ヘボン式の 変種

あらまし

パスポートの 名前,道路標識(案内標識)の 地名,地図の 地名,鉄道の 駅名には ローマ字が つかわれています。これらは すべて ヘボン式を もとに した 書きかたです。これらを「ヘボン式の 変種」として まとめています。


ヘボン式の 変種は 書きかたが 統一 されていません。すべて ヘボン式を 変形 した 書きかたで,「ローマ字表」も おなじですが,そのほかの こまかい ところに ちがいが あります。そのため,おなじ 地名なのに 道路標識の ローマ字と 駅名標の ローマ字が ちがう ことも あり,いったい どれが 正しい ローマ字なのか,という 質問が よく あります。その こたえは 簡単で,どれも 正しい ローマ字では ありません。

日本の 人名・地名・駅名は 日本語です。そして,ローマ字の 書きかたを さだめている「ローマ字のつづり方」に よると,日本語を ローマ字で 書く ときは 訓令式を もちいる ことに きまっています。これが 日本語の ルールです。きびしい いいかたを すれば,日ごろ よく 目に する ヘボン式の 変種は すべて ルール違反の 書きかたです。


最近,パスポートの ローマ字は ルールが あらためられて,問題が 解決 されつつ あるのに 対して,地名と 駅名の ローマ字は あいかわらず ひどい ありさまで,国際的にも はずかしい ことに なっています。

パスポートの ローマ字

パスポート式

書きかた


パスポート

パスポートの 名前の 書きかたは ヘボン式を もとに した 書きかたで,外務省が さだめている 独自規格です。この サイトでは「パスポート式」と よびます。

今すぐに 名前の 書きかたを しらべたい 人は「お名前の ローマ字 変換」または「フリガナの ローマ字 変換」を おつかい ください。

「パスポート式」は つぎの ような 書きかたです。

SHIMADA(島田)
TSUJI(辻)
FUKUI(福井)
CHIBA(千葉)
NAMBA(難波)
KENICHI(健一)
KIKKAWA(吉川)
HOTCHI(堀池)
ONO(大野)
SATO(佐藤)
YUKA(優香)
SHUJI(修二)
YOKOO(横尾:ヨコオ)
HIROO(広尾:ヒロオ)
IIDA(飯田)
NIIYAMA(新山)

ヘボン式?

「パスポート式」は 学校の「英語」で ならう「英語式」を すこし 拡張 した ものです。外務省は これを ヘボン式と よんでいますが,本当は ヘボン式を 変形 した 書きかたです。ひろい 意味での ヘボン式の 一種と いう ことは できますが,ヘボンが つくった もともとの ヘボン式では ありませんヘボン式には きちんと した 定義が ありません。そのため,それに ちかい ものを すべて ヘボン式と かんがえる ことも できますし,ヘボン式だと いいはっている ものを すべて ヘボン式と かんがえる ことも できます。

そこで,これを「外務省ヘボン式」と よんで 区別 する ことが あります。この サイトでは「パスポート式」と よんでいます。

つくりかた


「パスポート式」の つくりかた

右が 正しい つくりかたで,左は まちがいです。

「パスポート式」の つくりかたは「長音の o, u は 書かない」と 説明 される ことが よく あります。しかし,それは まちがいです。

「パスポート式」の 正しい つくりかたは「ヘボン式の 記号を 省略 する」です。たとえば,「大野 優子」だったら,まず ヘボン式Ōno Yūko と 書いて,そこから 記号を とりのぞいて Ono Yuko に します。

ローマ字の 書きかたを よく しらない 人でも わかる ように,わざと「嘘も方便」的な 説明を しているのかも しれませんが,ローマ字は 小学校で おしえているのですから,本当は 正しい ローマ字を もとに して 説明 する べきでしょう第一,こんな 説明では〈アー〉や〈エー〉を ふくむ 名前を どう 書けば いいのか わかりません(例:林家 ペー・パー子)。官庁には 正しい ローマ字を 参照 しては いけない きまりが あるのかも しれません。

つかいみち

名前を ローマ字で 書く ときは かならず「パスポート式」に しなければ ならないと おもいこんでいる 人が います。これは よく ある おもいちがいです。ローマ字の 書きかたは「ローマ字のつづり方」で きまっています。これが 日本語の ルールで,名前を ローマ字表記に する ときも これに したがうのが 基本です。「パスポート式」は パスポートの 名前を 書く とき だけの 特別ルールです。そのほかの 名前は 日本語の ルールに のっとって 正しい ローマ字で 書く ように して ください。自分の 名前を 自分の 言語で 正しく 書けない ようでは 国際社会で 恥を かきます。

