長音符号つき文字の 入力

はじめに

パソコンなどの 機械で ローマ字文を 書く とき,長音符号つき文字(â, î, û など)は 特殊な キー操作で 入力 しなければ なりません。その 方法を 説明 します。

Â Î Û Ê Ô â î û ê ô
Ā Ī Ū Ē Ō ā ī ū ē ō

基本的には Windows環境 のみですが,環境に 依存 しない,ブラウザー上で うごく ツールも あります。

変換 して 入力 する

もっとも 原始的な 方法は 変換 して 入力 する 方法です。ほんの 数文字 だけ ローマ字で 書きたい 場合は これで 十分です。

単語登録

だれでも できる 方法は 単語登録です。「ああ」または「あー」を â, Â, ā, Ā に 変換 できる よう,単語登録 しておきます。


変換 して 入力 する

MS-IME用の 設定ファイルが あります。ご自由に おつかい くださいダウンロード して 展開すると,1個の テキスト ファイルに なります。辞書ツールの「ツール(T)」→「テキストファイルからの登録(T)」で その ファイルを 指定 して ください。おまけに,「ん」を ñÑ に 変換 できる ように してあります。

ローマ字テーブル

すこし むつかしい 方法に なりますが,日本語入力 システムの ローマ字テーブルに くみこんで しまう 手も あります。

たとえば,Google日本語入力の ローマ字テーブルに つぎの 設定を つけくわえます(â, Â, ā, Āの 例)。

入力出力次の入力
zraâ
âaÂ
Âaā
āaĀ
Āaâ

そして,つぎの ように つかいます。

これなら おなじ キー操作で かならず おなじ 文字が うちだせます。変換候補を 目で みて えらぶ 手間が かからないので 便利です。

Google日本語入力用の 設定ファイルが あります。ご自由に おつかい くださいダウンロード して 展開すると,1個の テキスト ファイルに なります。いまの 設定を エクスポート して,それに この ファイルの 内容を つけたし,インポート します。

「文字コード表」から 入力 する

「文字コード表」から 文字を 選択 して 入力 する ことが できます「ファイル名を指定して実行」や「プログラムとファイルの検索」で charmap と 入力 すると「文字コード表」が たちあがります。


文字コード表

「文字一覧」から 入力 する

「IMEパッド」の「文字一覧」から 文字を 選択 して 入力 する ことが できますMS-IMEが ONの 状態で Ctrl+F10,P と キーを おすと「IMEパッド」が たちあがります。


文字一覧

Microsoft Wordで 入力 する

Microsoft Word には デッドキー風の 機能が あります符号つきの 文字を もちいる 言語の キーボードには,キーを 2回 おして 1文字を 入力 する 機能を もっている ものが あります。1個めの キーを おした ときには 何も 表示 されず,つづけて 2個めの キーを おすと 符号つきの 文字が 入力 される しくみです。たとえば,フランス語の キーボードでは,^,Eと つづけて キーを おして ê を 入力 する ことが できます。この ひとつめの キーを デッドキーと よびます。。これで 長音符号つき文字も 入力 できます。Microsoft Word は 作業用です。できあがった 文章を コピー&ペーストで つかいます。

ただし,この やりかたでは マクロン(¯)が ついた 母音字は 入力 できない ようです。マクロン(¯)は ヨーロッパの メジャー言語で つかわれないからでしょうマクロン(¯)が ついた 文字は ヨーロッパの メジャー言語で つかわれないので,ISO/IEC 8859-1(いわゆる Latin-1)に ふくまれていません。

つかいかた

Ctrl+^が デッドキーの かわりに なります。

キーボード レイアウトを 変更 して 入力 する

Microsoft Word なしで デッドキーの 機能を つかえる ように するため,キーボード レイアウトを きりかえる 方法も あります。手順 を 参考に して,「カナダ式フランス語」の キーボード レイアウトを インストール します。「入力言語」は「フランス語(カナダ)」,「キーボード レイアウト」は「カナダ マルチリンガル標準」に して ください。


キーボード レイアウト

カナダ式フランス語の キーボード レイアウトを つかう ときは,キーボード レイアウトを「JP」から「FR」に きりかえますキー操作で きりかえる ことも できます。デフォルトでは 左Alt+Shift です。。これで,@キーが 山形(^)の デッドキーに なります。^キーで ない 理由は,フランス語の キーボード レイアウトでは @キーの 位置が ^キーだからです。すこし おぼえにくいですが,こちらの ほうが おしやすくて いいかも しれません。

