ヘボン式の 変種

ヘボン式の 変種は 独自規格

ひろい 意味で ヘボン式に ふくまれる 書きかたが さまざまな 分野で つかわれています。中でも 代表的な ものは,パスポート,道路標識,駅名標です。

これらの 書きかたには 根の ふかい 問題が あります。ローマ字の 正しい 書きかたを さだめた「ローマ字のつづり方」が すすめているのは 訓令式だからです。「ローマ字のつづり方」は ヘボン式を 部分的に とりいれた「第2表の つづりかた」を もちいる ことも みとめていますが,これらは その「第2表の つづりかた」でも ありません。これらは すべて ローマ字の ルールに のっとっていない 独自規格です。きびしい いいかたを すれば,正しい ローマ字では ありません。

このような ありさまが ローマ字の 理解を さまたげている もっとも おおきな 理由です。

パスポート

あらまし

パスポート
パスポート

パスポートの 名前の 書きかたは ふるい ヘボン式から 派生 した 独自規格で,外務省が さだめています。この 書きかたを 外務省は ヘボン式と よんでいますが,この サイトでは「パスポート式」と よぶ ことに します。

今すぐに 名前の 書きかたを しらべたい 人は「お名前をローマ字書きに」を おつかい ください。

SHIMADA(島田)TSUJI(辻)FUKUI(福井)
CHIBA(千葉)NAMBA(難波)KENICHI(健一)
KIKKAWA(吉川)HOTCHI(堀池)
YOKOO(横尾:ヨコオ)ITO(伊藤:イトー)
KANO(狩野:カノー)YUZO(雄三:ユーゾー)

パスポート式の 正体

パスポート式は ヘボン式か?

パスポート式は 本物の ヘボン式では ありません。外務省が この 書きかたを ヘボン式と よんでいるため,パスポート式を 解説 している 文章は ほぼ 例外なく この 書きかたを ヘボン式と よんでいます「外務省ヘボン式」と よぶ ことも ありますが,この 書きかたは パスポートに かぎらず さまざまな 分野で つかわれています。「英語」の 教科書で つかわれるのも この 書き方です。

パスポート式の 正体は「英語風の 書きかた」です。具体的には,本物の ヘボン式から 長音と くぎりの 印を とりのぞいた ものです。これは 昔から ある 書きかたで,大正時代には 一般に ひろまっていた ようです。

まちがいが まかりとおっている 理由は ヘボン式に 正式の 定義が ないからですしたがって,ヘボン式に 関しては「正式」とか「公式」という いいかたは できません。ここでは ヘボンが「和英語林集成」(第3版)で つかった 書きかたを「本物」と いっています。。そのため,それに ちかい ものを ヘボン式だと いっても まちがいとは いえないからです。実際,「英語風の 書きかた」は ひろい 意味では ヘボン式の 一種と いえます。パスポート式を ヘボン式と よぶのは ヘボン式の 意味を ひろく 解釈 しているのだと かんがえれば わかりやすいでしょう。

パスポート式の つくりかた

パスポート式の 理屈
パスポート式の 理屈(左:×,右:○)

パスポート式の 解説には「長音の O, U は 書かない」と 説明 している ものが あります。たとえば,「大野 優子」は ふりがなの「おおの ゆうこ」を Oono Yuuko に して,そこから 長音の O, U を とりのぞいて Ono Yuko に する,と 説明 している わけです。

しかし,これは まちがいです。わすれて ください。パスポート式の 正しい つくりかたは つぎの とおりです。まず「大野 優子」を ヘボン式Ōno Yūko に して,そこから 長音符号などを とりのぞいて,Ono Yuko に します。

ローマ字の 正しい 書きかたを しらない 人でも わかる ように,わざと「嘘も方便」的な 説明を しているのでしょう。けれど,そんな まわりくどい やりかたを するよりも,ローマ字の 正しい 書きかたを 説明 する ほうが はやいのでは ないでしょうか? ヘボン式は,こどもに とっては むつかしい ところも ありますが,おとなに とって むつかしい ところは ありません。

パスポート式の 問題

パスポート式には おおきな 問題が ふたつ あります。パスポートは 物が 物 だけに 管理 する 側の 都合で 特殊な ルールに なっても しかたの ない ところが あり,多少の あつかいにくさは 我慢 しなければ ならないかも しれません。そうだと しても,これらの 欠点は みすごせないほど 重大です。

