変な ローマ字

まちがいさがし

どこが 変か わかりますか?

いろいろな まちがい

正しい ローマ字

ローマ字の 書きかたには ルールが あり,「ローマ字のつづり方」で さだめられています。この ルールに のっとって 書かれた ものが 正しい ローマ字で あると いえます。この ローマ字は 小学校の「国語」で ならいます。

Tôkyô(東京) 【訓令式
Tōkyō(東京) 【ヘボン式

ところが,実際には この ルールから はずれた 変な ローマ字を みかける ことが よく あります。それは まちがった ローマ字です。

「英語式」

まちがった ローマ字の 代表は 学校の「英語」で ならう「英語式」ヘボン式の 記号を はぶいた 書きかた)です。これは 日本語から 英語に なった ことばを 書く 方法です。例:judo(柔道),koban(交番)。パスポートも 道路標識も これを 採用 しており,企業の 名前も この 書きかたに するのが 一般的です。そのため,「英語式」は 日常の 生活で もっとも よく 目に する ローマ字です。

けれども,これは まずい 書きかたです。英語に なっていない 日本語を この 方法で 書いても 意味が ないからです。むりやり 書くと,日本人が みても まともに 読めない つづりに なって しまい,まったく 役に たちません。この 書きかたには 実用性が なく,つかえば つかう ほど 不便に なります。公の ローマ字が 英語風の つづりを 採用 している ことには 国際的な 問題も あります。

× Taro(太郎,タロ?)
× Jiro(次郎,ジロ?)

「英語式」は もっとも よく つかわれている ローマ字ですが,「英語」の テスト 以外では つかわない よう おすすめ します。

「ワープロ式」

ローマ字入力と ローマ字を 混同 している 人は とても おおく,ローマ字入力の ときに おす キーを そのまま 書いて しまう まちがいが あります。これは 一般人が 書いた ローマ字に もっとも よく みられる まちがいで,「ワープロ式」と よばれています。オ段の 長音を ou に するのが 特徴です。

× ohayou(おはよう)
× ryuukou(流行)
× konbanha(こんばんは)
× kandume(缶詰)

外来語などでは もっと 変な つづりに なる ことも ありますこの 書きかたを する 人は これを ローマ字の 正しい 書きかただと おもっている わけでは なくて,これでも わかるから いいと おもっている だけかも しれません。けれども,ローマ字を いいかげんに 書いても かまわないと かんがえているのだと したら 問題です。ローマ字は 外国人の 目に ふれる ことが おおいので,まちがった ローマ字を 書くと まちがった 日本語を 世界に ひろめて しまう ことに なります。

× pa-thi-(パーティー)

パスポートの 名前では ou を つかう ことも できますが,つかわない よう おすすめ します。

「スポーツ選手式」

スポーツ選手の ユニフォームに 書かれる 名前には 独特の ローマ字が あります。オ段の 長音を oh に するのが 特徴です。一般人が 名刺や 表札を つくる ときに この 書きかたを まね する ことも よく ありますこう 書けば 正しい 発音で 読んで もらえると おもっているのかも しれません。たしかに,日本語の はなし手が みれば,「小野」と「大野」を 区別 する ヒントに なります。しかし,外国人は ローマ字の 読みかたを しらないので,正しい 発音では 読んで くれません。なお,最近は この 書きかたに する スポーツ選手が へってきました。「英語式」に のりかえている ようです。

この 書きかたには h の あとに 母音字や h, y などが つづくと 読みかたが わからなく なる 欠点が あります。大石さん,大原さん,大山さんが この 書きかたに すると 変な 読みかたを されるかも しれません。

× Ohishi(大石,オヒシ?)
× Ohhara(大原,オッハラ?)
× Ohyama(大山,オヒャマ?)

パスポートの 名前では oh を つかう ことも できますが,つかわない よう おすすめ します。

h後置式」も お読み ください。

「ちゃんぽん式」

訓令式ヘボン式の つづりかたは ちがいますが,ちがっている ところは すこし だけで,全体的には にています。そのため,これらを ごちゃまぜに する まちがいが おこりがちです。この「ちゃんぽん式」は 昔から あり,日本式訓令式の 前身)と ヘボン式が つかわれていた 大正時代には すでに めずらしく なかったと いわれています。

ごちゃまぜの レベルには 2段階 あります。第1段階は 訓令式 の つづり(si, ti, tu, hu, zi)と ヘボン式 の つづり(shi, chi, tsu, fu, ji)が まざりあっている レベルで,第2段階は 訓令式の つづり(zyo, tyo)と ヘボン式の つづり(jo, cho)が とけあっている レベルですローマ字入力tyo, cho, cyo の どれでも「チョ」に 変換 できる ものが おおい ようです。この 親切設計が あだに なって まちがいに 気づきにくいのかも しれません。

× Tuji(辻)
× Funahasi(舟橋)
× Shinjyo(新庄)
× Cyosuke(長助)

第2段階の まちがいは 訓令式ヘボン式の 混在が 原因と かんがえるより,ヘボン式の つづりが 不自然で おぼえにくい ことが 原因と かんがえる ほうが いいかも しれません。この まちがいは,訓令式を 廃止 しても なく なりませんが,ヘボン式を 廃止 すれば なく なります。