ローマ字

ローマ字とは

日本語を ABCで かく 方法


ラテン文字(ローマ字)

ローマ字とは なんでしょうか。ローマ字は 日本語の かきかたの ひとつで,日本語を ラテン文字で かく 方法です。また,その 方法で かかれた 日本語です。ラテン文字とは いわゆる アルファベット(ABC)の ことですアルファベットは かんたんに いえば 表音文字ですが,もう すこし 正確に いえば 音素文字(単音文字)です。これには いろいろな 種類の 文字が あり,日本で アルファベットと よんで いるのは その 中の ラテン アルファベットの ことです。ラテン文字とも いいます。つまり,せまい 意味の アルファベットは ラテン文字で,ひろい 意味の アルファベットは 音素文字です。もっと ひろい 意味では 音節文字まで ふくめます。たとえば,かな文字を ジャパニーズ アルファベット,ハングルを コリアン アルファベットと いったり します。



かな文字(カタカナ)

日本語の 文を かく とき,ふつうは 漢字と かな文字を つかいます。けれども,そう しなければ ならないという きまりは ありません。ちいさい こどもむけの 絵本は かな文字 だけで かいて あるでしょう。それと おなじ ように,日本語を ラテン文字 だけで かく ことも できます。それが ローマ字です「かな文字」は すこし 変な ことばです。「名(な)」は「字」の ふるい よびかたで,昔は 漢字を「真名(まな)」,ひらがな を「仮名(かな)」と いいました。つまり,「仮名」は「字」の 意味を ふくんで いるので,「かな文字」だと「字」の 意味が だぶって しまう わけです。漢字で「仮名」と かけば いいだろうと いわれそうですが,「仮名」は「かりな」「かんな」「かめい」「けみょう」とも よめます。どの 意味かも わかりにくく,まちがいを まねく まずい 漢字表記の 見本です。つかわない ほうが いいでしょう。だからと いって,ひらがなで「かな」と かくと,助詞に みえて しまって よみにくいかも しれません。そこで,この サイトは「かな文字」と かく ことに しました。ただし,「現代仮名遣い」の ように 正式名称が きまって いる もの,「漢字かな表記」の ように 意味が はっきり わかる ものは「かな文字」に して いません。なお,「名」は「字」なので,「仮名」は「仮字」とも いいます。「仮字」は,いくつか 同音異義語が ある ものの,まちがいを まねく 心配は ありません。専門家むけの 文章なら これを つかう 手も あります。


点字

漢字と かな文字を まぜて かく「漢字仮名交じり文」と おなじ ように,かな文字 だけで かく「かな文字文」や ラテン文字 だけで かく「ローマ字文」も 立派な 日本語です。すこし 特殊な もので,点字による「点字文」も あります。日本語の かきかたには いろいろな 方法が ある わけです。

日本語は 漢字仮名交じり文で かくのが 正式だと おもって いる 人も いるでしょうが,日本語に ただしい かきかたという ものは ありません。極端な 例ですが,選挙の ときに ローマ字で 投票 したって かまいません1920(大正9)年に 大審院(いまの 最高裁判所)が ローマ字による 投票を 有効と する 判決を だし,「毫も選挙の自由公平其他選挙法の精神に乖離する所なし。」と いって います。1924(大正13)年には 内務省が ローマ字投票の 有効を 告示 して います。

我輩は猫である。 【漢字仮名交じり文】
ワガハイ ワ ネコ デ アル。 【かな文字文】
Wagahai wa neko de aru. 【ローマ字文】


Zyappu (1998)

Zyappu(ジャップ)は 1990年代に あった ファッション雑誌です。文章が すべて ローマ字で かかれて いました。

「文字の ローマ字」「かきかたの ローマ字」

文字の ABCを ローマ字と よぶ ことも あります。漢字・ひらがな・カタカナ・ローマ字と ならべて いう ときの ローマ字が これです。もともとの ローマ字は この 意味でした。ところが,その ローマ字で 日本語を かく 方法や,その 方法で かかれた 日本語を 単に ローマ字と いう ことも あり,ややこしく なって います。「ローマ字表記」「ローマ字がきの 日本語」などと いって いた ものが ちぢまって「ローマ字」に なって しまったのかも しれません。

このように,ローマ字には 文字の 意味の ローマ字と かきかたの 意味の ローマ字が あります。文字の ABCを「アルファベット」「英字」と よぶ ことも ありますが,これは 文字の ローマ字です。それに たいして,学校の「国語」で おしえる ローマ字,ローマ字入力の ローマ字,英語の romaji は かきかたの ローマ字です。

ふつうは どちらの 意味か 文脈で わかります。けれども,文字の ローマ字の つもりで いったのに かきかたの ローマ字の 意味に とられて しまったり,その 反対だったり する ことも ありますから,気を つけて くださいほかにも,「ローマ字」を「英語表記」と よぶ 人や,ローマ字入力の ローマ字を「ヘボン式」と よぶ 人も いて,この あたりの ことばは 混乱 して います。ローマ字と ローマ字入力と 英語の ちがいを よく 理解 して いない 人が おおい ようです。ローマ字を 日本語と 英語の 中間的な ものと おもって いる 人や,日本語を ABCで かいた だけで 英語に なると おもって いる 人も います。「訓令式」という ことばが 一般に しられて いない ことも 混乱の 原因だと おもわれます。なお,英語と 日本語の 対応は きまって いる わけでは ありませんが,おおまかには つぎの ように かんがえると いいでしょう:Latin alphabetラテン文字),Roman alphabetローマ文字・ローマ字),romanizationローマ字がき・ローマ字表記・ローマ字化),romanized Japaneseローマ字がきの 日本語・ローマ字表記の 日本語・ローマ字化 された 日本語),romajiローマ字)。この サイトは Latin alphabet, Roman alphabet を「ラテン文字」,romanization, romanized Japanese, romaji を「ローマ字」と よんで います。

まちがいを さけるため,この サイトは 文字の ローマ字を「ラテン文字」と よび,ラテン文字で 日本語を かく 方法や,その 方法で かかれた 日本語を ローマ字と よぶ ことに して います。ラテン文字 だけで かかれた 日本語の 文は「ローマ字文」と よびます。文字の ローマ字に ついては「ラテン文字」も およみ ください。


「一房の葡萄」 (昔の 教科書)

ローマ字は 人名や 地名を かく ためでは なく,日本語の 文章を かく ために あります。だから「国語」で おしえます。いまの 学校は ローマ字文の よみかきを おしえません。そのため,ローマ字を 勉強 する 理由が わかりにくく なって います。

よく ある おもいちがい

ローマ字を ただしく 理解 して いる 人は あまり いません。さまざまな おもいちがいが ひろまって います。

ローマ字は ふりがなを ABCに おきかえた もの?

ふりがなを ABCに おきかえた ものが ローマ字だと おもって いる 人が います。かな文字を ラテン文字(ABC)に 転写 する 規則が ローマ字だと 解説 されて いる ことも あります。「おはよう」「こんばんは」を ohayou, konbanha と かく 人も います。これらは すべて まちがいです。ローマ字と ふりがなに 直接の つながりは ありません。

ローマ字は 日本語の 音声を ラテン文字で かいた ものです。世界の ほぼ すべての 言語は ことばの 音声を 表音文字で かきます。どんな 文字を つかうかは いろいろで,どんな 音声を どんな つづりで かくかの 規則も さまざまですが,ことばの 音声を 表音文字で かいて いる 点は おなじです。ローマ字は これと おなじ やりかたで 日本語を かく ものです。つかう 表音文字は ラテン文字で,どんな 音声を どんな つづりで かくかの 規則を まとめた ものが「ローマ字表」ですどんな 言語でも,はじめに ことばの 音声が あって,それを かきあらわす ために 表音文字を つかった つづりかたが きめて あります。日本語の ばあい,この やりかたが おおきく わけて 2種類 あります。ラテン文字を つかう ローマ字と かな文字を つかう ふりがなです。たとえば,〈オハヨー〉〈コンバンワ〉という 音声を ohayô, konbanwa と かくのが ローマ字で,「おはよう」「こんばんは」と かくのが ふりがなです。これらは おなじ 音声を もとに して いるので にて いますが,それぞれ 独立 した もので,おたがいに 依存関係は ありません。

つまり,「ローマ字表」の かな文字は 音声を 意味 して います。たとえば,「か」の 下に ka と かいて あったら,それは ふりがなの「か」を ka と かくという 意味では なく,ふりがなでは「か」と かく 音声を ローマ字では ka と かくという 意味です。

ローマ字は 発音記号の ような もの?