問題 1:ヘボン式(の 変種)を 採用 した こと

外務省は パスポートの 名前の 書きかたを ヘボン式から 派生 した 書きかたに した 理由を つぎの ように いっています:

外務省では、パスポートが外国において自国民である旅券名義人の身分を明らかにし、当該名義人の通行への便宜並びに事故等に遭遇した場合の保護及び援助を各国政府に要請する文書であることを踏まえ、その氏名の表音が国際的に最も広く通用する英語を母国語とする人々が発音するときに最も日本語の発音に近い表記であるべきとの観点から、従来よりヘボン式を採用しています。

英語風に 読んだ ときに 原音を 再現 しやすいから,と いっている ようです。しかし,これは くるしい いいわけです。日本人の 名前は 英語風に 読むという 奇妙な ルールが 世界の(あるいは パスポートを あつかう 業界の)常識 なのでしょうかフランス人の 名前は フランス語風に 読むでしょう。イタリア人の 名前は イタリア語風に 読むでしょう。なぜ 日本人の 名前は 英語風に 読むのでしょうか? そもそも,原音を 再現 するという かんがえが まちがっています。しらない 外国語の 単語は 正しく 発音 できない ように,しらない 外国人の 名前は 正しく 発音 できません。する 必要も ありませんし,できる はずも ありません。

もし ヘボン式では なく 訓令式を 採用 したと すると,石田さんと 内田さんが ISIDA, UTIDA と 書かれ,英語圏の 人が これらを〈イスィダ〉〈ウティダ〉と 読んで しまうかも しれません実際には もっと 変な 発音に なるでしょう。。けれど,それで こまる ことは ありません。〈イスィダ〉〈ウティダ〉は 外国人の「なまり」です。日本人が それを 聞けば,石田さんと 内田さんだと わかります。別人と とりちがえる 事故が おこる ことも ないでしょう。

つまり,「ローマ字のつづり方」が すすめていない ヘボン式を わざわざ えらぶ 理由は ありません。それにも かかわらず 外務省が「英語風の 書きかた」に こだわるのは,日本人の 名前を 日本語の 正しい ローマ字表記では なく 英語風に 書かせたいからだと かんがえられます以前,新聞の 投書欄に「なぜ パスポートは 訓令式に しないのか?」という 疑問が よせられた とき,外務省は「昔から ずっと ヘボン式だったので,いまさら ルールを かえられないから。」と,こたえていました。けれども,のちに「非ヘボン式」を みとめるように なり,ルールは かわりました。本当は その気が あれば ルールを かえる ことは できた わけです。今は 上で 引用 した 理由づけで 国民を 納得 させようと している ようですが,これに 説得力が ないのは すでに のべた とおりです。外務省が「英語風の 書きかた」に こだわる 本当の 理由は,おそらく 政治的な ものです。。そうだと すると,日本人は 自分の 名前を 自分の 言語で 書いていない ことに なります。

問題 2:長音符号を はぶいた こと

人魚と 人形
「人魚」と「人形」

パスポート式では 太郎さんと 次郎さんが タロと ジロに なって しまいますが,ご本人に とっては わらえない 話です。パスポート式の もっとも おおきな 欠点は 長音の 書きかたが まずい ことです。

パスポートでは 記号が つかえませんから,長音の 印を はぶくのは しかたが ないと しても,その 対処を 何も していません。これでは 母音が ながいか みじかいか わからず,ONO が 大野さんか 小野さんか わかりません。これでは,パスポートに とって もっとも 重要な,個人の 識別という 基本機能すら あぶなっかしいでは ありませんか。これは 重大な まちがいを ひきおこす おそれが ある,深刻な 設計ミスです。

この 問題には,昔から ある 代用表記で 手を うつ ことが できます。「大野」を OONO に すれば いい わけです。これなら 日本人が みれば ほぼ 正しい 発音で 読む ことが できますただし,これで 問題が 完全に なく なる わけでは ありません。この 代用表記には おなじ 母音字が 3個 以上 つづくと 読みかたが わからなく なる 欠点が あります。大岡さんは OOOKA なので〈オーオカ〉か〈オオーカ〉か わかりません。なお,「ほぼ 正しい」というのは〈オーノ〉と〈オオノ〉が よく にている ことを いっています。大賀(オーカ)さんと 尾岡(オオカ)さんは にているだけで 本当は ちがいます。それなのに どちらも OOKA に なって 区別 できません。もっとも,この ちがいは 日本人でも はっきり 区別 していませんから,これは おおきな 問題では ありません。。ところが,それを していません。原音の 再現性を 重視 した,というのは 本当なのでしょうか?

