訓令式の 根拠

はじめに

この サイトの 立場

ローマ字の 書きかたには 「ローマ字のつづり方」という 公式の ルールが あり,日本語を ローマ字で 書く ときは,特別な 事情が ない かぎり,訓令式を もちいる ことに きまっています。あまり しられていませんが,これが 日本語の ルールです。

この サイトは 訓令式を すすめています。特別な 事情が ない かぎり,ヘボン式を つかわない ように よびかけています。

よく ある おもいちがい

一般には ヘボン式が 正しい ローマ字だと かんがえられていて,ほとんどの 人は ヘボン式を もちいる べきだと かんがえています。この 原因は たくさん ありますが,おもな ものは つぎの ふたつです。

ひとつは,日ごろ よく 目に する 公の ローマ字が,政治的な 理由から,ヘボン式の 変種ばかりに なっている ことです。このため,まるで ヘボン式が 正式で あるかの ように みえて しまいます。特に,学校の「英語」で おしえている ローマ字と パスポートの ローマ字は 影響が おおきいと おもわれます。

もう ひとつは,ローマ字教育や 国際理解教育が きちんと おこなわれていない せいで,一般人が ローマ字や 世界の 言語に かんする 知識を もっていない ことです。その 結果,ヘボン式訓令式より すぐれた 国際的な 方式だと おもわれています。これは「よく ある おもいちがい」です。ここでは この まちがいを 正します。

ローマ字の 目的

この サイトが 訓令式を すすめる 理由は,まず 第一に 日本語の ルールで そう きまっているからですが,ルールは ただの お約束です。ルールに したがえと いいつのる だけでは,思考を とめた 教条主義だと いわれて しまいます。本当の 理由は もっと 本質的な ものです。それは ローマ字の 目的から みちびかれます。そもそも なんの ために 日本語を ローマ字で 書くのかという ところまで たちもどり,その 目的に かなった 手段を えらぶと すれば,それが 訓令式に なるからです。

学校は ローマ字の 目的までは おしえませんから,ほとんどの 人は 外国人に 日本語の 発音を しめす 発音記号の ような ものが ローマ字だと かんがえています。しかも,国際感覚の まずしさから,その つづりを 英語風に すれば 外国人が 正しい 発音で 読んで くれると おもいこんでいます。それで ヘボン式が すぐれた 国際的な 方式だと かんがえて しまう わけです。

しかし,本当の ローマ字は そういう ものでは ありません。ローマ字には 発音を しめす 目的も 英語風に する 目的も ありません。ローマ字は 日本語の はなし手が 日本語の 文章を 書く ために あります。くわしくは「ローマ字の 目的」で のべていますが,ローマ字の 本当の 目的は 日本語を 世界に ひらかれた 文字で 合理的に 日本語らしく 書く ことです。


このあと,日本語らしい 書きかた,合理的な 書きかた,国際的な 書きかたの 順番で くわしく 説明 していきます。

日本語らしい 書きかた

ローマ字の 設計方針

初期の ローマ字は 外国人が 日本語を 読む ための 道具で,その つづりかたは 外国人に 都合が いい ように できていました。しかし,日本式ローマ字が つくられた とき,ローマ字は 日本人が 日本語を 書く ための 道具に なり,このとき 日本語らしく 書くという かんがえが うまれました。くわしくは「日本式の 意味」を お読み ください。

日本式は その つづりかたが 五十音図と 規則的に 対応 していますが,これは 五十音図の タテ・ヨコに ABCを あてはめて つくったからでは ありません。日本語の 性質に あわせて 設計 したからです。もっと わかりやすく いえば,日本語の はなし手が ことばを 口に だす ときの 気もちに あわせて つくったからです。

それを 動詞の 活用で 説明 します。「国語」の 勉強を おもいだして,「書ない」「貸ない」「勝ない」の「ない」を「ます」に いいかえてみて ください。こたえは「書ます」「貸ます」「勝ます」です。日本語を しっている 人なら 動詞の 活用が わかるので,「か」を「き」に,「さ」を「し」に,「た」を「ち」に いいかえる ことが できた はずです。ここで 気づいて ほしい ことが あります。それは どれも おなじ 気もちで いいかえた ことです。この 事実は,「か」と「き」,「さ」と「し」,「た」と「ち」が 日本語の 中では おなじ 関係に ある ことを しめしています。

