長音符号つき文字の 入力

はじめに

パソコン などで ローマ字文を 書く とき,長音符号つき文字(û,ô など)は 特殊な キー操作で 入力 しなければ なりません。その 方法を 説明 します。基本的には Windows環境 のみですが,環境に 依存 しない 方法も あります。

Â Î Û Ê Ô â î û ê ô
Ā Ī Ū Ē Ō ā ī ū ē ō

やりかたは いろいろ ありますから,つかいやすい ものを つかって ください。ローマ字用の「メモ帳」を つかえば,ローマ字で ながい 文章を 書く 作業も 楽に なります。


本当は パソコン などの キーボードが はじめから 長音符号つき文字を かんたんに 入力 できる 設計に なっていないと いけないのですが,日本は IT機器の 発達が おくれている ため,そう なっていません。そこで,ユーザーが 対応 する やりかたを 紹介 しています。

キーボードの 仕様を どのように あらためたら いいかは「キーボードの 操作性」の 章で くわしく 説明 します。

変換 して 入力 する

もっとも 原始的な 方法は 日本語入力システムの 機能を 利用 する 方法です。数文字 だけ ローマ字で 書きたい ときは これで 十分です。

単語登録

だれでも できる 方法は 単語登録です。「ああ」または「あー」を â, Â, ā, Ā に 変換 できる よう,単語登録 しておきます。


変換 して 入力 する

Microsoft IME用の 設定ファイルが あります。ご自由に おつかい くださいダウンロード して 展開すると,1個の テキスト ファイルに なります。「ユーザー辞書ツール」→「ツール」→「テキストファイルからの登録」で その ファイルを 指定 して ください。おまけに,「ん」を ñÑ に 変換 できる ように してあります。


じつは,単語登録を しなくても,Shift+A,変換 の ように すれば 変換 できます。しかし,この やりかたは あまり しられておらず,ほとんど つかわれていない ようです。キー操作が 特殊で おぼえにくく,つかいたい ときに やりかたを おもいだせなかったり して,つかいにくいからだと おもわれます。

ローマ字テーブル

すこし むつかしい 方法に なりますが,ローマ字テーブルに くみこんで しまう 手も あります。

たとえば,Google日本語入力の ローマ字テーブルに つぎの 設定を つけくわえます(â, Â, ā, Āの 例)。

入力出力次の入力
zraâ
âaÂ
Âaā
āaĀ
Āaâ

そして,つぎの ように つかいます。

これなら おなじ キー操作で かならず おなじ 文字が うちだせます。変換候補を 目で みて えらぶ 必要が ないので 便利です。

Google日本語入力用の 設定ファイルが あります。ご自由に おつかい くださいダウンロード して 展開すると,1個の テキスト ファイルに なります。いまの 設定を エクスポート して,それに この ファイルの 内容を つけたし(衝突 している ところが あれば 調整 して ください),インポート します。

「文字コード表」から 入力 する

「文字コード表」から 文字を 選択 して 入力 する ことが できます。「文字コード表」は スタートメニューの「Windows アクセサリ」の 中に あります。


文字コード表

キーボードで 操作 したい ときは,Windows+Rで「ファイル名を指定して実行」を だして charmap と 入力 して ください。

「文字一覧」から 入力 する

「IMEパッド」の「文字一覧」から 文字を 選択 して 入力 する ことが できます。「IMEパッド」は タスクバー(通知領域)の「あ」を 右クリック して 表示 される メニューの 中に あります。


文字一覧

Microsoft Wordで 入力 する

Microsoft Word には デッドキー風の 機能が あります。Ctrl+^が デッドキーの かわりに なります。これで 長音符号つき文字も 入力 できます。Microsoft Word は 作業用です。できあがった 文章を コピー&ペーストで つかいます符号つきの 文字を もちいる 言語の キーボードには,キーを 2回 おして 1文字を 入力 する 機能を もっている ものが あります。ひとつめの キーを おした ときには 何も 表示 されず,つづけて ふたつめの キーを おすと 符号つきの 文字が 入力 される しくみです。たとえば,フランス語の キーボードは ^Eê を 入力 できる ように なっています。この ひとつめの キーを デッドキーと よびます。


この やりかたでは マクロン(¯)が ついた 母音字を 入力 できない ようです。マクロン(¯)が ついた 母音字は ヨーロッパの メジャー言語で つかわれないので,ISO/IEC 8859-1(いわゆる Latin-1)に ふくまれておらず,これに 対応 していない フォントも あります。それが 理由かも しれません。


特殊な 文字

Latin-1 に ふくまれている 特殊な 文字。ā, Ā などが ありません。

外国語の キーボードで 入力 する

つねに デッドキーの 機能を つかえる ように するため,外国語の キーボードに きりかえる 方法も あります。この ばあいは フランス語の キーボード(カナダ マルチリンガル標準)を インストール します。参考:インストールの 手順


