代用表記

代用表記とは

まにあわせの 書きかた

長音符号つき文字û, ô など)は あつかいにくいのが 欠点です。手書きなら どんな 文字でも 書けますが,機械で ローマ字を 入力 する ときは 長音符号つき文字を つかえない 環境も あります。電子メールでは「文字ばけ」を 心配 する 人も いるでしょう。

そういう ときの ために,長音符号つき文字を つかわないで 長音を 書く 方法が あります。ドイツ語には ä, ö, ü が つかえない ときに ae, oe, ue と 書く やりかたが あります。これと おなじ ような きまりを ローマ字でも つくっておこうという わけです。このような まにあわせの 書きかたを 代用表記と よんでいます。

学校では おしえない

代用表記は ローマ字の 書きかたを さだめている「ローマ字のつづり方」に ふくまれていません。つまり,公式の ルールでは ありません。学校でも おしえません。そのため 代用表記は,昔から ある 書きかたで あるにも かかわらず,あまり しられていません。

ヘボン式では つかわない

ヘボン式の ばあい,長音符号つき文字が つかえない ときは「英語式」に するのが ふつうで,代用表記を つかいません。「h後置式」の ところで 説明 している oh を つかう ことも ありますが,その つかいかたは 気まぐれです英語風の つづりが すぐれていると かんがえて ヘボン式を つかっている 人は 長音符号を(つかえる ときでも)つかいたがりません。つづりの みた目が 英語風に ならないからです。その かわりに,英語風に みえる oh を よく つかいます。ただし,英語の はなし手が それっぽい 発音で 読みそうな つづりを 場あたり的に でっちあげている だけで,oh の つかいかたに 一貫性が ありません。

Tōkyō, Ōsaka(東京・大阪)【ヘボン式
Tokyo, Osaka(東京・大阪)【「英語式」

代用表記

代用表記の 種類

代用表記には 代表的な ものが 4種類 あります。ただし,つかいものに なるのは はじめの 3種類 だけで,おぼえる 必要が あるのは はじめの 2種類 だけです。

  1. 母音字を かさねる「母音字かさね式」
  2. 母音字の うしろに 山形(^)を 書く「^後置式」
  3. 母音字の うしろに xを 書く「x後置式」
  4. 母音字の うしろに hを 書く「h後置式」

方式の 名前は この サイトが 勝手に つけた ものです。正式の 名前は ありません。

okaasan, oka^san, okaxsan, okahsan(お母さん)
otoosan, oto^san, otoxsan, otohsan(お父さん)

「母音字かさね式」


「白鳥の王子」

â, î, û, ê, ô の かわりに aa, ii, uu, ee, oo と 書く 方式です。

「ローマ字のつづり方」は そえがきの 第4項で 長音の 母音字が 大文字の ときは 母音字を ならべても いいと いっています。どういう ことかと いうと,「大阪」は ふつう Ôsaka と 書きますが,これを Oosaka に しても いいという 意味です。

これに したがえば,〈アー〉〈イー〉〈ウー〉〈エー〉〈オー〉で はじまる 文や 固有名詞は 母音字を ならべる 書きかたに できます。小説の 題名 などは すべて 大文字で 書く ならわしが あるので,すべての 長音を この 書きかたに できます。

この かんがえを もっと ひろげて,大文字という 条件を なくしたのが「母音字かさね式」です。

raamen(ラーメン)
biiru(ビール)
suupu(スープ)
keeki(ケーキ)
toohu(豆腐)


「電報」 (昔の 教科書)

ここでは「17時」を ZYÛSITIZI では なく ZYUUSITIZI と 書いています。「ローマ字のつづり方」は 長音の 母音字が 大文字の ときに かぎって 母音字を かさねても いい ことに しています。


「母音字かさね式」には おおきな 利点が あります。「ピー」と「ピーーーーー」の ちがいを 表現 できる ことです。オノマトペを 書く ときに この 方式は とても 便利です。通常の 書きかたには この 表現力が ありません。

ただし,これを つかう ときは,母音字の 数を おもいきって おおく して,ふつうの ことばと みた目で まぎれない ように して ください。

piiiiiii(ピーーーーーー)
gwooooooo(グォーーーーーー)
buuuuuuun(ブーーーーーーン)
uwaaaaaaa'(ウワーーーーーーッ)

利点は もう ひとつ あります。整列(ソート)する ときに 特別な 処理を しなくて いい ことです。たとえば,ファイル名を この 書きかたに すると,そのままで 正しい 順番(ABC順)に ならぶので,たいへん 便利です。