そこで,ローマ字の つづりかたを きめる ときに,〈カ〉と〈キ〉,〈サ〉と〈シ〉,〈タ〉と〈チ〉が おなじ 関係に なる ように しようと かんがえた わけです。そう すると,〈カ〉〈キ〉は ka, ki,〈サ〉〈シ〉は sa, si,〈タ〉〈チ〉は ta, ti と 書く ルールに なります。これなら 日本語の はなし手が 自然な 感覚で 書ける ローマ字に なる はずです。これが 日本式の 設計方針です。そして,この 日本式を あたらしく したのが 訓令式です。

では,ヘボン式は どうでしょうか。アメリカ人の ヘボンが つくった 和英辞典は みだし語が ヘボン式ローマ字と カタカナと 漢字で 書かれていました。ローマ字の 読みかたさえ 勉強 すれば,漢字や かな文字を しらない 外国人でも 日本語を 読む ことが できます。つまり,この ローマ字は 発音を しめす ものでした。英語の はなし手が つかう 和英辞典ですから,その ローマ字の つづりかたは 英語風に してありますみだし語を ならべる ためにも ローマ字は 必要でした。みだし語は ABC順に ならべないと 外国人は 単語を さがす ことが できません。なお,ヘボン式の つづりで 英語に にているのは 子音 だけです。母音は 英語と まったく ちがいます。

これが ヘボン式の 設計方針です。つまり,ヘボン式は 英語の はなし手が 日本語を 読む ための ふりがなか 発音記号 みたいな ものです。英語を ならいはじめた 日本人が 教科書に 書きこむ「ディス イズ ア ペン」式の カタカナと おなじです。

このように,訓令式は 日本語らしい つづり,ヘボン式は 英語風の つづりです。それは はじめから そう なる ように つくってあるからです。

五十音図

五十音図は 日本語の 音声を ならべた 表です。五十図では なく 五十図ですから,かな文字では なく 音声が ならんでいるのだと かんがえて ください。音声の ならべかたには 規則が あり,おのおのの 行と 段に おなじ 子音と 母音が ならぶ ように してあります。たとえば,カ行の 子音は すべて [k],オ段の 母音は すべて [o] です。

ただ,この 規則性は すこし みだれている ように みえます。たとえば,タ行です。〈チ〉と〈ツ〉の 子音が ほかの 子音と ちがいます。どういう わけでしょうか。それは 日本語の 発音が かわったからです。「五十音図」という 名前が できたのは 江戸時代ですが,配列の おおよその 形が できたのは 平安時代の 末くらいです。それから ながい 時間が たち,日本語の 発音は かわりました。タ行の 発音も〈タ,ティ,トゥ,テ,ト〉だった ものが〈タ,チ,ツ,テ,ト〉に かわりました。このため〈タ,チ,ツ,テ,ト〉が おなじ 行に ならんでいると すこし 変に みえる わけです発音で かんがえる ときは タ行を 3行に わけると わかりやすく なります:〈,ティ,トゥ,〉〈チャ,,チュ,チェ,チョ〉〈ツァ,ツィ,,ツェ,ツォ〉。

けれども,五十音図の 規則性は みだれていないと かんがえる ことも できます。これは 五段動詞の 活用を かんがえると よく わかります。「勝たない」「勝ちます」「勝つとき」の 発音は〈カナイ〉〈カマス〉〈カトキ〉で あって〈カナイ〉〈カティマス〉〈カトゥトキ〉では ありません。この 理由で〈タ,チ,ツ,テ,ト〉が おなじ 行に ならんでいると かんがえる ことも できるでしょう。日本語は ながい 時間の 中で その 発音を すこし かえましたが,〈タ,チ,ツ,テ,ト〉を おなじ ひとつの グループと みなす 性質は かえませんでした。これは 日本語が 大切に してきた 性質だと かんがえられます。

