なんでも ローマ字 変換

はじめに

語句の 書きかた

ふつうの 語句は すべて 小文字で 書き,ことばの あいだに 空白を いれます。

inu mo arukeba bô ni ataru (犬も歩けば棒に当たる)
wagahai wa neko de aru (我輩は猫である)

ローマ字の 方式

ローマ字の 方式は,特別な 事情が なければ 日本語らしい 訓令式に します。英語風に しなければ ならない 場合は ヘボン式に します。ただし,それで 国際的に なる わけでも,外国人が 正しい 発音で 読んで くれる わけでも ありません。「英語式」に すると 日本人が みても 読めない つづりに なります。くわしくは「ヘボン式か 訓令式か」「訓令式の 根拠」を お読み ください。

zyûdô(柔道)【訓令式
jūdō(柔道)【ヘボン式
judo(柔道)【「英語式」


この サイトは イ段の 長音を î で あらわす ことに していますが,ii に する 書きかたも あります。くわしくは「îii と 書く?」を お読み ください。

bîru, biiru(ビール)


長音符号つき文字â, î, û など)が つかえない ときは,母音字を かさねるか,母音字の あとに 山形(^)を 書きます。くわしくは「代用表記」を お読み ください。

okaasan, oka^san(お母さん)
otoosan, oto^san(お父さん)

変換の しくみ

フリガナを 完全に 自動で ローマ字に 変換 する ことは できません。この 処理を おこなうには,まず フリガナを 読みかたに 変換 して,それから 読みかたを ローマ字に 変換 しなければ なりませんが,前半の 処理が 自動化 できないからです。そこで,この ツールには フリガナでは なく 読みかたを 入力 します。

なんでも ローマ字 変換

ひらがなか カタカナで 読みかたを 入力 して ください。のばす 音は「ー」を つかって 書きます。漢字は 変換 できません。
例:「ガッコー」「ウチュー ヒコーシ」


******の まちがいでは ありませんか? フリガナは 正しい ローマ字に 変換 できません。もし まちがっていたら やりなおして ください。正しく 入力 していたら そのままで かまいません。くわしくは 下で 説明 しています。

変換 できなかった ところが あります。

***は 書きかたが きまっていません。くわしくは「特殊音」を お読み ください。

学校の「国語」では n'wnw に して ください。

イ段の 長音は ii に する 書きかたも あります。くわしくは「îii と 書く?」を お読み ください。

この サイトは 訓令式を すすめています。「恥を かかない ために」も お読み ください。ボタンが おせなく なったら 下に 書いてある 復活の おまじないを 入力 して ください。

ローマ字は ことばを きりはなして 書きます。くわしくは「分かち書き」を お読み ください。

つかいかた

  1. テキスト ボックスに 読みかたを 入力 します。
  2. ローマ字の 方式の ボタンを おして 変換 します。

読みかたは のばす 音を「ー」で 書きます。

まちがって フリガナを 入力 している 可能性が ある 場合は 確認の メッセージを 表示 します。指示に したがって[やりなおす]か[そのまま]の ボタンを おして ください。

気を つける こと

おぎない

各方式の 説明

訓令式
「国語」で ならう ローマ字です。日本語らしい 書きかたで,特別な 事情が なければ 訓令式を つかうのが 日本語の きまりです。ここでは 仕様が 拡張 してあり,〈ティ〉〈ファ〉〈チェ〉などの 特殊音に 対応 しています。
ヘボン式
「国語」で ならう ローマ字です。英語風の 書きかたで,特別な 事情が あれば ヘボン式を つかっても かまいません。一般に ヘボン式 と よばれている 書きかた(「英語」で ならう 書きかた)では ないので 気を つけて ください。
「英語式」
「英語」で ならう 書きかたです。一般には この 書きかたが ヘボン式と よばれています。judo(柔道)の ように,英語に なった 日本語は「英語式」の つづりに なります。英語に なっていない 日本語を「英語式」で 書いても 意味が ありません。
代用表記
母音字かさね式の 代用表記です。長音符合つき文字â, î, û, ê, ô または ā, ī, ū, ē, ō)を aa, ii, uu, ee, oo で おきかえます。特殊な 文字が つかえない ときは この 書きかたに します。

棒引き仮名遣い

ときどき わかい 世代の 人が「おはよう」を「おはよー」と 書いたり しますが,これに つよい 反感を もつ 人も いる ようです。この 書きかたは ちいさい こどもが よく やる まちがいでも あり,幼稚に みえて しまうのかも しれません。

しかし,この 書きかたを バカに しては いけません。じつは こちらの ほうが すぐれているからです。その 理由は 書きかた(ふりがな)と 読みかた(発音)の 関係に あります。書きかたと 読みかたの 対応が やさしければ やさしい ほど,おぼえやすく つかいやすい わけで,道具として すぐれています。


現代仮名遣いでは「王様」は「おうさま」,「狼」は「おおかみ」と 書きます。発音は おなじ〈オー〉なのに,書く ときは ちがう 書きかたに しなければ なりません。それに たいして,この 書きかたでは「王様」は「おーさま」,「狼」は「おーかみ」と,読んでいる とおりに 書く ことが できます。

現代仮名遣いでは「子牛」は〈コウシ〉,「講師」は〈コーシ〉と 読みます。ふりがなは おなじ「こう」なのに,読む ときは ちがう 読みかたに しなければ なりません。それに たいして,この 書きかたでは「子牛」は〈コウシ〉,「講師」は〈コーシ〉と,書いてある とおりに 読む ことが できます。

現代仮名遣い棒引き仮名遣い
王様おうさまおーさま
おおかみおーかみ
子牛こうしこうし
講師こうしこーし

「ー」を つかって のばす 音を 書く かんがえは 江戸時代から あり,それを とりいれた かなづかいは「棒引き仮名遣い」と よばれています。たいへん よく できていて,明治時代の 教科書に とりいれられた ことも あります棒引き仮名遣いは 1900(明治33)年に 小学校の 教科書で 字音語の 表記に つかわれました。しかし,保守派が これに はげしく 反発 したため,わずか 数年で 廃止 され,もとの 歴史的仮名遣いに もどされました。反対派の 中で とりわけ つよい 影響力を もっていた 人物に 森鴎外が います。彼は 文学の 世界で たかく 評価 されていますが,そのほかの 分野では とりかえしの つかない あやまちを いくつも おかしています。棒引き仮名遣いを つぶした ことも その ひとつです。。戦後,現代かなづかい(現代仮名遣い)が できて 日本語の 表記システムは おおきく 前へ すすみましたが,それでも まだ 棒引き仮名遣いに おいついていません。