日本式

あらまし

日本式(にっぽんしき)は 天文学者 寺尾寿(てらお ひさし)が 考案 して,1885(明治18)年に 物理学者 田中館愛橘(たなかだて あいきつ)が 提唱 した 方式です。

そのころ つかわれていた 方式は ヘボン式ですが,これは アメリカ人が 日本語を 読む ために つくった もので,日本語を 書くのに 適していませんでした。そこで,この 点を あらためて,日本語を 書くのに 適した ローマ字として かんがえだされたのが 日本式です。

日本式の 特徴は その つづりかたが 五十音図と 規則的に 対応 している ことです。具体的には,五十音図の 各行と 各列で おなじ 子音字と 母音字を つかっています。拗音も すべて おなじ 規則で 書いています。

「ローマ字表」

「ローマ字表」を しめします田中館が はじめに 提唱 した 方式は ヤ行と ワ行も 規則的に ya, yi, yu, ye, yo; wa, wi, wu, we, wo と していました。いまは ヤ行と ワ行を ya, i, yu, e, yo; wa, wi, u, we, wo と した ものを 日本式と よんでいます。

直音拗音
aiueo
キャキュキョクヮ
kakikukekokyakyukyokwa
シャシュショ
sasisusesosyasyusyo
チャチュチョ
tatitutetotyatyutyo
ニャニュニョ
naninunenonyanyunyo
ヒャヒュヒョ
hahihuhehohyahyuhyo
ミャミュミョ
mamimumemomyamyumyo
yaiyueyo
リャリュリョ
rarirureroryaryuryo
wawiuwewo
ギャギュギョグヮ
gagigugegogyagyugyogwa
ジャジュジョ
zazizuzezozyazyuzyo
ヂャヂュヂョ
dadidudedodyadyudyo
ビャビュビョ
babibubebobyabyubyo
ピャピュピョ
papipupepopyapyupyo

※ この 表の カタカナは 音声を しめしています。

そのほかの とりきめ

  1. 撥音(ン)は n で あらわします。つぎに 母音字 または y が つづく ときは きる印(')で くぎります。
  2. 促音(ッ)は つぎの 子音字を かさねます。
  3. 長音(ー)は のばす 母音字に 山形(^)を のせます。

onsen(温泉) sinbun(新聞)
hon'ya(本屋)
kitte(切手) zassi(雑誌)
itti(一致)
utyû(宇宙) kibô(希望)
takusî(タクシー)
Tôkyô(東京)
Yamada Tarô(山田太郎)
Mukasi mukasi, aru tokoro ni odîsan to obâsan ga imasita.


イ段の 長音を ii に する 書きかたが あります。くわしくは「îii と 書く?」を お読み ください。

takusii(タクシー)


ローマ字の 書きかたを しらべている 人は かんたんな 説明が「あらまし」に ありますので,そちらも お読み ください。くわしい 説明は「書きかた」に あります。


NIPPON RÔMAZI SINBUN(京都ローマ字会)

すべて ローマ字書きの 新聞です。1934(昭和9)年の 創刊号から。

おぎない

「日本式」という 名前

「日本式」という 名前は すこし あとに なってから つきました。ヘボン式は 英語風の ローマ字ですから,ポルトガル語風の「ポルトガル式」や オランダ語風の「オランダ式」などと おなじ ように,本当は「英式」または「アメリカ式」と よぶ べき 方式です。それに たいして この あたらしい 方式は 日本語らしい 書きかたです。それで,「日本式」と 名づけられました。

はじめは「田中館(たなかだて)式」と よばれていました。このころ,ローマ字の アイデアは いくつも あり,それぞれの 方式は 提唱 した 人の 名前で よばれる ことが おおかった ようです(「ヘボン式」も その ひとつです)。

五十音図との 対応

日本式の つづりかたは 五十音図と 規則的に 対応 していますが,これは 五十音図の タテと ヨコに ラテン文字を あてはめる ように して つくったからでは ありません。日本語の 性質に あわせて つくったからです。別の いいかたを すれば,日本語の はなし手が ことばを 口に だす ときの 気もちに あわせて 設計 した 結果です。