ローマ字を 発音記号の ような ものだと おもって いる 人が います。しかし,それは まちがいです。ローマ字には 正確な 発音を しめす 目的も 機能も ありません。

発音記号は じっさいに 口から でる 物理的な 音声を 正確に かく ものです。しかし,ローマ字は それと ちがって 頭の 中に ある 心理的な 音声を かく ものです。日本語で くらして いる 人が おなじだと おもって いる 音声を おなじ つづりで かき,ちがうと おもって いる 音声を ちがう つづりで かく しくみに なって います。表音文字で かく 外国語の つづりかたも 基本的には この しくみで できて います。

また,発音記号の よみかたは 世界共通ですが,ラテン文字の よみかたは 言語に よって ちがいます。そのため,おなじ ABCで かかれた つづりでも,それが どんな 発音を あらわして いるかは その 言語を しって いる 人で なければ わかりません。フランス語の つづりの ただしい よみかたが わかるのは フランス語を しって いる 人 だけです。それと おなじで,ローマ字の ただしい よみかたが わかるのは 日本語を しって いる 人 だけです。

ローマ字は 日本語です。外国人から みれば 外国語です。外国語は 勉強 しなければ よみかたが わかりません。勉強 して よみかたを おぼえても,練習 しなければ ただしい 発音は できません。ローマ字の よみかたを しらず 日本語の 発音も できない 外国人が ローマ字を みたって ただしい 発音で よめる はずが ないでしょう。

こういう わけですから,日本語の 発音を 外国人に おしえて あげたい ときに ローマ字を かいて みせても 意味が ありません。そんな ときは 発音記号を つかって ください。それが もっとも たやすく かつ たしかな 方法で,しかも 世界中に 通用 します。相手の 言語に あわせた つづりを ひねりだそうと するのは 時間の むだです。

ローマ字は 日本語では ない?

ローマ字は 英語と 日本語の 中間的な ものとか,外国語の 文に 日本の 人名・地名を いれる ための 特殊な かきかたとか,そんな ふうに かんがえて いる 人が います。しかし,それは ちがいます。ローマ字は 日本語です。ラテン文字で かいた 日本語が ローマ字です。ラテン文字は 世界共通の 文字と みなされて いるので,国際的な 場で 日本語を かく ときや 日本語を 世界に 発信 する ときは ローマ字を つかいます。

英文の 中に 日本語の ことばを いれる ときに ローマ字を かくのは このためです。英文の 中に フランス語や ドイツ語の ことばを いれる ときに どう するか,かんがえて みて ください。フランス語や ドイツ語の つづりを そのまま かくでしょう。それと おなじで,日本語の ことばは 日本語の つづりを そのまま かきます。ただし,漢字や かな文字を かく わけには いかないので ローマ字を かいて いる だけです。

ラテン文字は 外国語を かく 文字だと おもいこんで,ローマ字と 外国語を むすびつける 人は すくなく ありません。しかし,ラテン文字は 特定の 言語を かく 文字では なく,世界共通の 文字です。ギリシャ語も ロシア語も ラテン文字で かけます。中国語も 韓国語も ラテン文字で かけます。ふつうは ラテン文字で かかない 言語にも ラテン文字で かく 方法が きめて あるからです。それが ローマ字です。つまり,中国には 中国の ローマ字が あり,韓国には 韓国の ローマ字が あります。このように,ローマ字は 世界中に ある ものですが,この サイトで 解説 して いる ローマ字は 日本の ローマ字です。だから,ローマ字は 日本語だと いって います初期の ローマ字は 外国人が 日本語を よむ ために つくった 外国人むけの ふりがな みたいな ものでした。したがって,これらの つづりかたは 外国語に にて います。この 意味で,初期の ローマ字は 外国語と つながりが あります。ヘボン式は 初期の ローマ字の 一種で,英語に にて いる ところが あります。ただし,初期の ローマ字も ラテン文字で かいた 日本語で ある ことに かわりは ありません。

ローマ字は 外国人の ために ある?

ローマ字は 外国人の ために あると おもって いる 人が おおいのですが,本当は ちがいます。ローマ字には 目的が いくつか あります。ABCを つかって いる くらいですから,ローマ字には 国際化の かんがえが あり,日本語を 世界に ひらかれた 文字で かく 目的が あります。外国人が みて わかる 文字で かく 目的が ある わけで,この 意味では 外国人の ためと いえます。道路標識や 駅名標に ローマ字が かかれて いるのは このためです。けれども,ローマ字の 目的は それ だけでは ありません。もっと 重要な 目的が あります。それは 日本語を 合理的に 日本語らしく かく ことです。つまり,ローマ字は まず 第一に 日本語で くらして いる 人の ために あります。くわしくは「ローマ字の 目的」を およみ ください。

ローマ字は 外国人の ためという かんちがいの 原因は いくつか あります。まず,ABCは 外国語を かく 文字だという かんちがいです。ローマ字が 日本語で ある ことを 学校が きちんと おしえて いないからです。それから,日ごろ よく 目に する ローマ字が 英語に にて いる ことも おおきいでしょう。なんでも 英語風に すれば 外国人の ために なると おもいこんで いる せいで,ローマ字は 外国人の ためと かんがえる 人が おおいのでしょう。

ローマ字は 日本語の 表記法ですから,本当は 日本語らしい つづりかたで なければ いけません。英語は 英語らしい つづりかた,フランス語は フランス語らしい つづりかたです。中国の ローマ字は 中国語らしい つづりかた,韓国の ローマ字は 韓国語らしい つづりかたです。どの 言語も それを つかって くらして いる 人が つかいやすい ように その つづりかたが きめて あるのですから,それが あたりまえです。

ところが,日本で よく つかわれる ローマ字は 英語風の ヘボン式です。そのため,教育が 混乱 して 生活が 不便に なって います。日本は 自分の 言語を 外国語風に ねじまげて かいて いる わけです。先進国と よばれる 国で こんな ことを して いるのは 日本 だけです。おおくの 外国人は 日本で よく つかわれる ローマ字が 英語と にて いる ことに 気づいて いて,たいへん 不思議に おもって います自分の 言語を 外国語風に かいて いる 国は たくさん あります。その おおくは 植民地に されて いた 時代に おしつけられた 制度の せいで そう なって います。外国人には 日本が それらの 国と おなじ ように みえて いるかも しれません。中国と 韓国も すこし 前まで 英語風の ローマ字を つかって いましたが,いまは 自分の 言語らしい ローマ字に きりかえて います。日本語と 英語は 系統が まったく ちがう 言語で,日本は 植民地でも ないのに,日本の ローマ字は 英語に にて います。これは いったい どういう わけだと いって,外国人が インターネットで 議論 して いる ことも あります。

訓令式より ヘボン式の ほうが すぐれて いる?

訓令式より ヘボン式の ほうが すぐれた 方式だと かんがえて いる 人は おおいでしょう。しかし,これは とんでもない まちがいです。ローマ字は 日本語の 表記法なのですから,ローマ字に もとめられる もっとも 大切な 条件は 合理的で 日本語らしい つづりかたです。この 条件を よく みたす 方式 ほど すぐれて います。

ヘボン式は 英語風の つづりかたです。日本語の 性質に あって おらず,「ローマ字表」に 不規則な ところが あって,日本人には おぼえにくく つかいにくい 方式です。もともと ヘボン式は つづりかたを 英語風に する 方針で つくって あり,日本語らしく かく ことは かんがえられて いないからです。ヘボン式は ただしい 発音を あらわして いるとか 外国人が よみやすいとか いわれますが,これは 事実では ありません。すでに のべた ように,ローマ字は 発音記号では なく,正確な 発音を しめす ための かきかたでは ありません。英語を はなす 外国人でも tsu を〈ツ〉と よめる 人は あまり いませんし,英語を はなさない 外国人にとって 英語風の つづりかたは よみにくい だけです。英語風の つづりかたは「英語」の 勉強に 役だつと おもって いる 人も いますが,英語の 発音を おしえる 道具としては 能力不足で,じっさいには それほど 役だって いません。くわしくは「ヘボン式か 訓令式か」「ヘボン式と 「英語式」」を およみ ください。

それに たいして,訓令式は 日本語らしい つづりかたです。日本語の 性質に あわせて 設計 されて いるので,日本語を かくのに ふさわしく,日本人が おぼえやすく つかいやすい 方式です。日本語らしい かきかたは 日本語を まなぶ ときの 便利な 道具に なりますから,訓令式は 一般の 日本人 だけで なく,日本語を 勉強 する こどもや 外国人にも 役だちます。くわしくは「訓令式が つかわれない 理由」「訓令式の 根拠」を およみ ください。

ローマ字は「英語」の 初歩?

