ふりがなの ローマ字 変換

はじめに

名前の 書きかた

名前の 先頭は 大文字に します。姓と 名は「姓-名」の 順です。姓を すべて 大文字で 書く 方法も あります。イニシャルに する ときは うしろに とめの印(.)を つけます。特殊な 文字が つかえない ときは 代用表記に します。

Yamada Tarô(山田 太郎)
YAMADA Tarô 【大文字の 姓】
Yamada T. 【イニシャル】
Yamada Taroo 【代用表記】

くわしくは「人名」を お読み ください。

ローマ字の 方式

ふつう,日本の 人名は 日本語なので,ローマ字の 方式は 日本語らしい 訓令式に します。英語風の つづりに しなければ ならない 特別な 事情が ある ばあいは ヘボン式に しても かまいませんが,それで 国際的に なる わけでは なく,外国人が ただしい 発音で 読んで くれる わけでも ありません。「英語式」に すると 日本人が みても ただしく 読めない つづりに なる ことが あります。

Itirô(一郎)【訓令式
Ichirō(一郎)【ヘボン式
Ichiro(一郎)【「英語式」

訓令式を すすめる 理由は「ヘボン式か 訓令式か」「むやみに「英語式」を つかわない」で くわしく 説明 しています。


イ段の 長音は ii に する 書きかたも あります。くわしくは「îii と 書く?」を お読み ください。

Nîyama, Niiyama(新山:ニーヤマ)
Îda, Iida(飯田:イーダ)

変換の しくみ

完全に 自動で ふりがなを ローマ字に 変換 する ことは できません。この ツールは ふりがなを 入力 した あとの 処理が 2段階に わかれていて,ふりがなを 読みかたに 変換 し,その 読みかたを ローマ字に 変換 する しくみに なっています。

読みかたは ふりがなを すこし 改造 した 書きかたで,「ー」を つかって 長音を あらわします。たとえば,「太郎」は「たろー」,「優子」は「ゆーこ」です。

「たろう」を「たろー」に 変換 する 前半の 処理は 自動化 できないので 手作業で おこないますが,まちがいが おこりにくい よう ツールが 手だすけ します。

ふりがなの ローマ字 変換

くわしい つかいかたは 下で 説明 しています。

[1] ふりがなを 入力 する

[2] ふりがなを 読みかたに 変換 する

[3] 読みかたを ローマ字に 変換 する

変換 できなかった ところが あります。

***は 書きかたが きまっていません。くわしくは「日本式・訓令式・ヘボン式の 特殊音」を お読み ください。

学校の「国語」では n'wnw に して ください。

イ段の 長音は ii に する 書きかたも あります。くわしくは「îii と 書く?」を お読み ください。

ここでは 訓令式を すすめています。「恥を かかない ために」も お読み ください。ボタンが おせなく なったら 下に 書いてある 復活の おまじないを 入力 して ください。

ローマ字は ことばを きりはなして 書きます。くわしくは「分かち書き」を お読み ください。

パスポートの 名前の 書きかたは「パスポートの ローマ字」で くわしく 説明 しています。

つかいかた

  1. ふりがなを 入力 します。ひらがなでも カタカナでも かまいません。漢字は つかえません。「姓-名」の 順に して,かならず あいだに 空白を いれて ください。1行に 30文字まで はいります。5行まで 入力 できます。
  2. ふりがなを 読みかたに 変換 します。ふりがなの 中に 長音かも しれない 部分が ある ときは,ただしい 読みかたを えらびます。たとえば,「井上太郎」の ふりがなは「いのうえ たろう」で 読みかたは「いのうえ たろー」ですから,「のー」「ろー」と 表示 されている ところで「のう」「ろー」を えらびます。ふりがなの 中に 長音かも しれない 部分が ない ときは,ふりがなが そのまま 読みかたですから,何も する 必要は ありません。たとえば,「木下花子」の ふりがなは「きのした はなこ」で 読みかたも「きのした はなこ」です。
  3. 読みかたを ローマ字に 変換 します。ローマ字の 方式に あわせて ボタンを おして ください。

※ [X]ボタンを おすと 入力欄を からに します。

訓令式「パスポートむけ訓令式」は 行数の 制限が ありません。

気を つける こと

おぎない

各方式の 説明

訓令式
「国語」で ならう 日本語らしい 書きかたです。特別な 事情が なければ 訓令式を つかうのが ローマ字の ルールです。ここでは 仕様が 拡張 してあり,〈ティ〉〈ファ〉〈チェ〉などの 特殊音に 対応 しています。
ヘボン式
「国語」で ならう 英語風の 書きかたです。英語風に 書かなければ ならない 特別な 事情が あれば,ヘボン式を つかっても かまいません。
「英語式」
「英語」で ならう 英語の 書きかたです。一般には これが ヘボン式と よばれています。judo(柔道)や koban(交番)の ように,日本語から 英語に なった ことばは この つづりに なります。英語に なっていない ことばを「英語式」で 書いても 意味が ありません。
訓令式(パスポート)
ここで すすめている パスポートの 名前の 書きかたで,訓令式を 拡張 した ものです。ここでは「パスポートむけ訓令式」と よんでいます。特殊音に 対応 しています。
ヘボン式(パスポート)
外務省が すすめている パスポートの 名前の 書きかたで,「英語式」と ほぼ おなじ ものです。一般に「外務省ヘボン式」と よばれています。ここでは「パスポート式」と よんでいます。一部の 特殊音に 対応 しています。