あとで くわしく のべますが,パスポートの 名前も かならず「パスポート式」に しなければ ならない わけでは ありません。名前の つづりは アイデンティティーに かかわる 事柄ですから,本人の かんがえに もとづいて きめる べきで あるとも いえます。それで,最近は パスポートの 規則が かわってきて,常識の 範囲内で つづりを 自由に えらべる ように なっています。ときどき,パスポートの 名前は 法律(旅券法)で ヘボン式に きめられていると おもっている 人が いるのですが,そんな きまりは ありません。

パスポートや クレジット カードでは 長音符号つき文字â, î, û など)や きる印(')が つかえないので,お名前に よっては 正しい ローマ字表記に できない ことが あります。しかし,あとで 説明 する「パスポートむけ訓令式」に すれば,このような 場合も 正しい ローマ字に ちかづける ことが できます。

「パスポート式」の 問題

「パスポート式」には おおきな 問題が ふたつ あります。パスポートは 物が 物 だけに 管理 する 側の 都合で 特殊な ルールに なっても しかたの ない ところが あります。それでも,これらの 欠点は おおきすぎます。

問題 1:ヘボン式に した こと

外務省は ヘボン式に した 理由を つぎの ように 説明 しています。

外務省では、パスポートが外国において自国民である旅券名義人の身分を明らかにし、当該名義人の通行への便宜並びに事故等に遭遇した場合の保護及び援助を各国政府に要請する文書であることを踏まえ、その氏名の表音が国際的に最も広く通用する英語を母国語とする人々が発音するときに最も日本語の発音に近い表記であるべきとの観点から、従来よりヘボン式を採用しています。

英語風に 読んだ ときに 原音を 再現 しやすいからと いっている ようです。しかし,これは おかしな 話です。日本人の 名前は 英語風に 読むという 奇妙な ルールが 世界の(あるいは パスポートを あつかう 業界の)常識 なのでしょうか外務省の まちがいは「英語を母国語とする人々が発音するときに最も日本語の発音に近い表記であるべき」という ねじくれた かんがえに あります。普通,フランス人の 名前は フランス語風に,イタリア人の 名前は イタリア語風に 読むでしょう。なぜ 日本人の 名前は 英語風に 読むのでしょうか。そもそも,原音を 再現 するという かんがえが まちがっています。外国人の 名前なんか 正しい 発音で 読める はずが ありません。それが 世界の 常識でしょう。

もし ヘボン式では なく 訓令式だったら どうでしょうか。石田さんと 内田さんが ISIDA, UTIDA と 書かれ,英語圏の 人が これらを〈イスィダ〉〈ウティダ〉と 読んで しまうかも しれません実際には もっと 変な 発音に なるでしょう。。けれど,それで こまる ことは ありません。〈イスィダ〉〈ウティダ〉は 外国人の「なまり」です。日本人が それを きけば,石田さんと 内田さんだと わかります。別人と とりちがえる 事故が おこる ことも ないでしょう。

日本人の 名前は 日本語です。普通,日本語は 海外で 通用 しませんが,人名は 固有名詞なので ラテン文字表記 すなわち ローマ字に する だけで 世界に 通用 します正しい 発音で 読んで もらえるという 意味では ありません。。英語風の つづりに する 必要は ありません。それなのに,外務省は 日本人の 名前を 英語風に 書かせようと していますこれは 日本人の 利益よりも 別の 利益を 優先 しているからです。以前,新聞の 投書欄に「なぜ パスポートは 訓令式に しないのか。」という 疑問が よせられた とき,外務省は「昔から ヘボン式だったので,いまさら ルールを かえられないから。」と,こたえていました。けれども,のちに「非ヘボン式」を みとめる ように なりました。本当は その 気が あれば(あるいは 別の 利益の ためなら),ルール変更も できたという ことです。。日本は 植民地でも ないのに,日本人は 自分の 名前を 日本語らしく 書けない わけで,これは 国際的にも はずかしい ことです。

問題 2:長音符号を 書かない こと


「人魚」と「人形」

長音が 書けないと,日本語を 正しく 記述 する ことは できません。

「パスポート式」は 長音符号を 書かないので,太郎さんと 次郎さんが タロと ジロに なって しまいますが,ご本人に とっては わらえない 話です。「パスポート式」の もっとも おおきな 欠点は 長音の 書きかたが まずい ことです。

どうしても 記号が つかえないのなら 記号を 書かないのも しかたが ありませんが,その 対処を 何も していない ため,ONO が 小野さんか 大野さんか わからなく なっています。これでは,個人の 識別という,パスポートの 基本機能すら あぶなっかしいでは ありませんか。これは 重大な まちがいを ひきおこす おそれが ある,深刻な 設計ミスです。

この 問題は 代用表記で「大野」を OONO と 書く だけで ほとんど 解決 できます。これなら「大野」と「小野」を きちんと 区別 できますし,日本人が みれば ほぼ 正しい 発音で 読む ことも できますこまかい ことを いうと,この 代用表記にも 欠点は あります。たとえば,大岡さんは OOOKA なので〈オーオカ〉か〈オオーカ〉か わかりません。また,大賀(オーカ)さんと 尾岡(オオカ)さんが どちらも OOKA に なって 区別 できません。もっとも,この ちがいは 日本人でも はっきり 区別 していない くらいですから,おおきな 問題では ありません。。なぜ こういう 対処を しなかったのでしょうか。原音の 再現性は わすれていたのでしょうか。

