訓令式

あらまし

明治時代から ローマ字には いろいろな 方式が ありましたが,それらの 中で 有力な ヘボン式日本式が 対立 して しまい,混乱が つづいて いました。そこで,ローマ字の かきかたを 統一 しようという ことに なり,1937(昭和12)年に 公式の ローマ字が つくられました。それが 訓令式です。

戦後,GHQが 一部の 分野で ヘボン式を 強制 した こと などから,ローマ字は ふたたび 混乱 して しまいましたが,1954(昭和29)年に あらためて 訓令式を 公式の ローマ字と する ことが きめられました。日本語を ローマ字で かく ときは 訓令式を もちいる ことに きまって います。


ローマ字は 人名や 地名を かく ためでは なく,日本語の 文章を かく ために あります。つまり,ローマ字は 日本語の 表記法の ひとつです。したがって,ローマ字は ただ ABCで かけば いいという ものでは なく,日本語で くらして いる 人が おぼえやすく つかいやすい かきかた,日本語の 性質に あった かきかたで なければ いけません。訓令式は そのように 設計 された 方式で,日本語を かくのに ふさわしい ローマ字です。小学校の「国語」で 訓令式の ローマ字を おしえるのは このためです。ローマ字は 日本語の 一部で あり,ローマ字の 勉強は 日本語の 勉強です。


訓令式は 発音の 正確さより つづりの 規則性を 優先 した 方式で,ヘボン式は 発音を 正確に しめせるけれども つづりが やや 不規則な 方式だと 説明 される ことが よく あります。しかし,これは とんでもない まちがいです。訓令式と ヘボン式の ちがいは あとで くわしく 説明 します。

訓令式の「ローマ字表」

訓令式の「ローマ字表」を 下に しめします。ヘボン式も 一緒に した「ローマ字表」は「「国語」の ローマ字」に あります。

直音拗音
aiueo
キャキュキョ
kakikukekokyakyukyo
シャシュショ
sasisusesosyasyusyo
チャチュチョ
tatitutetotyatyutyo
ニャニュニョ
naninunenonyanyunyo
ヒャヒュヒョ
hahihuhehohyahyuhyo
ミャミュミョ
mamimumemomyamyumyo
yayuyo
リャリュリョ
rarirureroryaryuryo
wao
ギャギュギョ
gagigugegogyagyugyo
ジャジュジョ
zazizuzezozyazyuzyo
ヂャヂュヂョ
dazizudedozyazyuzyo
ビャビュビョ
babibubebobyabyubyo
ピャピュピョ
papipupepopyapyupyo

※ カタカナは 音声を しめして います。

印刷用の「ローマ字表」(A4サイズ,2ページ)も あります。

訓令式の きまり

  1. 撥音(ん)は n で あらわします。撥音の つぎに 母音字 または y が つづく ときは きる印(')で くぎります。
  2. 促音(っ)は つぎの 子音字を かさねます。
  3. 長音(ー)は のばす 音の 母音字に 山形(^)を のせます。

onsen(温泉)
sinbun(新聞)
hon'ya(本屋)
kitte(切手)
zassi(雑誌)
itti(一致)
utyû(宇宙)
kibô(希望)
takusî(タクシー)
Tôkyô(東京)
Yamada Tarô(山田太郎)
Mukasi mukasi, aru tokoro ni ozîsan to obâsan ga imasita.


ここでは イ段の 長音を î で あらわして いますが,これを ii に する かきかたも あります。くわしくは「îii と かく?」を およみ ください。

takusii(タクシー)


ローマ字の かきかたを しらべて いる 人は やさしい 説明が「あらまし」に ありますので,そちらも およみ ください。くわしい 説明は「かきかた」に あります。


「四つの言葉」から「小鳥」(昔の 教科書)