長音符号などを はぶいている 欠点の せいで,パスポート式で 書かれた 名前は 日本人が みても 正しい 発音で 読めない ことが あります。たとえば,YUKO は おそらく〈ユーコ〉ですが,〈ユコ〉〈ユコー〉〈ユーコー〉の 可能性も あります。KENICHI は たぶん〈ケンイチ〉ですが,ひょっと すると〈ケニチ〉かも しれません。SHINYA は おそらく〈シンヤ〉ですが,〈シニャ〉で ないとは いいきれません。もちろん,ほとんどは 日本人が みれば 常識で わかりますが,パスポートは 日本の 常識が 通用 しない ところでも つかわれます。ONO(小野?,大野?)や OHARA(小原?,大原?)は 日本人が みても 判別 できません。つまり,日本人は 自分の 名前を 自分でも まともに 読めない つづりで 書いています。

やぶれかぶれの 改善策

このように,パスポート式の 仕様は 日本人に とって きわめて 不便 かつ 不自然で,あまり 評判が よく ありませんでした。そこで 外務省は 2000(平成12)年に,オ段の 長音を OH, OU と 書いても いい ように,ルールを みなおしました。

OHNO(大野)SAITOU(斉藤)

しかし,これは あさはかな おもいつきです。オ段の 長音しか 対象に していませんから,修二さんや 優子さんは かんがえに はいっていません。由紀さんと 夕貴さんや 由佳さんと 優香さんは 区別 できない ままです。オ段の 長音でも,これを つかうと おかしく なる 場合が あり,常に つかえる わけでは ありません。

くぎりの 記号が つかえたら おかしく ならない ように できるのですが,記号は つかえません。空白を いれて つづりを きりはなす 手も かんがえられますが,そういう 書きかたも みとめられていません。それが できれば 健一さんも すくわれるのですが,残念でした。

OHE(大江,オヘ?)  → × OH'E
OHISHI(大石,オヒシ?)  → × OH-ISHI
OHHIRA(大平,オッヒラ?)  → × OH HIRA
MOURI(毛利,モウリ?)  → × MOU'RI
TOHYAMA(遠山,トヒャマ?)  → × TOH-YAMA
KENICHI(健一,ケニチ?)  → × KEN ICHI

この ルール変更は 失敗だったと いう べきでしょう。解決 しなければ ならない 問題を 完全には 解決 できていない だけで なく,あたらしい 問題を うみだして しまったのですから。

あたらしい ルール(非ヘボン式)

外務省も これには 手を やいている 節が あり,つぎの ような ことを いいだしました:

近年、氏名、特に名について、国字の音訓及び慣用にとらわれない読み方の名や外来語又は外国風の名を子に付ける例が多くなる等、旅券申請において表記の例外を希望する申請者が増えていることから、その氏名での生活実態がある場合には、非ヘボン式ローマ字表記であっても、その使用を認めることとしました。

2005(平成17)年から,パスポート式で ない つづりでも,その 使用実績を 証明 できれば,みとめる ように なったのです。たとえば,理沙さんと 凛さんが 外国人風の LISA, LYNN を つかっていた 場合,愛着の ある つづりで パスポートを つくれる ように なりました。譲司さんと 玲央さんが GEORGE, LEO でも いい わけです愛さんの 読みかたが〈ラブ〉だったら,LOVE に しても かまいません。(読みかたが〈アイ〉や〈メグミ〉なら LOVE には できないでしょう。)

この あたらしい 書きかたは「非ヘボン式」と よばれていますこの サイトは パスポート式を ヘボン式から きりはなして いますから,「非パスポート式」と よぶ べきでしょうか。。「非ヘボン式」では 下の ような つづりが つかえます。

KATOH(加藤)KATOU(加藤)
KATOO(加藤)YUUKO(優子)
HUKUSIMA(福島)TIDURU(千鶴)
KOH-YAMA(神山)SHIN-ICHI(伸一)
KIM(金)GEORGE(譲司)
LEO(玲央)MARY(真理)

