訓令式の 根拠

この サイトの 立場

この サイトは 訓令式を すすめています。特別な 事情が ない かぎり,ヘボン式を つかわない ように よびかけています。


ローマ字の 書きかたは「ローマ字のつづり方」という ルールで きまっていて,特別な 事情が ない かぎり 訓令式を もちいる ことに なっています。あまり しられていませんが,これが 日本語の ルールです。小学校の「国語」でも ローマ字の 基本は 訓令式でしょう。ところが,日ごろ 目に する ローマ字は,パスポートの ローマ字道路標識(案内標識)の ローマ字駅名標の ローマ字,企業の ロゴタイプの ローマ字の ように,ヘボン式の 変種 ばかりです。まるで ヘボン式が 正式で あるかの ような ありさまです。そして,ほとんどの 人が それを おかしいと おもっていません。

これには さまざまな 原因が ありますが,その 中で 特に おおきい ものが ふたつ あります。ひとつは,政治的な 理由から 公共の ローマ字が ヘボン式の 変種に なっていて,ヘボン式を むりやり おしつけられている ことです。もう ひとつは,ローマ字教育や 国際理解教育が きちんと おこなわれていない ため,ヘボン式訓令式より すぐれた 国際的な 方式だという 勘ちがいが ひろまっている ことです。

ここでは ふたつめの 原因に ついて かんがえます。本当は 訓令式ヘボン式より すぐれた 国際的な 方式なのですが,あべこべに かんがえている 人が おおいでしょう。ローマ字には「よく ある おもいちがい」が たくさん ありますが,これも その ひとつです。

ローマ字の 目的から かんがえる

この サイトが 訓令式を すすめる 理由は,まず 第一に 日本語の ルールで そう きまっているからですが,ルールは ただの お約束です。ルールに したがえと いいつのる だけでは,思考を とめた 教条主義だと いわれて しまいます。本当の 理由は もっと 本質的な ものです。それは ローマ字の 目的から みちびかれます。そもそも なんの ために 日本語を ローマ字で 書くのかという ところまで たちもどり,その 目的に かなった 手段を えらぶと すれば,それが 訓令式に なるからです。

ほとんどの 日本人は ローマ字の 本当の 目的を 学校で おしえられておらず,ローマ字は 外国人に 日本語の 発音を しめす ための 書きかた,すなわち 外国人が 日本語を 読む ときの フリガナか 発音記号の ような ものだと 勘ちがい しています。しかも,極端に かたよった 外国語教育の せいで,英語風の つづりに すれば 外国人が 正しい 発音で 読めると おもいこんでいます。そのため,ヘボン式が すぐれた 方式だと かんがえて しまう わけです。

ローマ字の 本当の 目的は そんな ことでは ありません。くわしくは「ローマ字の 目的」で のべていますが,本当の 目的は 日本語を 世界に ひらかれた 文字で 合理的に 日本語らしく 書く ことです。この 目的から かんがえると,ローマ字は ただ 日本語を ABCで 書けば いいという ような ものでは なく,国際化の 理念に かなった 書きかた,そして 合理的で 日本語らしい 書きかたに なっていなければ いけない ことが わかります。


この 下の 節で くわしく 説明 していきますが,説明の 順番として,まず 合理的で 日本語らしい 書きかたを 先に かんがえます。具体的には,〈チ〉は tichi か などの 話です。そのあとで 国際化の 理念に かなった 書きかたを みていきます。

ローマ字の 設計方針

初期の ローマ字は 外国人が 日本語を 読む ための ものでしたから,その つづりかたは 外国人に 都合が いい ように できていました。日本式ローマ字が つくられた とき,はじめて ローマ字は 日本人が 日本語を 書く ための ものに なりました。このとき 日本語らしく 書くという かんがえが うまれました。くわしくは,「日本式の 意味」を お読み ください。

日本式は つづりかたが 五十音図と 規則的に 対応 していますが,五十音図の タテと ヨコに ラテン文字を あてはめる ように して つくられたのでは ありません。日本式は 日本語の はなし手が ことばを 口に だす ときの 気もちに あわせて つくられました。