学校で ローマ字を おしえるのは「英語」の ためだと おもって いる 人が いるのですが,それは ちがいます。ローマ字の 勉強は 日本語の 勉強です。その 証拠に,ローマ字は「国語」で おしえるでしょう。ローマ字は 日本語の 基礎知識だから 小学校の「国語」で おしえます。ローマ字と 英語は つかう 文字が おなじ ABCなので,こどもが 英語より 先に ローマ字を ならう ばあい,ローマ字教育が 英語教育の 初歩を すこし だけ ひきうける ことに なります。しかし,その ばあいも こどもは「英語」の ために ローマ字を 勉強 するのでは ありませんこどもを いろいろな 外国語に ふれさせるのは たいへん よい ことです。発音に かんする 能力は こどもの 時期の ほうが 身に つきやすいとも いわれて います。しかし,おしえるのが 英語 だけだと かたよった ものの みかたを すりこんで いる ことに なりますし,「英語」の ために ほかの 教科の 授業時間 などを けずるので あれば,える ものと うしなう ものの バランスを かんがえなければ なりません。

ところが,ローマ字と「英語」を きりはなして かんがえられない 人は おおい ようです。こどもが「ローマ字読み」を するのは ローマ字を おしえるからだと いって ローマ字教育を せめる 保護者も います。けれども,これは いいがかりです。「ローマ字読み」の 責任は すべて 英語教育に あります。

ローマ字教育が 英語教育の じゃまに なると おもって いる 人が おおい もっとも おおきな 原因は ローマ字を「英語」の 初歩と かんちがい して いるからですが,原因は ほかにも あります。それは こどもむけの 英語教育に かかわる ビジネスの 周辺で 意図的に ひろめられて いる うそです。学校教育を うたがって いる 保護者は おおいので,それを 否定 する 宣伝に ききめが あるのでしょう。教育熱心な 保護者 ほど あやしげな 業者の カモに されやすいので,気を つけて ください。また,不勉強な 英語教師や 英語教育に 関心を もって いる 人が SNS などに かきこむ 俗説の たぐいも たくさん あります。これらが 英語で 苦労 した 経験を もつ 人に 共感 されて,ローマ字を 悪者に する 意見が 再生産 されて います。

しかし,よく かんがえて ください。フランス語は 英語と おなじ 文字で かいて ちがう 発音で よみますが,フランス人は その せいで 英語が まなびにくいと なげいて いるでしょうか。中国の ローマ字は 英語と おなじ 文字で かいて ちがう 発音で よみますが,中国人は その せいで 英語が 上達 しないと さわいで いるでしょうか。つまらない うそに だまされない ように して ください。「ローマ字読みに ついて」も およみ ください。

ローマ字は ローマ字入力の 予備知識?

学校で ローマ字を おしえるのは ローマ字入力の ためだと かんがえて いる 人も います。しかし,そうでは ありません。

日本で 一般人が ローマ字を つかいはじめたのは 明治時代です。大正時代には こどもが ローマ字で かかれた 児童書を よんで いました。ローマ字教育が 本格的に はじまったのは 戦後ですが,そのころは まだ パソコンも ワープロも ありませんでした。ローマ字入力は ワープロが つくりだされた あとに できた もので,これが 一般に ひろまったのは 1980年代の おわりごろからです。つまり,先に ローマ字が あって,それを あたらしい 技術に 応用 したのが ローマ字入力です。ただし,ローマ字入力の 設計が まずい せいで,ローマ字の つづりかたと ローマ字入力の キーの おしかたは おなじに なって いません。ローマ字と ローマ字入力は まったく ちがう 別の ものです。

ローマ字入力は ローマ字を 応用 した ものですから,ローマ字を よく しって いる 人が ローマ字入力の しくみを おぼえるのは かんたんです。けれども,ローマ字を きちんと 理解 して いない 人が ローマ字入力を おぼえた ばあい,あとから ローマ字を ただしく 理解 するのが むつかしく なります。スポーツで はじめに 変な くせが ついて しまうと あとで 苦労 するのと おなじです。こどもでも おとなでも,ローマ字入力の 練習を はじめる 前に ローマ字を きちんと 理解 して おく ことが 大切です。

パスポートの 名前の かきかたが 正式?

パスポートの 名前の かきかたが 正式の ローマ字だと おもって いる 人も いますが,これも まちがいです。ローマ字の かきかたは パスポートの ルールでは なく 日本語の ルールで きまって います。

パスポートの 名前の かきかたは ただしい ローマ字では なく,外務省が つくった パスポート用の 特別ルールです。こまった ことに,これが たいへん まずい かきかたです。ONO は「小野」か「大野」か わかりません。YUKI は「雪」か「勇気」か わかりません。日本人の 名前なのに 日本人が みても よめません。日本人は 自分の 名前を 自分でも よめない つづりかたで かいて いる わけです。この 事実を 外国人が しったら おどろくでしょう。日本人の 知性が うたがわれるかも しれません。

ただしい ローマ字は こんな いいかげんな かきかたとは ちがい,「小野」と「大野」も,「雪」と「勇気」も,きちんと かきわけられます。ローマ字は 日本語の 音声を 記録 する ものですから,日本語を しって いる 人が みれば,記録 された 音声を 再生 できますただしい ローマ字は,「小野」「大野」を それぞれ Ono, Ôno,「雪」「勇気」を それぞれ Yuki, Yûki と かきます。パスポートの ルールは〈オノ〉〈オーノ〉〈オノー〉〈オーノー〉〈オンオ〉〈オーンオ〉〈オンオー〉〈オーンオー〉を おなじ つづりの ONO に して しまいますが,ただしい ローマ字なら これらは Ono, Ôno, Onô, Ônô, On'o, Ôn'o, On'ô, Ôn'ô です。

インターネットで しらべたら わかる?

学校は ローマ字を きちんと おしえて いません。公の ローマ字は 正式の ルールを 採用 して いません。日ごろ よく 目に する 企業の 名前も 芸能人の ニックネームも,ほとんどが ただしい ローマ字で かかれて いません。テレビの 教育番組でも ただしい ローマ字が つかわれる ことは まれです。英語教育に かかわる 団体 などが あやまった 情報を ひろめて いる ことさえ あります。これらが かんちがいの もとに なって います。ローマ字の ただしい 知識を もって いる 人は ほとんど いないのが 現状で,学者クラスの 知識人でも ローマ字を ただしく かける 人は すくないと おもわれます。

そのため,まちがった 情報を 善意で インターネットに かきこむ 人が あとを たちません。インターネットで ローマ字に ついて しらべても,個人が かいて いる 情報は まちがいだらけです。マスメディアが 発信 する 情報は それに くらべると ましですが,プロが きちんと 取材 して かいた ネット記事も まちがいを ふくんで いるのが ふつうです。このように,インターネットで みつかる 情報は 質の ひくい ものが おおく,ごく わずかの すぐれた ウェブサイトを のぞいて,まったく あてに なりません。このような 状況も よく ある おもいちがいが なく ならない 理由ですマスメディアは,行政の デタラメを チェック する 役割が 期待 されて いるにも かかわらず,ローマ字に かんする かぎり この 役割を まったく はたして いません。道路標識や 駅名標の ローマ字に ついて くわしく おしえて もらう ところまでは いいのですが,それを 批判的な 目で みなおす 能力が なく,そのまま つたえて しまう 失敗が おおい ようです。その 結果,デタラメを 世の中に ひろめる 手だすけを して います。

ローマ字の 特徴

ローマ字には おおきな 特徴が みっつ あります。ひとつめは ラテン文字で かく ことです。あたりまえだと いわれそうですが,これは とても 重要です。なぜなら,ラテン文字は 世界共通の 文字と みなされて いるからです。日本で しか 通用 しない 文字で なく,世界に ひらかれた 文字で かく ところに 意義が ある わけです。ローマ字には「日本語を 世界に ひろめよう。」という ポリシーが あります。

ふたつめは よむのも かくのも たやすい ことです。これは 漢字を つかわないからです。たくさんの 漢字を おぼえる むだが ありません。じつは,かな文字がき より ローマ字がきの ほうが ずっと かんたんです。機械で あつかいやすい ことも おおきな 利点です。ローマ字には「日本語の 表記法を やさしく しよう。」という ねらいが ありますかな文字がきより ローマ字がきの ほうが かんたんで ある 理由は,文字の 形が わかりやすく,文字の 数が すくなく,つづりかたが 規則的だからです。

みっつめは 音声情報 だけを あらわして いる こと です。ラテン文字は 表音文字ですから,音声情報 しか かきあらわせません。たとえば,「日本」を ローマ字で かこうと おもっても,その よみかたが〈ニホン〉なのか〈ニッポン〉なのか,あるいは〈ヤマト〉か〈ヒノモト〉か,わからないと かけません。ローマ字の 世界では,ことばの 本質を 文字では なく 音声だと かんがえます。くわしくは「ことばと 文字の 関係」で 説明 して います。

これらの 特徴は 学校で ローマ字を まなぶ 理由にも つながって います。くわしくは「ローマ字の 目的」で 説明 して います。

ローマ字の 歴史

ポルトガル式


フランシスコ ザビエル

ローマ字を 発明 したのは 外国人でした。16世紀の 末に,ポルトガル語を 公用語に して いた イエズス会の 宣教師が 日本に やって きました。そして,かれらの 文字(ラテン文字)を つかって 当時の 日本語を かきうつしました。現代の 日本人も 外国語を カタカナで かきうつしたり しますが,かれらも それと おなじ ことを した わけです。