この 方法なら Microsoft Word 以外の アプリケーションでも つかえて 便利です。ただし,記号類の 配列が かわりますので 気を つけて ください。[参考 ]

つかいかた

@キーが デッドキーに なります。


カナダ式フランス語では なく,スペイン語の キーボード レイアウトに する 手も ありますこの 場合,デッドキーは Shift+@ に なりますが,;キーで ñ を 入力 できる 利点が あります。

マクロン(¯)を つかいたい 場合は マオリ語の キーボード レイアウトに すると いいでしょう。

「メモ帳」で 入力 する

この サイトには ローマ字文を 入力 する「メモ帳」(テキスト エディター)が あります。ブラウザー上で うごく ツールですから,環境に 依存 しません。インストール する 必要が ないので,管理者権限の ない パソコンなどでも つかえます。ただし,高度な 機能は ありません。

画面を ひろく しないと うごきません。スマートフォンでは つかえません。

つかいかた

長音符号つき文字は 母音字の キーの つぎに を おすか,または の つぎに 母音字の キーを おして 入力 します。つかいやすい ほうで 入力 して ください。

「代用表記の 変換」で 入力 する

この サイトには 代用表記と 通常の 表記を 相互に 変換 する「代用表記の 変換」が あります。ブラウザー上で うごく ツールですから,環境に 依存 しません。インストール する 必要が ないので,管理者権限の ない パソコンなどでも つかえます。

つかいかた

ふつうの テキスト エディター などを つかって 長音を 代用表記で 書いた テキストを つくって,それを「代用表記の 変換」の 入力欄(テキスト ボックス)に はりつけます(入力欄に じかに 書きこんでも かまいません)。それから[もどす]ボタンを おすと,通常の 表記に 変換 されます。結果を コピー&ペーストで おつかい ください。

キーボードの 操作性

いろいろな 操作方法

いきさつ

タイプライターが 日本に 紹介 された ころから,ローマ字論者は キーの 配列に ついて さまざまな 考察と 提案を おこなって きました。それにも かかわらず,現在 一般的に つかわれている キーボードには 長音符号つき文字を 直接 入力 できる キーが ありません。間接的に 入力 する ための キー操作も さだめられて いません。これは 産業界の ローマ字に たいする 無理解が 原因です。自分の ことばを 書く 文字を 機械に 入力 する 方法が さだまっていない わけで,これは 文明国として はずかしい ことです。


タイプライターの 広告

キーの ならびが 日本語(ローマ字)に あわせて かえてあります。

この サイトは,暫定的な アイデアでは ありますが,たやすく つかえる キー操作を 提案 しています。下の 節で,いくつかの 操作方法を 紹介 してから,その 中の ひとつを えらびます。

直接 入力 する

あまり つかわない キーを 長音符号つき文字に わりあてて,それで 直接 入力 できる ように します。ドイツ語の キーボードには ä, ö, ü, ß を 直接 入力 できる キーが あります。日本語の 場合も,あまり つかわない キーの 中から 5個を えらんで â, î, û, ê, ô に わりあてる 方法が かんがえられます。

あまり つかわない キーとしては,たとえば,記号類の キー(^, [, @, ], ; など)が おもいつきますが,ローマ字文で つかいにくい 文字の キー(C, F, J, L, V など)も かんがえられます。アイデアは いろいろ あるでしょう。

しかし,これでは A,I,U,E,O の キーと Â,Î,Û,Ê,Ô の キーが 無関係に ちらばる ことに なり,つかいやすく ないでしょう。いまの キー配列(いわゆる QWERTY配列)を 根本的に みなおして,日本語に あわせた キー配列を つくる かんがえも あります。しかし,実際の 文章は 日本語の 中に 外国語の 語句や 文が そのまま まざりこんでいる ことも おおく,日本語の キー配列と 外国語の キー配列を きりかえながら 入力 しなければ ならない ことに なって,かえって 面倒かも しれません長音符号つき文字を 入力 する 話から はずれますが,QWERTY配列を すこし 変更 する 方向性は かんがえてみる ねうちが あります。たとえば,ローマ字文では ほぼ つかわない FJ が おしやすい 位置に あるのは もったいないでしょう。これらを もっと よく つかう キーと いれかえれば,操作性が よく なると かんがえられます。これは 突飛な アイデアでは ありません。ドイツ語の キーボードは YZ を いれかえています。ローマ字の 場合,JY を いれかえると いいかも しれません。