これを 動詞の 活用で 説明 します。「書ない」「貸ない」「勝ない」の「ない」を「ます」に いいかえてみて ください。「書ます」「貸ます」「勝ます」に なります。日本語の はなし手なら 自然に,〈カ〉を〈キ〉に,〈サ〉を〈シ〉に,〈タ〉を〈チ〉に いいかえた はずです。ここで 大切なのは,どれも おなじ 気もちで いいかえた ことです。この 事実は,〈カ〉と〈キ〉,〈サ〉と〈シ〉,〈タ〉と〈チ〉が 日本語の 中では おなじ 関係に ある ことを しめしています。これは 日本語が もっている 重要な 性質です。

そこで,ローマ字の つづりかたも,〈カ〉と〈キ〉,〈サ〉と〈シ〉,〈タ〉と〈チ〉が おなじ 関係に なる ように しようと かんがえた わけ です。そう すると,〈カ〉〈キ〉を ka, ki と 書くならば,〈サ〉〈シ〉は sa, si,〈タ〉〈チ〉は ta, ti と 書く ルールに なります。こう すれば 自然な 感覚で 書ける ローマ字に なるでしょう。これが 日本式の 設計方針です。そして,この 日本式を あたらしく したのが 訓令式です。


では,ヘボン式は どうでしょうか。アメリカ人の ヘボンが つくった 辞典は みだし語が ヘボン式ローマ字と カタカナと 漢字で 書かれていました。ローマ字の 読みかたさえ 勉強 すれば,漢字や かな文字を 読めない 外国人でも 日本語の おおよその 読みかたは わかります。つまり,この ローマ字は 発音を しめす ものでしたみだし語を ならべる ためにも ローマ字は 必要でした。みだし語は ABC順に ならべないと 外国人は 単語を さがす ことが できません。。英語を ならいはじめた 日本人が 教科書に 書きこむ「ディス イズ ア ペン」と おなじ ような ものと かんがえれば わかりやすいでしょう。ヘボン式は 英語の はなし手が 日本語を 読む ための フリガナか 発音記号の ような ものです。これが ヘボン式の 設計方針です。


訓令式は 日本語の はなし手が 日本語を 書く ための ローマ字です。ヘボン式は 英語の はなし手が 日本語を 読む ための ローマ字です。いったい どちらの 方式を もちいる べきか,こたえは あきらかでしょう。アメリカ人が 英語を カタカナで「ディス イズ ア ペン」などと 書いたら おかしいでしょう。日本人が 日本語を ヘボン式で 書いたら それを やっているのと おなじです。

「日本語らしい」の 意味

五十音図

五十音図も 日本語が もっている 重要な 性質に あわせて 日本語の 音声を ならべた 表です。五十図では なく 五十図ですから,かな文字では なく 音声が ならんでいるのだと かんがえて ください。

「五十音図」という 名前が できたのは 江戸時代ですが,配列の 形が できあがったのは 平安時代の 末くらいです。それから いままで ながい 時間が たっていて,日本語の 音声は 当時と いまとで かなり ちがう ものに なっています。そのため,いまは 五十音図の 規則性が すこし みだれている ように みえます。たとえば,タ行です。「ち」と「つ」の 子音が ほかの 子音と ちがいます発音で かんがえると,タ行は〈タ,ティ,トゥ,テ,ト〉の はずです。そして,〈チ〉は〈チャ,チ,チュ,チェ,チョ〉の 系列,〈ツ〉は〈ツァ,ツィ,ツ,ツェ,ツォ〉の 系列です。。昔は タ行が〈タ,ティ,トゥ,テ,ト〉と 発音 されていたのですが,「ち」と「つ」の 発音が かわって しまったからです。

しかし,いまでも「た,ち,つ,て,と」は ひとつの グループです。発音から みれば,もはや おなじ グループとは かんがえにくい「た,ち,つ,て,と」を おなじ グループと みなす 性質が 日本語に あるからです。そして,ながい 年月を へても,その 性質は かわりませんでした。これは 日本語が 大切に してきた 重要な 性質だと かんがえられます。