これから パスポートを つくる 人は はじめから「非ヘボン式」に する ことが できます。すでに パスポートを もっている 人も「非ヘボン式」で つくりなおす ことが できますこの 場合は のこっている 有効期間を すてて あたらしく つくりなおす ことに なり,新規の 申請と おなじ 手数料が かかります。

ただし,「非ヘボン式」に するには 条件が あります。その つづりでの 生活実態が ある ことです。それを 証明 できる 資料を 提出 しなければ なりません生活実態の 証明と いうと おおがかりな ことの ように おもえますが,実際には(目的の つづりに なっている)クレジット カードが あれば 十分です。そういう ものが ない 場合は「事情説明書」を 提出 する ようです。。すき勝手な つづりに できる わけでは ないという ことです。また,つづりの 変更は 一度きりです。「非ヘボン式」から もとの つづりに もどしたり,さらに 別の つづりに かえたり する ことは できません。

実際には むつかしい 問題も あります。(同姓の)家族の 姓の つづりが おなじで ないと こまる ことが あるかも しれませんし,クレジット カードとの 整合性も 大事です家族で 海外旅行を する ときに 姓の 表記が バラバラだと ややこしいでしょう。パスポートと クレジット カードで つづりが ちがうと トラブルの もとに なりかねません。。このような 理由から,パスポート式に したがわなければ ならない ことが あるかも しれません。

この サイトの 提案

「非ヘボン式」は 条件つきながら どんな つづりでも みとめると いうのですから,これを 利用 しない 手は ありません。日本語を 書くのに 適した 訓令式に しても いいし,合理的な 長音表記に しても いい わけで,パスポート式の 問題を 解決 する ことが できます。

この サイトは「非ヘボン式」の 制度を つかって 訓令式に する ことを すすめます。ただし,長音符号つき文字切る印(')は つかえませんから,正式の 訓令式には できません。そこだけは まにあわせの 書きかたに なります:

SIMADA(島田)TUZI(辻)TIBA(千葉)
HUKUI(福井)NANBARA(南原)HOTTI(堀地)
ITOO(伊藤)OOKAWA(大川)TOOYAMA(遠山)
KOOZOO(幸三)YUUKO(優子)SYUUHEI(修平)
OO-OKA(大岡)KEN-ITI(健一)SIN-YA(伸也)
GAQ(ガッ)

この 書きかたは 日本人の 名前を 書くのに ふさわしい 訓令式が ベースで,日本人が みれば ほぼ 正しい 発音で 読めます。これを「パスポートむけ訓令式」と よぶ ことに します。できるだけ おおくの 人が「パスポートむけ訓令式」に のりかえる ことが のぞまれます。

お名前を「パスポートむけ訓令式」に 変換 する「お名前をローマ字書きに」ツールが あります。ご自由に おつかい ください。

道路標識

あらまし

道路標識
道路標識
道路標識調査Weblog

道路標識(案内標識)の 地名の 書きかたは 国土交通省が さだめている 独自規格で,ふるい ヘボン式から 派生 した ものです。

Tokyo(東京)Osaka(大阪)Kyoto(京都)
Nihonbashi(日本橋)Shin-ikecho(新池町)
Tokyo Met.(東京都)Aichi Pref.(愛知県)
Fukuoka City(福岡市)Nakayama Town(中山町)
Shinano Riv.(信濃川)Arakawa Riv.(荒川)
Atago Shrine(愛宕神社)Toshogu Shrine(東照宮)
Chiyoda Bridge(千代田橋)Togetsukyo Bridge(渡月橋)
Mt. Fuji(富士山)Mt. Gassan(月山)

つけたし

これは ローマ字書きの 日本語では なく,英語です。占領期の なごりで このように なっています1946年に GHQの 命令で おおきな 道路や 駅の 名前を 英語で 掲示 する ことに なりました。このとき,地名などは ヘボン式ローマ字で ラテン文字化 する ように 指定 されました。。これを あらためる うごきは ありません。地名などの 部分は「英語風の 書きかた」を すこし 改造 した ものに なっています。

「英語風の 書きかた」は 日本語の 正しい 発音を 書きあらわす ことが できません。そのため,たとえば「湖南」と「甲南」を 区別 できません。実は,滋賀県に「湖南」と「甲南」の 両方を ふくむ 標識が あります。この 章の はじめに かかげた 写真を よく みて ください。これを 外国人が みたら どう おもうでしょうか。こんな はずかしい ものを つくって 平気で いられるとは,一体 何を かんがえているのか,あるいは 何も かんがえていないのか,理解に くるしみます。