この 欠点と きる印(')が つかえない 欠点の せいで,パスポートの 名前は 日本人が みても まともに 読めません。たとえば,YUKO は おそらく〈ユーコ〉ですが,〈ユコ〉〈ユコー〉〈ユーコー〉の 可能性も あります。KENICHI は たぶん〈ケンイチ〉ですが,ひょっと すると〈ケニチ〉かも しれません。SHINYA は おそらく〈シンヤ〉ですが,〈シニャ〉で ないとは いいきれません。これらは 常識で おしはかる ことも できますが,ONO(小野?,大野?)や OHARA(小原?,大原?)は それすら できません。外国人が 日本人の 名前を 正しい 発音で 読めないのは しかたが ない ことです。しかし,日本人が みても 読めないと したら,それは おおきな 問題です。日本人は 自分の 名前を 自分でも まともに 読めない つづりで 書いている ことに なります。

非ヘボン式(あたらしい ルール)

やぶれかぶれの 改善策?

「パスポート式」は 評判が よく なかったので,外務省は 2000(平成12)年に ルールを みなおしました。この ルール変更で,オ段の 長音に OH, OU が つかえる ように なりました。

OHNO(大野) SATOU(佐藤)

しかし,これは あさはかな おもいつきです。オ段の 長音しか 対象に していませんから,修二さんや 優子さんは かんがえに はいっていません。雪さんと 夕貴さんは 区別 できない ままです。しかも,この 書きかたには ときどき おかしく なる 欠点が あります。

OHE(大江,オヘ?)
OHHIRA(大平,オッヒラ?)
OHYAMA(大山,オヒャマ?)
MOURI(毛利,モウリ?)

この ルール変更は 失敗でした。解決 しなければ ならない 問題を 完全には 解決 できていない 上に,あたらしい 問題まで うみだして しまいましたオ段の 長音を ou, oh に する 書きかたは ローマ字としては 完全な まちがいです。外務省は 正しい ローマ字を かたくなに こばみ,まちがった ローマ字を すすんで とりいれた ことに なります。

非ヘボン式

外務省は,あたらしい 問題に 気づいて あわてたのか,わずか 数年後の 2005(平成17)年に つぎの ような ことを いいだして,ルールを あらためました。

近年、氏名、特に名について、国字の音訓及び慣用にとらわれない読み方の名や外来語又は外国風の名を子に付ける例が多くなる等、旅券申請において表記の例外を希望する申請者が増えていることから、その氏名での生活実態がある場合には、非ヘボン式ローマ字表記であっても、その使用を認めることとしました。

外国人風の 名前が ふえてきた ことなどが ルール変更の 理由と されていますが,おそらく それ だけでは ないでしょう。とにかく,これで「パスポート式」から 完全に はずれた つづりで あっても,実際に それを つかって 生活 している ことを しめせば,みとめられる ように なりました。つまり,つづりの 制限は 事実上 なく なったと かんがえられます。たとえば,理沙さんと 凛さんが 外国人風の LISA, LYNN を つかっていた 場合,愛着の ある つづりで パスポートを つくる ことが できます譲司さんと 玲央さんが GEORGE, LEO でも いい わけです。愛(らぶ)さんが LOVE に しても かまいません。

この「パスポート式」から はずれた つづりを「非ヘボン式」と いいます。具体的には つぎの ような 書きかたが できます。

KATOH(加藤) KATOU(加藤)
KATOO(加藤) YUUKO(優子)
HUKUSIMA(福島)
TIDURU(千鶴)
KOH-YAMA(神山)
SHIN-ICHI(伸一)
KIM(金) MARY(真理)

これから パスポートを つくる 人は はじめから「非ヘボン式」に する ことが できます。以前に「パスポート式」で つくった ことが ある 人は「非ヘボン式」で つくりなおす ことが できます申請書で 名前の つづりを かえないと 宣誓 した 場合は,つくりなおす ことが できません。

「非ヘボン式」に するには 申請が 必要で,それなりの 理由が いります。けれども,きびしい 条件が ある わけでも なく,「訓令式を つかいたい」という かんがえ だけでも 正当な 理由に なります生活実態の 証明などと いうと おおがかりな ことの ように おもえますが,目的の つづりに なっている クレジット カードが あれば 十分です。そういう ものが ない 場合は「事情説明書」を 提出 します。最近は「非ヘボン式」の 申請でも 窓口の 対応は スムーズに なっている ようです。しかし,いまだに 教育の ゆきとどかない 職員も いるらしく,「非ヘボン式」には できないと うその 説明を する 事例が 報告 されています。窓口に「あたり」「はずれ」が ある ようです。

