代用表記

代用表記とは

まにあわせの 書きかた

長音符号つき文字â, î, û など)は あつかいにくいのが 欠点です。手書きなら どんな 文字でも 書けますが,機械で ローマ字を 入力 する ときは 長音符号つき文字を つかえない 環境も あります。電子メールで 長音符号つき文字を おくると,文字ばけ するかも しれません。

そこで,長音符号つき文字を つかわないで 長音を 書く 方法が あります。ドイツ語では ウムラウトの ついた 文字 ä, ö, ü が つかえない ときに ae, oe, ue と 書く やりかたが あります。これと おなじ ような きまりを ローマ字でも つくっておこうという わけです。この 代書法(まにあわせの 書きかた)を 代用表記と よんでいます。

学校で おしえない

代用表記は ローマ字の 書きかたを さだめている「ローマ字のつづり方」に ふくまれていません。つまり,公式の ルールに なっていません。したがって,学校でも おしえません。そのため,昔から ある 書きかたで あるにも かかわらず,あまり しられていません。

代用表記の 種類

代表的な 4種類

代用表記には 代表的な ものとして つぎの 4種類が ありますが,おぼえる 必要が あるのは はじめの 2種類 だけです:

  1. 母音字を かさねる「母音字かさね式」
  2. 母音字の うしろに 山形(^)を 書く「^後置式」
  3. 母音字の うしろに xを 書く「x後置式」
  4. 母音字の うしろに hを 書く「h後置式」

すべて この サイトが 勝手に つけた 名前です。正式の 名前は ありません。

12341234
ÂAaA^AxAhâaaa^axah
ÎIiI^IxIhîiii^ixih
ÛUuU^UxUhûuuu^uxuh
ÊEeE^ExEhêeee^exeh
ÔOoO^OxOhôooo^oxoh

okaasan, oka^san, okaxsan, okahsan(お母さん)
otoosan, oto^san, otoxsan, otohsan(お父さん)

母音字かさね式

「白鳥の王子」の 表紙
「白鳥の王子」

ローマ字の 書きかたを さだめている「ローマ字のつづり方」は,長音の 母音字が 大文字の ときは これを ならべても よい,と しています(そえがきの 第4項)。「大阪」は 普通 Ôsaka と 書きますが,これを Oosaka に しても いいという 意味です。

文の 先頭や 固有名詞の 先頭は 大文字で 書きますから,〈アー〉〈イー〉〈ウー〉〈エー〉〈オー〉で はじまる 文や 固有名詞には この 書きかたが つかえます。小説の 題名などは すべて 大文字で 書く ならわしが あり,すべての 長音を この 書きかたに する ことが できます。

ここで「大文字の とき」という 条件を なくせば,常に すべての 長音を この 書きかたに する ことが できます。それが 母音字かさね式です。

raamen(ラーメン)
biiru(ビール)
sityuu(シチュー)
keeki(ケーキ)
soomen(そうめん)


この 方式には〈アー〉と〈アア〉,〈オー〉と〈オオ〉など,長音と 母音の 連続とを 区別 できない 欠点が あります。しかし,これは あまり 問題に なりません。〈アー〉と〈アア〉,〈オー〉と〈オオ〉などの 発音が よく にているからです。

下の 例で,括弧内の ひとつめの 発音が 正しく,ふたつめは まちがいですが,両者に おおきな へだたりは ありません両者を 区別 している ことばも あります。たとえば,「地位」は 〈チー〉では なく〈チイ〉に ちかい 発音を している はずです。「影絵」は〈カゲー〉より〈カゲエ〉に ちかいでしょう。

bataa(バター,バタア)
kaado(カード,カアド)
biiru(ビール,ビイル)
piiman(ピーマン,ピイマン)
gyuunyuu(牛乳,ギュウニュウ)
buumu(ブーム,ブウム)
essee(エッセー,エッセエ)
oneesan(お姉さん,オネエサン)
doobutu(動物,ドオブツ)
booru(ボール,ボオル)

逆に,普通の 表記が 代用表記に みえて しまう ことも あります。この 場合も,代用表記だと おもって 長音の 発音を して しまっても,おおきな 問題は おこりません。

nagaame(長雨,ナガーメ)
baai(場合,バーイ)
kiiro(黄色,キーロ)
Nisii(西井,ニシー)
mizuumi(湖,ミズーミ)
Katuura(勝浦,カツーラ)
kareeda(枯れ枝,カレーダ)
kakeeri(掛け襟,カケーリ)
aooni(青鬼,アオーニ)
monooto(物音,モノート)


母音字かさね式には おおきな 利点が あります。「ピー」と「ピーーーーー」の ちがいを 表現 できる ことです。オノマトペなどを 書く ときに 母音字かさね式は とても 便利です。通常の 書きかたには この 表現力が ありません。

ただし,これを つかう ときは,母音字の 数を おもいきって おおく して,普通の ことばと みた目で まぎれない ように して ください。

piiiiiii(ピーーーーーー)
buuuuuuun(ブーーーーーーン)
uwaaaaaaa'(ウワーーーーーーッ)
gwooooooo(グォーーーーーー)

