外国に たいしても ピンインを もちいる ように はたらきかけたので,いまでは 外国の 新聞も「北京」を Beijing と 書いています。

さて,日本は どうでしょうか。国際的な 場で「東京」は 英語風に Tokyo と 書かれます。訓令式は 国際標準(ISO 3602)にも なっているのですが,日本政府は これを 無視 しています。日本で よく つかわれている ローマ字が 英語に にている ことは,外国人が 不思議に おもって ときどき 話題に する ほどですが,おおくの 日本人は その おかしさに 気づいていません。ローマ字に かんする かぎり,日本は 中国より おくれていると いわなければ ならないでしょう。

【読みもの】 Zyappu


Zyappu
nanbâ 17 natu gô 1998
natu da samâ da!
Inamori Izumi no sitai,
Tocca no wanpîsu de

1990年代に Zyappu(ジャップ)という 季刊の ファッション雑誌が ありました。日本人を さげすんで いう 英語の Jap を おもわせる タイトルは 反骨の 心意気を あらわす ものでしょう。この 雑誌の 内容も 服装情報誌の 枠に おさまらない 挑戦的な ものでした。

写真家でも ある 編集長の 伊島薫(いじま かおる)は ファッション雑誌を「理想の追求と実験の場」だと いって,実験的な 写真を すすんで とりいれました。中でも 刺激的だったのは,有名ブランドの 服を きた 女優が 死体を 演じる「連続女優殺人事件」シリーズです。伊島薫が うつくしさを おいもとめた 企画で,たいへん 人気が あった ようです。

誌面の デザインでも さまざまな ところで 実験的な こころみを おこないました。文章だけの ページでさえ 美術系の 雑誌に みえる ほどの できばえでした。この 雑誌の タイトルは もともと カタカナ表記の「ジャップ」だったのですが,それを ローマ字の Zyappu に かえたのも そんな こころみの ひとつです。のちには 広告 などを のぞく すべての 文章を ローマ字書きに して 読み手を おどろかせました。

Zyappu は 第21号まで 発行 されましたが,1999年に 出版社が たおれ,おしまれながら 休刊と なりました。