特殊音

特殊音とは

「ローマ字表」に かかれて いない〈ティ〉〈ファ〉〈チェ〉などの 音声を ローマ字の 世界では 特殊音と よんで います。


外来語には おおくの 特殊音が つかわれます。1991年 内閣告示第2号「外来語の表記」は 外来語を かきあらわすのに もちいる カタカナ表記として つぎの ものを あげて います。

イェ
ウィウェウォ
クァクィクェクォ
シェ
チェ
ツァツィツェツォ
ティ
テュ
トゥ
ファフィフェフォ
フュ
グァ
ジェ
ディ
デュ
ドゥ
ヴァヴィヴェヴォ
ヴュ

※ ならべかたは かえて あります。本当は 第1表・第2表の ふたつに わかれて いて,第1表は 一般的な もの,第2表は 原音・原つづりに なるべく ちかづけて かこうと する ときに つかう ものと なって います。


「外来語の表記」は 外来語や 外国の 固有名詞を かく ための カタカナ表記を さだめた ものです。じっさいの 日本語では,オノマトペ などを かく ため この 表に ない「グォ」「ヒェ」などの 表記も つかわれて います。そこで,ここでは「外来語の表記」に とらわれず より ひろい 範囲の 特殊音を かんがえます。

日本式・訓令式・ヘボン式の 特殊音

公式の きまりが ない

日本式訓令式ヘボン式は 特殊音の かきかたを きめて いません。特殊音は もともと 日本語に なかった 音声です。昔は「フィルム」「シェパード」「ビルディング」を「フイルム」「セパード」「ビルヂング」と かいて その とおりに よんで いました。昔の 日本語には〈フィ〉〈シェ〉〈ディ〉などの 音声が なかった わけです。ローマ字は 日本語の 音声を かく ものですから,昔の ローマ字は これらの かきかたを きめて いませんでした。

いまの 日本語には たくさんの 特殊音が つかわれて いますから,これらの かきかたを きめて おく 必要が あります。しかし,いまの ところ 特殊音の 正式な かきかたは きまって おらず,ローマ字の ルールは これを 自由に かいて いい ことに して います。そのため,さまざまな かきかたが おこなわれて いますいまは 一般人の 日常会話でも たくさんの カタカナ語が つかわれて いて,その おおくに 特殊音が はいって います。ローマ字入力も 特殊音を 入力 できる ように 設計 して あります。こんな 時代に 特殊音の かきかたを さだめて いない ローマ字は 時代おくれです。すくなくとも 一般的な 外来語で つかわれる 特殊音の かきかたを さだめて,学校で おしえないと いけません。ローマ字入力の 設計も それに あわせて みなおす べきです。そう しないと,〈ティ〉〈トゥ〉の かきかたが thi, twu だと おもわれて しまいます。

この サイトも 昔から おこなわれて いる かきかたを もとに して つくった「この サイトの かきかた」を 提案 して います。


「デンマーク」(昔の 教科書)

ここでは〈フォ〉を fo と かいて います。


「アンデルセンの幼き日の思い出」
(昔の 教科書)

ここでは〈ディ〉を di と かいて います。


「幼き日のモツアルト」(昔の 教科書)

ここでは〈ウィ〉〈ウェ〉〈ツェ〉を wi, we, twe と かいて います。


特別な 事情が あって ヘボン式を つかいたい ばあいは 標準式の つづりかたを 参考に すると いいでしょう。標準式は もともとの ヘボン式を 拡張 した ものです。英語から 日本語に なった 外来語を かく ときに 必要な 特殊音の つづりかたが ほぼ すべて きめて あります。

自分で きまりを つくる

自由に かいて いいと いわれても こまるかも しれませんが,かなりの 部分は 機械的に きめられて,おおよその かきかたは さだまって います。「ローマ字表」の 一部を ぬきだして〈シェ〉〈チェ〉〈ジェ〉を くわえた ものを 下に しめします。? の 部分を どう かけば いいか,かんがえて みて ください。すぐに こたえが わかるでしょう。