利点は もう ひとつ あります。整列(ソート)する ときに 特別な 処理を しなくても 正しい 順番に ならぶ ことです。ローマ字 専用の 特別な アルゴリズムを もちいて ならべかえる 手間が かかりません。

ファイル名を この 書きかたの ローマ字表記に すると,そのままで 正しい 順番(ABC順)に ならぶので,たいへん 便利です。


母音字かさね式には 欠点も あります。おなじ 母音字が 3個 以上 つづくと,読みかたが わからなく なって しまう ことです。これを ふせぐには きる印(')が 必要です。

sooon(騒音,ソオーン?)
 → soo'on
yuuutu(憂鬱,ユウーツ?)
 → yuu'utu
kooo(呼応,好悪)
 → ko'oo, koo'o
hoooo(法王,ホオーオ?)
 → hoo'oo


イ段の 長音だけは 常に 母音字かさね式の 代用表記で 書く ことが あります。学校の「英語」で ならう「英語式」も,生活に かかわる パスポートの 名前,道路標識(案内標識)の 地名,鉄道の 駅名も そう なっています。

oniisan(お兄さん:オニーサン)
tiisai(小さい:チーサイ)
IIDA(飯田:イーダ)
Niigata(新潟:ニーガタ)

「国語」で どう おしえているかは 不明です。テストの ときは 教科書や 先生に あわせて ください。この サイトでは î に しています。


オ段の 長音は oo より ou の ほうが いいのでは ないか,と おもう 人が いるかも しれません。しかし,これは よく ありません。理由は ふたつ あります。

ひとつは,かなづかいに ひきずられている ことです。〈オー〉を ou と 書きたく なるのは,現代仮名遣いでは「おう」と 書いて〈オー〉と 読む ことが おおいからです。たとえば,「王(おう)」「買おう」などです。しかし,「大雨(おおあめ)」「オーロラ」なども おなじ〈オー〉の 発音です。「おう」「おお」「オー」を すべて ou と 書くのは おかしいでしょう数で みれば「おう」が 圧倒的に おおい わけですから,ou で 統一 する かんがえも 一応は なりたちますが,この あとで のべている ふたつめの 理由から,ou を とる ことは できません。

それなら「おう」「おお」「オー」を 区別 して 書けば いいじゃないか,と かんがえる 人が いるでしょう(たとえば ou, oo, oh の ように)。しかし,それは できません。ローマ字は 音声を 書く ものですから,おなじ 音声は おなじ つづりで 書くのが きまりです区別 して 書くのを 自然に 感じる 人は「表音文字で 書く」という 意味を 正しく 理解 していません。「表音文字で 書く」というのは 音声を そのまま 書くという ことで,かな文字表記を ラテン文字に おきかえるのでは ありません。くわしくは「ことばと 文字の 関係」を お読み ください。

もう ひとつの 理由は,代用表記だと しらずに まちがって 読んだ ときの 問題です。上で のべた ように,母音字かさね式は まちがって 読んでも おおきな 問題が おこりません。それは〈オー〉と〈オオ〉が よく にているからです。けれども,〈オー〉と〈オウ〉は にていません。まちがって 読むと 問題が おこります。

^後置式

^後置式は ほかの 方式に くらべて 読みやすいのが 特長です。また,可逆的で ある ことも 利点です。つまり,長音符号つき文字に もどす ことが できます。

しかし,記号を ふくんでいる ため,つかえる 状況が かぎられるのが 欠点です。メール アドレス,URL,SNSの ユーザー名(ハンドル),ファイル名などの つかい道を かんがえれば,記号は ない ほうが いいでしょう。

ra^men(ラーメン)
bi^ru(ビール)
sityu^(シチュー)
ke^ki(ケーキ)
so^men(そうめん)

x後置式

x後置式は エスペラントの 代用表記(x後置式)を まねた ものですエスペラントでは 英語の ch, sh に あたる 子音を ĉ, ŝ と 書きますが,この 特殊な 文字が つかえない ときは cx, sx と 書く 代用表記(x後置式)が あります。。可逆的で,長音符号つき文字に もどす ことが できます。しかも,記号を ふくまないので,つかい道を えらびません。

この 方式には,長音符号つき文字を 入力 できない テキスト エディターで 文章の 下書きを する ときに 単語選択や 単語検索を しやすい 利点も あります。

ただし,xを 記号の ように つかっている 点で 違和感を もつ 人も おおく,あまり つかわれません文字を 記号的に つかうのは 特殊な ことでは ありません。英語でも ch, sh などの 子音は h を 記号的に つかっています。

raxmen(ラーメン)
bixru(ビール)
sityux(シチュー)
kexki(ケーキ)
soxmen(そうめん)

母音字が 大文字の 場合は AX, IX, UX, EX, OX に する 流儀も あります。

Oxsaka, OXsaka(大阪)

h後置式

h後置式は ドイツ語を まねた ものと いわれています。

rahmen(ラーメン)
bihru(ビール)
sityuh(シチュー)
kehki(ケーキ)
sohmen(そうめん)

