特殊音

特殊音とは

外来語,外国の 固有名詞,オノマトペなどに よく つかわれる〈ティ〉〈ファ〉〈チェ〉の ような 音を ローマ字の 世界では「特殊音」と よんでいます。

1991(平成3)年の 内閣告示第2号「外来語の表記」は 外来語を 書きあらわすのに もちいる 表記として つぎの ものを あげていますならべかたは かえてあります。第1表は 一般的な もの,第2表は 原音・原つづりに なるべく ちかづけて 書こうと する 場合に つかう もの。

第1表第2表
イェ
ウィウェウォ
クァクィクェクォ
シェ
チェ
ツァツェツォツィ
ティテュ
トゥ
フュ
ファフィフェフォ
グァ
ジェ
ディデュ
ドゥ
ヴュ
ヴァヴィヴェヴォ

この 表は おもに 外来語で つかわれる ものですから,特殊音の すべてを カバー していません。実際には,オノマトペなどの ために,さまざまな 表記が おこなわれています。この 表に しめされていない「グォ」「ヒェ」などの 表記を みた ことも あるでしょう。

ここでは,上の 表に とらわれず,より 一般的な 特殊音に ついて かんがえます。

日本式,訓令式,ヘボン式の 特殊音

公式の きまりが ない

日本式訓令式ヘボン式は 特殊音の 書きかたを きめていません。ただし,ヘボン式を 拡張 した 標準式は 基本的な 特殊音の 書きかたを きめています。

特殊音は もともと 日本語に なかった 音です。昔は 外来語でも「フイルム」「セパード」「ビルヂング」と 書き,そのように 発音 していました。ローマ字は 日本語を 書く ものですから,昔の ローマ字が 特殊音の 書きかたを きめていなかったのは あたりまえとも いえますいまは 一般人の 日常会話でも たくさんの カタカナ語が つかわれ,その おおくに 特殊音が はいっています。ローマ字入力は 大抵の 特殊音が 入力 できる ように 設計 されています。こんな 時代に 特殊音の 書きかたを さだめていない ローマ字は 時代おくれと いわれても しかたが ありません。

書きかたが きまっていない ものを どう 書いたら いいのかと いうと,自由に 書いて いい ことに なっています。そのため,さまざまな 書きかたが おこなわれています。


「デンマーク」 (昔の 教科書)

ここでは〈フォ〉を fo と 書いています。


「アンデルセンの幼き日の思い出」
(昔の 教科書)

ここでは〈ディ〉を di と 書いています。


「幼き日のモツアルト」(「若きモーツァルト」)
(昔の 教科書)

ここでは〈ウィ〉〈ウェ〉〈ツェ〉を wi, we, twe と 書いています。

自分で きまりを つくる

自由と いわれても どう したら いいいのか わからないかも しれませんが,かなりの 部分は 機械的に きめる ことが できます。たとえば,訓令式の〈シェ〉〈チェ〉〈ジェ〉です。「ローマ字表」の 一部を ぬきだして〈シェ〉〈チェ〉〈ジェ〉を くわえた ものを 下に しめします。? の 部分を どう 書けば いいか,かんがえてみて ください。すぐに こたえが わかるでしょう。

シャシュシェショ
syasyu?syo
チャチュチェチョ
tyatyu?tyo
ジャジュジェジョ
zyazyu?zyo


「手をつなぐ子ら」 (昔の 教科書)

ここでは〈チェ〉を tye と 書いています。

このような やりかたで,おおくの 特殊音は おおよその 書きかたが かたまっています。訓令式の 場合を 下に しめします。カタカナ表記と 規則的に 対応 している 点を みのがさないで ください。

イェウィウェウォ
yewiwewo
キェクァクィクェクォ
kyekwakwikwekwo
シェスァスィスェスォ
syeswaswisweswo
チェツァツィツェツォ
tyetwatwitwetwo
ニェヌァヌィヌェヌォ
nyenwanwinwenwo
ヒェファフィフェフォ
hyehwahwihwehwo
ミェムァムィムェムォ
myemwamwimwemwo
リェルァルィルェルォ
ryerwarwirwerwo
ギェグァグィグェグォ
gyegwagwigwegwo
ジェズァズィズェズォ
zyezwazwizwezwo
ヂェヅァヅィヅェヅォ
zyezwazwizwezwo
ビェブァブィブェブォ
byebwabwibwebwo
ピェプァプィプェプォ
pyepwapwipwepwo