レオナルド・ダ・ビンチ「随想録」より。カルデリノは イタリア語で,日本では ラテン語の Charadrius から カラドリウスと よんで いる ようです。

「徳の愛」は カトリックが 重視 する 美徳の ひとつです。ラテン語は caritas。英語の charity(慈善)の 語源です。

おぎない

「訓令式」という 名前

「訓令式」は 正式の 名前では なく,訓令で さだめられた ことから 自然に ついた 名前です。訓令とは 行政機関に たいする 命令です。その 訓令とは 1937(昭和12)年9月21日に だされた 内閣訓令第3号「国語ノローマ字綴方統一ノ件」です。これで 公式の ローマ字が さだめられ,ルール上は ローマ字の つづりかたが 統一 されました。ただ,この あたらしい 方式には 名前が ついて いなかったので,ヘボン式日本式と 区別 する ために,「訓令式」「国定式」などと よばれる ように なり,やがて「訓令式」に おちついたという わけです。

この 訓令は 1954(昭和29)年12月9日に だされた 内閣訓令第1号「ローマ字のつづり方の実施について」で あらためられました。しかし,この あたらしい 訓令には おおきな 問題が あり,ローマ字の 混乱を まねいて います。くわしくは 「ローマ字のつづり方」で 説明 して います。

ふりがなの ABC表記? 発音の ABC表記?

ふりがなを ABCに おきかえた ものが ローマ字だと おもって いる 人が いますが,これは よく ある おもいちがいです。ローマ字は 日本語の 音声を ABCで かいた ものです。ローマ字の つづりは ことばの 音声で きまります。ふりがなでは きまりません。

日本語の 発音を 外国人に しめす 目的で ABC表記に した ものが ローマ字だと おもって いる 人も いますが,これも よく ある おもいちがいです。ローマ字は 発音記号の ような ものでは なく,ローマ字に 正確な 発音を しめす 目的は ありません。じっさい,そんな はたらきは なく,日本語を しらない 外国人が ローマ字を みても,それを ただしい 発音では よめません。

このように,ローマ字は ふりがなの ABC表記でも 正確な 発音の ABC表記でも ありません。それでは いったい なんなのかと いうと,日本語の 表記法の ひとつです。漢字や かな文字を つかわず,日本語の 音声を ABCで かく しくみに なって います。ただし,ローマ字が かく 音声は,じっさいに 口から でる 物理的な 音声では なく,日本語で くらして いる 人の 頭の 中に ある 心理的な 音声ですじっさいに 口から でる 音声と 頭の 中に ある 音声は ちがいます。口から でる 音声で いえば,「音程」「音符」「音楽」の〈ン〉は すべて ちがい,〈ハ〉〈ヒ〉〈フ〉の 子音も すべて ちがいます。けれども,これらの ちがいは 日本語の 中で 意味を もたないので,日本語で くらして いる 人は これらの ちがいを 意識 して いません。つまり,頭の 中では おなじ 音声です。このような ばあい,これらの ちがいを 発音記号は かきわけますが,ローマ字(訓令式)は おなじ つづりで かきます。訓令式が「音程」「音符」「音楽」の〈ン〉を すべて n と かき,〈ハ〉〈ヒ〉〈フ〉の 子音を すべて h と かくのは このためです。このように,ローマ字(訓令式)は 頭の 中で おなじだと おもって いる 音声を おなじ つづりで かき,ちがうと おもって いる 音声を ちがう つづりで かきます。これは ローマ字に かぎった はなしでは なく,表音文字で かく 外国語の つづりかたも 基本的に この しくみで できて います。

ローマ字と ふりがな


ローマ字と ふりがな

ローマ字と ふりがなは おなじ 音声を ちがう 表音文字で かいた ものです。

ローマ字の つづりと ふりがなの つづりは 対応 しない ことが あり,ふりがなは 〇〇なのに ローマ字が ××なのは なぜですかと 質問 する 人が よく います。こんな 疑問が でて くるのは ふりがなを ABCに 変換 した ものが ローマ字だと おもって いるからです。ローマ字入力が つかわれる ように なってから,この かんちがいを する 人が ふえて います。