もちろん,どんな つづりでも いい わけでは ありません。「太郎」を HANAKO に したいと いっても 無理でしょう。また,変更 できる 場合でも 変更は 一度きりです。「非ヘボン式」から もとの つづりに もどしたり,さらに 別の つづりに かえたり する ことは できません。

実際には なやましい 問題も あります。家族の 姓の つづりが おなじで ないと こまるかも しれませんし,クレジット カードとの 整合性も 大事だからです家族で 海外旅行を する ときに 姓の 表記が ばらばらだと ややこしいでしょう。海外で 何かの 拍子に パスポートと クレジット カードの つづりが ちがっている ことに 気づかれたら,どんな うたがいを かけられるか わかりません。。特に 姓の つづりは,自分だけの 問題では ありませんから,よく かんがえて きめて ください。

「パスポートむけ訓令式」

「パスポート式」の 問題は「非ヘボン式」の 制度を 利用 して 解決 できます。この サイトは つぎの 書きかたを すすめます。

SIMADA(島田)
TUZI(辻)
TIBA(千葉)
HUKUI(福井)
NANBARA(南原)
HOTTI(堀地)
ITOO(伊藤)
OOKAWA(大川)
TOOYAMA(遠山)
KOOZOO(幸三)
YUUKO(優子)
SYUUHEI(修平)
OO-OKA(大岡)
KEN-ITI(健一)
SIN-YA(伸也)

日本語らしい つづりなので,世界に 恥を さらす 心配が ありません。まにあわせの 書きかたでは ありますが,長音を きちんと 書きあらわしているので,日本人が みれば ほぼ 正しい 発音で 読めます本当は 文字の 制限を なくして 長音符号つき文字きる印(')も つかえる ように すれば いいのですが,どういう わけか パスポートは 基本的な ところが 時代おくれです。「本籍」を 記載 している ところにも それが あらわれています。。これを「パスポートむけ訓令式」と よぶ ことに します。

お名前を「パスポートむけ訓令式」に 変換 できる「お名前の ローマ字 変換」「フリガナの ローマ字 変換」が あります。ご自由に おつかい ください。

道路標識(案内標識)の ローマ字

道路標識(案内標識)の ローマ字

書きかた


変な 道路標識 (道路標識調査Weblog)

道路標識(案内標識)の 地名の 書きかたは 国土交通省が ヘボン式を もとに して つくった 独自規格です。つぎの ような 書きかたです。

Tokyo(東京)
Osaka(大阪)
Kyoto(京都)
Nihonbashi(日本橋)
Shin-ikecho(新池町)
Tokyo Met.(東京都)
Aichi Pref.(愛知県)
Fukuoka City(福岡市)
Nakayama Town(中山町)
Shinano Riv.(信濃川)
Arakawa Riv.(荒川)
Atago Shrine(愛宕神社)
Toshogu Shrine(東照宮)
Chiyoda Bridge(千代田橋)
Togetsukyo Bridge(渡月橋)
Mt. Fuji(富士山)
Mt. Gassan(月山)

つかいみち

市町村名や 地名を ローマ字で 書く とき,道路標識(案内標識)の 書きかたに あわせる 必要は ありません。この 書きかたは 道路標識(案内標識)の 地名を 書く とき だけに もちいられる 特別ルールです。そのほかは 日本語の ルールに のっとって 正しい ローマ字で 書く ように して ください。

日本の 地名を ラテン文字表記に する とき,英語風に 書かなければ ならない 理由は ありませんし,書く べきでも ありません国際郵便で 住所を 書く とき など,住所を 英語に 翻訳 しようと する 人が いるのですが,そんな ことを しても まったく 意味が ありません。国際郵便の ルールから いっても 日本語の ローマ字表記に するのが 正式です。

つけたし

こまかい ことを いうと,これは 日本語の ローマ字表記では なく,英語です。占領期の なごりで こう なっています1946年に GHQが 市町村名などを 道や 駅に 英語で 掲示 する 命令を だしました。。これを あらためる うごきは ありません。

日本の 地名は 日本語ですが,英語の 書きかたで 日本語を 正しく 記述 する ことは できません。たとえば,道路標識(案内標識)の ローマ字は「湖南」と「甲南」の ちがいを 書きわける ことが できません。この 章の はじめに かかげた 写真を よく みて くださいこれを 外国人が みたら どう おもうでしょうか。国土交通省は これが 外国人の ために なると かんがえているのでしょうか。


道路標識は ラテン文字表記を していなかった 時期が あります。1971(昭和46)年から 1986(昭和61)年までの あいだです。この 期間に つくられた 案内標識には ラテン文字表記が ありません例外も あります。正確には,1971年から「(必要なら)表示することができる」ように なり,1986年から「(不要なら)省略することができる」ように なりました。実際,1971年以降も 高速道路の 標識は ラテン文字表記を つづけていました。