「母音字かさね式」には 欠点も あります。〈アー〉と〈アア〉,〈オー〉と〈オオ〉などを 区別 できない ことです。しかし,これらの 発音は よく にているので,あまり 問題に なりません。下の 例で,かっこ内の ひとつめの 発音が 正しく,ふたつめは まちがいですが,両者に おおきな へだたりは ありません両者の ちがいを 意識 している ことばも あります。たとえば,「奇異」と「(鍵の)キー」は ちがう 発音だと 意識 しているでしょう。「地位」は 〈チー〉では なく〈チイ〉に ちかい 発音で,「影絵」は〈カゲー〉より〈カゲエ〉に ちかい はずです。

bataa(バター,バタア)
piiman(ピーマン,ピイマン)
gyuunyuu(牛乳,ギュウニュウ)
oneesan(お姉さん,オネエサン)
doobutu(動物,ドオブツ)

その 反対に,ふつうの 表記が 代用表記に みえて しまう ことも あります。これを 代用表記だと おもって 長音の 発音を して しまっても,おおきな 問題は おこりません。

baai(場合,バーイ)
kiiro(黄色,キーロ)
mizuumi(湖,ミズーミ)
kareeda(枯れ枝,カレーダ)
aooni(青鬼,アオーニ)

欠点は もう ひとつ あります。おなじ 母音字が 3個 以上 つづくと 読みかたが わからなく なる ことで,これは 問題に なります。これを ふせぐには きる印(')が 必要です。

sooon(騒音,ソオーン?)
soo'on
yuuutu(憂鬱,ユウーツ?)
yuu'utu
kooo(呼応,好悪)
ko'oo, koo'o
hoooo(法王,ホオーオ?)
hoo'oo


ローマ字の 方式に かかわらず,イ段の 長音を つねに「母音字かさね式」の 代用表記に する 書きかたが あります。iî が みわけにくい こと などが 理由です。くわしくは「îii と 書く?」を お読み ください。

ozîsan, oziisan(お爺さん)
sîtake, siitake(シイタケ)

この サイトで 各方式の 書きかたを 説明 する ときは「英語式」ヘボン式の 変種 だけ ii に していますが,実際には 訓令式ヘボン式でも ii が よく つかわれます。

odîsan(お爺さん)【日本式
ozîsan(お爺さん)【訓令式
ojīsan(お爺さん)【ヘボン式
ojiisan(お爺さん)【「英語式」



ふりがなと ローマ字

ふりがなと ローマ字は おなじ 音声を ちがう 表音文字で 書いた ものです。

オ段の 長音は oo より ou の ほうが いいと おもう 人が いるでしょう。しかし,これは よく ない 書きかたです。理由は ふたつ あります。

ひとつは ふりがなに ひきずられている ことです。〈オー〉を ou と 書きたく なるのは ふりがなの「おう」を〈オー〉と 読む ことが おおいからです。例:「王様(おうさま)」「買おう」。しかし,ふりがなと ローマ字に 直接の 関係は ありません。ローマ字の つづりは 音声で きまります。ふりがなでは きまりません。ふりがなと ローマ字は おたがいに 独立 した もので,依存関係は ありません。それに「大雨(おおあめ)」「オーロラ」なども おなじ〈オー〉の 発音です。「おう」「おお」「オー」を すべて ou と 書くのは おかしいでしょう数で みれば「おう」が 圧倒的に おおいので,ou で 統一 する かんがえも 一応は なりたちます。現代仮名遣いでも〈オー〉の 発音は 基本的に「おう」と 書く ことに なっていて,「おお」と「オー」は 例外の あつかいです。しかし,この あとで のべている ふたつめの 理由が あるので,ou を とる ことは できません。現代仮名遣いが「おう」を 採用 したのは 失敗で,日本語の 読み書きが むつかしい 原因の ひとつに なっています。

もう ひとつは 代用表記だと しらずに 読んだ ときの 問題です。上で のべた ように,「母音字かさね式」は まちがって 読んでも おおきな 問題が おこりません。それは〈オー〉と〈オオ〉が よく にているからです。けれども,〈オー〉と〈オウ〉は にていません。〈オー〉を ou に すると,まちがって 読んだ ときに 問題が おこります。

「おう」「おお」「オー」を ou, oo, oh の ように 区別 して 書けば いいと かんがえる 人も いるでしょう。けれども,それは できません。ローマ字は ふりがなを ABCに おきかえた ものでは なく,日本語の 音声を ABCで 書いた ものです。基本的には おなじ 音声を おなじ つづりで 書くのが きまりです「おう」「おお」「オー」を ou, oo, oh の ように 書きたく なる 人は ふりがなと ローマ字の 関係を 正しく 理解 していないのかも しれません。くわしくは「ことばと 文字の 関係」を お読み ください。