日本語の 音声を ラテン文字(ABC)で かいた ものが ローマ字で,かな文字で かいた ものが ふりがなです。したがって,ローマ字と ふりがなに 直接の つながりは ありません。ローマ字の つづりと ふりがなの つづりは 対応 しないのが ふつうです。

歴史的仮名遣いを つかって いた 時代は これが もっと はっきり して いました。たとえば,「川(かは)」「今日(けふ)」「声(こゑ)」の ローマ字は kawa, kyô, koe でした。現代かなづかいを つくった とき,ふりがなの かきかたが 近代化 されて ローマ字に ちかづいた わけです。ただし,まだ ローマ字に おいついて いない ところが あり,おなじには なって いません。

ふりがなを ABCに 変換 した ものが ローマ字だと おもって いると,ローマ字の かきかたが おかしく みえて しまいます。しかし,ローマ字の かきかたは ふりがなの かきかたより 全体的に みれば うまく 設計 されて います。ふりがなの かきかたは 近代化が おくれて おり,すこし おかしな かきかたに なって います。くわしくは「棒引き仮名遣い」を およみ ください。


完全に 自動では ふりがなを ローマ字に 変換 できません。ふりがなを ローマ字に 変換 する ツールは たくさん ありますが,それらは すべて 不完全で,まちがった 結果を だす ことが あります。くわしくは「なぜ ふりがなでは ダメなのか?」を およみ ください。

ローマ字と ローマ字入力

ローマ字入力は ローマ字を 日本語入力システムに 応用 した ものです。ただし,キーボードや タッチ スクリーンから ローマ字を 入力 して 漢字かな表記に 変換 する 方式では ありません。ローマ字を つかって ふりがなを 入力 する だけです。たとえば,hikôki を 入力 して「飛行機」に 変換 するのでは なく,hi, ko, u, ki で「ひ」「こ」「う」「き」を 入力 する だけです。

ローマ字と ローマ字入力は まったく ちがう 別の もので,ローマ字の かきかたと ローマ字入力の キーの おしかたは ちがいます。音声を 〈 〉で,ふりがなを「 」で あらわすと,つぎの ように なります。

ローマ字ローマ字入力
こんにちは 〈コンニチワ〉→ konnitiwa konnnitiha →「こんにちは」
王様〈オーサマ〉→ ôsama ousama →「おうさま」
オオカミ〈オーカミ〉→ ôkami ookami →「おおかみ」
空気〈クーキ〉→ kûki kuuki →「くうき」
ケーキ〈ケーキ〉→ kêki ke-ki →「けーき」

学校の「国語」で おしえる ローマ字と ローマ字入力で つかう ローマ字が くいちがって いるのは ローマ字入力の 設計ミスが 原因です。ただしい ローマ字を 入力 して それを そのまま 漢字かな表記に 変換 する しくみに する べきでした。この 問題は ローマ字入力の しくみを あらためる ことで 解決 できます。くわしくは「ふたつの ローマ字を 統一 する」を およみ ください。

かきかたで 気を つける ところ

訓令式の「ローマ字表」は 母音字と 子音字が 規則的に ならんで います。しかし よく みると,〈ヂ〉〈ヅ〉〈ヂャ〉〈ヂュ〉〈ヂョ〉〈ヲ〉の 部分は 不規則です。ローマ字入力の ローマ字は これらの 部分も 規則的です。そのため,ローマ字を よく しらない 人や ローマ字入力に なれて いる 人は「鼻血(はなぢ)」「三日月(みかづき)」を hanadi, mikaduki と かいて しまう ことが あります。これは まちがいですから 気を つけて ください。