廃止 した 理由は「視認性が わるいから」と されています。標識に 書きこむ 情報が ふえてきて,窮屈に なったのかも しれません。また,「占領期の 遺物と みなされていたから」とも いわれています。たしかに,外国人の 都合で つくった ルールを ずっと あたためていたのですから,なんとも まの ぬけた 話です。本当は そうだったのかも しれません。

復活 した 理由は「国際化の ため」と されています。しかし,これは 失敗でした。せっかく 立派な 目的を かかげているのに 正しい ローマ字では なく 英語では その 理念が 台なしです。


郵便番号から 住所の ローマ字が わかる「住所の ローマ字 変換」が あります。ご自由に おつかい ください。

ローマ字から 英語へ?

2013(平成25)年,国土交通省は 観光地などに ある 案内標識の ローマ字を 英語に かえていく 方針を しめしました。しかし,これは あやまった 判断です。英語は 旅行者の 役に たたない だけで なく,外国人に あやまった メッセージを おくって しまう おそれも あります。

まず,ほとんどの 外国人は 英語を はなしません。英語で 生活 している 人は 世界の 人口の 1割も ありません。やさしい 英語が 読める 人なら その 割合は もっと ふえるでしょうが,それでも すべての 外国人に 英語が 通じると おもったら おおまちがいです本当は 話す 人が おおいか すくないかは 関係 ありません。多数派を 標準に する かんがえかたは 国際化の 理念とは 正反対の ものです。一番 大切なのは,特定の 国・地域や 民族などを えこひいき しない ことです。

しかも,日本に くるのは ほとんど 非英語圏の 人です。2015年の 統計では,中国・韓国・台湾が トップ3で,これ だけで 6割を こえます逆に,英語の 話し手が おおいと かんがえられる,ヨーロッパ,アメリカ,オーストラリアを あわせても 13%にしか なりません。。この 人たちの 母語は 英語では ありません。国土交通省は 観光客の 利便性を 変更の 理由に あげていますが,もし それが うそで ないのなら,英語では なく 中国語や 韓国語に かえる べきです。

外国人は 母語で 書かれた ガイドブックなどを たよりに 行動 しますから,英語が なくても ローマ字が あれば 十分です。外国人は ローマ字を みても それを 正しい 発音では 読めませんし,普通名詞の 部分は その 意味も わかりません。けれど,それで こまる ことも ない わけです。そもそも,地名は 外国語に 翻訳 できません。「○○公園」「国会議事堂」などは 一部 または 全部を 翻訳 できますが,翻訳 しては いけません。外国人に 必要なのは 意味では なく,読みかただからです。意味は はじめから わかっていますが,読みかたが わからないと 日本人に 道を たずねる ことも できませんカンボジアに ある「アンコール ワット」の「ワット」は「寺」を 意味 する クメール語ですが,それを しらない 人でも「アンコール ワット」が 寺で ある ことを しっています。金閣寺を おとずれる 外国人も「キンカクジ」が 寺で ある ことを はじめから しっています。外国人に 必要な 情報は 名前の おおよその 読みかたで あって,意味では ありません。それに,英語に 翻訳 すると 外国人と 日本人が おなじ ものを ちがう 名前で よぶ ことに なり,これが 問題を ひきおこします。外国人から The National Diet の 場所を たずねられても それが 何か わからない 日本人は 道案内も できません。電車や バスは 英語の 放送も しなければ ならなく なります。こうして,観光地が 人情や 風情を うしなって しまう おそれが あります。

観光地の 看板や 標識には それなりの センスが もとめられます。英語ばかりが 目に つくと,日本らしさを たのしみたい 外国人は がっかり するでしょう。交通機関は できるだけ ことばに たよらず,記号(ユニバーサル サイン)を 工夫 する べきです。もちろん,それとは 別に 多言語で 対応 できる 観光案内所などは 必要です。スマートフォンが ゆきわたっている 今なら テクノロジーによる 解決策も あるでしょう。これらが 本当に のぞまれている ことです。案内標識の 英語化は 観光地が 力を そそぐ ポイントでは ありません観光地の 商店や タクシーは 外国語で 会話が できれば よろこばれるでしょう。飲食店が 多言語の メニューを 用意 するのも よい ことです。しかし,商売では ない 公共の 表示では,そういう 親切を あからさまに みせつけない ほうが いいでしょう。金もうけに 熱心な 国だという 印象を あたえて しまう おそれが あるからです。親切を 親切と 気づかせない 親切さが 日本流では ないでしょうか。