これを 動詞の 活用で 説明 します。「国語」の 勉強を おもいだして,「書ない」「貸ない」「勝ない」の「ない」を「ます」に いいかえてみて ください。こたえは,「書ます」「貸ます」「勝ます」です。日本語を しっている 人なら 動詞の 活用が わかるので,「か」を「き」に,「さ」を「し」に,「た」を「ち」に いいかえる ことが できたでしょう。そして,どれも おなじ 気もちで いいかえた はずです。それは なぜかと いうと,日本語の 中では,音声の〈カ〉と〈キ〉,〈サ〉と〈シ〉,〈タ〉と〈チ〉が どれも おなじ 関係に あるからです。日本語が そういう 性質を もっている わけです。これは 昔から ずっと かわっていません。日本語の 大切な 性質です。そこで,ローマ字の つづりかたも,〈カ〉と〈キ〉,〈サ〉と〈シ〉,〈タ〉と〈チ〉が おなじ 関係に なる ように すれば,その ローマ字は 日本語らしい つづりかたに なり,日本語の はなし手に とって おぼえやすく つかいやすい はずです。このような かんがえで,〈カ〉〈キ〉を ka, ki と 書く ように,〈サ〉〈シ〉を sa, si,〈タ〉〈チ〉を ta, ti と 書く ルールが できました。

五十音図も おなじ ように 日本語の 音声を 日本語の 性質に あわせて ならべた 表です。したがって,日本式の ローマ字と 五十音図が 規則的に 対応 するのは 当然で あると いえます。

〈ヲ〉〈ヂ〉〈ヅ〉〈ヂャ〉〈ヂュ〉〈ヂョ〉

日本式と 訓令式の かんがえかたは 基本的に おなじで,どちらも 日本語の 性質に あわせて つづりかたを きめています。けれども,〈ヲ〉〈ヂ〉〈ヅ〉〈ヂャ〉〈ヂュ〉〈ヂョ〉の 部分には ちがいが あります。この 理由は,日本式が できた ころは まだ〈オ〉と〈ヲ〉などの 発音が 完全には おなじに なっていなかったからです。

たとえば,もともと「お」の 発音は〈オ〉で「を」の 発音は〈ウォ〉で ちがっていました。しかし,平安時代の 末に「お」の 発音が〈ウォ〉に かわって 区別が なく なりました。さらに,江戸時代に〈ウォ〉が〈オ〉に かわり,「お」と「を」は どちらも〈オ〉に なりました。ただし,発音に あわせて ことばの つづりを かえるという ことを せず,書く ときは「お」と「を」を 区別 していました。そのため,明治時代に なっても「お」と「を」は 本当は ちがう 発音だと かんがえられていました。いつもは「を」を〈オ〉と 発音 している 人が かしこまった 状況で〈ウォ〉と 発音 する ことも あった そうです。

このように,「お」と「を」は 発音が おなじに なりきっておらず,ちがう 発音だという 意識が あったので,日本式では ちがう つづりに していました。訓令式が できたのは 昭和に はいってからで,このときは ローマ字の つづりも おなじに しようという ことに なりました。日本式と 訓令式は,基本的に おなじ かんがえかたで 設計 されていますが,この 理由で〈ヲ〉の つづりに ちがいが あります。

〈ヂ〉〈ヅ〉〈ヂャ〉〈ヂュ〉〈ヂョ〉の つづりが ちがっているのも これと おなじ 理由です。

〈ヰ〉〈ヱ〉

日本式には 訓令式に ない〈ヰ〉〈ヱ〉が あります。ふるい かなづかいで つかわれていた「ゐ」「ゑ」の 音声ですが,これらも〈イ〉〈エ〉とは ちがう 音声だと かんがえて,ちがう つづりに していました。

「ローマ字のつづり方」は 条件つきで 日本式を つかっても いい ことに していますが,〈ヰ〉〈ヱ〉の wi, we は とりいれていません。戦後に「現代かなづかい」(1946年)が できて かなづかいが あたらしく なり,「ゐ」「ゑ」が つかわれなく なったからです。

〈クヮ〉〈グヮ〉


関西学院大学の ローマ字

日本式には 訓令式に ない〈クヮ〉〈グヮ〉も あります。これらは 昔の 日本語に あった ふるい 発音です。いまでも「機関車」「一月」などで〈クヮ〉〈グヮ〉の 発音を する 人が 一部の 地方に いますが,共通語では 完全に〈カ〉〈ガ〉と 発音 されています。〈クヮ〉〈グヮ〉は 明治時代でも きえつつあった 発音ですが,完全に なく なっていた わけでは ありません。〈カ〉〈ガ〉と〈クヮ〉〈グヮ〉が ちがう 音声だという 意識も ありました。それで,日本式は〈クヮ〉〈グヮ〉の つづりを きめています江戸時代の 末に 書かれた「浮世風呂」(式亭三馬)で,「観音さま」の「観」を〈クヮン〉で なく〈カン〉と 発音 する 江戸の 人を 上方の 人が バカに しています。発音の 変化は 上方より 江戸の ほうが すすんでいたのでしょう。

図は 100年 以上の 歴史を もつ 名門,関西(かんせい)学院大学の ローマ字です。「関」の 発音を〈クヮン〉と かんがえていた ことが わかります。

表音化を 徹底 していない?