このとき,日本語が ラテン文字で かかれたのですから,これは ローマ字で あると いえます。これが ローマ字の はじまりです。ローマ字は キリスト教の 宣教師が つくった ものでした。きっと フランシスコ ザビエル(シャビエル)も この ローマ字を つかって いたのでしょう。

ヘボン式・日本式・訓令式

1867年,アメリカ人の 宣教師 ヘボンが 和英辞典を つくった ときも やはり かれらの 文字(ラテン文字)で 日本語を かきました。こうして つくられた 英語風の ローマ字が ヘボン式の はじまりです。

1885年,天文学者 寺尾寿(てらお ひさし)・物理学者 田中館愛橘(たなかだて あいきつ)に よって,日本語を かきあらわすのに ふさわしい ローマ字が となえられました。この ローマ字は のちに 日本式と よばれる ように なりました。

ヘボン式日本式は 根本的な ところで かんがえかたが ちがうので,それぞれの 支持者が 対立 して,ローマ字の かきかたが さだまらない 状況が ながく つづいて いました。そこで,ローマ字を 統一 しようという ことに なり,1937(昭和12)年に 公式の ローマ字が できました。この ローマ字は 訓令で さだめられたので 訓令式と よばれて います。

訓令は 行政機関に たいする 命令ですから,公の 分野で つかう ローマ字は すこしずつ 統一 されて いきました。一時は 鉄道の 駅名や「英語」の 教科書で つかわれる ローマ字も 訓令式に なりました。


けれども,ローマ字は 統一 できませんでした。おおまかに いえば,訓令式日本式の かんがえかたを うけついだ 方式だったので,これに 反発 した ヘボン式の 支持者が ヘボン式を つかいつづけたからです。こうして,ヘボン式訓令式が 対立 する ように なり,はじめと おなじ 状況に もどって しまいました。

戦後は ローマ字が 政治の 力で ゆがめられて いきます。占領期に GHQが 一部の 分野で ヘボン式を 強制 した せいで,道路標識や 駅名標の ローマ字が ヘボン式に なりました。日本が 主権を とりもどした あとも これらが 訓令式に もどされる ことは ありませんでした。アメリカに へつらう ように なった 日本の 政府が 訓令を 改定 して ヘボン式を つかいつづけたからです。英語教育でも ふたたび ヘボン式が つかわれる ように なりました。民間の ビジネスでは ずっと ヘボン式が 主流でしたから,一般人が 日常生活で 目に する ローマ字は ほとんど ヘボン式に なりました。

訓令式は 国語教育の 分野で いきのこりましたが,ローマ字を こころよく おもわない 保守派が いきおいを とりもどすと,政治的な 力で ローマ字教育 そのものが おさえつけられて,ローマ字の 授業時間が すくなく なって いきました。文部省は ローマ字教育の 本当の 目的を いわなく なり,学校で ローマ字を 勉強 する 理由も わかりにくく なりました。

やがて,ヘボン式が 正式の ローマ字だとか,ヘボン式訓令式より すぐれた 国際的な かきかただとか,そんな かんちがいが ひろまって いき,意識 して 訓令式を つかう 人は ほとんど いなく なりました。


こういう わけで,日本は 自分の ことばを 英語風に ねじまげた つづりかたで かいて います。これは 教育を 混乱 させて 生活を 不便に して いる だけで なく,国際的にも 日本語の 地位を 傷つけて おり,日本に はかりしれない わざわいを もたらして います。

99式

1999年に 99式(きゅうきゅうしき)ローマ字が 提案 されました。これは 学校で おしえられて おらず,一般には あまり しられて いません。しかし,たいへん 挑戦的な こころみで,インターネットの 時代に 対応 できる あたらしい ローマ字です。

99式訓令式と ほとんど おなじですが,長音を かくのに 特殊な 文字を つかわない ところが ちがいます。そのため,キーボードで 入力 しやすく,ウェブサイトや メールで「文字ばけ」が おこりません。ローマ字入力の ローマ字に にて いて,おおくの 人に とって おぼえやすい ところも 利点です。外来語や オノマトペ などを かく ときに つかう〈ティ〉〈ファ〉〈チェ〉といった 特殊音の かきかたを さだめて いる ところにも あたらしさが あります。

より くわしく

ローマ字の 歴史に ついての くわしい 解説は「なりたち」に あります。

ローマ字の 種類

いまの ローマ字

現在 つかわれて いる ローマ字には 代表的な 方式が 3種類 あり,すべて 学校で おしえて います。まず,「国語」で おしえる 訓令式ヘボン式です。それから,「英語」で おしえる ヘボン式です。「英語」の ヘボン式は「国語」の ヘボン式から 記号を とりのぞいた もので,名前は おなじでも かきかたが ちがいます。そこで,この サイトは「英語」の ヘボン式「英語式」と よんで「国語」の ヘボン式と 区別 して います。

Tôkyô(東京) zyûdô(柔道) 【訓令式
Tōkyō(東京) jūdō(柔道) 【ヘボン式
Tokyo(東京) judo(柔道) 【「英語式」

学校で おしえる ローマ字は「学校の ローマ字」で くわしく 説明 して います。



企業の ロゴタイプ

ローマ字の かきかたは「ローマ字のつづり方」という ルールで きまって いて,日本語を ローマ字で かく ときは 基本的に 訓令式を もちいる ことに なって います。ところが,この ルールは まもられて おらず,じっさいには ヘボン式から 派生 した かきかたが よく つかわれて います。パスポートの ローマ字道路標識の ローマ字駅名標の ローマ字,企業の ロゴタイプの ローマ字 などが わかりやすい 例です。

もっとも よく つかわれて いる ローマ字は「英語式」です。しかし,これは ただしい ローマ字では ありません。日本語を ただしく 記述 する ことも できません。そのため,日ごろ よく 目に する ローマ字は 日本語が かいて ある はずなのに 日本人が みても まともに よめないという おかしな ことに なって います。

ふるい ローマ字・あたらしい ローマ字

ローマ字には ながい 歴史が あり,いまは もう つかわれて いない ふるい ローマ字も あります。たとえば,ローマ字の 元祖で ある ポルトガル式が それです。この ほかにも,むかしは オランダ式・ドイツ式・フランス式の ローマ字が ありました。訓令式の 前身に あたる 日本式も,特殊な 目的の ほかでは,もう つかわれません。

あたらしい ローマ字も かんがえられて います。新日本式や 99式が その 代表です。

変な ローマ字

まちがって かかれた 変な ローマ字も あります。ふつう,まちがいは すぐに 指摘 されて あらためられる ものですが,まちがった ローマ字は おおくの 人の 目に ふれる ものでも そのままに されて いる ことが よく あります。

まちがいが おこる 原因は たくさん あります。まず,公の 分野で ただしい ローマ字が 採用 されて いない ことです。特に パスポートの ローマ字と「英語」の 教科書で つかわれて いる ローマ字は 影響が おおきいと かんがえられます。企業の ロゴタイプや 芸能人の ニックネームも ほとんどが ただしい ローマ字で かかれて いません。ローマ字入力で つかわれる 特殊な ローマ字や,スポーツ選手の ユニフォームで みかける 独特の ローマ字も 原因の ひとつです。訓令式ヘボン式が 混在 して いる せいで おこる まちがいも あります。なにより,学校で ローマ字を きちんと おしえて いない ことが おおきいでしょう。


「赤富士」(昔の 教科書)

昔は このような 教科書で ローマ字教育が おこなわれて いました。しかし,いまは きちんと した ローマ字教育が おこなわれて いません。そのため,ほとんどの 日本人は ローマ字を ただしく かけず,国際社会で 恥を かいて います。

各方式の 比較

日本式訓令式99式は よく にて います。すべて 日本人が 日本語を かく ための ローマだからです。これらは 日本語らしい つづりかたですから,日本語を かくのに 適して います。それに たいして,ヘボン式は 英語の はなし手が 日本語を よむ ための ローマ字で,その つづりかたは 英語風です。これは 日本語に つけた ふりがなの ような もので,日本語を かくのに 適して いません。日本式訓令式99式の グループと ヘボン式を ならべて みると,つづりかたの ちがいが はっきり します。

道路標識の ローマ字駅名標の ローマ字ヘボン式を もとに して いますが,かきかたが ばらばらで 統一 されて いません。しかも,どの かきかたも 設計に まずい ところが あります。中でも パスポートの ローマ字は 名前を かく ものですから 不具合に 気づく 人が おおく,しばしば 批判の 的に なって きましたが,2000年代に はいってから 改善の うごきが あります。それとは 反対に,道路標識の ローマ字駅名標の ローマ字は 以前 よりも おかしく なって きて います。

どの 方式を つかえば いいの?