世界一の 観光大国で ある フランスの 名所が 英語だらけに なっているか,かんがえてみて ください。日本は 観光地に かぎらず どこも 英語で あふれていますが,まるで 日本人が 日本語を 大切に していない ような ありさまを 外国人は 尊敬の 目で みていません。このままでは 国際感覚が 未熟な 国とか アメリカかぶれの 幼稚な 国という あやまった 印象を あたえて しまう おそれも あります。案内標識の 英語化は,うしなう ものは あっても える ものが ない,おろかな 政策と いえるでしょう。

地図の ローマ字

地図の ローマ字

書きかた

地図(陸図)の 地名の 書きかたは ヘボン式を もとに した 独自規格で,国土交通省が さだめています。

道路標識(案内標識)の 地名の 書きかたと にていますが,普通名詞の 部分を 英語に 翻訳 していません。公共の ローマ字の 中では めずらしく,まっとうな 書きかたです。

Aichi Ken(愛知県)
Tokyo Wan(東京湾)
Shinano Gawa(信濃川)
Arakawa(荒川)
Fuji San(富士山)
Chichijima Retto(父島列島)

海図の ローマ字は 海上保安庁が さだめている 独自方式で,ヘボン式の 変種です。くわしい ルールは わかりません。

Google Maps の ローマ字も ヘボン式の 変種です。くわしい ルールは わかりません。

つけたし

地図(陸図・海図)の ローマ字は 大正時代から 日本式を 採用 していて,訓令式が できてからは 訓令式でした。しかし,海図は 1999(平成11)年に,陸図は 2005(平成17)年に,あいついで ヘボン式に かえられました。

陸図の ローマ字を かえた 理由は 理念や 理論に もとづいた ものでは なく,訓令式より ヘボン式が おおく もちいられている 現状に あわせた だけでした訓令式ヘボン式の 使用状況を しらべて,おおい ほうに あわせて 変更 した ようです。「みんな やってるから。」では 万引が ばれた 中学生の いいわけと おなじでは ありませんか。。海図の 場合も おおよそ 想像が つきそうです。

歴史を ふりかえると,1937(昭和12)年に 訓令式が できる きっかけに なったのは,万国地理学会議が 日本政府に 地名の ローマ字を 統一 して ほしいと いってきた ことでした。そして 専門家が 何年も 議論を かさね,理論的に みちびきだした 結論が 訓令式だった わけです。1954(昭和29)年に その ルールが あらためられて「ローマ字のつづり方」が できた ときも,原案の 段階では 地名を かならず 訓令式で 書く ことに していました。このような 歴史を わすれ,理念や 理論を ないがしろに して,ほとんどの 人が しらない あいだに ルールを かえて しまったというのですから,文明国として はずかしい ことです。


道路標識(案内標識)の 地名は 英語化 しているのに,地図の 地名は そう していません。これには 何か 理由が ある はずです。かんがえられる 理由の ひとつは 国際連合地名標準化会議の 勧告です。この 会議は 地名表記に かんする 国際規範を あつかっていて,地図に 書く 地名表記の ルールを きちんと さだめる よう 各国に もとめています。それで 各国の ルールは どう なっているかと いうと,「山」「川」などの 部分を 翻訳 しない 原則に なっています。たとえば,「モンブラン」は Mont Blanc です。「富士山」が Fuji San に なっている 理由は これでは ないかと おもわれます。


基本的な 地名の 書きかたは「地名」で 説明 しています。具体的な 地名の リストが「地名の ローマ字」に,市町村の 名前の リストが「市町村の 名前」に あります。ご自由に おつかい ください。

この サイトの 提案

地名は 正しい ローマ字で 書く べきです。そう すれば,日本人にも 外国人にも わかりやすく なります。たとえば,「荒川」は Arakawa,「えりも岬」は Erimo Misaki です。この 意味で,地図の ローマ字は 訓令式で ない ことを のぞけば たいへん よい 書きかたです。


堤防に Kurobe River(黒部川)などと 書いた 看板が たててあるのを よく 目に しますが,属性の 部分(「山」「川」など)を 英語に 翻訳 する この 書きかたは 日本人にも 外国人にも 不便です。Erimo Misaki なら 小学生でも わかりますが,Cape Erimo では おとなが みても わかりません。じつは,外国人でも 英語が わかる 人は おおく ありません。

そもそも,それが 川や 岬で ある ことを いちいち 説明 する 必要は ないでしょう。外国人に 必要な 情報は 意味では ありません。堤防に 看板が あったら,川の 名前が 書いてあるに きまっています。もし「えりも岬」に やってくる 外国人が いたら,その 人は〈エリモミサキ〉が 岬で ある ことを はじめから しっています。

また,属性の 部分を 翻訳 する 書きかたでは「荒川」が Arakawa River に なって しまい,日本人には つよい 違和感が あります。これは「モンブラン」を Mt. Mont Blanc と 書いている ような もので,国際的にも はずかしい 書きかたです。