五十音図は,日本語の 音声を ならべあげた だけの 表では なく,日本語が まもりつたえてきた 大切な 性質を あらわしている 表です。「ローマ字表」が 五十音図と 規則的に 対応 している 訓令式が 日本語らしい つづりかたで あると いえるのは こういう わけです。

動詞の 活用

動詞「押す」の 活用は,押ない,押ます,押,押とき,押ば,押,押う,です。ここで,おくりがなの 強調 した 部分(色を つけた 文字)を みて ください。これが サ行です。動詞「勝つ」は,勝ない,勝ます,勝,勝とき,勝ば,勝,勝う,です。そして,おくりがなの 強調 した 部分が タ行です。

これを 訓令式で 書いた ものが 下の 表ですローマ字で かんがえる ときは 語幹と 語尾を くぎる 位置が かわります。

押-さ ないos-a nai
押-し ますos-i masu
押-すos-u
押-す ときos-u toki
押-せ ばos-e ba
押-せos-e
押-そ うos-ô
勝-た ないkat-a nai
勝-ち ますkat-i masu
勝-つkat-u
勝-つ ときkat-u toki
勝-て ばkat-e ba
勝-てkat-e
勝-と うkat-ô

ここで 気づいて ほしい ことが あります。それは 語幹の ローマ字が すべて おなじ つづりに なっている ことです(os-, kat-)。そして,そう なるのは 訓令式だからという ことです。ヘボン式では このように 規則的には 書けません。ヘボン式は 日本語を 日本語らしく 書きあらわす 目的で 設計 されていないからです。

連濁

つぎは,連濁(れんだく)を みてみましょう。連濁とは ふたつの ことばから 複合語が できる とき,うしろの ことばの 先頭が にごる 現象です(かな文字で 書く ときは 濁点が つく)。

 猿
子猿
    saru
  kozaru
 汁
梨汁
    siru
nasiziru
 炭
消炭
    sumi
kesizumi
 背
猫背
    se  
nekoze  
 空
青空
    sora
  aozora
 針
編針
    hari
 amibari
 人
恋人
    hito
 koibito
 舟
小舟
    hune
  kobune
 塀
石塀
    hei 
 isibei 
 堀
内堀
    hori
 utibori

これは〈サ,シ,ス,セ,ソ〉が〈ザ,ジ,ズ,ゼ,ゾ〉に,〈ハ,ヒ,フ,ヘ,ホ〉が〈バ,ビ,ブ,ベ,ボ〉に かわる 法則です。ローマ字では,S→Z,H→B という 法則です。

そして,このように ローマ字が 規則的に 書けるのは 訓令式だからです。ヘボン式は 規則的に 書けません。

「書きゃあ」

ちょっと かわった 例も あります。くだけた 会話などで「書けば」を「書きゃあ」と いったり しますが,これを かんがえてみましょう。

書けば 
書きゃあ
kakeba
kak 
越せば 
越しゃあ
koseba
kos 
立てば 
立ちゃあ
tateba
tat 
死ねば 
死にゃあ
sineba
sin 
読めば 
読みゃあ
yomeba
yom 
切れば 
切りゃあ
kireba
kir 

ローマ字で 書いてみると,-eba-yâ に なる 法則だと わかります。

そして,このように ローマ字が 規則的に 書けるのは 訓令式だからです。ヘボン式は 規則的に 書けません。

「読みもの」の「てふてふ」も お読み ください。


上で しめした 例から,訓令式は 日本語らしい,という 意味が よく わかるのでは ないでしょうか。訓令式が 唯一の 方法で あるとか 最良の 選択で あるとは いいきれませんが,すくなくとも ヘボン式より 日本語を 記述 する 方法として すぐれている ことは わかる はずですワ行は 特別に wa wi wu we wo に すると より 規則的に なります。ワ行五段活用の 動詞の 活用を かんがえてみて ください。例:「思う」「買う」「笑う」。なお,訓令式にも 四つ仮名(じ,ず,ぢ,づ)の 書きかたに すこし まずい ところが あり,連濁などを 単純な 法則で 説明 できない ことが あります。これに ついては「もっと 日本語らしい 書きかた」を お読み ください。

