「ローマ字のつづり方」

「ローマ字のつづり方」

ローマ字の 書きかたは「訓令」で さだめられました。訓令式という 名前は ここから きています。「訓令」とは 行政機関に たいする 命令ですが,国民の 生活に かかわる 事柄も あります。ひろく 一般に しらせる 必要が ある ものは 官報で 公開 されます。これを「告示」と いいます。

「ローマ字のつづり方」は 1954(昭和29)年に 内閣総理大臣が 各官庁に あてて だした 訓令です。すなわち,すべての 行政機関に たいする 命令ですしたがって,民間の 企業などが これに したがう 義務は ありません。

内閣訓令第一号

各官庁

ローマ字のつづり方の実施について

国語を書き表わす場合に用いるローマ字のつづり方については、昭和十二年九月二十一日内閣訓令第三号をもつてその統一を図り、漸次これが実行を期したのであるが、その後、再びいくつかの方式が並び行われるようになり、官庁等の事務処理、一般社会生活、また教育・学術のうえにおいて、多くの不便があつた。これを統一し、単一化することは、事務能率を高め、教育の効果をあげ、学術の進歩を図るうえに資するところが少なくないと信ずる。

よつて政府は、今回国語審議会の建議の趣旨を採択して、よりどころとすべきローマ字のつづり方を、本日、内閣告示第一号をもつて告示した。今後、各官庁において、ローマ字で国語を書き表わす場合には、このつづり方によるとともに、広く各方面に、この使用を勧めて、その制定の趣旨が徹底するように努めることを希望する。

なお、昭和十二年九月二十一日内閣訓令第三号は、廃止する。

昭和二十九年十二月九日

内閣総理大臣 吉田 茂

内閣告示第一号

国語を書き表わす場合に用いるローマ字のつづり方を次のように定める。

昭和二十九年十二月九日

内閣総理大臣 吉田 茂

ローマ字のつづり方

まえがき

  1. 一般に国語を書き表わす場合は、第1表に掲げたつづり方によるものとする。
  2. 国際的関係その他従来の慣例をにわかに改めがたい事情にある場合に限り、第2表に掲げたつづり方によつてもさしつかえない。
  3. 前二項のいずれの場合においても、おおむねそえがきを適用する。

第1表 〔( )は重出を示す。〕
第1表
第2表
第2表

そえがき

前表に定めたもののほか、おおむね次の各項による。

  1. はねる音「ン」はすべてnと書く。
  2. はねる音を表わすnと次にくる母音字またはyとを切り離す必要がある場合には、nの次に'を入れる。
  3. つまる音は、最初の子音字を重ねて表わす。
  4. 長音は母音字の上に^をつけて表わす。なお、大文字の場合は母音字を並べてもよい。
  5. 特殊音の書き表わし方は自由とする。
  6. 文の書きはじめ、および固有名詞は語頭を大文字で書く。なお、固有名詞以外の名詞の語頭を大文字で書いてもよい。

解説

いきさつ

ローマ字には 明治時代から いくつもの 方式が ありました。それらの 中で ヘボン式日本式が はげしく 対立 して 混乱 していたのですが,1937(昭和12)年に 内閣訓令第三号が できて,ルール上は 統一 されました。この 訓令で さだめられた 書きかたが 自然に 訓令式と よばれる ように なった わけです。ところが,ヘボン式は そのまま つかわれつづけ,戦後に なると 占領政策として 一部の 分野で ヘボン式が 強制 された ことも あって,ヘボン式訓令式が 対立 する ように なり,ローマ字の 混乱は おさまりませんでした。こういう 状況の 中で,1954(昭和29)年の 内閣訓令第一号が つくられました。