シャシュシェショ
syasyu?syo
チャチュチェチョ
tyatyu?tyo
ジャジュジェジョ
zyazyu?zyo


「手をつなぐ子ら」 (昔の 教科書)

ここでは〈チェ〉を tye と かいて います。


このように して 訓令式の 特殊音を かんがえると,つぎの ように なります。

イェウィウェウォ
yewiwewo
キェクァクィクェクォ
kyekwakwikwekwo
シェスァスィスェスォ
syeswaswisweswo
チェツァツィツェツォ
tyetwatwitwetwo
ニェヌァヌィヌェヌォ
nyenwanwinwenwo
ヒェファフィフェフォ
hyehwahwihwehwo
ミェムァムィムェムォ
myemwamwimwemwo
リェルァルィルェルォ
ryerwarwirwerwo
ギェグァグィグェグォ
gyegwagwigwegwo
ジェズァズィズェズォ
zyezwazwizwezwo
ヂェヅァヅィヅェヅォ
zyezwazwizwezwo
ビェブァブィブェブォ
byebwabwibwebwo
ピェプァプィプェプォ
pyepwapwipwepwo

カタカナ表記と 規則的に 対応 して いるのを みのがさないで ください。訓令式は 日本語の 性質に あわせて つづりかたを きめて います。しかし,特殊音は もともと 日本語に なかった 音声なので,その つづりかたを きめる ときの よりどころに なる ものが ありません。音声と つづりの 対応は 言語に よって まちまちなので,外国語の つづりは 参考に なりません。そこで,カタカナ表記から 機械的に ローマ字の つづりを つくりだして います。


日本語の 発音が 変化 して できた 特殊音には よりどころに なる ものが あります。こういう ばあいは 発音の 変化から つづりを みちびきだせます。たとえば,「ご馳走」が〈ゴッツォー〉に なる ばあい,gotisô が 変化 して いるから gottsô と かけます。「こいつは こまった」が 〈コイツァー コマッタ〉に なる ばあい,koitu wa が 変化 して いるから koitwâ と かけます。ただし,この やりかたは 外来語 などに 対応 できませんから,この サイトでは 採用 して いません。

〈スィ〉〈ティ〉〈トゥ〉

ヘボン式日本式が 対立 して いた 時代には〈スィ〉〈ティ〉〈トゥ〉を どう かくかが 問題でした。ヘボン式は〈スィ〉〈ティ〉〈トゥ〉を それぞれ si, ti, tu と かけます。英語の つづりを まね すれば いい だけですから はなしは かんたんです。じっさい,標準式は その とおりに 定義 して います。ややこしいのは 日本式です。日本式は〈シ〉〈チ〉〈ツ〉と〈スィ〉〈ティ〉〈トゥ〉を どちらも si, ti, tu と かいて いました。

これは どういう ことかと いうと,ことばの 区別に かかわらない 程度に ちがう 音声は おなじ 音声と みなし,おなじ 音声は おなじ つづりで かくという かんがえです。つまり,〈シ〉〈チ〉〈ツ〉と〈スィ〉〈ティ〉〈トゥ〉は おなじ 音声だから おなじ つづりで かくという 理屈です。たとえば,英語の sea, team, two は 日本語に なって いますが,これらを〈シー〉〈チーム〉〈ツー〉と 発音 しても〈スィー〉〈ティーム〉〈トゥー〉と 発音 しても おなじ ことばです。それなら,おなじ つづりで いいだろうという わけです。

ローマ字は 発音記号の ような ものでは ありません。表音文字で ことばを かく 方法です。そして,表音文字で ことばを かく ときは,おなじ ことばに きこえる 音声を おなじ つづりで かくのが 原則です。これが〈シ〉〈チ〉〈ツ〉と〈スィ〉〈ティ〉〈トゥ〉を どちらも si, ti, tu と かく 理由です。