合理的な 書きかた

〈チ〉は tichi

訓令式の 発音は おかしいという 人が います。si を〈シ〉と 読んだり ti を〈チ〉と 読んだり するのは 変で,〈シ〉は shi で〈チ〉は chi だと いいたい ようです。しかし,この かんがえは まちがっています。ローマ字は 発音記号では ないからです。表音文字で ことばを 書くとき,ある 音声を どんな 文字(つづり)で 書くかは 言語に よって ちがいます。その 反対に,ある 文字(つづり)を どんな 音声で 読むかも 言語に よって ちがいます。

〈チ〉を chi と 書くのは 英語の 書きかたです。〈チ〉は,ドイツ語なら tschi,イタリア語なら ci,中国語なら qi と 書くかも しれません。そして,chi を〈チ〉と 読むのは 英語の 読みかたです。chi は,フランス語なら〈シ〉,ドイツ語なら〈ヒ〉,イタリア語なら〈キ〉と 読むでしょう。


プーチン 大統領

ロシアの 大統領 プーチン(キリル文字表記: Путинラテン文字表記: Putin)は〈プーチン〉に ちかい 発音です。サッカー選手の 城彰二(じょう しょうじ)は スペインの チームに 在籍 していた とき,名前を JO と 表記 していたため,〈ホー〉と よばれていた そうです。もし ドイツの チームだったら,〈ヨー〉と よばれた ことでしょう。

このように,音声と 文字(つづり)の 対応は 言語に よって まちまち です。それぞれの 言語の 性質に あわせて 音声と 文字(つづり)を むすびつけているからです。ローマ字も 日本語の 性質に あわせれば いいでは ありませんか。むしろ,そう していなかったら 変でしょう。英語では ca が〈キャ〉,ci が〈スィ〉,co が〈コ〉に なったり します。日本語で ta が〈タ〉,ti が〈チ〉,tu が〈ツ〉に なったと しても,ちっとも 変では ありません。

ヘボン式は 日本人に とって 不自然

ヘボン式は 日本語の はなし手の 感覚に あっていません。ヘボン式の つづりかたには 英語風の クセや,訓令式に ない ややこしい ルールが あるからです。

ヘボン式の つづりかたは 五十音図と 規則的に 対応 していません。日本語の はなし手には ルールが みだれている ように みえて,とても 不自然です。小学生は「ローマ字表」を おぼえる だけでも たいへんでしょう。

b, m, p の 前の 撥音を m に する きまりは 訓令式に ありません。たとえば,「新人」は shinjin なのに「新米」は shimmai と 書かなければ なりません。こんな ルールは 意味が ない だけで なく,むしろ 有害です。くわしくは 「「あんパン」は ampan か?」を お読み ください。

ch の 前の 促音を t に する きまりも 訓令式に ありません。これも 日本語では 意味が ない ルールです。これを しらない 人や,つい わすれて しまう 人も おおい ようで,「あっち こっち」を acchi kocchi と 書く 人が よく います。

このように,ヘボン式は 日本語の はなし手に とって 不自然です。あつかいにくく,不便です。おとなでも まちがって 書いている ことが おおい くらいですから,ヘボン式を 正しく 書ける こどもは ほとんど いないと おもわれます。

ヘボン式は 外国人に たいして 不親切

訓令式は 外国人に とって 読みにくいと いわれます。これは 実際に その とおりです。しかし,読みにくいのは ヘボン式も おなじです。ヘボン式なら 外国人が 正しい 発音で 読んで くれると しんじている 人が おおいのですが,そんな わけが ありません。ローマ字は 日本語です。外国人から みれば 外国語です。外国語は その つづりの 読みかたを 勉強 し,その 発音を 練習 して,はじめて 読める ように なる ものです。日本語を ヘボン式で 書いた ところで,その 読みかたを しらず その 発音も できない 外国人に 正しく 読める はずが ないでしょう。