ローマ字の 書きかたを さだめた 公式の ルールは いまの ところ これしか ありません。

第1表と 第2表

1937(昭和12)年の 訓令は 訓令式 だけを さだめていましたが,1954(昭和29)年の 訓令は「統一」「単一化」と うたいながら 3種類の 方式を さだめています。第1表の 訓令式,第2表 前半の ヘボン式,第2表 後半の 日本式です。つまり,第2表が つけくわえられた わけです。各方式の 名前は 書かれていませんこまかい ことを いえば,第2表も あたらしい 訓令の 一部ですから,第2表も「訓令式」と よぶ かんがえが なりたちます。ローマ字の 専門家は「ローマ字のつづり方」で 定義 されている つづり方を まとめて「訓令式」(または「訓令式新表」)と いい,それぞれの つづり方を「訓令式(新表)第1表」「訓令式(新表)第2表」と よんで 区別 する ことが あります。

表の 書きかたは 不親切です。第1表は,いわゆる「ローマ字表」の 形に なっている ものの,音声が 書かれていないので,どの 音声が どの つづりに 対応 するのか わかりません。第2表に いたっては 差分 だけです。ルールの 定義に しては いいかげんな 書きぶりです第1表は 五十音図の 形に あわせてある ことが あきらかなので 意味は わかりますが,第2表は ローマ字に くわしい 人が みないと まったく 意味が わかりません。

あとでも ふれますが,ヘボン式の こまかい 仕様に ついては くわしい 説明が ありません。また,日本式wi, we は どこにも 書いてありません。つまり,これらの 部分は この 規格に とりこまれていません。

まえがきと そえがき

まえがきの 第1項と 第2項で,通常は 第1表を つかい,特殊な 事情が ある 場合に かぎって 第2表を つかって いい,と のべています。つまり,通常は 訓令式を つかい,特別な 場合 だけ ヘボン式日本式を つかう 例外を みとめる,というのが この 規格の 骨ぐみです。

まえがきの 第2項に ある「国際的関係その他従来の慣例をにわかに改めがたい事情」というのは 特殊な 時代背景を いっています。占領期に GHQが だした 命令の せいで,当時は ヘボン式で 書かれた 掲示物が たくさん ありました市町村名などを 道や 駅に 英語で 掲示 する 命令が だされ,固有名詞は ヘボン式ローマ字で 書く ように 指定 されました。。これらが 違反に ならない ように しています。

そえがきの 第1項と 第2項は 撥音(ン),第3項は 促音(ッ),第4項は 長音(ー)の 書きかたを 説明 しています。第4項の 後半は Ôsaka(大阪)を Oosaka に しても いいという 意味です。

そえがきの 第5項に ある 特殊音は 外来語で つかわれる〈ティ〉〈ファ〉〈チェ〉などの 音声です。ここでは 書きかたを さだめず,自由に 書いて いい ことに しています。

そえがきの 第6項 前半は 文と 固有名詞の 先頭は 大文字に する ことを 説明 しています。第6項 後半では 普通名詞の 先頭を 大文字に しても いいと いっています。戦前は 普通名詞の 先頭を 大文字に していましたが,戦後は それを 小文字に する 書きかたが おおく なりました。ここでは ふるい 書きかたも みとめる ことに しています。

ヘボン式の 仕様の 解釈

ヘボン式には「ローマ字表」以外にも 訓令式と ちがう 規則が あります。しかし,ここには ヘボン式に かんする くわしい 説明が なく,定義 そのものが はっきり しません。

一般的な ヘボン式b, m, p の 前に ある 撥音を m と 書き,ch の 前に ある 促音を t と 書き,撥音の うしろの くぎり記号を ハイフン(-)に して,長音符号を マクロン(¯)に します。ところが,この 規格は 第2表を もちいる 場合も 第1表を もちいる 場合と おおむね おなじで あると いっています。

これを すなおに 解釈 すれば,第2表の ヘボン式も,第1表の 訓令式と おなじ ように かんがえて,b, m, p の 前に ある 撥音は n と 書き,ch の 前に ある 促音は c と 書き,撥音の うしろの くぎり記号は きる印(')に して,長音符号は 山形(^)に する ことに なります。

しかし,もし 一般的な ヘボン式と おなじ 書きかたに しても 第1表の 訓令式と おおむねは おなじだと いえますから,その ように 書くのが 公式の ルールだと かんがえる ことも できます。あるいは,訓令式と おなじに しても 一般的な ヘボン式と おなじに しても,どちらでも いいという 意味かも しれません。