ところが,日本人でも〈チ〉と〈ティ〉を 区別 して かんがえる 人が おおく なり,英語の party の つもりで〈パーチー〉と いっても つうじなく なって きました。これでは〈チ〉と〈ティ〉が おなじ 音声と いえません。そんな わけで,日本式にも これらの 発音を 区別 できる かきかたが もとめられる ように なり,区別 したい ときは〈スィ〉〈ティ〉〈トゥ〉を s'i, t'i, t'u と かく 方法が できました。

(シー) tîmu(チーム) (ツー)
s'î(スィー) t'îmu(ティーム) t'û(トゥー)

これと おなじ 理屈で,〈ズィ〉〈ディ〉〈ドゥ〉は z'i, d'i, d'u です。


s'i, t'i, t'u; z'i, d'i, d'u は ほぼ そのまま 訓令式にも うけつがれて います。ただし,〈スィ〉〈ズィ〉の 発音は ほとんど つかわれて おらず,上で 説明 した swi, zwi でも 解決 できます。〈ディ〉〈ドゥ〉は d'i, d'u でも いいですが,訓令式di, du を つかって いないので,di, du に しても かまいません。〈ティ〉〈トゥ〉は t'i, t'u でも いいですが,ti, tu に しても おおきな 問題は おこりませんti, tu は 単語に なって いれば どちらの 発音か わかる ものが ほとんどだからです。たとえば,tinpanzî, tinpani は〈チンパンジー〉〈ティンパニ〉だと わかります。tîmu は〈チーム〉か〈ティーム〉か わかりませんが,どちらでも いい わけです。固有名詞は どちらの 発音か わからないと 不便なので,ti, tut'i, t'u を かきわける ほうが いいでしょう。

〈ヴァ〉〈ヴィ〉〈ヴ〉〈ヴェ〉〈ヴォ〉

「ヴァ」「ヴィ」「ヴ」「ヴェ」「ヴォ」は 特殊音では ないので,これらの つづりは きめません。くわしくは【よみもの】の「ヴァイオリン」を およみ ください。

99式の 特殊音

99式は いろいろな 特殊音の かきかたを さだめて います。下に しめしたのは その 一部です。

イェキェシェチェニェ
yekyesyetyenye
テャティテュテェテョ
tjatjitjutjetjo
ファフィフゥフェフォ
fafifufefo
ツァツィツゥツェツォ
tsatsitsutsetso

※ カタカナは 表記(文字)を あらわして います。

fan(ファン)
tyesu(チェス)
paatjii(パーティー)

「パスポート式」の 特殊音

「パスポート式」も 特殊音の かきかたを きめて います。「外来語の表記」に ある 特殊音と ほぼ おなじ ものが えらばれて いますが,ちがう ところも あります「パスポート式」に ない もの:シェ,テュ,トゥ,フュ,ヴュ。「外来語の表記」に ない もの:フョ,グィ,グェ,グォ。

イェ
ie
ウィウェウォ
uiueuo
クァクィクェクォ
kuakuikuekuo
チェ
chie
ツァツィツェツォ
tsuatsuitsuetsuo
ティ
tei
ファフィフェフォ
fuafuifuefuo
フョ
fuyo
グァグィグェグォ
guaguigueguo
ジェ
jie
ディ
dei
デュ
deyu
ドゥ
dou
ヴァヴィヴェヴォ
buabuibubuebuo

この ルールは 奇妙です。ie は〈イエ〉か〈イェ〉か わかりません。ほかの つづりも すべて おなじで,ただしい よみかたが わかりません。もともと「パスポート式」は 長音が あると まともに よめない つづりかたですが,特殊音が あると さらに ひどく なりますヘボン式の 変種は たくさん ありますが,それらの 中で 「パスポート式」は 原音の 再現性が もっとも わるい 方式です。

「ヴァ」「ヴィ」「ヴ」「ヴェ」「ヴォ」の つづりを きめて いるのも めだつ ところです。


いまは「非ヘボン式」の 制度が あり,記号が ついた 特殊な 文字は 別として,外国語の つづりも そのまま つかえます。したがって,これから パスポートを つくる 人が「パスポート式」の 特殊音を つかう 必要は ありません。