こまかい ことを いえば,ヘボン式には 英語と にていない ところが あります。わかりやすいのは 母音字で,これは ちっとも 英語風では ありません。ほかにも ヘボン式を 英語風に 発音 すると,日本語の 正しい 発音と ずれて しまう 場合が あります。gi は〈ジ〉と 読まれる 可能性が ありますし,mu は〈ミュ〉と 読まれる おそれが あります。fu は 下唇を かるく かんで 発音 されるかも しれません。このように,ヘボン式は 英語の はなし手に たいしてさえ 親切と いえない ところが あります。

ほとんどの 外国人は 英語を はなしませんから,英語風の ヘボン式は ほとんどの 外国人に たいして 不親切です。実際,非英語圏の 外国人は ヘボン式を 正しい 発音では 読めません。その昔,珍田大使が フランス人から「シンダ,シンダ」と よばれるので 閉口 されたという わらい話が のこっている くらいです。いまなら イチローが イタリア人から「イキロ,イキロ」と よばれるかも しれませんChinda, Ichirochi を,フランス語の はなし手は〈シ〉と 読み,イタリア語の はなし手は〈キ〉と 読みます。

ヘボン式の ローマ字が 書いてある 名刺を わたしたのに,名前を ちゃんと 読んで もらえなかった 経験が ある 人は すくなく ない はずです。ヘボン式で 書けば 外国人が 正しい 発音で 読んで くれるというのは 幻想と いって いいでしょう日本語の 正しい 発音を 外国人に つたえたいという 善意から ヘボン式を 採用 している ことが あります。けれども,それは むだな 努力です。どんな 方式の ローマ字で 書いても,日本語の 正しい 発音を 外国人に つたえる ことは できません。

言語学の 視点から

まだ 訓令式が なかった ころ,ヘボン式の 支持者と 日本式の 支持者は はげしく 対立 していました。ヘボン式日本式は 根本的な ところで かんがえかたが ちがい,ながい あいだ 平行線の 議論が つづいていました。

ところが,1930年代に なって 言語学の 音韻論(おんいんろん)が 発達 してきた ことで 様子が かわりました。音韻論とは,音声の 物理的な ちがいでは なく,機能的な ちがい(ことばの 中での はたらきの ちがい)を 重視 する かんがえかたです。

これは 日本式の 支持者が ずっと 主張 していた ことです。日本式が 学術的な 裏づけを えた わけです。それまで 日本式の 支持者には いわゆる 理系の 人が おおかったのですが,ここに きて 世界の 言語学者たちの 中でも 日本式を 支持 する 声が 圧倒的に なりました。

1937(昭和12)年,こうして 訓令式が できたのでした。訓令式ヘボン式の かんがえかたを しりぞけて,日本式の かんがえかたを うけつぎました。かんたんに いえば,日本式を あたらしく した ものが 訓令式です。

現在,言語学の 専門家で 日本語を 記述 する ローマ字として ヘボン式を 支持 する 人は いないと おもわれます。訓令式が できた とき,学問的には 結論が でていた わけです。いまは どうやって 現実の 社会制度を 混乱なく あらためていくかという ステージに はいっています残念な ことに,これが どんどん さかさまの 方向に すすんでいるのが 現状です。言語学関係の 学術雑誌でも ヘボン式が はばを きかせています。言語学者は,一部の 社会言語学者を のぞいて,いわなければ ならない ことを いいません。このままでは 日本語を 研究 する 人も すくなく なっていくでしょう。過去の すぐれた 業績も かえりみられなく なるのですが,言語学者は それで いいと おもっているのでしょうか。最近は 文部科学省の 中にも ヘボン式で 統一 しようと する かんがえが ある そうですが,なんとか 筋を とおして ほしい ところです。そうで なければ,100年後の 日本人に もうしわけが たちません。

国際的な 書きかた

英文の 中なら ヘボン式?