その上,日本人は「黒部川」「荒川」を〈クロベリバー〉〈アラカワリバー〉とは よんでいないので,日本人と 外国人が おなじ ものを ちがう 名前で よぶ ことに なり,これが コミュニケーションを さまたげます。日本語の 名前が わからない 外国人は 日本人に 道を たずねる ことが できませんし,英語の 名前が わからない 日本人は 外国人に 道を おしえる ことが できません。観光地に とって 致命的では ありませんか。


表記の 国際化は 英語化では なく ローマ字化です。ArakawaErimo Misaki は 英語では ないので,英語を はなさない 外国人にも つかえます。英語 以外の 外国語の 中でも つかえます。日本語を そのまま 書いているにも かかわらず 世界共通です。これこそ 国際化です。

しかも,ローマ字は 案内標識などに 適しています。いくつもの 外国語に 翻訳 して それらを ずらずら ならべなくて いいからです。ローマ字を ひとつ だけ 書く ように すれば,標識などの 視認性や デザインが よく なります。

Sinano Gawa(信濃川)
Arakawa(荒川)
Atago Zinzya(愛宕神社)
Tôsyôgu(東照宮)
Tiyoda Basi(千代田橋)
Togetukyô(渡月橋)
Huzisan(富士山)
Gassan(月山)

英語の 話し手に むけた 英文の 中に 日本の 地名を 書く ときは,ヘボン式「英語式」に しても かまいません。下は ヘボン式の 例です。

Shinano Gawa(信濃川)
Arakawa(荒川)
Atago Jinja(愛宕神社)
Tōshōgū(東照宮)
Chiyoda Bashi(千代田橋)
Togetsukyō(渡月橋)
Fujisan(富士山)
Gassan(月山)

「私は ○○市で うまれました。」の ように,普通の 文章の 中に 日本の 地名が でてくる 場合なら,英語に 翻訳 するのが 普通です。

駅名標の ローマ字

駅名標の ローマ字

書きかた


駅名標

駅名標(駅名の 表示板)の 駅名の 書きかたは ヘボン式を もとに した 独自規格で,国土交通省が さだめています。

Kyōto(京都) Shimbashi(新橋)
Etchūjima(越中島)
Den-en-chōfu(田園調布)
Amagasaki Center Pool Mae
(尼崎センタープール前)
JR-Fujinomori(JR藤森)

つけたし

駅名の 書きかたが ヘボン式を 採用 しているのは 占領期の なごりです1946年に GHQが 市町村名などを 道や 駅に 英語で 掲示 する 命令を だしました。。これを あらためる うごきは ありません。戦前から 鉄道省は ヘボン式を 採用 していました。1937(昭和12)年に 訓令式が できて,一度は 訓令式に かわったのですが,戦後 ヘボン式に もどされました。1954(昭和29)年に「ローマ字のつづり方」が できても そのままに され,今も それが つづいています。


外国人の 旅行者に とって 駅名の 表示は とても 重要です。特に 観光地などでは 駅名の ラテン文字表記は なくては ならない ものです。しかし,それは 訓令式の ローマ字で いいでしょう。外国人が 目で みて 識別 できて おおよその 読みかたが わかれば 十分だからです外国を 旅行 した つもりに なってみて ください。駅名が アラビア文字で 書かれていたら こまりますが,ラテン文字で 書かれていたら こまらないでしょう。ヘボン式で 書いても 意味が ありません。外国人は 訓令式だろうが ヘボン式だろうが 正しい 発音では 読めないからです。


駅名標の ローマ字は ルールの 運用が 厳格では なく,徹底 されていません。鉄道会社などに ゆだねられている 部分が おおきいからです。昔は 看板業者に まかされていた ことも あったらしく,風がわりな ローマ字が みつかる ことも ありました。最近は ヘボン式では なく,「英語式」に している ところも あります。英語に 翻訳 する 例も でてきました。

4種類の 言語?


たまプラーザ駅の 駅名標

4種類の 言語で 書かれています。「プラーザ」は スペイン語の plaza(広場)で,この 場合は 英語の かわりに スペイン語に なっているのかも しれません。中国語では「プラーザ」を「広場」と 書いています。

駅名標には 簡体字と ハングルが つけくわえられて 4種類の 文字で 書かれている ものが あります。最近は この タイプが ふえてきている ようです。けれども,これは まちがった とりくみです。実用性が おとる だけで なく,うつくしさの 点でも このましく ないからです。

外国の 駅名標に カタカナが 書いてあっても 日本人の 役に たたず,意味が ない こと くらい すぐに わかるでしょう。表記を 国際化 するには 世界共通の 文字で ある ラテン文字の 表記が ひとつ あれば 十分です。それで すべての 外国人に わかります。日本の 駅名標には もともと ローマ字が あるのですから,すでに 国際的です。その上に 別の 文字を つけくわえると,表示が ごちゃごちゃ して よみにくく なり,かえって 実用性が そこなわれます4種類の 表記が 循環 する 電光掲示も ありますが,その 実用性は いちじるしく おとります。。文字(書体)の 統一感も なくなって,デザインまで わるく なって しまいます。

