字訳

字訳の ローマ字

字訳とは


音訳と 字訳

音声を 文字に 変換 する ことを「音訳」または「転写」(transcription)と いいます。それに たいして,ある 文字を 別の 文字に 変換 する ことを「字訳」または「翻字(ほんじ)」(transliteration)と いいます。

あらかじめ ふたつの 文字集合の 対応関係を きめておけば,一方の 文字で 書いてある つづりを もう 一方の 文字で 書きなおせます。たとえば,ギリシャ文字と ラテン文字の 対応関係を きめておけば,ギリシャ文字の つづりを ラテン文字の つづりに 変換 できます。こうやって ある 表音文字の つづりを 別の 表音文字の つづりに うつしかえるのが 字訳です。

αa,  βb,  γg,  δd,  εe
λόγοςlogos

対応関係は「1文字 対 1文字」で なくても かまいませんし,一対一対応で なくても かまいません。θth に,σςs に,という 対応でも いい わけです。ですから,正確には 文字と 文字の 対応で なく つづりと つづりの 対応です。

θth,  σ, ςs

字訳の ローマ字

ふつうの ローマ字は 音声を ラテン文字で 書く ものですから 音訳ですが,字訳の ローマ字を かんがえる ことも できます。ふりがなを ラテン文字の つづりに 変換 するのが 字訳の ローマ字です。

たとえば,「あ」「い」「う」を a, i, u に 変換 し,「か」「き」「く」を ka, ki, ku に 変換 するという 具合です。

あ → a,  い → i,  う → u
か → ka,  き → ki,  く → ku
きゃ → kya,  きゅ → kyu,  きょ → kyo
おう → ô,  こう → ,  そう →

具体的な 対応関係は きまっていません。対応の させかた しだいで いろいろな 方式が つくれます。上に しめした 例は ふつうの ローマ字と おなじに なる ように してありますが,目的に あわせて これと ちがう 対応関係に しても かまいません。


ふつうの ローマ字は ふりがなと 直接 むすびついておらず,ふりがなと おなじ レベルに あります。それに たいして,字訳の ローマ字は ふりがなに ぶらさがっていて,ふりがなより ひとつ ひくい レベルに あります。


字訳の ローマ字

字訳の ローマ字は ふりがなより ひくい レベルに あります。

可逆的な 字訳の ローマ字

可逆的な 字訳とは

対応関係が 一対一対応の 字訳を「可逆的な 字訳」と いいます。可逆的な 字訳の つづりは 反対方向に 変換 して もとの つづりに もどせます。

可逆的な 字訳の ローマ字

可逆的な 字訳の ローマ字を かんがえる ことも できます。たとえば,つぎの ように します。

「じ」「ず」「ぢ」「づ」などは つぎの ように します。

じ ⇔ zi,  ぢ ⇔ di
ず ⇔ zu,  づ ⇔ du
い ⇔ i,  ゐ ⇔ wi
え ⇔ e,  ゑ ⇔ we
お ⇔ o,  を ⇔ wo

助詞の「は」「へ」「を」,「ん」,「ヴァ」「ヴィ」「ヴ」などは つぎの ように します。

は(助詞) ⇔ ha,  へ(助詞) ⇔ he,  を(助詞) ⇔ wo
ん ⇔ nn
ヴァ ⇔ va,  ヴィ ⇔ vi,  ヴ ⇔ vu

長音の「おう」「おお」「おー」などは つぎの ように します。

おお ⇔ oo,  おう ⇔ ou,  おー ⇔ ō

こうして つくった ローマ字は ローマ字入力の ローマ字に ちかい ものに なります。

syakai(社会)
rennai(恋愛) gennya(原野) dannnetu(断熱)
nikki(日記)
kouri(公理) koori(氷) bōru(ボール)
watasi ha(私は) mikaduki(三日月) vaiorin(ヴァイオリン)


ふつうは かな文字を 2文字 つかって 書く 拗音・長音を ばらばらに してから ローマ字に 変換 する 方式も かんがえられます。たとえば,つぎの ように します。

huxan(ファン) tixesu(チェス)
sixjakai(社会) kixjori(距離)
telki(天気) relai(恋愛)
niqki(日記) uwaq(うわっ)
kic(キー) bocru(ボール)
revuxjuc(レヴュー) vuxaioril(ヴァイオリン)

機械的な 処理には この ほうが 適しているので,ローマ字入力の ローマ字は この かんがえの 一部を とりいれています(ABCの わりあてかたは ちがいます)。

字訳の ローマ字の つかい道

なんの 役に たつのか?

日本語の 音声を ABCで 書く ローマ字の 原則から すれば,字訳の ローマ字は ただしい ローマ字と いえません。まちがった 書きかたに なんの 意味が あるのかと いわれそうですが,これが 役に たつ ことも あります。


字訳の ローマ字は 音声を かんがえません。これが 重要な ところで,字訳の ローマ字なら かな文字の よみかたを しらない 人でも ふりがなを ローマ字に 変換 できるからです。これは 外国人に とって 意味が ありますじっさいには ふりがなの よみかたが わからないと 正確な 変換は できません。反対に,ふりがなの よみかたが わかる 人なら,すこし 勉強 すれば ふつうの ローマ字を 書ける ように なります。

また,つづりの 対応関係 さえ さだめておけば,「あっん」「あっー」の ような 発音 できない つづりや,「あ゛」の ような むりやり つくった かな文字表記も ローマ字に 変換 できます。日本人に とっては こちらの 意味が おおきいでしょう。

可逆的な 字訳には もとの つづりに もどせる 性質を 利用 した つかい道が あります。たとえば,日本の 古典文学を ローマ字で 書いて 外国の 研究者が あつかいやすく する など,学術的な 目的に つかえます。ほかにも,かな文字表記の 情報を 電子データや 暗号に したい とき,もし 変換ツールが ABCに しか 対応 していなかったら,可逆的な 字訳の ローマ字が 役に たつでしょう。


この あとで,具体的な 応用を ふたつ かんがえてみます。

どんな かな文字表記も 書ける ローマ字

「あっん」「あっー」の ような 発音 できない つづりや「あ゛」の ような むりやり つくった 文字が あります。これらは ふつうの ローマ字で 書けません。しかし,このような かな文字表記は じっさいに おこなわれており,これらを ローマ字表記に したい ことも あるでしょう。

そこで,どんな かな文字表記でも 書けて,もとの かな文字表記に もどせる ローマ字を かんがえてみます。

aqc(あっー)
iqnu(いっぬ)
uqu(うっう)
eql(えっん)
haxa(はぁ)
daxo(だぉ)
doxja(どゃ)
lxva(んゎ)
woxpxvadixeqpuxoqlccc(を゜ゎぢぇっぷぉっんーーー)

もっと つかいやすい ローマ字入力

現在 つかわれている ローマ字入力は 設計に おかしな ところが たくさん あります。特に,「ん」「っ」を 入力 する キー操作が まずい せいで,つかいにくく なっています。字訳の ローマ字を 応用 して ローマ字入力の 設計を あらためる ことで,この 問題は 解決 できます。

くわしくは「ローマ字テーブル」を およみ ください。