五十音図は,一部の 規則性が みだれて しまったと しても,その ねうちが さがった わけでは ありません。日本語が まもりつたえてきた 大切な 性質を あらわしているからです。「ローマ字表」が 五十音図と 規則的に 対応 していたら 日本語らしいと いえるのは このためです。

この 下では,もう すこし 具体的な 例を あげて 訓令式が 日本語らしい ことを しめします。

動詞の 活用

ふたたび 五段動詞の 活用を かんがえます。動詞「押す」は,押ない,押ます,押,押とき,押ば,押,押う,です。ここで,おくりがなの 強調 した 部分(色を つけた 文字)を みて ください。これが サ行の 正体です。動詞「勝つ」は,勝ない,勝ます,勝,勝とき,勝ば,勝,勝う,です。そして,おくりがなの 強調 した 部分が タ行の 正体です。

これを 訓令式で 書いた ものが 下の 表ですローマ字で かんがえる ときは 語幹と 語尾を くぎる 位置が かわります。

押-さ ないos-a nai
押-し ますos-i masu
押-すos-u
押-す ときos-u toki
押-せ ばos-e ba
押-せos-e
押-そ うos-ô
勝-た ないkat-a nai
勝-ち ますkat-i masu
勝-つkat-u
勝-つ ときkat-u toki
勝-て ばkat-e ba
勝-てkat-e
勝-と うkat-ô

ここで 気づいて ほしい ことが あります。それは 語幹の ローマ字が すべて おなじ つづりに なっている ことです(os-, kat-)。そして,そう なるのは 訓令式だから,という ことです。ヘボン式では このように 規則的には 書けません。ヘボン式は 日本語を 日本語らしく 書きあらわす 目的では 設計 されていないからです。

連濁

つぎは,連濁(れんだく)を みてみましょう。連濁とは ふたつの ことばから 複合語が できる とき,うしろの ことばの 先頭が にごる 現象です(かな文字で 書く ときは 濁点が つく)。

 猿
子猿
    saru
  kozaru
 汁
梨汁
    siru
nasiziru
 炭
消炭
    sumi
kesizumi
 背
猫背
    se  
nekoze  
 空
青空
    sora
  aozora
 針
編針
    hari
 amibari
 人
恋人
    hito
 koibito
 舟
小舟
    hune
  kobune
 塀
石塀
    hei 
 isibei 
 堀
内堀
    hori
 utibori

これは〈サ・シ・ス・セ・ソ〉が〈ザ・ジ・ズ・ゼ・ゾ〉に,〈ハ・ヒ・フ・ヘ・ホ〉が〈バ・ビ・ブ・ベ・ボ〉に かわる 法則です。ローマ字では,sz に,hb に かわる 法則です。

そして,このように ローマ字が 規則的に 書けるのは 訓令式だからです。ヘボン式では 規則的に 書けません。

「書きゃあ」

ちょっと かわった 例も あります。くだけた 会話などで「書けば」を「書きゃあ」と いったり しますが,これを かんがえてみましょう。

書けば 
書きゃあ
kakeba
kak 
越せば 
越しゃあ
koseba
kos 
立てば 
立ちゃあ
tateba
tat 
死ねば 
死にゃあ
sineba
sin 
読めば 
読みゃあ
yomeba
yom 
切れば 
切りゃあ
kireba
kir 

ローマ字で 書いてみると,-eba-yâ に なる 法則だと わかります。

そして,このように ローマ字が 規則的に 書けるのは 訓令式だからです。ヘボン式では 規則的に 書けません。

「読みもの」の「てふてふ」も お読み ください。


上で しめした 例から,訓令式は 日本語らしい,という 意味が わかるのでは ないでしょうか。訓令式が 唯一の 方法で あるとか 最良の 選択で あるとは いいきれませんが,すくなくとも ヘボン式よりも 日本語を 記述 する 方法として すぐれている ことは わかる はずですこれらの 法則を あらわすには,訓令式よりも,ダ行を da di du de do,ワ行を wa wi (w)u we wo と する 日本式が より 適しています。興味の ある 人は ワ行五段活用の 動詞(例:「思う」「買う」)や,タ行の 音で はじまる ことばの 連濁(例:「稲田」「鼻血」「秋月」「尼寺」「山鳥」)を かんがえてみて ください。

音声と 文字(つづり)の 対応関係

訓令式の 発音は おかしい?