この 方式には h の うしろに 母音字 または h, w, y が つづくと,読みかたが わからなく なって しまう 欠点が あります。これを ふせぐには きる印(')が 必要です。

nohen(農園,ノヘン?)
 → noh'en
bohhan(防犯,ボッハン?)
 → boh'han
tohwaku(当惑,トファク?)
 → toh'waku
kohyaku(公約,コヒャク?)
 → koh'yaku

「パスポート式」(パスポートの 名前の 書きかた)は これを 部分的に とりいれて,オ段の 長音を OH と 書いても いい ことに していますもしかすると,h後置式を 部分的に とりいれたのでは なく,英語の oh から 連想 した だけかも しれません。なお,こまかい ことを いうと,英語の 話し手は oh を 正確に〈オー〉とは 発音 しないという 意見も あります。これは 英語の oh の 発音が 正確には [ɔː] で ない ことを いっているのでしょう。。けれども,h後置式は 4種類の 中で もっとも 不合理な 方式です。

もう ひとつの 手

長音符号つき文字が つかえない 状況での,もう ひとつの 手は 99式ローマ字です。この 方式は もともと 長音の 表記に 長音符号つき文字を つかいません。

raamen(ラーメン)
biiru(ビール)
sityuu(シチュー)
keeki(ケーキ)
soumen(そうめん)

ただし,読み手が 99式を しっている ことが 条件に なります。また,99式は 現代仮名遣いと おなじ 欠点を もっていますから,読みかたが わからなく なって しまう 場合が あります。

kousi(講師?,子牛?)
yuuutu(憂鬱,ユウーツ?)
kouu(降雨,コウー?)

長音符号を 省略 する?

長音符号を 書かない「英語式」が さまざまな 分野で つかわれています。しかし,これを つかっては いけません。

ローマ字は 日本語の 音声を 書く もので,それを 読んで もとの 音声を 再現 できなければ なりません。ところが,「英語式」は それが できません。これでは まにあわせにすら ならないでしょう。日本語では,小野さんと 大野さんや,由紀さんと 夕貴さんを おなじ つづりで 書く ことは ゆるされません。

Ono(小野): × Ono(大野)
Yuki(由紀): × Yuki(夕貴)

「英語式」は 昔から あり,今も パスポートの 名前,道路標識(案内標識)の 地名,「英語」の 教科書,企業の ロゴタイプなどが これを つかっているため,よく 目に します。しかし,ローマ字の 書きかたを さだめている「ローマ字のつづり方」に のっとっていません。きびしい いいかたを すれば,正しい ローマ字では ありません「英語式」は 日本語の 書きかたとしては 完全な まちがいです。日本の 人名や 地名は 日本語ですから,パスポートの 名前や 道路標識(案内標識)の 地名で「英語式」を もちいるのも 本当は まちがいです。けれども,日本語を 書いているのでは なく,英語を 書いていると かんがえられる 場合は「英語式」に しても まちがいとは いえません。「英語」の 教科書が わかりやすい 例です(ただし,日本の 人名を 英語化 する ことの 是非は 別の 問題です)。企業の 名前も 特定の 言語に とらわれない 名前で あって,日本語では ないのかも しれません。

長音符号を 省略 する?」も お読み ください。

おまけの メリット

代用表記には おまけの メリットが あります。キーボードの あつかいが 楽に なる ことです。長音符号つき文字を 機械で 入力 する ときは,デッドキーを つかったり しなければ ならず,キーボードの あつかいが すこし 面倒です。代用表記なら その 必要が ないので,タイピングが しやすい わけです。代用表記に すると,文字の 数は ふえて しまいますが,キーを たたく 回数は ほとんど かわりません。

これを 利点と かんがえて,自分用の メモを 書く ときなど,長音符号つき文字が つかえる ときでも 代用表記で 書く 手が あります。書くのが 楽だからです。これを「手ぬき入力」と よんでも いいでしょう。

「代用表記の 変換」ツール

^後置式と x後置式は 可逆的です。つまり,代用表記で 書いた 長音を 長音符号つき文字に もどす ことが できます。しかも,それを するのに 人間が ひとつひとつ 目で みて 判断 する 必要は ありません。すべて 機械まかせに できます。

この サイトでは,その 処理を おこなう ツールを 提供 しています。これを つかえば,代用表記で おくられてきた 電子メールの 文面を 普通の つづりに もどして 読んだり,「手ぬき入力」で 下書き した 文章を 清書 したり する ことが できます。この ツールは「代用表記の 変換」に あります。

代用表記の つかいわけ

この サイトでは,母音字かさね式,^後置式,x後置式を つかいわける ように すすめます。それぞれに 長所と 短所が あります。

つかい道の ひろさから かんがえた「つかいやすさ」,人間に とっての「読みやすさ」,長音符号つき文字への「もどしやすさ」の 3点で 各方式を くらべると,下の ように なります。

つかいやすさ読みやすさもどしやすさ
母音字かさね式×
^後置式 ×
x後置式 ×

そこで,つぎの ように つかいわけます。