「なるほど,日本語の 文章を すべて ローマ字で 書く 場合は 訓令式が いいだろう。けれども,ふつう そんな 文章は 書かないじゃ ないか。ローマ字を つかうのは 英文の 中に 日本の 人名や 地名を いれる とき くらいだ。英文の 中に 書く ローマ字は 英語と 親和性の たかい ヘボン式が いいだろう。」こういう 意見も あります。しかし,そうでは ありません。

日本語の はなし手が 英文を 書く とき,その ほとんどは 英語の はなし手に むけて 書いているのでは ありません。世界に むけて 書いています。世界の 共通語の かわりとして,とりあえず 英語を つかっている だけです。このような 場合,日本の 固有名詞を 英語風の つづりに する 必要は ないでしょう。

フランス人や ドイツ人が 英語で 学術論文や ビジネス文書を 書く とき,フランスの 人名や ドイツの 地名を 英語風の つづりに かえて 書くでしょうか。そんな ことは しません。たとえ 英文の 中でも,フランスの 人名は フランス語流に,ドイツの 地名は ドイツ語流に つづります。これが 世界の 常識です。

したがって,世界に むけて 書く 英文の 中では,日本の ことばは 日本語流の つづりで 書くのが あたりまえで あり,訓令式で 書けば いい わけです。

表記の 国際化は ローマ字化

表記を 国際化 するには 英語で 書けば いいと かんがえている 人は おおいでしょう。けれども,それは まちがいです。ほかの 国では あまり ない ことですが,日本では 英語が 世界中で 通用 すると おもいこんでいる 人が よく います。もちろん,事実は まったく ちがいます。英語で くらしている 人は おおよそ 世界の 人口の 7% しか いません。世界の ほとんどの 人は 英語を はなしませんし,まともに 読み書き する ことも できません昔,ヨーロッパの 共通語は ラテン語でした。それが やがて フランス語に かわり,100年ほど 前までは フランス語が 世界で もっとも つよい 言語でした。マルコ ポーロの「東方見聞録」は イタリア語では なく ふるい フランス語で 書かれていましたし,日本と ロシアが むすんだ ポーツマス条約(日露講和条約)も フランス語で 書かれた ものが 正文でした。いまは 世界中で 英語が つかわれていますが,その 英語も 500年前は イングランドと スコットランドでしか つかわれておらず,はなし手は わずか 500万人でした。言語には うきしずみが ある わけです。現在,英語を 母語と する 人は 3.5~4億人です。第2言語 または 外国語として 英語を つかう 人も いれると 17億人くらいに なりますが,これでも 世界の 人口の 25%くらいです。これから 先に どの 言語が いきおいを もつか,それは だれにも わかりません。ちかい 将来,学術論文,新聞記事,契約書,取扱説明書などは 自動翻訳で 読み書き できる ように なり,情報を つたえる 手だてとしての 英語は ねうちを うしなっていくでしょう。このような 事実を しらないで,英語が 世界の どこでも 通じると おもっているのは 日本人くらいでは ないでしょうか。外国人の 友人・知人が たくさん いる ような,外国の 事情に くわしい はずの 人でも,この 勘ちがいを している ことは よく あります。英語を はなす 人との つきあいが おおい せいで,外国人は みんな 英語が はなせると 錯覚 して しまうからです。本当は 英語が はなせる エリートと つきあっている だけなのですが。

たしかに,いまは 英語が もっとも つよい 言語です。しかし,本当の 国際化とは つよい ものが よわい ものを おしのけて わがもの顔で ふるまう ことでは ありません。つよい ものと よわい ものが ひとしく 大切に あつかわれる ことです。英語を 世界の 共通語と みなす かんがえは 国際化の 理念から もっとも とおい ところに あると いえますこの 目的で かんがえだされた,もっとも よく できた 言語は エスペラントです。これは 人工の 言語で,建前としては 特定の 国・地域,民族に 肩いれ する 不平等が ありません。

表記の 国際化は ローマ字化です。世界共通の 文字で ある ラテン文字で 書けば いい わけです。北京オリンピックの とき「北京」の つづりは Beijing に なっていました。あれは ピンインという 中国の ローマ字です。日本も 国際的な 場で 日本語を 書く ときは ローマ字表記に するのが 正しい やりかたです。特に,固有名詞は 外国語に 翻訳 できないので(むりやり 翻訳 しても 意味が ないので),ローマ字化 しか できません有名な 都市の 名前などは 翻訳 されて 外国語の つづりが できている ものも あります。