「ヴァ」「ヴィ」「ヴ」「ヴェ」「ヴォ」が この 表に はいっていないのは,これらを 特殊音に ふくめないからです。くわしくは「ヴァイオリン」を お読み ください。

〈スィ〉〈ティ〉〈トゥ〉

ヘボン式日本式が 対立 していた 時代には,〈スィ〉〈ティ〉〈トゥ〉を どう 書くかが おおきな 論点に なっていました。ヘボン式は〈スィ〉〈ティ〉〈トゥ〉を それぞれ si, ti, tu と 書く ことが できます。英語の つづりを まね すれば いい だけですから 話は かんたんです。ややこしいのは 日本式です。日本式は〈シ〉〈チ〉〈ツ〉と〈スィ〉〈ティ〉〈トゥ〉を どちらも si, ti, tu と 書いていました。

これは どういう ことかと いうと,おなじ 音声は おなじ つづりで 書くという かんがえです。つまり,〈シ〉〈チ〉〈ツ〉と〈スィ〉〈ティ〉〈トゥ〉は(英語では ちがう 音声だが)日本語では おなじ 音声だと いっていた わけです。たとえば,英語の sea, team, two は 日本語に なっていますが,その 発音を かんがえてみると,〈シー〉〈チーム〉〈ツー〉と 発音 しても〈スィー〉〈ティーム〉〈トゥー〉と 発音 しても おなじ ことばです。ちがう 音に きこえますが,おなじ ことばだと 認識 しています。それなら,ローマ字の つづりを おなじに しても いいでしょう。

日本式を 支持 する 人たちは,ことばを 区別 する はたらきに もとづいて ローマ字の つづりを きめる べきだと かんがえていました。これは もっともな 主張です。文字の 役割は 音声を 録音 する ように 記録 する ことでは なく,ことばを 記録 する ことだからです。おなじ ことばを あらわす 音声は,たとえ すこし ちがって きこえても おなじ 音声だと みなし,おなじ つづりで 書かなければ なりません。これが〈シ〉〈チ〉〈ツ〉と〈スィ〉〈ティ〉〈トゥ〉を どちらも si, ti, tu と 書く 理由です。

ところが,この かんがえかたは うまく いかない ときも あります。英語の party の つもりで〈パーチー〉と いっても 通じません。これでは〈チ〉と〈ティ〉が おなじ 音声とは いえないでしょう。そんな わけで,日本式にも これらの 発音を 区別 できる 書きかたが もとめられる ように なり,区別 したい ときは〈スィ〉〈ティ〉〈トゥ〉を s'i, t'i, t'u と 書く 方法が かんがえだされました。おなじ ように,〈ズィ〉〈ディ〉〈ドゥ〉は z'i, d'i, d'u と 書きます。

(シー) tîmu(チーム) (ツー)
s'î(スィー) t'îmu(ティーム) t'û(トゥー)

この 書きかたは ほぼ そのまま 訓令式にも うけつぐ ことが できます。訓令式di, du を つかっていないので,〈ディ〉〈ドゥ〉を di, du に しても かまいません。


実際には,〈スィ〉〈ズィ〉は ほとんど つかわれておらず,上で 説明 した swi, zwi でも 解決 できます。〈ディ〉〈ドゥ〉は d'i, d'u でも いいですが,di, du に しても かまいません。〈ティ〉〈トゥ〉は t'i, t'u でも いいですが,ti, tu に しても 実用上の 問題は ありません単語なら どちらの 発音か わかるからです。たとえば,tinpanzî, tinpani は〈チンパンジー〉〈ティンパニ〉だと わかります。tîmu は〈チーム〉か〈ティーム〉か わかりませんが,どちらでも いい わけです。ただし,固有名詞は 読みかたが わからなくて こまる 場合が あるので,ti/t'i, tu/t'u で 書きわける ほうが いいでしょう。

この サイトが すすめる 書きかたは あとで 説明 します。

99式の 特殊音

99式は いろいろな 特殊音の 書きかたを さだめています。下に しめしたのは その ぬきがきです。

イェキェシェチェニェ
yekyesyetyenye
ヒェミェリェギェジェ
hyemyeryegyezye
テャティテュテェテョ
tjatjitjutjetjo
デャディデュデェデョ
djadjidjudjedjo
ファフィフゥフェフォ
fafifufefo
ツァツィツゥツェツォ
tsatsitsutsetso