訓令式の 発音は おかしいという 意見が あります。si を〈シ〉と 読んだり ti を〈チ〉と 読んだり するのは 変で,〈シ〉は shi で,〈チ〉は chi だと いう 主張です。しかし,この かんがえは まちがっています。ことばの 書きかたや 読みかたは 言語に よって ちがうからです。

〈チ〉を chi と 書くのは 英語の 書きかたです。〈チ〉は,ドイツ語なら tschi,イタリア語なら ci,中国語なら qi と 書くかも しれません。そして,chi を〈チ〉と 読むのは 英語の 読みかたです。chi は,フランス語なら〈シ〉,イタリア語なら〈キ〉,ドイツ語なら〈ヒ〉と 読むでしょう。


プーチン 大統領

ロシアの 大統領 プーチン(キリル文字表記: Путинラテン文字表記: Putin)は〈プーチン〉に ちかい 発音です。サッカー選手の 城彰二(じょう しょうじ)は スペインの チームに 在籍 していた とき,名前を JO と 表記 していたため,〈ホー〉と よばれていた そうです。もし ドイツの チームだったら,〈ヨー〉と よばれた ことでしょう。

このように,音声と 文字(つづり)の 対応は 言語に よって まちまち です。それぞれの 言語に とって 都合の いい ように 音声と 文字を むすびつけているからです。それなら ローマ字も 日本語に とって 都合の いい ように すれば いいでは ありませんか。むしろ,そう していなかったら 変だと いわなければ なりません。

英語では ca が〈キャ〉,ci が〈スィ〉,co が〈コ〉に なったり します。日本語で ta が〈タ〉,ti が〈チ〉,tu が〈ツ〉に なったと しても,何も おかしな ことは ないでしょうこの 理由から,しらない 外国語は 正しい 発音で 読めません。たとえば,フランス語を しらない 人は moi, vous を みても 読めません。単語の 意味が わからない だけで なく,音声と 文字の 対応関係が わからないので,つづりを 声に だして 読みあげる こと じたいが できません。

ヘボン式は 外国人に たいして 不親切

ここまで 説明 すれば,ヘボン式は 外国人に とって 読みやすい,というのも 勘ちがいだと わかるでしょう。よく 訓令式は 外国人に とって 読みにくいと いわれます。これは 実際に その とおりです。しかし,読みにくいのは ヘボン式も おなじです。ヘボン式なら 外国人が 正しい 発音で 読んで くれると しんじている 人が おおい ようですが,そんな わけが ありません。

ローマ字は 日本語です。外国人から みれば 外国語です。外国語は その つづりの 読みかたを 勉強 し,その 発音を 練習 して,はじめて 読める ように なる ものです。日本語を ヘボン式で 書いた ところで,読みかたも しらず 発音も できない 外国人に 正しく 読める はずが ないでしょう。


ヘボン式は 英語風の 書きかたですから,非英語圏の 外国人に たいして きわめて 不親切です。英語風に 読めば いいんだから 簡単だろうと おもうかも しれませんが,簡単では ありません。世界の ほとんどの 人は 英語を はなさないからです。実際,外国人は ヘボン式を 正しい 発音では 読めません。

その昔,珍田大使が フランス人から「シンダ,シンダ」と よばれるので 閉口 された,という わらい話が のこっている くらいです。いまなら イチロー選手が イタリア人から「イキロ,イキロ」と よばれるかも しれませんChinda, Ichirochi は フランスでは〈シ〉,イタリアでは〈キ〉と 読まれます。

ヘボン式は 英語の はなし手に たいしても それほど 親切では ありません。こまかい ことを いえば,ヘボン式にも 英語と にていない ところが あるからです。わかりやすいのは 母音字で,これは ちっとも 英語風では ありません。ほかにも ヘボン式を 英語風に 発音 すると,日本語の 正しい 発音と ずれて しまう 場合が あります。gi は〈ジ〉と 読まれる 可能性が ありますし,mu は〈ミュ〉と 読まれる おそれが あります。fu は 下唇を かるく かんで 発音 されるかも しれません。