フランス語の キーボード

ローマ字を 入力 する ときは Windows+Space で「FRA」の キーボードを えらびます。これで,@キーが 山形(^)の デッドキーに なります。^キーで ない 理由は,フランス語の キーボードでは @キーの 位置が ^キーだからです。すこし おぼえにくいですが,こちらの ほうが おしやすくて いいかも しれません。


キーボードを きりかえると 記号類の キー配列が かわるので 気を つけて ください。参考:フランス語の キー配列

フランス語では なく,スペイン語の キーボードに する 手も ありますこう すると,デッドキーは Shift+@ に なりますが,;キーで ñ を 入力 できる 利点が あります。

マクロン(¯)を つかいたい ときは マオリ語の キーボードに すると いいでしょう。

本当は 日本語の キーボードで 長音符号つき文字も 入力 できる ように なっていないと いけないのですが,そう なっていません。

ローマ字用の「メモ帳」で 入力 する

ローマ字用の「メモ帳」(テキスト エディター)を つかうと ローマ字の 入力が 楽に なります。ブラウザー上で うごく ツールですから,環境に 依存 しません。インストール する 必要が ないので,管理者権限の ない パソコン などでも つかえます。画面を ひろく して おつかい ください。ただし,スマートフォンでは うごきません。

長音符号つき文字は 母音字の キーの つぎに を おすか,または の つぎに 母音字の キーを おして 入力 します。つかいやすい ほうで 入力 して ください。

「代用表記の 変換」で 入力 する

代用表記と 通常の 表記を 相互に 変換 する「代用表記の 変換」を 公開 しています。ブラウザー上で うごく ツールですから,環境に 依存 しません。インストール する 必要が ないので,管理者権限の ない パソコン などでも つかえます。

ふつうの テキスト エディター などを つかって 長音を 代用表記で 書いた テキストを つくって,それを「代用表記の 変換」の 入力欄(テキスト ボックス)に はりつけます(入力欄に じかに 書きこんでも かまいません)。それから[もどす]ボタンを おすと,通常の 表記に 変換 されます。結果を コピー&ペーストで おつかい ください。

キーボードの 操作性

いきさつ

ドイツ語の キーボードには ä を 直接 入力 する キーが あります。フランス語の キーボードには ê を 間接的に 入力 する キー操作が あります。ところが,日本語の キーボードには ô を 直接 入力 する キーも 間接的に 入力 する キー操作も ありません。

タイプライターが 日本に 紹介 された ころから,ローマ字論者は キーボードに ついて さまざまな 考察と 提案を おこなってきました。それにも かかわらず,いまも ローマ字を 入力 する やりかたは きまっていません。ワープロ(専用機)が できた あと,日本語の 入力に ふさわしい キーボードに ついて 議論が もりあがった 時代も ありましたが,そのころの アイデアは かな入力や ローマ字入力を 想定 した もの ばかりでした。このように,ワープロ・パソコン・携帯電話・スマートフォンと 時代が かわっても,ローマ字を 入力 する やりかたに ついての 議論は おきざりに されてきました。

いまの 学校は 小学生に ローマ字の 書きかたを おしえますが,その 入力の しかたは おしえません。そのため,こどもは パソコンで ローマ字の 日記を 書く ことも できません。学校で ローマ字の テストを する とき,もし 回答を キーボードから 入力 できれば,ほとんど 自動で 採点 できるので,教師の 負担を へらせます。ところが,いまは それが できません。


タイプライターの 広告

日本語の 表記システムは きわめて 複雑なので,文書の 作成・管理 などの 機械化が 外国に くらべて いちじるしく おくれています。ローマ字は 日本語の 一部ですが,日本は 自分の 言語を 機械に 入力 する やりかたを さだめておらず,義務教育で おしえていません。おそらく,こんな 国は 日本 だけでしょう。

これは 技術の 問題では ありません。社会の 問題です。世の中の ルールが 合理的に 設計 されておらず,社会の 発達が おくれている わけです。


この あと,長音符号つき文字を 入力 する キー操作を いくつか 紹介 します。それから,この サイトの かんがえを 提案 します。

いろいろな キー操作

直接 入力 する

あまり つかわない キーを 長音符号つき文字に わりあてて,それで 直接 入力 できる ように します。ドイツ語の キーボードには ä, ö, ü, ß を 直接 入力 できる キーが あります。日本語でも あまり つかわない キーの 中から 5個を えらんで â, î, û, ê, ô に わりあてる 方法が かんがえられます。

あまり つかわない キーとしては,たとえば,記号類の キー(^, @ など)が おもいつきますが,ローマ字文で つかいにくい 文字の キー(Q, X など)も かんがえられます。アイデアは いろいろ あるでしょう。