なぜ「ぢ」「づ」を di, du と かかないのか,不思議に おもうかも しれませんが,その 理由は かんたんです。ローマ字は 日本語の 音声を ABCで かく ものだからです。音声を かく わけですから,おなじ 音声は おなじ つづりで かきます。いまの 共通語では「じ/ぢ」「ず/づ」の 音声は おなじなので,「じ/ぢ」は zi で 統一 し,「ず/づ」は zu で 統一 する ルールに なって います。ときどき,di, du に すると 外国人が〈ディ〉〈ドゥ〉(または〈デュ〉)と よんで しまうから こういう ルールに して あるのだと いわれる ことも ありますが,そんな 理由では ありませんローマ字を 発音記号の ような ものだと おもって いる 人は おおいのですが,それは よく ある おもいちがいです。ローマ字は 日本語の 表記法の ひとつです。したがって,訓令式は 日本語の 性質に あわせて 設計 して あります。外国人に どう よまれるかは まったく 関係が ないので かんがえに はいって いません。中国や 韓国の ローマ字も 中国語や 韓国語の 性質に あわせて 設計 されて いて,外国人に どう よまれるかで つづりが きまって いるのでは ありません。英語の つづりも フランス語の つづりも 外国人に どう よまれるかを かんがえて つくって ある わけでは ないでしょう。ある 国の 言語の 表記法が その 国の 人で なく 外国人の 都合で できて いる なんて ことは,植民地でも ない かぎり,ふつうは ありません。

これと おなじ 理屈で,「じゃ/ぢゃ」「じゅ/ぢゅ」「じょ/ぢょ」は zya, zyu, zyo で 統一 し,「お/を」は o で 統一 する ルールに なって います。


こまかい はなしを すれば,四つ仮名(じ・ず・ぢ・づ)の かきかたには すこし まずい ところが あります。これは 訓令式の 弱点です四つ仮名は 現代仮名遣いと おなじ ように D と Z を つかいわける かきかたに すると いいでしょう。その ばあい,「鼻血(はなぢ)」「三日月(みかづき)」は hanadi, mikaduki です。くわしくは「もっと 日本語らしい かきかた」を およみ ください。

訓令式と ヘボン式の ちがい

訓令式は つづりの 規則性を 優先 した 方式で ヘボン式は 発音の 正確さを 優先 した 方式だとか,訓令式は 日本人が おぼえやすい 方式で ヘボン式は 外国人が よみやすい 方式だとか,そんな 説明を される ことが よく あります。しかし,これは まちがいです。ローマ字は 日本語の 音声を ABCで かきあらわす 方法ですから,ふたつの 方式に よみかたの ちがいは ありません。たとえば,訓令式の si, ti, tu, hu, ziヘボン式shi, chi, tsu, fu, ji は まったく おなじ 発音を あらわして います。よみかたは おなじで,かきかたが ちがいます。そして,外国人は どちらの 方式も ただしい 発音では よめません。

訓令式は 小学生が おぼえやすい ように ルールを 単純化 した 幼稚な かきかただとか,いまは つかわれなく なった ふるい 方式だとか,そんな ふうに おもって いる 人も いますが,これも まちがいです。訓令式は 日本語の 性質に あわせて 設計 して あるから 規則的で,ヘボン式は そうで ないから 規則性が みだれて います。訓令式は ヘボン式より あとに つくられた あたらしい 方式です。


ローマ字は もともと 外国人が 日本語を よむ ために つくった 外国人むけの ふりがな みたいな ものでした。一番 はじめの ローマ字は ポルトガル語を はなす 人が つくったので,その かきかたは ポルトガル語風でした。このほかにも オランダ語風・ドイツ語風・フランス語風の ローマ字が ありました。ヘボン式も そんな ローマ字の ひとつで,その かきかたは 英語風です。これらの ローマ字は 外国人が 外国人の ために つくった もので,すべて 外国語風の かきかたです。

それに たいして,訓令式は 日本人が 日本語を かく ために つくった 方式です。そのため,日本語の 音韻(おんいん)に もとづいた かきかたに して あります。音韻は すこし むつかしい ことばですが,かんたんに いえば,ある 言語の はなし手が ちがいを 意識 して いる 音声です。訓令式は 日本語の はなし手が ちがいを 意識 して いる 音声を ちがう つづりで かき,ちがいを 意識 して いない 音声を おなじ つづりで かきます。つまり,日本語で くらして いる 人の 頭の 中に ある 音声を その とおりに かく 方式です。