道路標識は ラテン文字表記を していなかった 時期が あります。1971(昭和46)年から 1986(昭和61)年までの あいだです。この 期間に つくられた 案内標識には ラテン文字表記が ありません例外も あります。正確には,1971年から「(必要なら)表示することができる」ように なり,1986年から「(不要なら)省略することができる」ように なりました。実際,1971年以降も 高速道路の 標識は ラテン文字表記を つづけていました。

廃止 した 理由は「視認性が わるいから」と されています。標識に 書きこむ 情報が ふえてきて,窮屈に なったのかも しれません。また,「占領期の 遺物と みなされていたから」とも いわれています。たしかに,占領が おわってから 20年間も 外国人の 都合で つくった ルールを あたためていたのですから,なんとも まの ぬけた 話です。本当は そうだったのかも しれません。

復活 した 理由は「国際化の ため」と されています。しかし,これは 失敗でした。せっかく 立派な 目的を かかげているのに,正しい ローマ字では なく 英語では,その 理念が 台なしです本当の 国際化が 理解 されていれば,「ローマ字書きの 日本語のみ」「漢字・かな表記の 日本語に 国際補助語を 書きそえる」などの 対応に なる はずです。

ローマ字から 英語へ?

2013(平成25)年,国土交通省は 観光地などに ある 案内標識の ローマ字表記を 英語表記に かえていく 方針を しめしました。しかし,これは あやまった 判断です。案内標識を 英語化 する 意味は ありません。外国人旅行者の 役に たたない だけで なく,外国人に あやまった メッセージを おくって しまう おそれが あります。


まず,ほとんどの 外国人は 英語を 話しません。外国人なら 英語くらい わかるだろうと おもっている 人が いる ようですが,そんな わけが ありません。英語で 生活 している 人は 世界の 人口の 1割も ありません。英語が 話せる 人は おおく みつもっても たかだか 4分の1 くらいです。やさしい 英語が 読める 程度の 人なら その 割合は もっと ふえるでしょうが,それでも すべての 外国人に 英語が 通じるかの ような かんがえは ただの おもいこみに すぎません本当は 話す 人が おおいか すくないかは 関係 ありません。多数派を 標準に する かんがえかたは 国際化の 理念とは 正反対の ものです。国際化を かんがえる ときに 一番 大切なのは,特定の 国・地域や 民族などを えこひいき しない ことです。

しかも,日本に やってくる 外国人旅行者は 英語圏の 人よりも それ以外の 人の ほうが おおいのです。統計では,韓国・台湾・中国が トップ3で,これで ほぼ 半数です2013年の 1年間に 日本を おとずれた 外国人(旅行者とは かぎりません)の 総数は 1125万人でした。国・地域別の ランキングは,1位:韓国(230万人),2位:台湾(217万人),3位:中国(98万人),4位:アメリカ(74万人),5位:中国(香港)(72万人),6位:タイ(44万人),7位:オーストラリア(23万人),8位:シンガポール(19万人),9位:イギリス(17万人),10位:マレーシア(17万人)。。この 人たちの 母語は 英語では ありません。国土交通省は 観光客の 利便性を 変更の 理由に あげていますが,もし それが うそで ないのなら,英語では なく 韓国語や 中国語に かえる べきです。

さらに,外国人旅行者は 母語で 書かれた ガイドブックなどを たよりに 行動 しますから,案内標識が 英語表記で ある 必要は なく,外国人でも 判別 できる ラテン文字で 書かれていれば 十分です。つまり,ローマ字表記で まったく 問題 ありません。外国人は ローマ字を みても それを 正しい 発音で 読む ことが できませんし,普通名詞の 部分は その 意味も わかりません。けれど,それで こまる ことも ありませんカンボジアに ある 遺跡「アンコール ワット」の「ワット」は「寺院」を 意味 する クメール語だ そうです。カンボジアに 旅行 した 日本人は Angkor Wat Temple と 書かれていないと こまるでしょうか? こまらないでしょう。Angkor Wat だけで わかります。それと おなじで,「金閣寺」は Kinkakuzi だけで わかります。「アンコール ワット」や「金閣寺」は よく しられた 固有名詞だから 特別だと 反論 されるかも しれませんが,「代々木公園」や「国会議事堂」でも おなじ ことです。ガイドブックに Yoyogi Kôen, Kokkai Gizidô と 書いてあれば わかるからです。案内標識が 英語化 されて,英語が ガイドブックに 書かれる ように なると,さまざまな 問題が おこります。外国人旅行者から 英語の 名前を 聞いても それが 何なのか わからない 日本人は 道案内も できません。電車や バスは 英語の 放送も しなければ なりません。結果的に 観光地が 人情や 風情を うしなって しまう あやうさが あります。