外国人は 日本語の ローマ字表記を みても それを 正しい 発音では 読めません。けれども,外国人に「なまり」が あるのは あたりまえですから,それを 気に する 必要も ありません。外国語の 発音なんて その 程度の ものです。外国語は,それを 勉強 して しっている 人で ないかぎり,正しい 発音で 読める はずが ありません。日本人だって よく しらない 外国語を 正しい 発音では 読めません。Hepburn を,ヘボンだの ヘップバーンだの,すき勝手に 読んでいるでは ありませんか原音を ないがしろに して いいと いっているのでは ありません。原音は 尊重 します。日本語の 発音の 範囲内で できるだけ 原音に ちかづけると いいでしょう。特に 人名は そう する べきです。最近の 教科書では「エジソン」「ガンジー」が「エディソン」「ガンディー」に かわってきています。この かんがえかたは 漢字表記が ある 名前でも おなじです。漢字を 日本漢字音(日本語の 音読みの 発音)で 読んでは いけません。たとえば,習近平は〈シューキンペー〉では なく〈シージンピン〉と 読む べきです。ただし,すでに 発音が かたまっている 歴史上の 人物などは この かぎりでは ありません。なお,日本語を ローマ字で 書く ことが 一般的に なれば,これとは 反対に 外国の 固有名詞は 原つづりを 尊重 して 読みかたを 自国流に します。たとえば,アメリカでは「北京」を Beijing と 書いて〈ベイジン〉と 読んでいます。こうすると 表記の ゆれが おこらないので 検索などにも 便利です。国際的には こっちの やりかたが ふつうです。ローマ字の ヘボンと 映画俳優の ヘプバーン(ヘップバーン)は おなじ つづりで,本当は おなじ 発音です。

日本語は 日本語らしく

フランス語は フランス語らしい つづり,ドイツ語は ドイツ語らしい つづりです。中国の ローマ字は 中国語らしい つづり,韓国の ローマ字は 韓国語らしい つづりです。それが あたりまえでしょう。日本の ローマ字も 日本語らしい つづりに する べきです。そうで なければ 外国人に あやしまれます。あたりまえの ことを していない わけですから。先進国で この あたりまえの ことが できていない 国は 日本 だけです。

国際的な 場では 日本語を 日本語らしく 書かなければ なりません。もし そう していなかったら,外国人には 日本人が 日本語を 大切に していない ように みえます。このような 態度は 国際社会で 尊敬 されません。このままだと 日本は 国際感覚が 未熟な 国だと おもわれて しまいます。

【読みもの】 てふてふ


てふてふ

おなじ ことばでも 昔の 発音と いまの 発音は ちがいます。いまは「チョウ(蝶)」を「てふ」と 書いたら 実際の 発音と まったく ちがうので 不自然ですが,昔の 人に とっては「てふ」が 自然でした。このように 日本語の 発音は ながい 歴史の 中で さまざまな 変化を してきましたが,その 中には かんたんな 法則で 説明 できる ものが あります。そんな 例を ふたつ しめします。

ひとつは,「峠」「そう(副詞)」「扇」「雑煮」の 変化です。それぞれ,「たうげ」から「とうげ」に,「さう」から「そう」に,「あふぎ」から「おうぎ」に,「ざふに」から「ぞうに」に かわりました。

かな文字書きでは 変化の 法則が よく わかりませんが,ローマ字で 書くと au, ahuô に かわった ことが みえてきます。

taugetôge(峠)
sau(そう)
ahugiôgi(扇)
zahunizôni(雑煮)

もう ひとつは,「~でしょう」「料理」「今日」「チョウ」の 変化です。それぞれ,「~でせう」から「~でしょう」に,「れうり」から「りょうり」に,「けふ」から「きょう」に,「てふ」から「ちょう」に かわりました。

これも ローマ字に すると eu, ehu に かわった ことが わかります。

-deseu-desyô(~でしょう)
reuriryôri(料理)
kehukyô(今日)
tehutyô(チョウ)

このとき,ローマ字の 方式を ヘボン式に すると うまく いきません。学校の「国語」で 訓令式を おしえる 理由が よく わかるでしょう。