99式

あらまし

99式(きゅうきゅうしき)ローマ字は 1999(平成11)年に「日本ローマ字会」が 提案 した あたらしい ローマ字です。現代仮名遣いの かな文字を ラテン文字に 変換 する ルールとして 定義 されているのが 特徴です。そのため 長音の 表記に 長音符号つき文字â, î, û など)を つかいません。これは 電子メールなど,特殊な 文字を つかいにくい 環境でも ローマ字書きが しやすい ことを 意味 します。

また,それまでの ローマ字では 定義 されていなかった 特殊音(〈ティ〉〈ファ〉〈チェ〉など)を さだめています。これで,おおくの 外来語を ふくむ 文章を 書きあらわす ことが できる ように なりました。

99式は パソコンなどの 機械で 日本語を 入力 する ときの「ローマ字入力」に よく にています。そのため,おぼえやすいのが 特長で,だれでも すぐに つかいこなせる やさしい 方式です。

おきかえ表(ローマ字表)

直音
aiueo
kakikukeko
gagigugego
sasisuseso
zazizuzezo
tatituteto
dazi / [di]zu / [du]dedo
naninuneno
hahihuheho
babibubebo
papipupepo
mamimumemo
イィイェ
yayiyuyeyo
rarirurero
wawiweo / [wo]
拗音
キャキィキュキェキョ
kyakyikyukyekyo
ギャギィギュギェギョ
gyagyigyugyegyo
シャシィシュシェショ
syasyisyusyesyo
ジャジィジュジェジョ
zyazyizyuzyezyo
チャチィチュチェチョ
tyatyityutyetyo
ヂャヂィヂュヂェヂョ
zya / [dya]zyi / [dyi]zyu / [dyu]zye / [dye]zyo / [dyo]
テャティテュテェテョ
tjatjitjutjetjo
デャディデュデェデョ
djadjidjudjedjo
ニャニィニュニェニョ
nyanyinyunyenyo
ヒャヒィヒュヒェヒョ
hyahyihyuhyehyo
ビャビィビュビェビョ
byabyibyubyebyo
ピャピィピュピェピョ
pyapyipyupyepyo
フャフュフョ
fyafyufyo
ヴャヴュヴョ
vyavyuvyo
ミャミィミュミェミョ
myamyimyumyemyo
リャリィリュリェリョ
ryaryiryuryeryo
ウァウィウゥウェウォ
wawiwuwewo
ヴァヴィヴェヴォ
vavivuvevo
クァクィクゥクェクォ
kwakwikwukwekwo
グァグィグゥグェグォ
gwagwigwugwegwo
スァスィスゥスェスォ
swaswiswusweswo
ズァズィズゥズェズォ
zwazwizwuzwezwo
ツァツィツゥツェツォ
tsatsitsutsetso
ヅァヅィヅゥヅェヅォ
zwa / [dza]zwi / [dzi]zwu / [dzu]zwe / [dze]zwo / [dzo]
トァトィトゥトェトォ
twatwitwutwetwo
ドァドィドゥドェドォ
dwadwidwudwedwo
ヌァヌィヌゥヌェヌォ
nwanwinwunwenwo
ファフィフゥフェフォ
fafifufefo
ブァブィブゥブェブォ
bwabwibwubwebwo
プァプィプゥプェプォ
pwapwipwupwepwo
ホァホィホゥホェホォ
hwahwihwuhwehwo
ムァムィムゥムェムォ
mwamwimwumwemwo
ルァルィルゥルェルォ
rwarwirwurwerwo

※ カタカナは 表記を しめしています。たとえば,「ヴュ」と 書いてあれば,その 発音が どうで あれ ローマ字は vyu だ,という 意味です。

※ [ ]は 厳密な 字訳を する ときに つかいます。

つけたし

  1. 発音では なく,表記(かな文字)を ラテン文字に 変換 する 規則に なっています。
  2. 漢字は ふりがなで かんがえます。
  3. カタカナ語で 発音どおりの つづりに なっていない ものは つづりに あわせます。
  4. 撥音(ン)は 常に n で あらわします。つぎに 母音字 または y, w が つづく ときは 切る印(')で くぎります。
  5. 促音(ッ)は つぎの 子音字を かさねて 書きます。
  6. 長音(ー)は かな文字の とおりに 書きます。カタカナ語などの「ー」は その 前の 母音字を かさねます。
  7. 文の 先頭と 固有名詞の 先頭は 大文字に します。