訓令式が 〈タ・チ・ツ・テ・ト〉の 子音を おなじ t で かき,「パンダ」の〈ン〉と「サンマ」の〈ン〉を おなじ n で かくのは これが 理由ですある 言語で くらして いる 人が どの 音声の ちがいを 意識 して どの 音声の ちがいを 意識 しないかは その 言語の 性質に よります。日本語は〈チ〉と〈ティ〉や〈ツ〉と〈トゥ〉を 区別 しない 性質を もって います。五十音図で「た・ち・つ・て・と」が おなじ 行に ならんで いるのは その あらわれです。英語の two は 日本語に なって いますが,それを〈ー〉と 発音 しても〈トゥー〉と 発音 しても ちがいは ありません。動詞「勝つ」の 活用は〈カナイ〉〈カマス〉〈カ〉で あって,〈カナイ〉〈カティマス〉〈カトゥ〉では ありませんが,もし 外国人が まちがって そんな 発音を して しまっても 意味が つうじます。だから,日本語で くらして いる 人は これらの ちがいを 意識 する 必要も ない わけです。ローマ字の 設計に あたって,日本語が 区別 しない ものを 区別 しない かきかたに すれば,それは 日本語を かくのに ふさわしい ローマ字に なる はずです。訓令式は こういう 方針で 設計 されて います。ローマ字は 日本語の 表記法ですから,日本語の 性質に あわせて つくって ある わけです。なお,ヘボン式は 音声を 重視 した 表記で 訓令式は 音韻を 重視 した 表記なので,外国人むけの 表示には 音声が わかりやすい ヘボン式が ふさわしいという 解説を ときどき みかけますが,これは まちがいです。ヘボン式も「ローマ字表」が 五十音図の 形に かかれて いるのですから,基本的には 日本語の 音韻を もとに した かきかたです。ただし,ヘボン式は 英語の 音韻に ひきずられて いる ところが あり,おなじと みなす べき 音声の 一部を 区別 して ちがう つづりで かいて います。

ta, ti, tu, te, to (た・ち・つ・て・と)
panda(パンダ) sanma(サンマ)


かんたんに まとめると,ヘボン式は 英語を はなす 外国人が 日本語を よむ ために つくった 英語風の かきかたで,訓令式は 日本人が 日本語を かく ために つくった 日本語らしい かきかたです。具体的な つづりや こまかい 規則の ちがいは「ローマ字の 比較」で 説明 して います。

訓令式が つかわれない 理由

ローマ字の かきかたには「ローマ字のつづり方」という 公式の ルールが あり,日本語を ローマ字で かく ときは 基本的に 訓令式を もちいる ことに きまって います。理屈から いっても,ローマ字は 日本語の 表記法なのですから,日本語の 性質に あわせて 設計 された 訓令式を もちいるのが あたりまえです。くわしくは「訓令式の 根拠」「ヘボン式か 訓令式か」を およみ ください。

ところが,訓令式を つかう 人は あまり いません。ほとんどの 人は 一般に よく つかわれて いる ヘボン式を あたりまえの ように うけいれて います。また,みずから すすんで ヘボン式を つかって います。これには いくつか 理由が あります。



企業の ロゴタイプ

まず,ヘボン式が 正式の ローマ字だと かんちがい されて いる ことです。政治的な 理由で,パスポートの ローマ字道路標識の ローマ字 など,公の 分野で つかわれる ローマ字が すべて ヘボン式の 変種に なって います。また,ビジネス上の 理由で,企業の ロゴタイプも ほとんどが ヘボン式の 変種です。芸能人の ニックネーム なども そうでしょう。これらが かんちがいを ひろめて います。ルールに のっとった ただしい ローマ字を かきたいと おもいながら,ルールを かんちがい して,ヘボン式を つかって いる 人は おおいと おもわれます。