ローマ字には いろいろな 方式が あり,これらを 状況に あわせて つかいわけないと いけません。ただし,基本的には 訓令式を つかいます。これが 原則です。ローマ字を つかうのは 自分の 名前を かく とき くらいだという 人も おおいでしょう。それなら,訓令式 だけ おぼえて おけば 十分です。ヘボン式は 英語風の つづりかたなので,英語を 勉強 すれば 自然に よめる ように なります。

ただ,こまった ことに,パスポートや クレジット カードは つかえる 文字に 制限が あり,記号が ついた 特殊な 文字は つかえません。そのため,学校で ならった 訓令式の つづりでは かけない お名前も あります。そこで,この サイトは これに 手を うつ やりかたも 解説 して います。くわしくは「パスポートむけ訓令式」を およみ ください。

より くわしく

ローマ字の 種類・比較・つかいわけに ついての くわしい 解説は「いろいろ」に あります。

ローマ字の かきかた

ローマ字の かんがえかた

ローマ字は 音声を かく


「飛行機」

ローマ字は ふりがなを ラテン文字(ABC)に おきかえた ものでは なく,日本語の 音声を ラテン文字で かいた ものです。以下,必要に 応じて 文字を「 」で,音声を〈 〉で しめします。

ローマ字の 世界では,はじめに ことばの 音声が あって,その 音声を かきあらわす ために 文字が あると かんがえます。「飛行機」という ことばで かんがえると,はじめに〈ヒコーキ〉という 音声が あって,それを 漢字で かけば「飛行機」に なり,ひらがなで かけば「ひこうき」に なり,ラテン文字で かけば hikôki に なると かんがえる わけです。

ローマ字を かく ときは かならず ことばの 音声を ローマ字の ルールで ラテン文字の 文字列に おきかえます。「おはよう」「こんばんは」だったら,〈オハヨー〉〈コンバンワ〉という 音声を ラテン文字の 文字列に おきかえます。

〈オハヨー〉→ ohayô(おはよう)
〈コンバンワ〉→ konbanwa(こんばんは)

ふりがなで かんがえるのは まちがい

ローマ字で よく あるのは ふりがなで かんがえて しまう まちがいです。ローマ字入力の ために ローマ字を おぼえた 人は この まちがいを しがちです。ローマ字と ローマ字入力は まったく ちがう 別の ものです。混同 しない よう,気を つけて ください。

「おはよう」→ × ohayou(おはよう)
「こんばんは」→ × konbanha(こんばんは)



ローマ字と ふりがな

ローマ字と ふりがなは おなじ 音声を ちがう 表音文字で かいた ものです。

ローマ字の つづりと ふりがなの つづりは 対応 しない ことが あります。そのため,ふりがなは 〇〇なのに ローマ字が ××なのは なぜですかという 質問を する 人が よく います。こんな 疑問が でて くるのは ふりがなを ABCに おきかえた ものが ローマ字だと おもって いるからです。しかし,そうでは ありません。

日本語の 音声を ラテン文字で かいた ものが ローマ字で,かな文字で かいた ものが ふりがなです。したがって,ローマ字と ふりがなに 直接の つながりは ありません。そして,音声を 文字列に 変換 する ルールが ちがう ため,一般的には ローマ字の つづりと ふりがなの つづりは 対応 しません。


ふりがなを ローマ字に 変換 する 処理も 完全に 自動では できません。インターネットには ふりがなを ローマ字に 変換 すると うたって いる ツールが たくさん 公開 されて いますが,それらは すべて 不完全で,ときどき 変換に 失敗 して まちがった 結果を 出力 します。「なぜ ふりがなでは ダメなのか?」も およみ ください。

変換の しかた

ABCで かく 英語や イタリア語と おなじ ように,ローマ字は 音声を ABCの 文字列に 変換 して かく しくみに なって います。ただし,音声を ABCの 文字列に 変換 する ルールは 言語に よって ちがいます。たとえば,〈チ〉という 音声を 英語は chi と かき,イタリア語は ci と かき,日本語は ti と かきます。

この 日本語の ルールを まとめた ものが 下に しめした「ローマ字表」です。

直音拗音
aiueo
キャキュキョ
kakikukekokyakyukyo
シャシュショ
sasisusesosyasyusyo
チャチュチョ
tatitutetotyatyutyo
ニャニュニョ
naninunenonyanyunyo
ヒャヒュヒョ
hahihuhehohyahyuhyo
ミャミュミョ
mamimumemomyamyumyo
yayuyo
リャリュリョ
rarirureroryaryuryo
wao
ギャギュギョ
gagigugegogyagyugyo
ジャジュジョ
zazizuzezozyazyuzyo
ヂャヂュヂョ
dazizudedozyazyuzyo
ビャビュビョ
babibubebobyabyubyo
ピャピュピョ
papipupepopyapyupyo

※ カタカナは 音声を しめして います。

印刷用の「ローマ字表」(A4サイズ,2ページ)も あります。


ローマ字を かく ときは ことばを 音声の 単位で くぎって それを「ローマ字表」で ABCの つづりに おきかえます。たとえば,「絵」は 〈エ〉だから e,「山」は〈ヤ〉〈マ〉と くぎって yama,「桜」は〈サ〉〈ク〉〈ラ〉と くぎって sakura に します。

〈キャ〉〈キュ〉〈キョ〉などの 拗音(ようおん)は 2文字が 1音を あらわして いるので,この 音声の 単位で くぎります。たとえば,「お茶」は〈オ〉〈チャ〉と くぎって otya に します。文字の 単位で「オ」「チ」「ャ」と くぎって otiya に しては いけません。


〈ン〉〈ッ〉や「ー」が つく 音は それぞれ 撥音・促音・長音と よばれて いて,これらの かきかたは「ローマ字表」と 別に 定義 されて います。

撥音(はつおん)は〈ン〉の 音です。これは n と かきます。ただし,撥音の つぎに 母音字 または y が ある ときは きる印(')で くぎります。

促音(そくおん)は〈ッ〉の 音です。これは つぎの 音の 子音字を かきます。たとえば,「日記」は つぎの 音が〈キ〉ですから,ki の 子音字 k を かきます。

長音(ちょうおん)は「ー」の つく 音です。これは のばす 音の 母音字に 山形(^)を のせます。たとえば,「空気」は のばす 音が〈ク〉ですから,ku の 母音字 u山形(^)を のせます。

onsen(温泉) hon'ya(本屋)
nikki(日記) zassi(雑誌)
kûki(空気) dôro(道路)


ローマ字に なれない うちは 長音が むつかしい ようです。長音が 苦手な 人は,まず「ー」を つかって よみかたを かいて みると いいでしょう。たとえば,「お母さん」「お父さん」を まず「オカーサン」「オトーサン」と かいて みます。それから,「ー」が ついて いる 音の 母音字に 山形(^)を のせます。

お母さん → オカーサン → 〈カ〉の 母音字 a に ^ を のせる → okâsan
お父さん → オトーサン → 〈ト〉の 母音字 o に ^ を のせる → otôsan

ローマ字を かく とき,よみかたの「オカーサン」「オトーサン」を おもいうかべる ように すれば,まちがいを へらせます。ふりがなの「おかあさん」「おとうさん」を おもいうかべて しまうと,よく ある まちがいが おこりますここでは 手みじかに 説明 して いますが,長音には ややこしい ところも あります。くわしくは「長音」を およみ ください。

機械で ローマ字を かく とき

フォントと 文字コード

パソコン などの 機械で ローマ字を かく ときは Unicodeに 対応 した フォントを つかって ください。そう しないと 長音符号つき文字û, ô など)を 表示・印字 できません。よく つかわれる フォントは,セリフ体の Times New Roman,サンセリフ体の Arial, Helvetica などです。

文字コードは「Unicode」「UTF-8」などに して ください。ふるい ソフト(アプリ)には これらを あつかえない ものが あります。あたらしい ものなら ほぼ 問題ない ようですが,長音符号つき文字が 入力 できないとか 表示 されないとか,そんな 不具合に こまった ときは この ことを おもいだして ください。

長音符号つき文字の 入力

手がきなら どんな 文字でも かけますが,パソコン などの 機械で ローマ字文を かく ときは 特殊な 文字を 入力 しにくい 問題が あります。いまの ところ,日本は ローマ字を キーボードや タッチ スクリーンで 入力 する 標準的な 方法を さだめて おらず,学校でも おしえて いません。やりかたを 解説 した 本も ありません。

そこで,この サイトは おもに Windowsパソコンむけの 方法を いくつか 説明 して います。ローマ字文が かきやすい テキスト エディター「メモ帳」も あります。くわしくは「長音符号つき文字」 を およみ ください。