しかし,これでは A,I,U,E,O の キーと Â,Î,Û,Ê,Ô の キーが 無関係に ちらばる ことに なり,つかいにくいでしょう。いまの キー配列(QWERTY配列)を みなおして,日本語に 最適化 した キー配列を つくる かんがえも あります。しかし,じっさいの 文章は 日本語の 中に 外国語の 語句が まざっている ことも おおく,日本語の キー配列と 外国語の キー配列を きりかえながら 作業を する ことに なって 混乱 するかも しれません長音符号つき文字を 入力 する はなしから はずれますが,QWERTY配列を すこし だけ 変更 する 方向性は かんがえてみる ねうちが あります。たとえば,ローマ字文で ほぼ つかわない FJ が おしやすい 位置に あるのは もったいないでしょう。これらを もっと よく つかう キーと いれかえれば,操作性が よく なると かんがえられます。これは 突飛な かんがえで なく,じっさいに ドイツ語の キーボードは YZ を いれかえています。ローマ字は JY を いれかえると いいかも しれません。


じつは,長音符号つき文字を 直接 キー入力 できる ことは あまり 重要では ありません。なぜなら,長音は 2拍だからです。ki は 2文字ですから,キーを 2回 おして 入力 します。 も 2文字ですが,キーを 2回 おして 入力 できないと 不便かと いうと,そんな ことは ないでしょう。キーを 3回 おさなければ ならないと しても,そんなに 不便では ありません。むしろ,3回の ほうが 自然に かんじる 人も いるのでは ないでしょうか。ローマ字入力でも「き」を 入力 するのに 2回,「きー」を 入力 するのに 3回 キーを おしています「拍」は ことばの 時間的な ながさの 単位です。手拍子に あわせて「おばさん」と いう とき,手を 4回 たたきます。「おばあさん」だと 5回です。このとき,「おばさん」は 4拍,「おばあさん」は 5拍で あると いいます。こまかく 観察 すると,「ば」では 1回,「ばあ」では 2回 手を たたいている ことが わかります。「ばあ」が 2文字だから 2回 手を たたくのでは ありません。「ばあ」が「ば」の おおよそ 2倍の ながさで 発音 されるからです。

これから のべる 方式は すべて この かんがえに もとづいています。

デッドキー方式

デッドキーを つかって 入力 する 方法です。フランス語の キーボードには デッドキー(^)が あり,^E と つづけて キーを おして ê を 入力 します。これと おなじ ように する かんがえです。

記号の ^@ や あまり つかわない QL を デッドキーに すると いいでしょう。@ を つかう ばあい,つぎの ように なります。

この 方式の 欠点は @ を 入力 しにくい ことです。上の デモでは @@@ を 入力 できます。

デッドキーを おした ときに 何も 表示 されないのも 問題です。ユーザーの 操作に たいして レスポンスが ないのは ユーザー インターフェースとして みすごせない 欠点です。

逆デッドキー方式

デッドキー方式の キーを おす 順序を さかさまに した 方式です。ひとつめの キーを おした ときに 長音符号 なしの 文字が 表示 され,ふたつめの キーを おすと その 文字の 上に 山形(^)が つけたされます。これは 長音を 入力 する ときの 感覚に あっていて 自然です。

@ を つかう ばあい,つぎの ように なります。

この 方式の 欠点は a@ などを 入力 しにくい ことです。上の デモでは 入力 できません。

代用表記(^後置式 または x後置式)を 変換 する

^後置式 または x後置式の 代用表記を 入力 して,それを リアルタイムで 長音符号つき文字に おきかえる 方法です。逆デッドキー方式の ふたつめの キーを ^ または X に した ものと かんがえても いいでしょう。この 方式は わかりやすく,長音を 入力 する ときの 感覚にも あっていて 自然です。

この 方式の 欠点は a^, ax などを 入力 しにくい ことです。上の デモでは 入力 できません。また,^X は おしやすい キーでは ありませんから,この 方式は すこし つかいにくいかも しれません。

代用表記(母音字かさね式)を 変換 する

母音字かさね式の 代用表記を 入力 して,それを リアルタイムで 長音符号つき文字に おきかえる 方法です。これは わかりやすく,長音を 入力 する ときの 感覚にも あっていて 自然です。しかも,キーが おしやすい 方式です。

この 方式の 欠点は aa などを 入力 しにくい ことです。上の デモでは A@Aaa を 入力 できます。また,おなじ キーを つづけて おす ため,タイピングの スピードが おちるのも 気に なる ところでしょう。

おすすめの 操作方法

ここでは 逆デッドキー方式を すすめます。ふたつめの キーは ; に します。ただし,これ だけでは 母音字の つぎに ; を 入力 できません。そこで,: による デッドキー方式も あわせて つかえる ように します。


この 操作方法が つかえる ローマ字用の「メモ帳」(テキスト エディター)を 公開 しています。ご自由に おつかい ください。ただし,スマートフォンでは うごきません。