じつは,長音符号つき文字を 直接 入力 できる ことは あまり 重要では ありません。なぜなら,長音は 2拍だからです「拍」は ことばの 時間的な ながさを あらわす 単位です。手拍子に あわせて「おばさん」と いう とき,手を 4回 たたきます。「おばあさん」だと 5回です。このとき,「おばさん」は 4拍,「おばあさん」は 5拍で あると いいます。こまかく 観察 すると,「ば」では 1回,「ばあ」では 2回 手を たたいている ことが わかります。「ばあ」が 2文字だから 2回 手を たたくのでは ありません。「ばあ」が「ば」の おおよそ 2倍の ながさで 発音 されるからです。ki は 2文字ですから キーを 2回 おして 入力 します。 も 2文字ですが キーを 2回 おして 入力 できないと 不便でしょうか? そんな ことは ないでしょう。 を 入力 するのに キーを 3回 おさなければ ならないと しても,そんなに 不便では ありません。むしろ,3回の ほうが 自然に かんじる 人も いるのでは ないでしょうか。ローマ字入力でも「キ」を 入力 するのに 2回,「キー」を 入力 するのに 3回 キーを おしています。

これから のべる 方式は すべて この かんがえに もとづいています。

デッドキー方式

デッドキーを つかって 入力 する 方法です。フランス語の キーボードには デッドキー(^)が あり,^,E と つづけて キーを おして ê を 入力 します。

ローマ字の 場合は,記号類の ^@ や あまり つかわない LQ などを デッドキーに する 方法が かんがえられます。

この 方式の 欠点は デッドキーの 文字を 入力 したい 場合に 特殊な キー操作に なる ことです。上の デモでは デッドキーを 2回 つづけて おすと 入力 できます。

また,デッドキーを おした ときに 何も 表示 されません。ユーザーの 操作に たいして レスポンスが ないのは ユーザー インターフェースとして みすごせない 欠点です。

逆デッドキー方式

デッドキー方式の キーを おす 順序を さかさまに した 方式です。ひとつめの キーを おした ときに 長音符号 なしの 文字が 表示 され,ふたつめの キーを おすと その 文字の 上に 山形(^)が つけたされます。これは 長音を 入力 する ときの 感覚に あっていて 自然です。

この 方式の 欠点は a@ などを 本当に 入力 したい 場合に 特殊な キー操作に なる ことです。上の デモでは 入力 できません。

代用表記(^後置式 または x後置式)を 変換 する

^後置式 または x後置式の 代用表記を 入力 して,それを リアルタイムで 長音符号つき文字に おきかえる 方法です。逆デッドキー方式の ふたつめの キーを ^ または X に した ものと かんがえても いいでしょう。

この 方式は わかりやすく,長音を 入力 する ときの 感覚にも あっていて 自然です。しかし,^X は すこし おしにくい キーですから,つかいにくいかも しれません。

この 方式の 欠点は a^, ax などを 本当に 入力 したい 場合に 特殊な キー操作に なる ことです。上の デモでは 入力 できません。

代用表記(母音字かさね式)を 変換 する

母音字かさね式の 代用表記を 入力 して,それを リアルタイムで 長音符号つき文字に おきかえる 方法です。

これは わかりやすく,しかも キーが おしやすい 方式です。長音を 入力 する ときの 感覚にも あっていて 自然です。

この 方式の 欠点は aa などを 本当に 入力 したい 場合に 特殊な キー操作に なる ことです。上の デモでは @を あいだに いれる ことで 入力 できます。

この サイトの 提案

この サイトは 逆デッドキー方式を すすめます。ふたつめの キーは おしやすい ;に します。これ だけでは 母音字の あとに ; を 入力 する ことが できませんから,:による デッドキー方式も あわせて つかえる ように します。


この サイトには ローマ字文を 入力 する「メモ帳」(テキスト エディター)が あります。ブラウザー上で うごく ツールですから 環境に 依存 しません。インストール する 必要が ないので 管理者権限の ない パソコンなどでも つかえます。ただし,高度な 機能は ありません。

※ 画面を ひろく しないと うごきません。スマートフォンでは つかえません。


もっと いい アイデアが あったら,「おといあわせ」から おしえて ください。