観光地の 看板や 標識には それなりの 気くばりが もとめられます。英語ばかりが 目に つくと,日本らしさを たのしみたい 外国人旅行者は がっかり するでしょう。交通機関も,できるだけ ことばに たよらず,記号(ユニバーサル サイン)などを 工夫 する べきです。もちろん,それとは 別に 多言語に 対応 できる 観光案内所などは 必要です。スマートフォンが ひろまっている 今は テクノロジーによる 解決策も あるでしょう。これらが 本当に のぞまれている ことです。案内標識の 英語化は 観光地が 力を そそぐ ポイントでは ありません外国人旅行者の 一番の 不満は 会話が できない ことだと いいます。観光地の 商店や タクシーが 外国語の できる 人を ふやせば よろこばれるでしょう。飲食店が 多言語の メニューを 用意 しておくのも よい ことです。なぜなら,それが 商売だからです。だから,公共の 表示では それを あまり あからさまに やらない ほうが いいのです。金もうけに 熱心な 国だという 印象を あたえて しまう おそれが あるからです。親切を 親切と 気づかせない 親切さが 日本流では ないでしょうか。

世界一の 観光大国で ある フランスの 名所が 英語の 案内標識だらけに なっているでしょうか? フランスに いった ことが ない 人でも,そうで ない ことは 想像 できるでしょう。一方,日本は 英語風の 看板だらけです。まるで 日本人が 日本語を 大切に していない ように みえる ありさまを 外国人は 尊敬の 目では みていません。その上に 案内標識を 英語化 したら,日本の 未熟な 国際感覚を ふれまわっている ような ものです。アメリカかぶれの 幼稚な 国だという あやまった 印象を あたえて しまう おそれも あります。案内標識の 英語化は 国益を そこねる おろかな 言語政策で あると いって よいでしょう。

この サイトの 提案

この サイトの 立場から,地名は どう 書く べきかを かんがえてみます。ここでは 川の 名前を 題材に して かんがえかたを しめします。そのほかの 地名は「地名」の ところに 書きかたが まとめてあります。

荒川は Arakawa River か?

今の 標識は「荒川」を Arakawa River と 書くため,おなじ 意味の ことばが かさなっていて おかしいと 感じる 人が おおい ようです。しかし,Arakawa River を「アラカワという 川」の 英訳だと かんがえれば,そんなに おかしくは ありません。

逆に,おなじ 意味の ことばが かさなっていなければ おかしくは ないのでしょうか? 日本語では La Saine を「セーヌ川」と 和訳 していますが,「セーヌ」が 川の 名前だと 知っている 人に とって「川」は 余計です。America は「アメリカ」だけで よく,「アメリカ国」と いったら しつこいでしょう。

このように かんがえると,おなじ 意味の ことばが かさなるか どうかという 問題では なく,固有名詞に 説明的な つけたしを する ことが おかしいのだと わかります。堤防に おおきな 看板が あって,誰が みても 川の 名前が 書いてありそうに おもえる とき,そこに「アラカワという 川」と 書いてあったら 変でしょう。「アラカワ」だけで 十分です。したがって,「荒川」は Arakawa で いいでしょう。

最上川は Mogami River か?