この サイトの かきかた

この サイトは 訓令式を すすめて いますから,特殊音も 訓令式の ルールと 矛盾 しない ように かんがえて,つぎの ように かく ことを 提案 します。拗音を 拡張 する 形に なって いるので,ふつうの 拗音(キャ・キュ・キョ など)も あわせて かいて あります。

-y-
イャ
(ヤ)
イュ
(ユ)
イェ
(*)
イョ
(ヨ)
yayuyeyo
キャキュキェキョ
kyakyukyekyo
シャシュシェショ
syasyusyesyo
チャチュチェチョ
tyatyutyetyo
ニャニュニェニョ
nyanyunyenyo
ヒャヒュヒェヒョ
hyahyuhyehyo
ミャミュミェミョ
myamyumyemyo
リャリュリェリョ
ryaryuryeryo
ギャギュギェギョ
gyagyugyegyo
ジャジュジェジョ
zyazyuzyezyo
ヂャヂュヂェヂョ
zyazyuzyezyo
ビャビュビェビョ
byabyubyebyo
ピャピュピェピョ
pyapyupyepyo
-w-
ウァ
(ワ)
ウィ
(ヰ)
ウェ
(ヱ)
ウォ
(ヲ)
wawiwewo
クァクィクェクォ
kwakwikwekwo
スァスィスェスォ
swaswisweswo
ツァツィツェツォ
twatwitwetwo
ヌァヌィヌェヌォ
nwanwinwenwo
ファフィフェフォ
hwahwihwehwo
ムァムィムェムォ
mwamwimwemwo
ルァルィルェルォ
rwarwirwerwo
グァグィグェグォ
gwagwigwegwo
ズァズィズェズォ
zwazwizwezwo
ヅァヅィヅェヅォ
zwazwizwezwo
ブァブィブェブォ
bwabwibwebwo
プァプィプェプォ
pwapwipwepwo
-j-
テャティテュ テョ
tjatjitju tjo
デャディデュ デョ
djadjidju djo
-v-
トァトィトゥトェ
tvatvitvutve
ドァドィドゥドェ
dvadvidvudve
-wy-
フャ フュ フョ
hwya hwyu hwyo
ブャ ブュ ブョ
bwya bwyu bwyo

※ カタカナは 音声を あらわして います。ただし,どんな 音声かは かんがえません。たとえば,「ファ」が hwa に なって いるのは,もし カタカナで かくと したら「ファ」に なる ような 音声を ローマ字では hwa と かくという 意味です。その 音声が 英語の fa, pha に ちかい 音声 なのか,wha(ふるい つづりでは hwa)に ちかい 音声 なのか,それらとも ちがう 音声なのか,それは かんがえません。ローマ字は 日本語の 表記法で あって,発音記号では ないからです。

※ -y- の 系列は ヤ行の 音に ねじれる 音声で 開拗音と いいます。-w-の 系列は ワ行の 音に ねじれる 音声で 合拗音と いいます。合拗音は 小がきの カタカナを「ワ」「ヰ」「ヱ」「ヲ」で あらわす ほうが わかりやすいのですが,「ヰ」「ヱ」「ヲ」の ちいさい 文字が ないので「ァ」「ィ」「ェ」「ォ」に して います。したがって,〈クァ〉と〈クヮ〉は おなじ 意味です。

※ ヤ行と ワ行は 1文字でも かける 特別な 拗音と かんがえて 再定義 しますヤ行の 音声は〈イャ,○,イュ,イェ,イョ〉で,かく ときは「イャ,○,イュ,イェ,イョ」でも「ヤ,○,ユ,*,ヨ」でも いい ことに します。ワ行の 音声は〈ウァ,ウィ,○,ウェ,ウォ〉で,かく ときは「ウァ,ウィ,○,ウェ,ウォ」でも「ワ,ヰ,○,ヱ,ヲ」でも いい ことに します。したがって,「ヰ,ヱ,ヲ」の よみかたが〈イ,エ,オ〉から〈ウィ,ウェ,ウォ〉に かわります。*印の ところには ヤ行エ段の かな文字を つけくわえます。これは じっさいに つくって いた ことが あり,文字の 形も きまって います。参考:や行え