「^後置式」

â, î, û, ê, ô の かわりに a^, i^, u^, e^, o^ と 書く 方式です。

「^後置式」は ほかの 方式に くらべて 読みやすいのが いい ところです。また,可逆的で ある ことも 利点です。つまり,長音符号つき文字に もどす ことが できます。

しかし,記号を ふくんでいる ために すこし つかいにくいのが 欠点です。メール アドレス・URL・SNSの ユーザー名(ハンドル)・ファイル名 などの つかい道を かんがえれば,記号は ない ほうが いいでしょう。

ra^men(ラーメン)
bi^ru(ビール)
su^pu(スープ)
ke^ki(ケーキ)
to^hu(豆腐)

「x後置式」

â, î, û, ê, ô の かわりに ax, ix, ux, ex, ox と 書く 方式です。

「x後置式」は エスペラントの 代用表記(x後置式)を まねた ものです。可逆的で,長音符号つき文字に もどす ことが できます。しかも,記号を ふくまないので,つかい道を えらびません。ふつうの テキスト エディターで ローマ字文を 書く ときに 単語選択や 単語検索を しやすい 利点も ありますエスペラントでは 英語の ch, sh に あたる 子音を ĉ, ŝ と 書きます。この 特殊な 文字が つかえない ときの ために,まにあわせの 書きかたが きめてあります。これを「代用表記」と いいます。いくつか 方式が あり,その ひとつが ĉ, ŝcx, sx に する「x後置式」です。エスペラントは x を つかわない 言語 なので,この 書きかたでも 問題が おこりません。

ただし,x を 記号の ように つかっている ところに 違和感を もつ 人も おおく,あまり つかわれません文字を 記号の ように つかうのは 特殊な ことでは ありません。英語も ch, sh などで h を 記号の ように つかっています。

raxmen(ラーメン)
bixru(ビール)
suxpu(スープ)
kexki(ケーキ)
toxhu(豆腐)

母音字が 大文字の ときは x も 大文字に する 流儀が あります。

Oxsaka, OXsaka(大阪)

「h後置式」

â, î, û, ê, ô の かわりに ah, ih, uh, eh, oh と 書く 方式です。

rahmen(ラーメン)
bihru(ビール)
suhpu(スープ)
kehki(ケーキ)
tohhu(豆腐)

「h後置式」は ドイツ語の つづりを まねた ものと いわれています。この 方式には h の あとに 母音字 または h, w, y が あると 読みかたが わからなく なる 欠点が あります。これを ふせぐには きる印(')が 必要です。この 欠点は 重大で,実用の レベルで 問題が あります。もっと はっきり いえば,「h後置式」は つかいものに なりません。

nohen(農園,ノヘン?)
noh'en
bohhan(防犯,ボッハン?)
boh'han
tohwaku(当惑,トファク?)
toh'waku
kohyaku(公約,コヒャク?)
koh'yaku


「h後置式」と よく にた 書きかたに,オ段の 長音 だけ oh に する 書きかたが 昔から あります。スポーツ選手の 名前で つかわれた ことから 有名に なって,いまでは 一般人の あいだにも ひろまっています。外務省も パスポートの 名前の 書きかたに これを とりいれています。しかし,オ段の 長音 だけ oh に する 書きかたは まちがいです。一般人が 書いて しまう 変な ローマ字の ひとつに なっていて,「スポーツ選手式」とか「野球選手式」などと よばれています「h後置式」は 性能が わるすぎて 実用性に かける ものの,一応は かんがえて つくられており,その ルールも あきらかです。それに たいして,オ段の 長音 だけ oh に する 書きかたは 理屈に もとづいておらず,つかいかたも 人に よって ちがいます。なぜ スポーツ選手が oh を このんで つかう ように なったのかは よく わかりませんが,この 書きかたを 有名に したのが プロ野球の 王貞治選手で ある ことは はっきり しています。プロ野球は アメリカの まねを する ことに 意味が ある ため,英語風の つづりを このんだとも かんがえられます。外務省も 日本人の 名前を 英語風の つづりで 書かせようと していますが,おなじ 理由かも しれません。ただし,英語の はなし手が oh を〈オー〉と 読むとは かぎりませんし,o を〈オー〉と 読まないとも かぎりません。英語の John は〈ジョン〉で,go は〈ゴー〉なのですから。自分の 名前が 外国人に 読まれる ときの 発音を 気に する 人が oh を つかう ことは よく ありますが,外国人は その 名前を おもいどおりの 発音では 読んで くれません。日本人が それを みた ときに〈オ〉か〈オー〉か 判別 できるという だけです。