※ カタカナは 表記(文字)を あらわしています。

fan(ファン)
tyesu(チェス)
paatjii(パーティー)

「パスポート式」の 特殊音

「パスポート式」も 一部の 特殊音は 書きかたを きめています。

イェ
ie
ウィウェウォ
uiueuo
ヴァヴィヴェヴォ
buabuibubuebuo
クァクィクェクォ
kuakuikuekuo
グァグィグェグォ
guaguigueguo
ジェ
jie
チェ
chie
ツァツィツェツォ
tsuatsuitsuetsuo
ティ
tei
ディデュ
deideyu
ドゥ
dou
ファフィフェフォ
fuafuifuefuo
フョ
fuyo

こんな ルールでは 読みかたが わからなく なって しまいますが,パスポートの ローマ字は もともと 読みかたが わからない 方式ですから,これでも いいのでしょう。「ヴァ」「ヴィ」「ヴ」「ヴェ」「ヴォ」を 特殊音として あつかっているのも 目だつ ところです「バ」「ビ」「ブ」「ベ」「ボ」と「ヴァ」「ヴィ」「ヴ」「ヴェ」「ヴォ」は ことなる 音声だと みなしているのでしょう。この 場合,「ヴァ」「ヴィ」「ヴ」「ヴェ」「ヴォ」の 前に 撥音(ん)が ある とき m に するのか よく わかりませんが,この サイトは m に すると 解釈 しています。

なお,現在は「非ヘボン式」の 制度で 外国人風の つづりも みとめられていますから,ここに あげた 書きかたは もう 必要性が なく,つかわれていないかも しれません。

この サイトの 特殊音(参考)

この サイトは 訓令式を すすめていますから,特殊音も 訓令式の ルールと 矛盾 しない ように かんがえて,つぎの ように 書く ことを 提案 します(とりあえずの かんがえです)。拗音を 拡張 する 形に なっているので,ふつうの 拗音(キャ,キュ,キョなど)も あわせて 書いてあります。

-y--w-
イャイュイェイョウァウィウェウォ
yayuyeyowawiwewo
キャキュキェキョクァクィクェクォ
kyakyukyekyokwakwikwekwo
シャシュシェショスァスィスェスォ
syasyusyesyoswaswisweswo
チャチュチェチョツァツィツェツォ
tyatyutyetyotwatwitwetwo
ニャニュニェニョヌァヌィヌェヌォ
nyanyunyenyonwanwinwenwo
ヒャヒュヒェヒョファフィフェフォ
hyahyuhyehyohwahwihwehwo
ミャミュミェミョムァムィムェムォ
myamyumyemyomwamwimwemwo
リャリュリェリョルァルィルェルォ
ryaryuryeryorwarwirwerwo
ギャギュギェギョグァグィグェグォ
gyagyugyegyogwagwigwegwo
ジャジュジェジョズァズィズェズォ
zyazyuzyezyozwazwizwezwo
ヂャヂュヂェヂョヅァヅィヅェヅォ
zyazyuzyezyozwazwizwezwo
ビャビュビェビョブァブィブェブォ
byabyubyebyobwabwibwebwo
ピャピュピェピョプァプィプェプォ
pyapyupyepyopwapwipwepwo
-j--v-
テャティテュ テョトァトィトゥトェ
tjatjitju tjotvatvitvutve
デャディデュ デョドァドィドゥドェ
djadjidju djodvadvidvudve
-wy-
 フュ 
hwyu
 ブュ 
bwyu

※ カタカナは 音声を あらわしています。

※ 〈クァ〉=〈クヮ〉,〈グァ〉=〈グヮ〉。

※ 〈イャ〉=〈ヤ〉,〈イュ〉=〈ユ〉,〈イョ〉=〈ヨ〉,〈ウァ〉=〈ワ〉〈イャ〉〈イュ〉〈イョ〉〈ウァ〉という 拗音を かんがえ,それを 1文字で 書く かな文字が「ヤ」「ユ」「ヨ」「ワ」と かんがえます。さらに,〈ウィ〉〈ウェ〉〈ウォ〉を 1文字で 書く かな文字として「ヰ」「ヱ」「ヲ」を 定義 しなおし,〈イェ〉を 1文字で 書く かな文字を つくれば ヤ行と ワ行が 規則的に なります。こう すると 日本語の 表記システムが やさしく なります。(明治時代に ヤ行エ段の かな文字を つくっていた ことが あります。)