より くわしく

ローマ字の かきかたは「かきかた」で くわしく 解説 して います。こどもむけの 印刷教材「ローマ字 手ほどき」も あります。

ローマ字運動

ローマ字運動

かな文字論・ローマ字論

日本語の 文章を すべて かな文字や ラテン文字で かく かんがえが あります。これを かな文字論ローマ字論と よびます。その 実現を めざす 運動が かな文字運動・ローマ字運動です。

なぜ そんな ことを するのかというと,それは 日本語の かきかたに 問題が あるからです。日本語の 表記システムは 漢字を つかって いる せいで たいへん 複雑です。おぼえるのも つかうのも むつかしく,この ことが さまざまな 社会問題を ひきおこして います。日本と 日本語の ために,これを あらためて いかなければ なりません。どのように あらためるか,その 方向性は わかって います。まず,漢字を やめます。そして,漢字を やめた あとに どうやって 日本語を かくのかというと,かな文字で かく 方法と ローマ字で かく 方法が あります。

もちろん,これは すぐに できる ことでは ありません。すこしずつ 段階的に すすめて いく ほかは なく,ながい 時間が かかります。100年 単位で かんがえなければ ならない おおしごとです。昔の かな文字論者や ローマ字論者も その 道のりが ながい ことを しって いました。それでも,日本と 日本語の 将来を おもって 声を あげたのでした。

かきことばを あらためる

世界の 言語の 中で みると,日本語は やさしい 言語ですもちろん,よみかきを のぞけばの はなしです。日本語は 発音も 文法も 比較的 やさしい 言語で,会話 だけなら むつかしくは ありません。しごとの 都合で 日本に きた 外国人は,日常の 会話レベルは たやすく マスター しますが,よみかきは むつかしいと いいます。外国に すんで いる 日系人も 日本語で 会話が できても よみかきは できない ことが おおい ようです。モンゴル出身の 力士が すぐに 日本語を おぼえるのも,モンゴル語と 日本語が にて いる ことも ありますが,日本語が それほど むつかしく ないからでしょう。よく 敬語・助数詞 などで 日本語の むつかしさや 特殊性を うったえる 人が います。しかし,これらは すこし 意味が ちがいます。日本人でも よく 敬語を まちがえますし,助数詞を よく しらない 人も いますが,そういう 人を さして「あいつは 日本語が はなせない。」とは いいません。日本文化の 知識が たりない だけです。外国人も それと おなじで,日本語が むつかしいのでは なく,日本文化が むつかしい だけです。そして,外国の 文化が むつかしいのは あたりまえで,それは どこの 国も おなじです。日本 だけが 特別 なんて ことは ありません。。また,その 話者数の ランキングで トップ10に はいる おおきな 言語です1位:中国語,2位:英語,3位:ヒンディー語,4位:スペイン語,5位:アラビア語,6位:ベンガル語,7位:ポルトガル語,8位:ロシア語,9位:日本語,10位:ドイツ語。。すこし ふるい 調査に よれば,これから 日本語が 世界の コミュニケーションで 必要な 言語に なると かんがえて いた 国も たくさん あり,日本語に たいする 期待の たかさは 日本人が おどろく ほどでした。いまでも 日本語を まなんで いる 外国人は 数百万人 いると いわれて います。

このように,日本語は 世界に しられた 言語です。日本の 経済力や 文化力から かんがえると,日本語は 世界的に 有力な 言語の ひとつに なって いても いい はずです。けれども,じっさいは そう なって いません。それは 日本語の よみかきが むつかしいからです。日本語が できれば ビジネスに 有利だと おもって いる 外国人も,日本語の かきことばを まなぶ コストを かんがえたら 割に あわないと 判断 するでしょう。日本語は かきことばが むつかしい せいで 世界的に 有力な 言語に なれませんでしたここでは「かきことば」を おもに 表記システムの 意味で つかって います。

外国の ある 日本研究家は つぎの ように のべて います。

このような侮辱的な表現をつかうことには気がひけるのだが,日本の書きことばは一部のものにとっては魅力ある研究分野となるものの,実用的な道具としてはこれに劣るものはおそらくないであろう。

はなしことばは 自然に かわって いく ものですが,かきことばは 人為的に かえて いく もの です。すすんだ 国は その 国の かきことばを やさしく する ために さまざまな 改革を おこなって います。自分の 国や 言語を 発展 させたいと おもうなら,そう するのが あたりまえです。ところが,日本は そういう 努力を この 半世紀の あいだ まったく して きませんでした。この 不作為が もたらした 損失は はかりしれませんはなしことばが 自然に かわって いくというのは,それを つかう 集団の かんがえが 反映 されて すこしずつ かわって いくという 意味です。日本語は かきことばの 合理化が おくれた せいで 時代に 対応 できなく なり,公用語の 役目を はたせなく なって きて います。このままでは そのうち 英語を 公用語に くわえなければ やって いけなく なるでしょう。日本の 政府は すでに 日本語に みきりを つけて いる ようで,さまざまな ところで すこしずつ 日本語を やめて 英語に きりかえて います。たとえば,ローマ字で かかれて いた 公の 表示を 英語に かきかえたり,小学生に 英語を おしえたり,学校の 授業を 英語で おこなったり して います。一般人の おおくも それを 歓迎 して います。一方,この ながれに 反発 して,カタカナ語を きらって ふるい かなづかいや ふるい 字体の 漢字を ありがたがる 人も ふえて います。学校の「国語」では「言語文化」を おしえる ことに なりました。しかし,これらは むなしい わるあがきです。まけおしみの 排外思想や うしろむきの 懐古趣味で 日本語の おとろえは くいとめられません。言語を 文化として みて いる だけでは 日本語が 死語に なるのを だまって ながめて いるのと おなじです。

日本語を 表音文字で かく

ことばの 本質は 音声

〈イヌ〉という 音声を きけば イヌだと わかります。つまり,ことばの 意味は 音声が になって います。文字が 意味を あらわして いるのでは ありません。人類の 歴史を かんがえれて みれば,文字が つかわれる ように なったのは つい 最近の ことです。文字が なかった 時代にも ことばが ありました。音声 だけの ことばです。この 事実から わかる ように,ことばの 本質は 音声で あり,文字は その 音声を うつした コピーに すぎません文字は おおよそ 5000年前から ありますが,一般人が 学校で よみかきを まなぶ ように なったのは たかだか 100年 ほど 前からです。

けれども,日本では この はなしが ピンと こない 人も おおいでしょう。それは,はじめて みた 熟語でも 漢字から おおよその 意味が わかるという 体験を 日常的に して いるからです。漢字に たよりきって いる せいで,文字が 意味を になって いるのだと かんちがい して いる 人が います。

外国人は「文字は ことばを うつす ものだ。」と かんがえて います。これが 世界の 常識です。ところが,日本人は「ことばは 文字を くみあわせて つくる ものだ。」と さかさまに かんがえて いる ことが あります。こんな おもいちがいを して いるのは 日本人 だけです。

日本語も 表音文字で かける


「土佐日記」(定家本)

これは 紀貫之の 自筆で なく,藤原定家が かきうつした ものです。このとき すこし かきかえが おこなわれ,冒頭が「をとこもすといふ日記といふ物を ゝむなもして心みむとてするなり」に なって います。

漢字の 数も すこし ふえましたが,それでも いまの かきかたに くらべると すくないでしょう。むつかしい 熟語さえ つかわなければ 漢字は いらない ことが わかります。

文字には ことばを あらわす 表語文字と 音を あらわす 表音文字が あります。漢字は 表語文字で,かな文字や ラテン文字は 表音文字です。そして,表音文字は 表語文字から うまれて きた ことが わかって います。日本の かな文字も 漢字から うまれた 文字です。表語文字には 欠点が あり,それを なんとか しようと する くふうの 中から 表音文字が できたのです漢字は 字義(意味)・字音(音声)・字形(文字)の みっつが むすびついた ものです。ことばは 意味と 音声が むすびついた ものですから,漢字は ひとつの ことばに 対応 した 文字です。 このような 文字を 表語文字と いいます。表意文字という いいかたも ありますが,携帯電話の 絵文字・ピクトグラム・アラビア数字 などを 表意文字と かんがえても いいでしょう。これらは 意味と 文字の ふたつが むすびついた ものです。

世界の 言語は 中国語と 日本語を のぞいて すべて 表音文字で かきます。中国語と 日本語 だけに 特殊な 性質が あるとは かんがえられませんから,中国語も 日本語も 表音文字で かける はずです。じっさい,中国語には ローマ字(ピンイン)が あるので,漢字が なく なっても 中国人は こまりません。日本語が 漢字を つかって いるのも ただの 偶然で,たまたま となりの 先進国が 漢字を つかって いたから それを とりいれた だけです文字を もたない 国が 文字を もつ 国から その 文字を とりいれようと する とき,言語が ちがう ために それが つかいにくかったり,それを つかう ことで 大国の 文化に のみこまれて しまうのを きらったり する ことが あります。そのような ばあい,自分たちの 言語に あった 文字を つくりだす ことが あります。こうして 古代中国の 周辺で 独自の 文字が いくつも かんがえだされました:突厥文字・契丹文字・西夏文字・女真文字 などです。これも プライドを もった 国の やりかたです。

