お名前の ローマ字 変換

はじめに

ローマ字の 方式

訓令式ヘボン式,パスポート式,パスポートむけ訓令式の 4種類に 対応 しています。

この サイトは パスポートの 名前の 書きかたを「パスポート式」と よんで ヘボン式と 区別 しています。まちがえない ように 気を つけて ください。

日本人の 名前は 日本語ですが,固有名詞なので ラテン文字表記に する だけで 世界に 通用 します。わざわざ 英語風に ゆがめて 書く 必要は ありません。ローマ字の 書きかたを さだめている「ローマ字のつづり方」は 日本語らしい 訓令式を すすめています。

お名前の ローマ字 変換

フリガナを ローマ字に 変換 する ことは できません。この ツールには フリガナでは なく 実際の「読みかた」を 入力 してください。
例:「サイトー ユーコ」「ヒロオ イッセイ」「フジイ キョータロー」

の まちがいでは ありませんか? フリガナを 入力 すると 正しい ローマ字に 変換 できません。もし まちがっていたら やりなおして ください。正しく 入力 している 場合は そのままで かまいません。くわしくは 下で 説明 しています。

つかいかた

テキスト ボックスに お名前の「読みかた」を 入力 し,ローマ字の 方式の ボタンを おして ください。結果は ボタンの 下に 表示 します。コピー&ペーストで おつかい ください。

「読みかた」は フリガナでは なく 実際の 発音です。長音は「ー」を つかって 書きます。たとえば,「太郎」は「タロー」,「優子」は「ユーコ」です。

フリガナの ように みえる 部分が あると,確認の メッセージを 表示 します。指示に したがって[やりなおす]か[そのまま]の ボタンを おして ください。

気を つける こと

方式に ついて

訓令式
特別な 事情が なければ この 方式を つかいます。この サイトは ヘボン式では なく 訓令式を すすめています。くわしくは「訓令式の 根拠」を お読み ください。一部の 特殊音に 対応 しています。
ヘボン式
特別な 事情が あれば この 方式を つかう ことも できます。長音符号の マクロン(¯)を 山形(^)に する 流儀や くぎり記号の ハイフン(-)を 切る印(')に する 流儀も あります。
パスポート式(外務省ヘボン式)
パスポートの 名前の 書きかたは これが 標準です。外務省が すすめている 方式なので,文句を いわれる 心配が ありません。手つづきを はやく すませたい 人は この 方式が いいでしょう。イ段の 長音を II に しています。これに より,飯田(イーダ)さん,新山(ニーヤマ)さんを 一般的な つづり IIDA, NIIYAMA に 変換 できる ように なっています。一部の 特殊音に 対応 しています。
パスポートむけ訓令式
この サイトが パスポートの 名前の 書きかたとして すすめている 方式で,訓令式の 変形です。一部の 特殊音に 対応 しています。くわしくは「あたらしい ルール(非ヘボン式)」を お読み ください。

なぜ フリガナでは ダメなのか?

なぜ フリガナでは ダメなのか,不思議に おもう 人が いる ようですが,その 理由は 簡単です。ローマ字は 日本語の 音声を ABCで 書いた ものですが,現代仮名遣いの フリガナは 正確な 音声を 記述 していないため,フリガナから 音声を 特定 できない ことが あります。音声が わからないと ローマ字表記が さだまりません。そのため,フリガナから 機械的に ローマ字表記を 生成 する ことは できません。

たとえば,浩二さんと 陽子さんの フリガナは「コウジ」「ヨウコ」ですが,これは 正確な 音声を あらわしていません。実際の 音声は〈コウジ〉〈ヨウコ〉では なく〈コージ〉〈ヨーコ〉です。

Kôzi(浩二:コージ): Kouzi(コウジ)
Yôko(陽子:ヨーコ): Youko(ヨウコ)

それなら,「コウ」「ヨウ」は 2文字 まとめて kô, yô に 変換 できる ように すれば いいじゃないか,と かんがえる 人が いるでしょう。けれども,それは できません。「コウ」「ヨウ」の 音声は〈コー〉〈ヨー〉かも しれないし〈コウ〉〈ヨウ〉かも しれないからです。「講師」「子牛」「幼稚」「夜討ち」の フリガナを かんがえて ください。フリガナから 音声が 特定 できないというのは こういう 意味です人間は「タロウ」の 音声が〈タロー〉で あって〈タロウ〉で ない ことを 経験で しっています。機械も 巨大な データベースなどを つかえば 特定 できますが,限界が あります。さらに,どう がんばっても 特定 できない 名前も あります。たとえば,「コウミ」の 音声は〈コウミ〉と〈コーミ〉の 両方が かんがえられ(小海,香美),どちらが 正しいのか 機械にも 人間にも わかりません。

インターネットで 公開 されている「かな文字ローマ字変換ツール」の ほとんどは フリガナを 入力 する ものです。フリガナに ローマ字の おきかえ表(ローマ字表)を 適用 する だけの タイプと,「コウ」「ヨウ」を kô, yô に 変換 できる タイプが ありますが,いずれも 正しい ローマ字表記を 生成 できません。前者は 加納さんを Kanou に 変換 する だけですから,まったく お話に なりません。後者は 正しく Kanô に 変換 できますが,おそらく「ノウ」を 無条件で に おきかえて しまうため,井上さん,木ノ内さん,篠浦さんなどを 正しく 変換 できません。

Kanô(加納:カノー): Kanou(カノウ)
Inôe(イノーエ): Inoue(井上:イノウエ)

おぎない