※ 〈ブュ〉は「ヴュ」と 表記 される ことも あります。例:「レヴュー」「インタヴュー」。「ヴュ」と かいても〈ビュ〉と よむので あれば byu です。

hwan(ファン)
tyesu(チェス)
pâtjî(パーティー)


いまの 拗音は,外来語 などで つかわれる ものを のぞくと,〈キャ〉〈キュ〉〈キョ〉など だけです。しかし,昔は その ほかにも 拗音が ありました。たとえば,〈クヮ〉〈グヮ〉です。明治時代に つくられた 日本式kwa, gwa を 定義 して いるのは そのころの 日本語に〈クヮ〉〈グヮ〉という 発音が あったからです。〈イェ〉も そうです。お金の「円」が 英語で yen と かかれるのは 昔の 日本人が「えん」を〈イェン〉と 発音 して いたからです。


拗音の かな文字表記

これは 明治時代に かかれた 本から ぬきだした ものです。拗音が たいへん わかりやすく かかれて います。


現在 つかわれて いる ローマ字入力の 設計には まずい ところが たくさん あります。特殊音を 入力 する キー操作に まったく 規則性が ないのも あきらかな 設計ミスです。そのため,たいへん おぼえにく,「ゐ」「とぅ」「つぇ」などを 入力 する やりかたを しらない 人も います。

それに たいして,上で しめした 特殊音の かきかたは 規則的です。これを ローマ字入力で つかえる ように すれば,おぼえやすく なるでしょう。この サイトの かんがえを「ローマ字テーブル」で しめして います。参考に して ください。

特殊音の つかいみち

特殊音は おもに 外来語や 外国の 固有名詞で つかいます。

syepâdo(シェパード)
kontwerun(コンツェルン)
Tyeko(チェコ)
Hwinrando(フィンランド)

純粋な 日本語でも 特殊音を つかう ことが あります。たとえば,「お父っつぁん」「ごっつぁんです」などの〈ツァ〉が そうです。お国ことばや オノマトペで 微妙な 音を あらわしたい ときにも 特殊音が つかわれます。

otottwan(お父っつぁん)
Gorwa!(ゴルァ!)
Hyê!(ヒェー!)


ときどき,外来語は 原つづりで かく べきだという 意見を 目に しますが,外来語は 日本語なので,日本語の つづりで かきます。

特殊音が つかえない!


ジェット機

特殊音は 学校で おしえません。テストにも でないでしょう。

学校の「国語」では 特殊音の かきかたを おしえません。そのため,外来語の 中には ローマ字で かけない ものが あります。「チェンジ」「フェリー」「フォーク」など,こどもが しって いる 外来語は たくさん あります。「ジェット機」の ローマ字を こどもから 質問 されたら 教師や 保護者は こまるのでは ないでしょうか。

しかも,小学校では ローマ字入力を おしえて います。ローマ字入力の「ティ」「ファ」などを おぼえた こどもは ローマ字でも そう かく ものだと かんちがい するに きまって います。これでは ただしい ローマ字が かけない ように 教育 して いる ような ものです。

特殊音は,一般的な 外来語に つかわれる もの だけでも,正式の つづりかたを さだめて 学校の「国語」で おしえないと いけません。さしあたって 必要な 特殊音として,つぎの ものを あげて おきます。

【よみもの】 ヴァイオリン

「バイオリン」は よく「ヴァイオリン」と かかれます。「音楽」の 教科書は 小学校では「バイオリン」,中学校では「ヴァイオリン」と かく そうです。しかし,「ヴァイオリン」は まずい かきかたです。こんな かきかたは やめて,「バイオリン」と かく べきです。