ローマ字は 音声を 書く ものですから,表音化の かんがえを もっています。おなじ 音声は おなじ つづりで 書くという かんがえです。昔は ふるい かなづかいが つかわれていて,おなじ 音声が いろいろな つづりで 書かれていました。たとえば,〈ショー〉という 音声を ことばの ちがいに よって「シヨウ」「シヤウ」「セウ」「セフ」と 書きわけていました。これでは おぼえるのも つかうのも むつかしく,とても 不便です。こんな 書きかたは やめて 音声の とおりに 書こうというのが 表音化の かんがえです。たとえば,音声が〈ショー〉だったら syô で 統一 します歴史的仮名遣いは 読む だけなら それほど むつかしくは ありませんが,書くのは たいへんでした。しかも 昔は むつかしい 漢字を たくさん つかっていたので,日本人の 読み書き能力は たいへん ひくい ものでした。日本人は 昔から「識字率」が たかかったと いいはる 人は よく いますが,事実は まったく ちがいます。きちんと 読み書きが できた 人は ごく 一部に すぎません。明治20年代の ある 調査に よると,自分の 名前と 住所(村の 名前)を 正しく 書けない 人が 4割も いた ほどです。

シヨウリ → syôri(勝利)
シヤウメン → syômen(正面)
セウネン → syônen(少年)
カンセフ → kansyô(干渉)

ところが,日本式は この かんがえかたを 徹底 していない ように みえます。「じ」と「ぢ」,「ず」と「づ」など,おなじ 音声なのに 別の つづりに している ところが あるからです。どういう わけでしょうか。それは 日本式が つぎに しめす ふたつの 原則を 採用 しているからです。

  1. かな文字と 音声が くいちがっている ときは 音声に あわせる。
  2. かな文字が 単独に あらわしている 音声は 独立の 存在として みとめる。

ひとつめは 一般的な 表音化を いっています。つまり,「には(庭)」「いへ(家)」「かほ(顔)」「思ふ」「~でせう」「わうさま(王様)」など,かな文字の つづりと 音声が くいちがっている 場合は 音声に あわせるという 意味です。

ふたつめは 例外です。これは ひとつめの 原則に したがわない 部分で,文字が ちがえば 音声も ちがうという かんがえです。上で のべた ように,日本式が できた ころは〈オ〉と〈ヲ〉などが 完全に おなじと いえない 状況でした。書く ときに かな文字を 区別 していた ことも あって,本当は ちがう はずだという 意識が ありました。それで,〈オ〉と〈ヲ〉などは ちがう つづりに してあります。将来,これらの 音声が 完全に おなじに なり,気もちの 上でも おなじに なった とき,ローマ字の つづりを あらためたら いいだろうと かんがえていました。(訓令式を つくった ときに あらためました。)

この ふたつめの 原則が ある ために,日本式は 表音化を 徹底 していない ように みえて しまう わけです。

古典を ローマ字で 書ける

研究の ために 古典文学を ラテン文字表記に する 場合など,もとの かな文字表記を 再現 できる 書きかたに したい ことが あります。日本式は この 目的に 適しています。「お」と「を」などの つづりが ちがうので,かな文字を そのまま おきかえる ように すれば,ふるい かなづかいの 情報を たもった まま ローマ字で 書けるからです。このように,(音声を かんがえないで)かな文字を おきかえる 書きかたを 字訳(翻字:ほんじ)と いいます。

 Giwon syauzya no kane no kowe, syogyau muzyau no hibiki ari. Syara sauzyu no hana no iro, zyausya hissuwi no kotowari wo arahasu. Ogoreru hito mo hisasikarazu. Tada haru no yo no yume no gotosi. Takeki mono mo tuhi ni ha horobinu. Hitohe ni kaze no mahe no tiri ni onazi.