英語教育にも 問題が あります。「英語」の 教科書が ヘボン式から 派生した「英語式」を 採用 して いる ことです。これが「国語」で ならった ただしい ローマ字の 知識を うわがき して しまいます。「英語式」は あくまでも 英語の かきかたで あって,ただしい ローマ字では ないのですが,おおくの 英語教師は この 区別が わかって おらず,ただしい ローマ字と 英語の かきかたを きりわけて おしえて いません。ヘボン式なら 外国人が ただしい 発音で よめると 学校の「英語」で おしえられた 記憶が ある 人は おおく,学校が うそを おしえて いる うたがいも あります。英語教育に 関心を もつ 人や 英語 だけ 得意な 人が SNS などで 訓令式を 否定 して いる ことも よく あります。このように,英語教育は ローマ字の ただしい 理解を さまたげて います翻訳・通訳の プロ,外国で くらして いる 人,小学生の 保護者 などには 英語教育に 関心を もって いる 人が おおく,こういう 人たちが ローマ字教育や 訓令式の 廃止を 熱心に うったえるので,手が つけられなく なって います。中でも 特に ひどいのが 英語教師です。きびしい ことを いう ようですが,一部の 英語教師の 不勉強は 目に あまります。語学の 初歩では かならず 母語の 干渉が おこります。これは 非英語圏の 外国人が 英語を まなぶ ときも おなじで,外国の 英語教師は それを あたりまえと かんがえて 英語を おしえて います。なぜ 日本の 英語教師 だけ あたりまえの ことが できないのでしょうか。よく ローマ字の せいで 英語が わからなく なって いると いわれます。しかし,事実は その 反対で,英語の せいで ローマ字が わからなく なって います。

国際理解教育に 力が そそがれて いない せいで,日本人の 国際感覚が まずしい ことも 理由の ひとつです。日本人の おおくは 国際化の 意味を ただしく 理解 して おらず,なんでも 英語風に すれば 国際的に なると かんちがい して います。そのうえ,経済界や 教育産業から「英語コンプレックス」を うえつけられて います。日本人の「英語かぶれ」は 外国でも よく しられて おり,軽蔑 されて いる ほどです。こういう わけで,英語で かける 外来語 などを ローマ字で かくのは おかしいとか,英語風の つづりで ない 訓令式は かっこわるいとか,そんな 感覚が ひろまって います。


TINTIN

Tintinは ベルギーの 漫画(バンドデシネ)の キャラクターです。原作は フランス語なので,Tintinの よみかたは〈タンタン〉です。写真は ロンドンに ある お店。

ローマ字は 発音記号 みたいな ものだという よく ある おもいちがいも おおきいでしょう。この かんちがいを して いると,sa が〈サ〉なら si は〈スィ〉で,ta が〈タ〉なら ti は〈ティ〉だと かんがえて しまい,si, ti を〈シ〉〈チ〉と よむ 訓令式が おかしく みえるのでしょう。しかし,ローマ字は 発音記号の ような ものでは ありません。そして,ABCの よみかた・かきかたは 言語に よって ちがいます。たとえば,イタリア語は ca を〈カ〉,ci を〈チ〉と よみます。スペイン語は ga を〈ガ〉,gi を〈ヒ〉と よみます。中国語は xi を〈シ〉,qi を〈チ〉と よみます。chi は 英語なら〈チ〉と よみますが,フランス語なら〈シ〉,ドイツ語なら〈ヒ〉,イタリア語なら〈キ〉と よみます。ABCの よみかた・かきかたというのは こういう ものです。ところが,かたよった 外国語教育の せいで 英語 以外の 外国語に かんする 知識が なく,外国人は みんな chi を〈チ〉と よむ ものだと おもいこんで いる 人が います。その 結果,〈チ〉を chi と かく ヘボン式は 国際的で すぐれた 方式だと はやとちり して しまい,すすんで ヘボン式を つかう 人が でて きます訓令式で tya, tyu, tyo を〈チャ〉〈チュ〉〈チョ〉と よむのが 変だと いわれる ことも ありますが,おかしな ことでは ありません。英語の meet you の 発音は〈ミーチュー〉に ちかいでしょう。日本でも 人気が ある「うさこちゃん(ミッフィー)」は オランダうまれの キャラクターで,オランダ語の 名前は Nijntje(ナインチェ)です。この つづりを よく みると,tje を〈チェ〉と よんで います。一般に j は〈ヤ〉〈ユ〉〈ヨ〉の 子音を かく 文字で,ローマ字の y に あたりますから,tye を〈チェ〉と よんで いる ような ものです。〈ティ〉と〈チ〉は 発音が にて いて,しかも〈チ〉の ほうが 楽に 発音 できるので,〈ティ〉が〈チ〉に かわって しまう 現象は よく おこります。日本語の「ち」の 発音も いまは〈チ〉ですが 昔は〈ティ〉でした。

