ISO 3602

あらまし

1989年,国際標準化機構(ISO)は 訓令式日本式の ローマ字を 国際標準として 採用 しました。ISO 3602:1989 "Documentation -- Romanization of Japanese (kana script)" です。これが 国際標準の ローマ字です。


この 規格は 表記体系の 変換規則として 定義 されて います。つまり,かな文字で かかれた 日本語を ラテン文字に 変換 する ルールが さだめられて います。外国人が ローマ字を かくのは 文字に かかれた 日本語を ラテン文字表記に 変換 する ばあいが おおいからでしょう。

たとえば,外国の 図書館が 日本語で かかれた 書籍を もって いて,それを 管理 する 目的で 日本語の タイトルを ABC表記に する ばあい などが かんがえられます。基本的に,日本語を よく しらない 外国人が つかう ことを 想定 して いるのでしょう。

この 規格は 訓令式を もとに して いますが,厳密に 日本語の 文字を かきうつしたい ばあいには 日本式を つかう ことに して います。つまり,「お」と かいて あったのか「を」と かいて あったのかを 区別 したい ときは 日本式を つかう わけです。

いまの あつかい

ISO 3602 は,強制力こそ ありませんが,世界に 通用 する 標準です。学術・芸術・産業 など,さまざまな 分野で ひろく つかわれる ことが 期待 されて います。けれども,日本政府は これに 賛同 する 意思を しめして いません。国内で ばらばらに なって いる ローマ字の かきかたを この 標準に あわせて 統一 する うごきも ありません。


北京オリンピック

中国と 韓国にも 中国語と 韓国語(朝鮮語)を ラテン文字で かく ルールの 国際標準が あり,中国政府と 韓国政府は それらを うけいれて いて,中国と 韓国の 国内ルールは その 標準に のっとって います。国際的な 場で「北京」が Beijing と かかれ,「釜山」が Busan と かかれるのは このためです。そして,外国も これらの かきかたを 尊重 して います。

それに たいして,国際的な 場で「広島」が Hirosima と かかれる ことは ありません。ISO 3602 が ないがしろに されて いるからです。日本政府が みずから これを 無視 して いるのですから,外国が これを 尊重 する はずも ありません。


ISO 3602 は ヘボン式に 変更 されるか または 廃止 される 可能性が あります規格は 定期的に みなおされる ことに なって います。現在 その 作業が すすんで いて,おおきな 変更が あるかも しれません。