※ 〈ブュ〉は「ヴュ」と 表記 されるのが ふつうです。例:「デヴュー」「インタヴュー」。「ヴュ」と 書いても〈ビュ〉と 読むので あれば byu に なります。

hwan(ファン)
tyesu(チェス)
pâtjî(パーティー)


この サイトの 特殊音は 拗音を 拡張 した 形に なっています。-y- の 系列を 開拗音,-w-の 系列を 合拗音と いいます。開拗音は ヤ行の 音に ねじれる 音声,合拗音は ワ行の 音に ねじれる 音声です本当の 合拗音は 小書きの カタカナが「ワ」「ヰ」「ヱ」「ヲ」に なります。

いまの 日本語で つかわれる 拗音は 外来語を のぞくと〈キャ〉〈キュ〉〈キョ〉など だけに なっていますが,昔の 日本語では いろいろな 拗音が つかわれていました。たとえば,明治時代には〈クヮ〉〈グヮ〉が つかわれていました。日本式の「ローマ字表」に〈クヮ〉〈グヮ〉が あるのは そのためです。お金の「円」や ビールの「ヱビス」を yen, Yebisu と 書くのは,昔の 日本語では「え」の 発音が〈イェ〉に ちかく,それを ローマ字で ye と 書いていたからです。


拗音の かな文字表記

これは 明治時代に 書かれた 本から ぬきだした ものです。拗音が たいへん わかりやすく 書かれています。

この サイトは 開拗音と 合拗音の つかわれていない ところを 特殊音と かんがえて ローマ字の つづりかたを きめています。


現在 一般に つかわれている ローマ字入力では 特殊音を 入力 する キー操作に 規則性が ありません。それに たいして,上で しめした 特殊音の つづりかたには 規則性が あります。これを ローマ字入力で つかう ように すれば おぼえやすく なる はずです。この サイトは そのための ローマ字テーブル(参考)を 提案 しています。参考に して ください。

特殊音の つかいみち

特殊音は おもに 外来語や 外国の 固有名詞で つかいます。

syepâdo(シェパード)
kontwerun(コンツェルン)
Tyeko(チェコ)
Hwinrando(フィンランド)

純粋な 日本語でも 特殊音を つかう ことが あります。たとえば,「お父っつぁん」「ごっつぁんです」などの〈ツァ〉が そうです。お国ことばや オノマトペで 微妙な 音を あらわしたい ときにも 特殊音が つかわれます。

otottwan(お父っつぁん)
Gorwa!(ゴルァ!)
Hyê!(ヒェー!)

特殊音が つかえない!


ジェット機

特殊音は 学校で おしえません。「国語」の テストにも でないでしょう。

小学校の「国語」では 特殊音の 書きかたを おしえません。そのため,こどもでも しっている ような やさしい 外来語の 中にも ローマ字で 書けない(書きかたが きまっていない)ものが たくさん あります。「ジェット機」「チェンジ」「フェリー」「フォーク」などです。

学習指導要領は 日ごろ つかっている ことばを ローマ字で 読み書き できる レベルを 学習の 目標に しています。それなら 特殊音を ふくむ 外来語も 書けないと いけない はずです。「ジェット機」を ローマ字で どう 書くのか 質問 されたら,教師も こまるのでは ないでしょうか。

しかも,小学校では ローマ字入力を おしえます。ローマ字入力では 特殊音も 入力 できますから,ローマ字でも そう 書く ものだと こどもが 勘ちがい して しまう おそれが あります。これでは 正しい ローマ字が 書けない ように,日本語が 書けない ように 教育 している ような ものです。

特殊音の 書きかたが きまっていない せいで,日本人は 日常の かんたんな 会話を ローマ字で 書くという 小学生の 宿題レベルの ことが できません。中国人は それが できます。それが できないというのは,教育が ゆきとどいた 国では,ふつう かんがえられない ことです。