この サイトは 最初の 立場を とります。すなわち,b, m, p の 前に ある 撥音は nch の 前に ある 促音は c,撥音の うしろの くぎり記号は きる印('),長音符号は 山形(^)に するのが 公式の ルールで あると 解釈 しますこの 解釈の 場合,第2表の ヘボン式で 書かれた ものを 実際に 目に する ことは ありません。この 書きかたが 何かに 採用 された 例は ないと おもわれます。実際には 存在 しない 書きかたです。

一般的第2表
電波dempadenpa
一致itchiicchi
空港kūkōkûkô
原因gen-ingen'in

「折衷」の 意味

「ローマ字のつづり方」は 折衷だと いわれます。もともと,訓令式を つくった 1937(昭和12)年に ローマ字は 統一 された はずでした。しかし,実際には それからも ヘボン式は つかわれつづけました。戦後に なると,GHQが だした 命令の せいで,いたる ところ ヘボン式の 掲示物だらけに なって しまいました。そこで,1954(昭和29)年に ルールの ほうを 現実に あわせて,訓令式でも ヘボン式でも いい ことに して しまったと かんがえられているからです。

ときどき,訓令式ヘボン式日本式の 折衷だと いわれる ことも ありますが,これは まちがいです。訓令式ヘボン式の かんがえかたを しりぞけて 日本式の かんがえかたを うけついでいます。かんたんに いえば,日本式を あたらしく したのが 訓令式ですただし,ヘボン式の かんがえかたも 一部は とりいれられました。日本式ヘボン式の かんがえが 両方 はいっているという 意味で,訓令式は 折衷と いえない ことも ありません。また,ほかの 理由も かんがえられます。ローマ字の 方式を 統一 するには ふたつの 陣営の 対立を おさめる ことが 大切ですから,ヘボン式の 支持者の メンツを つぶさない ように,ことばを えらんでいるのでは ないかと おもわれる ことです。

問題点

規格の 不自然さ

「ローマ字のつづり方」には 不自然な ところが たくさん あります。まず,もともと ヘボン式日本式の 対立を 解消 する ために 訓令式を つくったのに,ヘボン式日本式が いきかえっています。占領期に ヘボン式が ふえて しまったとは いっても,これからは あたらしい ものが 訓令式で 書かれる ように なり,ヘボン式で 書かれた ふるい ものは 自然に へっていきます。1937(昭和12)年の 訓令を つくった ときと おなじ 状況です。したがって,第2表を つけたす 必要は なかった はずです。

ヘボン式の こまかい 仕様を 説明 していないのも 不自然です。すでに のべた とおり,この 規格は ヘボン式の 仕様を 完全な 形では とりいれていません。そのため,一般的な ヘボン式と 第2表の ヘボン式は 書きかたが ちがいます。

何より おかしいのは,公共の ローマ字が「ローマ字のつづり方」に まったく したがっていない ことです。この 規格の 目的は あくまでも 訓令式で 統一 する ことです。ヘボン式で 統一 する ことでは ありません統一とは ただ 一本化 するという 意味では なく,日本語を 書きあらわすのに ふさわしい 方式を 言語学の 理屈に もとづいて ひとつ さだめるという 意味です。。ところが,公共の ローマ字は ヘボン式の 変種 ばかりに なっています。しかも,それらは 第2表の ヘボン式では なく,この 規格の どこにも 書かれていない ヘボン式です。きびしい いいかたを すれば,公共の ローマ字は すべて この 規格から はずれています。これでは ルール違反では ありませんかまえがきの 第2項を 拡大解釈して,いまでも 特殊な 事情が あるのだと いいはれば,第2表の ヘボン式を もちいる ことは 可能です。しかし,この 規格に 書かれていない ヘボン式を もちいる ことは できない はずです。

訓令式で 統一 する?