このように,訓令式が つかわれない 理由は あやまった 政策と 教育です。公的な 分野では ルールが まもられて おらず,事実上 ヘボン式が おしつけられて います。私的な 分野では ルールを しらない 一般人が 無知から ヘボン式に ひきよせられて います「無知」は バカに して いって いるのでは ありません。日本で 教育を うける 人が 英語 以外の 外国語や ローマ字の 知識から 政治的な 意図で とおざけられて いる ことを 問題に して います。外国語教育や ローマ字教育の ひずみは 政治の まずしさから きて います。これに かぎらず,政治の 力が 教育を ゆがめて いる 現状は おおきな 問題です。



「北京」の ピンイン表記

現在,国際的な 場で「北京」は Beijing と かかれます。これは ピンインという 中国の ローマ字です。ピンインは 中国語の 性質に あわせて 設計 された 中国語らしい つづりかたです。けれども,すこし 前まで「北京」は Peking と かかれて いました。これは 英国人が つくった ウェード式という ローマ字です。中国は 英語風の ウェード式を やめて,中国語らしい ピンインに のりかえたのです。外国に たいしても ピンインを もちいる ように はたらきかけたので,いまでは 外国の 新聞も「北京」を Beijing と かいて います。

さて,日本は どうでしょうか。国際的な 場で「東京」は 英語風に Tokyo と かかれます。訓令式は 国際標準(ISO 3602)にも なって いるのですが,日本政府は これを 無視 して います。外国人は 日本で よく つかわれる ローマ字が 英語に にて いるのを 不思議に おもって ときどき 話題に する ことも ありますが,ほとんどの 日本人は その おかしさに 気づいて いません。こんな ありさまでは,ローマ字に かんする かぎり,日本は 中国より おくれて いると いわなければ なりません。

【よみもの】 Zyappu


Zyappu
nanbâ 17 natu gô 1998
natu da samâ da!
Inamori Izumi no sitai,
Tocca no wanpîsu de

1990年代に Zyappu(ジャップ)という 季刊の ファッション雑誌が ありました。日本人を さげすんで いう 英語の Jap を おもわせる タイトルは 反骨の 心意気を あらわす ものでしょう。この 雑誌の 内容も 服装情報誌の 枠に おさまらない 挑戦的な ものでした。

写真家でも ある 編集長の 伊島薫(いじま かおる)は ファッション雑誌を「理想の追求と実験の場」だと いって,実験的な 写真を すすんで とりいれました。中でも 刺激的だったのは,有名ブランドの 服を きた 女優が 死体を 演じる「連続女優殺人事件」シリーズです。伊島薫が うつくしさを おいもとめた 企画で,たいへん 人気が あった ようです。

誌面の デザインでも さまざまな ところで 実験的な こころみを おこないました。文章だけの ページでさえ 美術系の 雑誌に みえる ほどの できばえでした。この 雑誌の タイトルは もともと カタカナ表記の「ジャップ」だったのですが,それを ローマ字の Zyappu に かえたのも そんな こころみの ひとつです。のちには 広告 などを のぞく すべての 文章を ローマ字がきに して よみ手を おどろかせました。

Zyappu は 第21号まで 発行 されましたが,1999年に 出版社が たおれ,おしまれながら 休刊と なりました。