onsen(温泉)sinbun(新聞)hon'ya(本屋)
Nippon(日本)kitte(切手)itti(一致)
Toukyou(東京)Oosaka(大阪)
otousan(お父さん)okaasan(お母さん)
oniisan(お兄さん)oneesan(お姉さん)
eiga(映画)kuukou(空港)ookii(大きい)toori(通り)
hourensou(ほうれん草)tyûrippu(チューリップ)
firumu(フィルム)tyesu(チェス)
devyuu(デヴュー)tjii(ティー)
booru(ボール)bouru(ボウル)baree(バレエ)
Mukasi mukasi, aru tokoro ni oziisan to obaasan ga imasita.

おぎない

99式
「99式ローマ字テキスト」
日本ローマ字会

99式は 文字を 中心に かんがえる 方式ですが,助詞の「は」「へ」「を」は wa, e, o と 書くのが 普通です。厳密な 字訳を おこないたい とき だけ ha, he, wo に します。「ヂ」「ヅ」「ヲ」なども,通常は zi, zu, o などを もちい,厳密な 字訳を おこないたい ときだけ di, du, wo などに します。

「99式」という 名前は,この 方式が 1999年に 発表 された ことに ちなんでいます。読みかたは〈キューキューシキ〉です。

図は「99式ローマ字テキスト」(日本ローマ字会)から ぬきだした ものです。これを みた だけで,誰でも すぐに 書ける やさしい ローマ字で ある ことが わかるでしょう。

99式の 欠点

99式にも 欠点が あります。まず,文字を とおして 変換 する 方式なので,音声情報を つたえる ことが できません。発音 だけ しっている ことばを ローマ字書きに する ことが できなかったり,ローマ字書きから もとの 発音を 再現 する ことが できなかったり します。

たとえば,「氷」が「こおり」なのか「こうり」なのかを しっていなければ ローマ字で 書けませんし,kousi の 発音は〈コーシ〉なのか〈コウシ〉なのか わかりませんこの 欠点は 訓令式ヘボン式にも あります。漢字の 音読みの〈エー〉〈ケー〉〈セー〉などを ei, kei, sei などと 表記 しているからです。このため,keiro が〈ケーロ〉なのか〈ケイロ〉なのか わかりません。

これは 現代仮名遣いが かかえている 欠点と おなじです。99式は 現代仮名遣いの 欠点を そのまま ひきついで しまう わけです。ローマ字は 読むのも 書くのも やさしい ところに 意味が あるのですから,これでは こまります。

また,おなじ 母音字が 3個 以上 つづく 場合と,oou, ouu に なる 場合に,読みかたが わからなく なります。これを ふせぐには 切る印(')が 必要です。

yuuutu(憂鬱,ユウーツ?)  → yuu'utu
koou(呼応,コーウ?)  → ko'ou
kouu(降雨,コウー?)  → kou'u

さらに,かな文字に したがう 方式と いいながら,特殊音の つづりかたは かならずしも そう なっていません英語の 表記ルールに 影響を うけすぎている という 批判も あります。

これらの 点に ついては あたらしい かんがえ(仮名に従うローマ字のすすめ)も うちだされています厳密には,この 提案は 99式と 根本的な ところで かんがえかたが ちがっていて,ローマ字の 国字化を めざしている わけでは ありません。現代かなづかいの 翻字 という 点に 集中 していて,それ 以外の 目的は ありません。。将来的には 99式も かわっていくかも しれません。

もっとも おおきな 欠点は,99式が「日本語の 音声を ラテン文字で 書く」という ローマ字の 原則から はずれている ことです。これは 99式が 日本語の 正書法を めざしていない ことを 意味 します日本ローマ字会は 代書法で あると 説明 しています。

この先,現代仮名遣いの ルールが あらためられて 表音的な かなづかいに かわっていけば,99式は おのずと ローマ字の 原則に ちかづいていきます。そんな 未来を ねがいつつ,たやすく 書ける ローマ字を ひろめる ことが さしあたっての 目標に なっているのでしょうこれは ローマ字運動の ひとつの 戦略と かんがえる ことも できます。