もっと おおきな 問題も あります。それは ローマ字が 英語に おきかえられつつ ある ことです。この タイプの 駅名標が,4種類の 文字では なく,4種類の 言語(日本語,英語,中国語,韓国語)で 書いてある ように みえるのは 気の せいでは なく,実際に その つもりで 書いてあります。地名を 外国語に 翻訳 する ことが いけない 理由は 道路標識(案内標識)の 地名,地図の 地名の ところで くりかえし のべた とおりです。それと おなじで,駅名も 外国語に 翻訳 しては いけません。

このままでは ちかい 将来,大阪城公園駅の ŌsakajōkōenOsaka Castle Park に かわって しまうかも しれません。道路標識(案内標識)と おなじ まちがいが 駅名標にも ひろがっている わけで,目が はなせません。観光地や 大都市 ほど この かたむきが あり,外国人を 不思議がらせています公用語が 複数 ある 国は おおいので,駅名が 複数の 言語で 書いてある 駅名標は 外国人に とって それほど めずらしくは ないかも しれません。けれども,これは 国内の 言語が 複数 あるから 駅名も 複数 あるという あたりまえの 話です。日本が やっている ことは それとは まったく ちがいます。国内で 通じない 外国語の 名前を むりやり つくって つけたしているのです。

「新前橋」は Shim-Maebashi か?


新前橋の 駅名標

駅名には「新」で はじまる ものが たくさん あります。「新橋」「新宿」などは 全体が ひとつの 名前なので,Shimbashi, Shinjuku の ように ひとつづきに 書かれます。これとは ちがい,「○○」の あとに できた 「新○○」は Shin-Xxx と 書かれる ことが おおい ようです。

ここで 問題に するのは,Xxxb, m, p で はじまる 場合に ShinShim に かえている ことです。こんな 書きかたを しても 何も いい ことは ありません。Shin の ままで いいでしょう。

この サイトは,複合語の 一部に なっている ことばは もとの つづりを かえる べきで ないと かんがえています。つまり,ヘボン式の「あんパン」は ampan では なく anpan に する べきだというのが この サイトの かんがえです「あんパン」の「あん」と「パン」は どちらも 自立 する ことばですが,「新」は もともと それ だけでは つかえない 接頭語なので,「あんパン」と「新○○」は ことばの なりたちが すこし ちがいます。しかし,どちらも ふたつの ことばの くみあわせで ある 点は おなじです。。(くわしくは「「あんパン」は ampan か?」を お読み ください。)


この サイトが すすめる「新○○」の 書きかたは Shin Xxx ですこの サイトは 訓令式を すすめていますから,本当は Sin Xxx です。Shin の つづりは かえず,「新」と「○○」を きりはなします。

「新」は もともと 接頭語ですが,「新○○」では「新」が 名前の 中に くみこまれて 全体が ひとつの 名前に なっています。つまり,「新○○」は ふたつの ことばから できている 名前です。固有名詞が 複数の ことばから できている とき,つなぎ(-)で つなぐ 必要は ありません。Yamada Hanako の ように,きりはなして 書いても,大文字で はじまる つづりが つづく ため,みた目で つながりが わかるからです。これが Shin Xxx に する 理由です。

Shinの つづりを かえなければ,駅名を ABC順に ならべた リストが 不自然な 順番に なる ことも ありません「青森」「前橋」「新青森」「新前橋」が どういう 順番に ならぶか,かんがえてみて ください。。「新」で はじまる 駅名も 検索 しやすく なるでしょう。

「新」と「○○」を きりはなせば みた目も すっきり します。しかも,ShinShim かの 問題を かんがえなくて すみます。「新○○」の「新」は 名前の 一部で あり,「千昌夫」の「千」と おなじです。そして,Sem Masao とは 書きません。


これと おなじ 問題は「新○○」の ほかでも おこります。現在,「外苑前」「海浜幕張」の 駅名標には Gaiemmae, Kaihimmakuhari と 書いてありますが,こんな 書きかたは やめた ほうが いいでしょう。Gaien Mae, Kaihin Makuhari に すれば,ずっと わかりやすく なります。

【読みもの】難読地名の ローマ字

道路標識(案内標識)の ラテン文字表記は 英語です。駅名標の それは ローマ字と 外国語を まぜた ものです。これでは 日本人に とって あまり 役に たたない ように おもえます。でも,役に たつ ことも あります。


難読地名(大阪・京都)

漢字で 書かれた 地名には その 土地の 人で ないと 読めない ものが すくなく ありませんが,ローマ字が 読みがなの かわりに なって,正しい 読みかたが わかるからです。

はじめての 旅先で,案内標識や 駅名標から おもしろい 読みかたの 地名を みつけた 経験は ありませんか?