「ヴァ」「ヴィ」「ヴ」「ヴェ」「ヴォ」は 特殊音の ように みえますが,そうでは ありません。じっさいの よみかたは〈バ〉〈ビ〉〈ブ〉〈ベ〉〈ボ〉で,もともと 日本語に ある 音声だからです。100年後の 日本人が どんな 発音を して いるかは わかりませんが,いまの ところ「ヴァ」を 英語の V音の ように 発音 する 人は いないでしょう。つまり,「バ」と「ヴァ」の 発音は おなじです。表音文字で ことばを かく ときは おなじ 音声を おなじ つづりで かくのが 原則です。これが「ヴァ」を「バ」と かく べき 理由です。


「バ」と「ヴァ」を かきわけようと すると,原音や 原つづりの 知識が いるので,余計な 手間が かかります。そして,「バ」と「ヴァ」を かきわけたと しても,よむ ときには まるで 役に たちません。まれに 英語の bestvest を みた目で 区別 できる ような ことも ありますが,ほとんどは かき手による 知識の ひけらかしに しか なって いません。

しかも,この かきわけは 表記に ゆれを つくります。インターネットでの 検索や 機械的な テキスト処理を 混乱 させ,辞書の みだし語・索引・名簿を つかいにくく して います。


「ヴェートーベン」

だれかが「ヴェートーベン」を 検索 したのでしょうか。ここまで くると かっこわるいと いわなければ なりません。

英語由来の 外来語を カタカナで かく とき,英語の 複雑な 母音を こまかく かきわけたりは しません。L音と R音も 区別 しません。the は「ザ」,three は「スリー」という ふうに TH音も 日本語流に かいて います。それなのに,どうして B音と V音を かきわけようと するのでしょうか。

もう すこし いじわるな 目で みれば,「バ」と「ヴァ」の かきわけを して いる ことばの ほとんどが メジャー言語(英語 など)に 由来 する ことも 指摘 できます。マイナー言語に 由来 する 外来語では「ヴァ」が あまり つかわれません。これでは 無知を さらして いる ような ものです。

「ラジオ」を みた ときに「レディオ」と かきなおしたく なる 人が いるでしょう。それは もとの 外国語を しって いて,その 原音が 気に なるからです。けれども,完全に 日本語に なって いる ことばの 原音や 原つづりを 気に する 必要は ありません。もとの 外国語を しって いると,原音に ちかづけて かく べきだとか,その 反対に 原つづりの「ローマ字読み」に する べきだとか,いろいろ かんがえて しまうかも しれません。しかし,それは かんがえすぎです。「ランドセル」や「ペンキ」を みた ときは 何も 気に ならないでしょう。

完全に 日本語に なって いる ことばは 日本語の 発音どおりに かく べきです。そう すれば,表記の ゆれが なく なって,日本語は おぼえやすく つかいやすく なります。日本語の よみかきが やさしく なって,日本語が より 能率的に そして より 民主的に なります外国の 固有名詞は 原音に ちかづける ほうが いいので,日本語の 発音の 範囲内で できるだけ 原音に ちかい 発音に して,その とおりに かくと いいでしょう。これは 漢字表記が ある 中国の 固有名詞でも おなじです。中国の 漢字を 日本の 発音で よむのは よく ない ことです。いまの ところ,日本では あたらしく はいって きた 外国の 名前は カタカナ表記に ゆれが できて しまい,それを 事実上 マスメディアが 収束 させて います。この やりかたは 能率的でも 民主的でも ありません。もし 日本語を ローマ字で かく ことが 一般的に なれば,これとは 反対に 原つづりを かいて 日本語流に よむ ように なります。外国では こちらの やりかたが ふつうです。たとえば,アメリカ人は「パリ」「北京」「東京」を Paris, Beijing, Tokyo と かいて〈パリス〉〈ベイジン〉〈トキオ〉と よんで います。


ところで,もし ローマ字の テストに「ヴァイオリン」が でたら どう かけば いいでしょうか。こたえは baiorin です99式では,「バイオリン」と かいて あれば baiorin,「ヴァイオリン」と かいて あれば vaiorin です。