特殊音は,一般的な 外来語に つかわれる もの だけでも 正式の 書きかたを さだめて,学校で おしえなければ なりません。さしあたって 必要な 特殊音として,つぎの ものを あげておきます。

【読みもの】 ヴァイオリン

「バイオリン」は よく「ヴァイオリン」と 書かれます。「音楽」の 教科書は 小学校では「バイオリン」,中学校では「ヴァイオリン」と 書く そうです。しかし,これは よく ない 書きかたです。つねに「バイオリン」と 書く べきです。

「ヴァ」「ヴィ」「ヴ」「ヴェ」「ヴォ」は 特殊音の ように みえますが,そうでは ありません。実際の 読みかたは〈バ〉〈ビ〉〈ブ〉〈ベ〉〈ボ〉で,もともと 日本語に ある 音声だからです。「ヴァ」を 声に だして いう ときに,かるく 下唇を かむ 人は まず いません。100年後の 日本人が どんな 発声を しているかは わかりませんが,いまの ところ「バ」と「ヴァ」の 発音は どちらも おなじ〈バ〉です。そして,表音文字は ことばの 発音を 書く ものですから,おなじ 発音は おなじ つづりで 書くのが 基本です。つまり,〈バ〉と 発音 していたら「バ」と 書く べきです。


「バ」と「ヴァ」を 書きわけようと すると,原つづりの 知識が いるので,余計な 手間が かかります。そして,読む ときには まるで 役に たちません。まれに 英語の bestvest を 区別 できる ような ことも ありますが,ほとんどは 書き手による 知識の ひけらかしにしか なっていません。

しかも,この 書きわけは 表記に ゆれを つくります。インターネットでの 検索,機械的な テキスト処理などを 混乱 させ,辞書の みだし語,索引,名簿などを つかいにくく しています。


「ヴェートーベン」

だれかが「ヴェートーベン」を 検索 したのでしょうか。ここまで くると かっこわるいと いわなければ なりません。

英語由来の 外来語を カタカナで 書く とき,英語の 複雑な 母音を こまかく 書きわけたりは しません。L音と R音も 区別 しません。the は「ザ」,three は「スリー」という ふうに TH音も 日本語流に 書いています。それなのに,どうして B音と V音を 書きわけようと するのでしょうか。

もう すこし いじわるな 目で みれば,「バ」と「ヴァ」の 書きわけを している ことばの ほとんどが メジャー言語(英語や フランス語など)に 由来 する ことも 指摘 できます。マイナー言語に 由来 する 外来語では「ヴァ」が あまり つかわれません。これでは 無知を さらしている ような ものでは ありませんか。

「ヴァ」と 書きたく なるのは「ラジオ」を「レディオ」と 書きたく なるのと おなじで,原音を 気に しているからです。しかし,日本語としての 読みかたが かたまっている ことばは 原音を 気に しなくて いいでしょう。もとの 外国語を しっていると,原音に ちかづけて 書く べきだとか,その 反対に 原つづりの ローマ字読みに する べきだとか,いろいろ かんがえて しまうかも しれませんが,それは かんがえすぎです。「ランドセル」や「ペンキ」だったら 何も 気に ならないでしょう。完全に 日本語に なっている ことばを 表音文字で 書くときは その 発音どおりに 書く べきです。そう すれば,日本語の 表記システムは やさしく なりますただし,外国の 固有名詞は 原音に ちかづける べきです。日本語の 音韻体系の 中で できるだけ 原音に ちかい 発音に して,その とおりに 書くと いいでしょう。これは 漢字表記が ある 中国の 固有名詞でも おなじです。漢字を 日本漢字音(日本語の 音読みの 発音)で 読むのは よく ない ことです。しかし,もし 日本語を ローマ字で 書く ことが 一般に ひろまれば,これとは 反対に 原つづりを 書いて その 日本語読み(ローマ字読み)で 読む ように かわります。たとえば,「北京」を Beijing と 書いて〈ベイジン〉と 読む ように なります。


ところで,「ヴァイオリン」は ローマ字で どう 書いたら いいでしょうか。「ヴァイオリン」と 書いてあっても〈バイオリン〉と 読んでいるなら baiorin です99式では,「バイオリン」と 書いてあれば baiorin,「ヴァイオリン」と 書いてあれば vaiorin です。