古事記や 万葉集の 時代,日本人は 漢字を 表音文字として つかう アイデアを おもいつき,日本語を かきあらわす ことに 成功 しました。源氏物語や 枕草子の 時代,日本の 文学は かな文字に よって おおきく 発展 しました。このように,日本語を 表音文字で かくのは 昔から おこなわれて いた 自然な ことで,実現不可能な 夢の はなしでは ありません万葉集は 漢字で かかれて いますが,それは 外見上の はなしで,本質的には かな文字で かかれて います。だから 万葉集の 漢字を「万葉仮名」と いいます。平安時代の 日本語も かな文字が 中心で,その 中に 漢字で かく 漢語(熟語)が すこし まざって いる スタイルでした。鎌倉時代 くらいから 漢字が ふえて くるのですが,おもに 紙の 節約が 目的で あった らしく,漢字の 割合は いま ほど おおく ありません。一般人の かく 日本語が いまの ように 漢字だらけに なったのは 明治時代ですが,戦後の 国語改革を へて 漢字の 割合は すこしずつ へって きて いました。ところが,ワープロが できてから 機械で 文章を かく 人が ふえて,漢字の 割合は ふたたび ふえて きて います。なお,中国も 外来語を かく ために 漢字を 表音文字の ように つかって いました。たとえば,「奈落」は「地獄」を 意味 する サンスクリット語の narakaが 中国語に なった ことばです。もともとの 中国語の 中にも 漢字の 意味を 無視 して 発音 だけ つかって いる ものが あります。たとえば,文法的な はたらきを する 単語で「象形」「会意」などで あらわせない ものは おなじ 発音の 漢字を あてはめて かいて いました。

日本語で 会話を する ときは 音声 だけで 意味を つたえあって います。口から 漢字を だす 人も 耳に 漢字を いれる 人も いませんが,ふつうは それで 会話が なりたちます。音声 だけで 意味が つたわるのだと したら,日本語は 表音文字 だけで かける はずです。

同音異義語の 問題

日本語を かな文字がきや ローマ字がきに すると よみにくく なりますが,その 理由の 大部分は なれて いない ことです。なれて しまえば よみやすく なります。しかし,なれの 問題と いえない 部分も あります。表音文字で かくと,同音異義語の みわけが つかない ことです。たとえば,学校教育を テーマに した 文章の 中に「シリツ」とか siritu とか かかれて いたら,「私立」か「市立」か わかりません。これが 原因で かな文字文や ローマ字文は よみにくく なる ことが あります。

これは かな文字文や ローマ字文の 欠点では なく,日本語の 欠点です。どんな 言語にも 同音異義語は ありますが,日本語の それは あまりにも おおすぎます。「私立」と「市立」の ように,文脈の たすけを かりても 解決 できない 同音異義語は 外国の 言語学者が おもしろがる ほど めずらしい ものです。

ふつう,ことばの 音声を 耳で きけば 意味が わかります。現在 つかわれて いる 言語なら どんな 言語でも そうです。ところが,日本語は ときどき 耳で きいた だけでは 何を いって いるのか わからない ことが あります。よく,漢字を みれば 意味が わかって 便利だと いわれますが,これは とんでもない まちがいで,さかだち した かんがえです。漢字を みなければ 意味が わからない 現状が おかしいのです。

日本語に 同音異義語が おおいのは 漢字を つかいすぎて いるからです。日本人は 漢字を 無批判に つかいすぎた せいで 日本語を スポイル して しまったと いえるでしょうこの 議論は 芸術・広告・あそび などに もちいる 言語には あてはまりません。むしろ,ゆたかな 熟字訓・奇抜な ふりがな・たくみな 漢字ダジャレ などは 知的な いとなみで,大切な 文化で あると かんがえられて います。かな文字論ローマ字論が 対象に するのは そういう 言語では ありません。情報を つたえる 道具としての 言語,文明社会を ささえる インフラとしての 言語です。この 土台の 上に 文化としての 言語活動が あると かんがえます。もし 土台の 部分で つかう 漢字を 意識的に へらして いけば,その 上の 部分でも 漢字は だんだん つかわれなく なって いくでしょう。こうして すこしずつ 漢字を やめて いけば,世の中に おおきな ダメージを あたえないで,日本語を 表音文字 だけで かける 一人前の 言語に かえられます。

日本語の健全な発育と、その国語の純粋性を害毒するものは、実に生硬な漢語と漢字、特に明治以来濫造される翻訳漢語と漢字である。言葉に一番大切な条件は、耳で聴いて意味がわかるといふことである。耳で聴いて意味がわからず、文字に書いて見せた上で、初めて視覚から語意が通ずるといふやうな言葉を、日常語の会話に使用するやうな国民があるとしたら、世界で最も不便で最悪の国語を所有する民族と言はねばならぬ。

萩原朔太郎「ローマ字論者への質疑」

同音異義語が あるから 漢字を なくせないという 人は おおいのですが,これも かんがえかたが さかさまです。漢字を へらせば 同音異義語も へって いきます。あたらしい ことばを つくるとか 別の いいまわしで 表現 するとか,そういう くふうを みんなが する ように なるからです。

かな文字論者や ローマ字論者は 漢字を やめようと いって いる だけでは ありません。ほかにも よびかけて いる ことが あります。それは 日本語を 耳で きいた だけで 意味が わかる ように かえて いく ことです。これを「ことばなおし」「ことばえらび」と いいます漢字を やめる かんがえに 反対 する 意見は すくなく ありません。しかし,その ほとんどは かな文字論ローマ字論を よく しらない 人による 感情論です。分かち書きを しらない 人が「よみにくいから ダメだ。」と いって いたり,ことばなおしを しらない 人が「同音異義語が あるから ダメだ。」と いって いたり,そんな レベルの もの ばかりです。たとえ 日本が 漢字を やめたと しても,公的な 場で 漢字が つかわれなく なる だけで,ビジネスや 私的な 場で 漢字を つかうのは 自由です。漢字で かかれた 商店の 看板を とりかえる 必要は ありませんし,小説家が 漢字仮名交じり文の 作品を かいても かまいません。こどもに 漢字の 名前を つける ことも できますし,学校が 漢字を おしえなく なる わけでも ありません。漢字を やめても 熟語は なくせないのだから,漢字の 知識は 必要だという 意見も ありますが,これは まちがいです。漢字を まったく しらない ちいさい こどもでも たくさんの 熟語を しって いて,こどもなりに それらの 意味を 理解 して つかって います。その 反対に,漢字を よく しって いても 漢字の 意味から 全体の 意味を みちびきだせる 熟語は 半分くらい しか ありません。「自」「転」「車」の 意味から「自転車」の 意味が わかるでしょうか。「自転」という 熟語を しって いたら かえって 意味が わかりにくいのでは ないでしょうか。漢字を やめたら 古典が よめなく なると いう 人も いますが,そんな 心配は いりません。ふるい 作品も あたらしい 表記法で かきなおされるからです。いまでも 万葉集や 源氏物語を もともとの 表記で よんで いる 人は いないでしょう。作品の 外見が かわっても その 本質は かわりませんし,文学的な ねうちも さがりません。日本語を 表音文字 だけで かくと 文字数が ふえて 文庫本が ポケットに おさまらない ほど ぶあつく なると いう 人も いますが,これも 事実では ありません。文字数が 2倍に ふえても ページ数は 2倍に ふえません。漢字は 形が 複雑なので おおきい 文字で 印刷 されて いますが,表音文字は 形が 単純なので ちいさい 文字で 印刷 できるからです。言語や 文字や つづりかたが ちがっても,おなじ 面積に つめこめる 情報量が そんなに ちがう はずは ないでしょう。


長尾節郎「荷役の機械」(1929)

これは 荷役で もちいられる 機械に かんする 本です。すべて ローマ字で かかれて います。荷役とは 貨物船 などの 荷物の あげおろし作業です。副題の「物あげ」は クレーンや リフト などの 機械,「はこび帯」は ベルトコンベアーです。この 本は 滑車も「セミ」と いいかえて います(形が 虫の セミに にて いる ことから)。クレーンは ツルですから,滑車が セミでも おかしく ないでしょう。


清水卯三郎「ものわり の はしご」(1874)

これは 化学の 実験に かんする 本です。ほぼ すべて ひらがなで かかれて います。題名の「ものわり」は 化学・分析の ことです。この 本は 学術用語も できるだけ やまとことばに いいかえて 漢語を しりぞけて います。たとえば,水素は「みづね」,炭素は「すみね」,酸素は「すいね」,固体は「こりもの」,液体は「しるもの」,気体は「けぶもの」,酸化は(酸を ふやすから)「すやし」,還元は(酸を ぬくから)「すぬき」,酸化鉄は「すいで の くろがね」です。