ヘボン式の ローマ字が 書いてある 名刺を わたしたのに,名前を ちゃんと 読んで もらえなかった 経験が ある 人は すくなく ない はずです。英語の はなし手でも ヘボン式を 正しく 読めない 現実は,よく かんがえてみれば,いくつか おもいあたるでしょう一般に,外国人は 日本語の 撥音,促音,長音が 苦手です。「本を」を〈ホノ〉と いったり,「こんにちは」を〈コニチワ〉と いったり,「来て」「切手」「聞いて」を 区別 できなかったり します。


日本語の 正しい 発音を 外国人に つたえたいという 善意から ヘボン式を 採用 する ケースは おおい ようです。しかし,上で のべた ような わけですから,それは むだな 努力です。残念ながら,どんな 方式の ローマ字で 書いても,日本語の 正しい 発音を 外国人に つたえる ことは できません。英語の はなし手が Hikone(彦根)を〈ハイコーン〉と 読んだと しても,スペイン語の はなし手が 山田さんを〈ジャマダ〉と 読んだと しても,それは しかたが ない ことです。

ヘボン式は 日本人に とって 不自然で 不便

ヘボン式は 日本語の はなし手の 感覚に あっていません。ヘボン式の つづりかたには 英語風の クセや,訓令式に ない ややこしい ルールが あるからです。

ヘボン式の つづりかたは 五十音図と 規則的に 対応 していませんから,日本語の はなし手には ルールが みだれている ように みえて しまい,とても 不自然です。小学生は「ローマ字表」を おぼえる だけでも たいへんでしょう。

b, m, p の 前の 撥音を m に する きまりは 訓令式に ありません。たとえば,「新人」は shinjin なのに「新米」は shimmai と 書かなければ なりません。こんな ルールは 意味が ない だけで なく,むしろ 有害です。(くわしくは 「「あんパン」は ampan か?」を お読み ください。)

ch の 前の 促音を t に する きまりも 訓令式に ありません。これも 日本語では 意味が ない ルールです。これを しらない 人や,つい わすれて しまう 人も おおい ようで,「あっち こっち」を acchi kocchi と 書く 人が よく います。

このように,ヘボン式は 日本語の はなし手に とって あつかいにくく,不便です。おとなでも まちがって 書いている ことが おおいのですから,ヘボン式を 正しく 書ける 小学生は ほとんど いないと おもわれます。

言語学の 視点から

日本式と ヘボン式の 対立

まだ 訓令式が なかった ころ,ヘボン式の 支持者と 日本式の 支持者は はげしく 対立 していました。ヘボン式日本式は 根本的な ところで かんがえかたが ちがい,ながい あいだ 平行線の 議論が つづいていました。

ところが,1930年代に なって 言語学の 音韻論(おんいんろん)が 発達 してきた ことで 様子が かわりました。音韻論とは,音声の 物理的な ちがいでは なく,機能的な ちがい(ことばの 中での はたらきの ちがい)を 重視 する かんがえかたです。

これは 日本式の 支持者が ずっと 主張 していた ことです。日本式が 学術的な 裏づけを えた わけです。それまで 日本式の 支持者には いわゆる 理系の 人が おおかったのですが,ここに きて 国内・海外の 言語学者たちの 中でも 日本式を 支持 する 声が 圧倒的に なりました。

訓令式の 制定

こうして,1937(昭和12)年に 訓令式が できたのでした。ときどき,ヘボン式日本式の 折衷が 訓令式と 説明 される ことが あるのですが,これは まちがいです。訓令式ヘボン式の かんがえかたを しりぞけて,日本式の かんがえかたを うけつぎました。簡単に いえば,日本式を あたらしく した ものが 訓令式です。

現在,言語学の 専門家で 日本語を 記述 する ローマ字として ヘボン式を 支持 する 人は いないと おもわれます。訓令式が できた とき,学問的には 結論が でていた わけです。いまは,どうやって 現実の 社会制度を 混乱なく あらためていくか,という ステージに はいっています残念な ことに,これが どんどん さかさまの 方向に すすんでいるのが 現状です。言語学関係の 学術雑誌でも ヘボン式が はばを きかせていますし,最近では 文部科学省の 中にも ヘボン式で 統一 しようと する かんがえが ある ようです。

国際化の 理念から

英文の 中なら ヘボン式?