Satoh Yuhka (佐藤優香) 【h後置式】
× Satoh Yuka (佐藤優香) 【「スポーツ選手式」

「スポーツ選手式」には 特徴が ふたつ あります。ひとつは かならず ヘボン式の つづりで つかわれる ことです。訓令式を 意識 して つかっている 人が この 書きかたを する ことは まず ありません。もう ひとつは つかいかたに 一貫性が ない ことです。つかう 人は かならず つかうというのでは なく,つかったり つかわなかったり します。「スポーツ選手式」を つかう 人に 共通 しているのは,ルールに のっとって ローマ字を 書くという かんがえが まったく ない ことです。もしかしたら,ローマ字を 書いている つもりでは ないのかも しれません。

Ohtani Shohei(大谷翔平)
GYOZA OHSHO(餃子の王将)


「ローマ字一週間」(英文大阪毎日学習号編輯局)

これは 大正時代に 書かれた ヘボン式の 解説書ですが,人名に かぎって oh を みとめています。英語に かかわる 分野では 昔から oh に 肯定的だった ようです。

代用表記を つかわない やりかた

99式

99式長音符号つき文字を つかわずに 長音を 書きますから,代用表記の 必要が ありません。読み手が 99式を しっていれば,これを もちいる ことも できます。

raamen(ラーメン)
biiru(ビール)
suupu(スープ)
keeki(ケーキ)
touhu(豆腐)

ただし,99式は 現代仮名遣いと おなじ 欠点を もっています。実用の レベルで おおきな 問題は おこりませんが,やや 性能が おとります。代用表記を しっている 人が あえて 99式を えらぶ 理由は ないでしょう。

kousi(講師? 子牛?)
→ kousi, ko'usi
yuuutu(憂鬱,ユウーツ?)
→ yuu'utu
kouu(降雨,コウー?)
→ kou'u

「英語式」

もう ひとつ かんがえられる 手は「英語式」ですが,これを つかっては いけません。「英語式」は あくまでも 英語の 書きかたで あり,日本語を 正しく 記述 できないからです。「英語式」で むりやり 日本語を 書くと,日本人が みても まともに 読めない つづりに なって しまいます。

Ono(小野? 大野?)
Yuki(雪? 勇気?)
obasan(おばさん? おばあさん?)
zeni(銭? 善意?)

正しい ローマ字は 正しい 発音で 読めます。代用表記も ほぼ 正しい 発音で 読めます。しかし,「英語式」は 正しい 発音で 読めません。これでは まにあわせにも なりません。

おぎない

おまけの メリット

代用表記には おまけの メリットが あります。キーボードの あつかいが 楽に なる ことです。長音符号つき文字を 機械で 入力 する ときは,デッドキーを つかったり しなければ ならず,キーボードの あつかいが すこし 面倒です。代用表記なら それを しなくて いいので,タイピングが 楽に なります。代用表記に すると,字数は ふえて しまいますが,キーを たたく 回数は ほとんど かわりません。

これを メリットと かんがえる ことも できます。自分用の メモ,友人あての メール,チャット などで,長音符号つき文字が つかえる ときでも 代用表記で 書く 手が あります。その ほうが 楽だからです。いってみれば「手ぬき入力」です。

「代用表記の 変換」ツール

「^後置式」と「x後置式」は 可逆的で,ふつうの つづりに もどせます。しかも,それを するのに 人間が ひとつひとつ 目で みて 書きかえる 必要は ありません。すべて 機械まかせに できます。

ここには その 処理を おこなう ツールが あります。それを つかえば,代用表記で おくられてきた メールの 文面を ふつうの つづりに もどして 読んだり,「手ぬき入力」で 下書き した 文章を ふつうの つづりに もどして 清書 したり できます。この ツールは「代用表記の 変換」に あります。

代用表記の つかいわけ

ここでは「母音字かさね式」「^後置式」「x後置式」を つかいわける ように すすめます。それぞれに 長所と 短所が あります。

つかい道の ひろさから かんがえた「つかいやすさ」,人間に とっての「読みやすさ」,長音符号つき文字への「もどしやすさ」の 3点で 各方式を くらべると,下の ように なります。

つかいやすさ読みやすさもどしやすさ
「母音字かさね式」×
「^後置式」×
「x後置式」×

そこで,つぎの ように つかいわけます。