日本の 古典文学を ローマ字で 書くと,外国人と 情報を 共有 しやすく なります。これは 学術的にも たいへん 意義の ある ことです。高千穂大学名誉教授の 渋谷栄一先生は 世界の 研究者の ために「源氏物語の世界」を 公開 されています。

字音仮名遣い

日本語を ローマ字で 書くと,おおくの 熟語が おなじ つづりに なって しまい,それらを みた目で 区別 できない 不便が あります。しかし,字音仮名遣い(日本漢字音の 歴史的仮名遣い)を 字訳(翻字)の ローマ字で 書けば,いくつかの 熟語を つづりの ちがいで 区別 できます。

kouen(公演,口演)
kauen(講演,好演)
kouwen(公園,後援)
kauwen(高遠)

ただし,これは 特殊な 書きかたです。ふつうの ローマ字は かな文字とは 関係 なく,音声に あわせて 書きますこの 書きかたは 字音仮名遣いを しっている 学者クラスの 人には 便利かも しれませんが,そうで ない 一般人には つかいこなせません。ローマ字には 日本語の 書きかたを やさしく する 目的が ありますから,この 特殊な ローマ字は ふつうの ローマ字と 方向性が ちがいます。

kôen(公演,口演,講演,好演,公園,後援,高遠)

上代特殊仮名遣い

いまの 日本語の 母音は〈ア〉〈イ〉〈ウ〉〈エ〉〈オ〉の 5種類 ありますが,古事記や 万葉集の ころの 日本語には〈イ〉〈エ〉〈オ〉が 甲類と 乙類の 2種類ずつ あり,全部で 8種類の 母音が あったと する かんがえが あります。これらの 母音を ローマ字で 書きわけたい 場合は,乙類の〈イ〉〈エ〉〈オ〉を それぞれ ï, ë, ö で あらわします。

aki(秋;キ甲類) tukï(月;キ乙類)

日本式の 意味

日本式は 日本で うまれた ローマ字です。その 意味で,外国人が つくった 初期の ローマ字と ちがいますが,それだけで ない 特別な 意味を もっています。

初期の ローマ字は 外国人が 日本語を 読む ための ふりがなか 発音記号の ような ものでした。英語を ならいはじめた 人が 教科書に「ディス イズ ア ペン」式の カタカナを 書きこむ ことは よく ありますが,初期の ローマ字は 外国人が それを やったのと おなじです。

したがって,初期の ローマ字は 日本語を 書くのに 適していません。日本語の 性質に あっていないからです。日本語を 中心に かんがえると,これらの ローマ字は つづりが 不自然で,日本語の はなし手には おぼえやすくも つかいやすくも ありません。日本式は この 点を あらためて,日本語を 書くのに ふさわしい ローマ字として 設計 されました。

日本式は 外国人が つくった ローマ字の まねを して 日本人が つくった コピー商品では ありません。それまでの ローマ字とは まったく ちがう 目的の あたらしい ローマ字です。初期の ローマ字は 外国人が 日本語を 読む ための 道具でしたが,日本式は 日本人が 日本語を 書く ための 道具です。日本式が できた ことで,ローマ字は 外国人が つかう ものから 日本人が つかう ものに なったと いえます。

【読みもの】 明治屋

輸入食料品などを あつかう「明治屋」という 会社が あります。その ローマ字 MEIDI-YA は,いまでは あまり みかけない 日本式なので,ときどき 話題に なる ことが あります。明治時代の「明治」は「メイヂ」ですから,日本式で 書くと MEIDI に なります。


明治屋京都三条店

創業者の 磯野計(いその はかる)は イギリスに 留学 した 経験が ありました。おそらく,おおくの ヨーロッパ人が ji を〈ジ〉と 読まない ことを しっていた はずです。きっと ローマ字の つづりかたにも 一家言 もっていたのでしょう。

また 一説に よると,はじめは ヘボン式MEIJI に していた けれども,外国人に 正しく 読まれない ことが おおいのを 気に して 日本式に かえたのだ,とも いわれています。明治屋の 創業は 1885(明治18)年で,まさに 日本式が 世に とわれた 年でした。

磯野計は,たべものを あつかう 商売が ひくく みられていた 時代にも かかわらず,「商業に貴賎はない。」と いって 食料品業界に たちむかい,高級ブランドを きずきあげました。なかなかの ツワモノで あった ようです。