「なるほど,日本語の 文章を すべて ローマ字で 書く 場合は 訓令式が いいだろう。けれども,実際には そんな 文章は 書かないじゃ ないか。ローマ字を つかうのは 英文の 中に 日本の 人名や 地名を いれる とき くらいだ。英文の 中に 書く ローマ字は 英語と 親和性の たかい ヘボン式で いいだろう。」こういう 意見も あります。しかし,そうでは ありません。

日本語の はなし手が 英文を 書く とき,その ほとんどは 英語の はなし手に むけて 書いているのでは ありません。世界に むけて 書いています。世界の 共通語の かわりとして,とりあえず 英語を つかっている だけです。このような 場合,日本の 固有名詞を 英語風の つづりに する 必要は ないでしょう。

フランス人や ドイツ人が 英語で 学術論文や ビジネス文書を 書く とき,フランスの 人名や ドイツの 地名を 英語風の つづりに かえて 書くでしょうか? それは ありえないでしょう。たとえ 英文の 中でも,フランスの 人名は フランス語流に,ドイツの 地名は ドイツ語流に つづります。中国語も おなじです。北京オリンピックの とき「北京」の つづりが Beijing に なっていたのを おぼえているでしょうか。あれは ピンインという 中国語版の ローマ字で,中国語流の つづりに なっています。

本当は 日本語も おなじです。国際的な 場で 日本語を 書く ときは ローマ字に しますが,それは 日本語流の つづりに なっているのが あたりまえです。そうで なかったら 外国から 変に おもわれます。あたりまえの ことを していない わけですから。


中国語の ピンインや 日本語の ローマ字を みても,外国人は それを 正しい 発音では 読めません。けれども,それを 気に する 必要も ありません。外国語の 発音なんて その 程度の ものだからです。外国語の ことばを 正確な 原音で 読む 必要は ありませんし,そもそも 読める はずも ありません原音を ないがしろに して いいと いっているのでは ありません。日本語の 音韻体系の 中で,できるだけ 原音に ちかい 発音に するのが いいでしょう。特に,人名には そういう 心くばりが のぞまれます。最近の 教科書では「エジソン」「ガンジー」が「エディソン」「ガンディー」に かわってきています。この かんがえかたは 漢字表記が ある 名前でも おなじです。漢字を 日本漢字音(日本語の 音読みの 発音)で 読んでは いけません。たとえば,習近平は〈シューキンペー〉では なく〈シージンピン〉と 読む べきです。ただし,すでに 発音が かたまっている 歴史上の 人物などは この かぎりでは ありません。。日本人だって Hepburn を,ヘボンだの ヘップバーンだの,すき勝手に 読んでいるでは ありませんかローマ字の ヘボンと 女優の ヘップバーン(ヘプバーン)は おなじ つづりで,本当は おなじ 発音です。

表記の 国際化は 英語化か?

英語で 書く ことが 国際化だと かんがえている 人は おおいでしょう。しかし,それは ちがいます。たしかに,いまは 英語が もっとも 力を もった 言語です昔,ヨーロッパ先進国の 共通語は ラテン語でした。それが やがて フランス語に かわり,100年ほど 前までは フランス語が もっとも つよい 言語でした。マルコ ポーロの「東方見聞録」は イタリア語では なく ふるい フランス語で 書かれていましたし,日本と ロシアが むすんだ ポーツマス条約(日露講和条約)も フランス語で 書かれた ものが 正文でした。いまは 世界中で 英語が つかわれていますが,その 英語も 500年前は イングランドと スコットランドでしか つかわれておらず,はなし手は わずか 500万人でした。うきしずみが ある わけです。これから 先に どう なるかは だれにも わかりません。。けれども,英語で 生活 している 人は おおよそ 世界の 人口の 7% しか いません英語を 母語と する 人は 3.5~4億人です。第2言語として あるいは 外国語として 英語を はなす 人も いれると 17億人くらいに なります。これでも 25%くらいです。。つまり,世界の ほとんどの 人は 英語を はなしませんし,まともに 読み書き する ことも できません。