地名などに「川」を つけた「○○川」の 場合,今は Xxx River の 形に 書かれます。「最上川」は Mogami River です。英訳 すれば,たしかに そう なるでしょう。しかし,本当は「川」まで ふくめて ひとつの 名前なのですから,これでは 固有名詞の 一部を 無理やり 英訳 している ことに なります。

固有名詞を 翻訳 する 必要が あるでしょうか? 固有名詞は 全体で ひとつの 名前です。たまたま その 内部に 普通名詞を ふくんでいるからと いって,その 部分を 翻訳 しなければ ならない 理由は ありません翻訳 しては いけないという 意味では ありません。英語の 話し手しか 読まない 英文の 中なら,英訳 すれば いいでしょう。。こう かんがえると,「最上川」は Mogami Gawa で いいでしょう。

国際化と 英語化

上で のべた ように,「荒川」は Arakawa,「最上川」は Mogami Gawa と 書く べきです。ほかの 川や 山,寺や 神社,学校や 病院も おなじ ように かんがえる ことが できます。これが この サイトの かんがえです。

ここで 気づいて ほしいのは,ArakawaMogami Gawa も 日本語の ローマ字表記で あって,英語では ない ことです。したがって,英語圏 以外の 外国人に 対しても そのままの つづりで 通用 します。英語 以外の 外国語の 文章の 中でも おなじ つづりが つかえます。つまり,世界共通だという ことです。これこそ 国際化です。表記の 国際化は ラテン文字化(ローマ字化)です。英語化では ありません。

ローマ字表記は 標識や 看板にも 適しています。いくつもの 外国語に 翻訳 して それらを ずらずら ならべて 書くという 無駄が ないからです。ローマ字表記を ひとつだけ 書いておけば いい わけで,標識や 看板が すっきり して,視認性も デザインも よく なります。

Sinano Gawa(信濃川)Arakawa(荒川)
Atago Zinzya(愛宕神社)Tôsyôgu(東照宮)
Tiyoda Basi(千代田橋)Togetukyô(渡月橋)
Huzisan(富士山)Gassan(月山)

英語の 話し手しか 読まない 英文の 中に 日本の 地名を 書く ときは、ヘボン式や、「英語風の 書きかた」に しても かまいません。もちろん 英訳でも いいでしょう。英語の 話し手に とっては それが 自然ですから。下は ヘボン式の 場合です。

Shinano Gawa(信濃川)Arakawa(荒川)
Atago Jinja(愛宕神社)Tōshōgū(東照宮)
Chiyoda Bashi(千代田橋)Togetsukyō(渡月橋)
Fujisan(富士山)Gassan(月山)

地図

あらまし

地図(陸図)の 地名の 書きかたは 国土交通省が さだめている 独自規格で,ふるい ヘボン式から 派生 した ものです。

道路標識の 地名の 書きかたと にていますが,普通名詞の 部分が 日本語ですから,英語では なく ローマ字書きの 日本語です。長音符号は はぶきます。普通名詞の 部分も 長音符号が ない ところが 異彩を はなっていますが,英語では ないので,「英語風の つづりかた」に なっている 点を のぞけば,まっとうな 書きかたです。

Aichi Ken(愛知県)Tokyo Wan(東京港)
Shinano Gawa(信濃川)Arakawa(荒川)
Fuji San(富士山)Chichijima Retto(父島列島)

Google Maps の ローマ字も ふるい ヘボン式の 変種です。くわしい ルールは 不明です。

海図の ローマ字は 海上保安庁が さだめている 独自方式で,ふるい ヘボン式の 変種です。くわしい ルールは 不明です。


地図の ローマ字は もともと 訓令式でしたが,2005(平成17)年から ヘボン式に かわりました。海図の ローマ字も もともと 訓令式でしたが,1999(平成11)年から ヘボン式に かわりました。

おどろくべき ことに,地図の ローマ字を かえた 理由は 理念や 理論に もとづいた ものでは なく,訓令式よりも ヘボン式が おおく もちいられている 現状に あわせた だけでした訓令式ヘボン式の 使用状況を しらべて,おおい ほうに あわせて 変更 した ようです。「みんな やってるから。」では 万引が ばれた 中学生の いいわけと おなじでは ありませんか。。海図の 場合も おおよそ 想像が つきそうです。

歴史を ふりかえると,1937(昭和12)年に 訓令式が さだめられる きっかけに なったのは,万国地理学会議が 日本政府に 対して 日本の 地名表記を 統一 してほしいと いってきた ことでした。専門家が あつまって 何年も かけた 議論の 末,理論的に みちびきだされた 書きかたが 訓令式だった わけです。「ローマ字のつづり方」も 原案の 段階では 地名を かならず 訓令式で 書く ことに きめていました。このような 歴史を わすれ,理念や 理論を ないがしろに して,ほとんどの 国民が しらない あいだに ルールを かえて しまったというのですから,文明国として はずかしい ことです。