日本語が この先 いきのこるには

日本語の これまで

もし 日本が 漢字の ことばを 積極的に とりいれなかったら,明治時代からの めざましい 発展は なしとげられなかったでしょう。そう かんがえると,日本語が 漢字の 中毒に なって しまったのも 半分は しかたが ない ことです。しかし,のこりの 半分は 言語政策の 失敗でした。この 失敗が さまざまな 社会問題を ひきおこして います。

ほとんどの 人に とって 漢字仮名交じり文は,いったん おぼえて しまえば,それなりに 便利な 道具です。けれども,人が おかれて いる 状況は さまざまで,そう かんじて いない 人も います。すこしでも 観察力と 想像力が あれば,日本語の かきことばが むつかしい せいで こまって いる 人を いたる ところに みつけだし,おもいうかべる ことが できる はずです。日本語の 表記システムが ひきおこして いる 問題は 日本語 そのものの 問題でも あります。すでに 日本語は 世の中の 変化に 対応 できなく なって,公用語としての 役割を はたせなく なりつつ あります日本語の かきことばが むつかしい せいで こまって いる 人というのは,外国人の 住民,目や 耳の 不自由な 人 などが わかりやすい 例です。本当は こういう ことを こどもに おしえ,世の中の 問題に 気づかせ,その 解決策を かんがえさせるのが 教育でしょう。けれども,学校で そういう 授業が おこなわれる ことは まれです。じっさいには,漢字こそ 日本の すぐれた 文化で あるという ような,特定の 価値観を うえつける 授業が よく おこなわれて います。言語の 問題は 文化の 問題という だけで なく,社会の 問題でも あります。いまの 教育には この 問題意識が かけて います。

どうして こう なって しまったのかと いえば,それは 漢字を 野ばなしに して きたからです。江戸時代の 知識人は 漢字が 日本に わざわいを もたらして いる ことに 気づきました。漢字を やめる かんがえは そこから うまれ,日本と 日本語の 将来を まじめに かんがえる 人々に うけつがれて きました漢字の わざわいは たくさん あります。一番 わかりやすいのは おぼえるのが むつかしい ことです。たくさんの 漢字と むつかしい 熟語を おぼえられるのは 教育に 時間と お金を かけられる 一部の 人 だけです。この 意味で,漢字は 世の中に 格差を つくる「差別文字」だと いえます。漢字は 日本語を かくのにも 適して いません。活用 する ことばを 漢字で かくと おくりがなが 必要に なり,その ルールが むつかしく なって しまって,一般人には つかいこなせません。よく,漢字は 日本の 文化だと いわれますが,これは ものの みかたが 一面的です。日本語は 漢字の せいで おおくの やまとことばを うしなったのですから,日本の 文化を こわして きたのも 漢字です。機械化 しにくい ことも 漢字の わるい 面です。日本は 漢字の せいで 文書の 作成・管理が なかなか 機械化 できませんでした。手作業では ややこしい 人名・地名の まちがいが おこります。機械化 されて いても 入力ミスは おこります。もし 人名・地名を かな文字表記や ローマ字表記で 管理 して いたら,「消えた年金」問題は おこらなかったかも しれません。現在,漢字を つかって いる 国は 中国と 日本 だけですが,中国が 漢字から こうむって いる わざわいは 日本 ほどでは ありません。たとえば,中国では 漢字の よみかたが 基本的に ひとつしか ないので,はじめて みる むつかしい ことばや 固有名詞でも よみかたが わからない 不便は ありません。名前に ふりがなを つける 必要も ありません。その 中国も いずれは 漢字を 段階的に へらして いくと かんがえられます。中国語は 日本語に くらべると 漢字を へらす ときの 障害が すくなく,いったん うごきだしたら その あとは はやいでしょう。もし そう なったら,世界の 中で 日本 だけが とりのこされて しまいます。

日本を 外から みて いる 外国人には この 問題が よく わかるのでしょう。なぜ 先進国で ある はずの 日本が 漢字を やめないのか 不思議に おもって いる 人は おおく,インターネットの コミュニティーでも しばしば 話題に なって います。もちろん,言語学に あかるい 知識人は 日本で 漢字が つかわれつづけて いる 理由が 権威主義で ある ことを みぬいて います。

日本人が、効率のよいアルファベットやカナ文字でなく、書くのがたいへんな漢字を優先して使うのも、漢字の社会的ステータスが高いからである。

ジャレド ダイアモンド「銃・病原菌・鉄」

漢字は 日本の 社会問題ですが,これを 解決 する 手段は わかって いるのですから,あとは それを 実行に うつす 政治的な 決断を する だけです。発信力を もつ マスメディアや 文化人の 力ぞえが あれば,政治を うごかす 世論を もりあげる ことも できるでしょう。

しかし,マスメディアが 漢字を 社会問題として とりあげる ことは ありません。文化人が 漢字を もてはやす せいで,漢字の 権威は たかまる 一方です。それどころか,出版社 などが あおって いる「漢字ブーム」からも わかる ように,いまや 漢字は ビジネスです。このような 状況の もとで,漢字の わるい 面を かたる ことは タブーに なって います日本語の かきことばが むつかしい ままで ある ほうが しごとの うえで 有利な 作家・評論家 などの 発言力が つよすぎて,これが 状況を 泥沼化 させて います。論理的な 主張に 耳を かさず 感情に ながされやすい 人が おおい 日本では 情緒に うったえる ことばが 力を もちます。たくみな ことばで 感情を あやつる プロが 現行の 表記システムを まもる 方向に 世論を みちびいて しまいます。

日本語の これから

これから 先も 日本語を つかって いきたいと おもうので あれば,日本語の 表記システムを このままに して おいて いい はずが ありません。かきことばを もっと やさしい 形に かえて いかなければ なりません。たやすい しごとでは ありませんが,これを やらないで いたら 日本語に 未来は ないでしょう。

言語 そのものに 優劣は ありませんが,言語を 記述 する 方法には すぐれて いる ものと そうで ない ものが あります。表記システムは 道具で あり,道具は つかいやすい もの ほど すぐれて います。日本語の 漢字仮名交じり文は 世界で 一番 つかいにくい 道具です。このまま 何も 手を うたないと,日本語は ますます つかいにくく なり,おとろえて いくでしょう。ちかい 将来,日本は 英語を 公用語に くわえなければ やって いけなく なり,そのとき 日本語は みすてられる おそれが あります。日本語が 完全に きえて なく なる ことは ないでしょうが,学問・芸術・趣味 などの ほかでは だんだん つかわれなく なって いき,いつかは 床の間の かざりに なって しまうかも しれません英語 だけで くらせる 環境に なったら,英語を まなんだ ほうが 有利なので,教育に お金を かけられる 家庭は こどもに 英語を おしえる ように なります。すると,日本の 社会は おもに 英語で 生活 する「上流」と 日本語 しか できない「下流」に わかれて しまいます。「上流」には 日本語に たいする おもいいれが なく,「下流」には 日本語を みがきあげて いく 能力が ありません。こうして 日本語は かがやきを うしなって いく おそれが あります。

より くわしく

ローマ字運動の くわしい 解説は「ローマ字運動」に あります。

【よみもの】 寺田寅彦と その 周辺

随筆家として 有名な 寺田寅彦(てらだ とらひこ)は 物理学者でした。かれの 研究テーマには「尺八の音響学的研究」「金平糖の角の研究」など 一風 かわった ものが あります。これらは 日常の 題材を あつかって いながら,科学的に 高度な ものです。かれが 庶民の 感性と 科学者の 知性の 両方に ひいでた 人で あった ことを よく あらわして います。

かれは 夏目漱石の おしえ子でした。正確には,ペンネームで あった 吉村冬彦(よしむら ふゆひこ)の 師匠が 漱石でした。では,物理学者 寺田寅彦の 師匠は だれかと いうと,それは 物理学者 田丸卓郎(たまる たくろう)です。寺田寅彦は 学生時代に 英語教師の 夏目漱石,物理学教師の 田丸卓郎と であい,文学と 科学の 両方を こころざしたと いわれて います。

田丸卓郎は ローマ字論者で,ローマ字論の バイブルと よばれて いる「ローマ字国字論」「ローマ字文の研究」を あらわした 人です。

寺田寅彦も 熱心な ローマ字論者でした。かれの 著書には ローマ字がきの 教科書 なども あります。下の 図は 約100年前に かかれた「海の物理学」です。


寺田寅彦「海の物理学」 (1913)

寺田寅彦の 門下生には 雪の 結晶の 研究で 有名な 物理学者 中谷宇吉郎(なかや うきちろう)が います。かれも また 随筆家で,「雪は天から送られた手紙である。」は よく しられた ことばです。