それに,本当の 国際化とは つよい ものが よわい ものを おしのけて わがもの顔で ふるまう ことでは ありません。つよい ものと よわい ものが ひとしく 大切に あつかわれる ことですこの 目的で かんがえだされた,もっとも よく できた 言語は エスペラントです。これは 人工の 言語で,(建前としては)特定の 国や 地域,民族に 肩いれ する 不平等が ありません。。英語を 世界の 共通語と みなす かんがえは 国際化の 理念から もっとも とおい ところに あると いえます。


国際化と 英語化が 混同 されている 現在でも,固有名詞に かぎれば 話は すこし ちがいます。固有名詞は 英語に 翻訳 できないからですおおきな 都市の 名前などは 翻訳 されて 外国語の つづりが できている ものも あります。「東京」が Tokyo と 書いてあれば,おそらく それは 英語です。。フランス語や ドイツ語の ように,もともと ラテン文字で 書く 言語の 場合は,もともとの つづりで 書いておけば それで 十分に 国際的です。中国語や 日本語の ように,ふつうは ラテン文字で 書かない 言語の 場合は,ラテン文字で 書けば それで 十分に 国際的です。どちらの 場合も 英語風の つづりに する 必要は ありません。

日本語は 日本語らしく

フランス語は フランス語流の つづり,ドイツ語は ドイツ語流の つづりです。中国語の ピンインは 中国語流の つづり,韓国語の ローマ字は 韓国語流の つづりです。日本語の ローマ字も 日本語流の つづりに する べきです。そうで なければ おかしいでしょう。

自分の 文化を 大切に する ことは 国際化の 基本です。国際的な 場では 日本語を 日本語らしく 書かなければ なりません。もし そう していなかったら,外国人には 日本人が 日本語を 大切に していない ように みえて しまいます。このような 態度は 国際社会で 尊敬 されません。日本は 国際感覚が 未熟なのだと おもわれたら,国の 恥では ありませんか。日本を 世界の わらいものに したく なければ,日本語を 英語風の つづりで 書いては いけません。

【読みもの】てふてふ


てふてふ

おなじ ことばでも 昔の 発音と いまの 発音は ちがいます。いまは「チョウ(蝶)」を「てふ」と 書いたら 実際の 発音と まったく ちがうので 不自然ですが,昔の 人に とっては「てふ」が 自然でした。このように 日本語の 発音は ながい 歴史の 中で さまざまな 変化を してきましたが,その 中には わかりやすい 法則で 説明 できる ものが あります。そんな 例を ふたつ しめします。

ひとつは,「峠」「そう(副詞)」「扇」「雑煮」の 変化です。それぞれ,「たうげ」から「とうげ」に,「さう」から「そう」に,「あふぎ」から「おうぎ」に,「ざふに」から「ぞうに」に かわりました。

かな文字書きでは 変化の 法則が よく わかりませんが,ローマ字で 書くと au, ahuô に かわった ことが みえてきます。

taugetôge(峠)
sau(そう)
ahugiôgi(扇)
zahunizôni(雑煮)

もう ひとつは,「~でしょう」「料理」「今日」「チョウ」の 変化です。それぞれ,「~でせう」から「~でしょう」に,「れうり」から「りょうり」に,「けふ」から「きょう」に,「てふ」から「ちょう」に かわりました。

これも ローマ字に すると eu, ehu に かわった ことが わかります。

-deseu-desyô(~でしょう)
reuriryôri(料理)
kehukyô(今日)
tehutyô(チョウ)

このとき,ローマ字の 方式を ヘボン式に すると うまく いきません。学校の「国語」で 訓令式を おしえる 理由が よく わかるでしょうこの 場合は,訓令式 よりも 日本式の ほうが すぐれています。