市町村の 名前を ローマ字書きに した リストが「市町村の 名前」ページに あります。ご自由に おつかい ください。ローマ字の 方式は 訓令式です。

駅名

あらまし

駅名標
駅名標

駅名標(駅名表示板)の 書きかたは 国土交通省が さだめている 独自規格で,ふるい ヘボン式から 派生 した ものです。

Kyōto(京都)Shimbashi(新橋)
Etchūjima(越中島)Den-en-chōfu(田園調布)
Amagasaki Center Pool Mae (尼崎センタープール前)
JR-Fujinomori(JR藤森)

つけたし

駅名の 書きかたは ふるい ヘボン式を もとに しています。ヘボン式を 採用 しているのは 占領期の なごりです1946年に GHQの 命令で おおきな 道路や 駅の 名前を 英語で 掲示 する ことに なりました。このとき,地名などは ヘボン式ローマ字で ラテン文字化 する ように 指定 されました。。これを あらためる うごきは ありません。

戦前,鉄道省は ふるい ヘボン式を もとに した 独自規格を つくっていました。1937(昭和12)年に 訓令式が できて,一度は 訓令式に かわったのですが,戦争が おわると ヘボン式に もどされました。1954(昭和29)年に できた「ローマ字のつづり方」が 訓令式を すすめる ように なっても そのままに され,それが 今も つづいています。


外国人旅行者に とって 駅名の 表示は とても 重要です。特に 観光地などでは 外国人に むけた 表示にも 気を くばらなければ なりません。そのため,駅名の ローマ字表記は なくては ならない ものです。しかし,これを ヘボン式に する 意味は なく,訓令式で まったく 問題 ありません。外国人が 目で みて 識別 できれば 十分だからですことばの わからない 外国を 旅行 した つもりに なってみて ください。駅名が アラビア文字や タミル文字で 書かれていたら こまりますが,ラテン文字で 書かれていたら こまる ことは ないでしょう。正しい 読みかたや 意味が わからなくても,目で みて 識別 できれば それで 十分だからです。


よくない駅名標
よくない 駅名標

最近,ローマ字に くわえて,ひらがな,中国語の 簡体字,韓国語(朝鮮語)の ハングルが 書きこまれた 駅名標が ふえてきました。親切に したい 気もちは つたわってきますが,これは 読みやすさの 点でも うつくしさの 点でも このましく ありません。

ローマ字表記が あれば ひらがな表記が いらない ことぐらい わかりそうな ものですが,どういう わけでしょうか? おそらく,鉄道会社などが ローマ字の 部分を 英語だと おもっているのでしょう英語を いれるんだったら 中国語や 韓国語も いれなければ ならないと かんがえているのでしょう。あるいは,英語を いれる 口実に 中国語や 韓国語を いれているのかも しれません。。しかし,それは 勘ちがいです。GHQが 駅の 名前を 英語で 掲示 する ように 命令 したのは 戦後の 占領期です,今は もう そんな 時代では ありません。

おおくの 外国人が おとずれる 観光地や 大都市 ほど この 傾向が あり,外国人旅行者を 不思議がらせています。日本人に もう すこし 教養が あれば,こんな ありさまには ならないでしょう。今の ままでは 国際化の 理念を まったく 理解 していない 恥を さらしている ような ものです本当の 国際化が 理解 されていれば,「ローマ字書きの 日本語のみ」「漢字・かな表記の 日本語に 国際補助語を 書きそえる」などの 対応に なる はずです。


駅名標の ローマ字は ルールの 運用が 厳格では なく,徹底 されていません。鉄道会社などに ゆだねられている 部分が おおきいからです。昔は 看板業者に まかされていた ことも あったらしく,風がわりな ローマ字が みつかる ことも ありました。

【読み物】難読地名の ローマ字

道路標識(案内標識)の ラテン文字表記は 英語です。駅名標の それは ローマ字書きの 日本語と 外国語の まぜ物です。これでは 日本人に とって あまり 役に たたない ように おもえます。ところが,役に たつ ことも あるのです。

難読地名
難読地名(大阪・京都)

漢字で 書かれた 地名には その 土地の 人で ないと 読めない ものが すくなく ありませんが,ローマ字が 読みがなの かわりに なって,正しい 読みかたが わかるからです。

はじめての 旅先で,案内標識や 駅名標から おもしろい 地名を おぼえた 経験は ありませんか?