「ローマ字のつづり方」は 本当に 訓令式を 徹底 しようと して つくられたのでしょうか? そうでは なかった うたがいが あります。たとえば,まえがきと そえがきに ある「おおむね」という ことばです。この 規格に 書かれていない ヘボン式を つかっても,おおむねは 規格に のっとっているから ルール違反に ならないと いいのがれが できて しまいます訓令式を 正式と さだめている ように みえて,実際には ヘボン式を もちいる ことが できる ように なっています。官僚の 作文には こういう ことが よく あります。このような テクニックを 俗に “霞が関文学” と いいますが,「おおむね」も その たぐいです。

じつは,専門家が つくった 原案(国語審議会の 建議案)の 段階では,「教育の場」「公文書」「地名」には かならず 第1表を もちいる ルールに なっていたのですが,最終的に 規格が できあがった とき,その 文言は きえていました。この 事実からも,官僚は はじめから 訓令式で 統一 する つもりでは なかったと おもわれます。そう かんがえると,表の 書きかたが いいかげんで ある ことや,ヘボン式の こまかい 説明が ぬけおちている ことも,つじつまが あいます。はじめから ルールに したがう つもりが なければ,ルールを 厳密に 定義 する 必要も ない わけです。

「ローマ字のつづり方」は できた ときから 骨ぬきに されていたのでしょう。うがった みかたを すれば,ヘボン式を 合法化 する ために 1937(昭和12)年の 訓令を 改訂 したとも かんがえられます。

これから

原案の かんがえを 尊重 する

「ローマ字のつづり方」は,「常用漢字表」「現代仮名遣い」などと おなじ ように,日本語の 書きかたを さだめている 大切な ルールです。「常用漢字表」は 一般社会で 尊重 されていますし,「現代仮名遣い」から はずれた 書きかたを すれば 小学生に わらわれて しまいます。法律の ような 強制力は ない ものの,世の中の ルールとして みとめられています。ところが,「ローマ字のつづり方」は ないがしろに されていて,おきてやぶりが まかりとおっています。はっきり いって,これは 異常です。

言語は 文化だと いわれます。公の 組織が ルールに ぬけ穴を つくり,みずからの 文化を おとしめている だけで なく,その 言語で 生活 している ほとんどの 人が その おかしさに 気づいてさえ いません。日本語を 世界に 発信 する ときは かならず ローマ字表記に するのですから,これでは 世界に 恥を さらしている ような ものです。

このような 状況は かえていかなければ なりません。しかし,張本人が 官僚で ある 以上,上からの 改革は のぞめません。一般人が できる ことを やっていくしか ないでしょう。このとき,よりどころに なるのが「ローマ字のつづり方」の 原案に こめられていた かんがえです:ローマ字は 日本語で くらしている 人が おぼえやすく つかいやすい もので なければ ならない こと;そして,ローマ字は 日本語の 性質に あった 書きかたで なければ ならない ことですこの サイトは ルールに したがえと いっているのでは ありません。ルールを つくった ときの 理念に たちかえれと いっています。くわしくは「訓令式の 根拠」を お読み ください。

ルールの つくろいと おぎない

「ローマ字のつづり方」は 半世紀 以上も 前に つくられた ものですから,ふるく なって ほころびている ところが あります。つくろいが 必要かも しれません。

たとえば,そえがきの 第4項の 後半を もうけた 理由は もう ありません。第6項に ある,普通名詞の 語頭を 大文字に する 書きかたも いまは もう おこなわれていません。

また,「ローマ字のつづり方」は ローマ字の 書きかたを すべて さだめている わけでは ありません。おぎないが 必要な ところも あります。

たとえば,そえがきの 第5項に ある,〈ティ〉〈ファ〉〈チェ〉といった 特殊音の 書きかたが きまっていません。そのため,おおくの 外来語は 書きかたが さだまらない ままに なっています。特殊音の ほかにも,分かち書き,句読点,ハイフネーションなどの ルールも 公式の ものが ありません。

公式の ルールが ないと 学校で おしえる ことが できません。いまの 学校で ならう 知識 だけでは 小学生が 日記を 書く ことも できません。すくなくとも 一般的な 外来語に つかわれる 特殊音と おおまかな 分かち書きを さだめた ルールが 必要でしょう。