ローマ字入力

《学校のローマ字》と《パソコンのローマ字》

「ローマ字入力」は 2段階で 変換を おこないます。まず,ラテン文字を かな文字(読み仮名)に 変換 し,そのあと 必要に 応じて 漢字に 変換 します。この 第1段階の 変換で つかわれる ローマ字を《パソコンのローマ字》と よぶ ことに します。

それに 対して,学校で ならう 訓令式ヘボン式と いった ローマ字は《学校のローマ字》と よぶ ことに します。《学校のローマ字》は「学校の ローマ字」で くわしく 説明 しています。


《学校のローマ字》の 書きかたと《パソコンのローマ字》の キーの おしかたは ちがいます。

ことば《学校》《パソコン》
ケーキkêkiKE-KI
空気kûkiKUUKI
鼻血hanaziHANADI
onnaONNNA

この ちがいには おおくの 人が 気づいている はずです。しかし,なぜ ちがうのかを 正しく 理解 している 人は すくないかも しれません。

《学校のローマ字》は 明治時代から つかわれていましたが,《パソコンのローマ字》は ワープロ(専用機)が 開発 されてから できた あたらしい ものです。そのため,《パソコンのローマ字》が 最新式の ローマ字で,学校は 時代おくれの ふるくさい ローマ字を おしえているのだ,と かんがえている 人も いる ようです。しかし,そうでは ありません。

なぜ ちがうのか?

実は,《学校のローマ字》と《パソコンのローマ字》は まったく ちがう ものです。もちろん《パソコンのローマ字》は《学校のローマ字》を 意識 して 設計 されています。しかし,《学校のローマ字》の 改良バージョンとして つくられた ものでは ありません。

はたらきが ちがう

《学校のローマ字》は 日本語を ラテン文字ABC...)で 書く ものです。そして,ローマ字で 書く ことも ローマ字を 読む ことも できます。つまり,日本語と ローマ字表記は どちらむきにも 変換 できます。それに 対して,《パソコンのローマ字》は パソコンなどの 機械に ラテン文字で 日本語を 入力 する ものです。一度 入力 したら,もとに もどしません。一方通行です。このように,《学校のローマ字》と《パソコンのローマ字》は その 目的が ちがい,はたらきが ちがいます。

《学》日本語 ⇔ ラテン文字
《パ》日本語 ← ラテン文字

変換の しくみが ちがう

もっと おおきな ちがいは 変換の しくみです。《学校のローマ字》は 音声の 単位で 変換 します。それに 対して,《パソコンのローマ字》は 基本的に 文字の 単位で 変換 します拗音と 促音は 音声の 単位で 変換 します。。この ちがいは 長音を ふくむ ことばで よく わかります。「空気」で かんがえると,つぎの ように なります。文字を「 」で,音声を〈 〉で しめします:

《学》 〈クー・キ〉:kûki
《パ》 「く・う・き」:KUUKI

《学校のローマ字》は〈クー・キ〉という 音声の 単位で 変換 していますが,《パソコンのローマ字》は「く・う・き」という 文字の 単位で 変換 しています。

《パソコンのローマ字》は 漢字に 変換 する 前の「ふりがな」を 文字ごとに 入力 する ために ローマ字を つかっている だけです。


下の 節で,ほかに どんな ちがいが あるか みていきます。

かなづかいの 影響による ちがい

現代仮名遣いは 音声と 文字の 対応が くいちがっている ところが あります:

この 影響を うけて,音声による 変換か 文字による 変換かで ちがいが でます。

《学》 私は: 〈ワタシワ〉 ⇔ watasi wa
《パ》 私は: 「わたしは」 ← watasi ha
《学》 鼻血: 〈ハナジ〉 ⇔ hanazi
《パ》 鼻血: 「はなぢ」 ← hanadi
《学》 空気: 〈クーキ〉 ⇔ kûki
《パ》 空気: 「くうき」 ← kuuki
《学》 王様: 〈オーサマ〉 ⇔ ôsama
《パ》 王様: 「おうさま」 ← ousama

撥音

《学校のローマ字》では,na が〈ナ〉なのか〈ンア〉なのか 判別 するために,〈ンア〉を n'a と 書く きまりが あります。《パソコンのローマ字》では,NA が「な」なのか「んあ」なのか 判別 するために,「んあ」を NNA と 入力 する きまりが あります。

この ルールの ちがいから,撥音を ふくむ ことばで ちがいが でる ことが あります。

《学》 禁煙: 〈キンエン〉 ⇔ kin'en
《パ》 禁煙: 「きんえん」 ← kinnen
《学》 女: 〈オンナ〉 ⇔ onna
《パ》 女: 「おんな」 ← onnna

発音 できない 表記

《パソコンのローマ字》では 小書きの 文字(「っ」「ゃ」「ぁ」など)や 長音の 記号「ー」を それだけで 入力 する ことが できます。これに よって 発音 できない 表記を 入力 する ことも できます。《学校のローマ字》には これが できません。

《学》 アッー:(書けない)
《パ》 アッー: 「あっー」 ← altu-

特殊音

《パソコンのローマ字》は 外来語などで もちいられる 特殊音(〈ティ〉〈ファ〉〈チェ〉など)を 入力 する ことが できます。《学校のローマ字》には これが 欠けていますこの 点で《学校のローマ字》が 時代おくれだと いわれるのは あたっています。日本人が ローマ字の 知識から とおざけられて しまい,ローマ字を 時代に あわせて 発展 させる ことが できなかったからです。

《学》 ファン:(書きかたが きまっていない普通は hwan と 書きます。
《パ》 ファン: 「ふぁん」 ← fan

独自の 入力方法

《パソコンのローマ字》には 独自に さだめられた 入力方法が あります。

《学》 お茶: otya, ocha の どちらか
《パ》 お茶: ocya でも かまわない

ローマ字の 方式を まぜる

《学校のローマ字》には 訓令式ヘボン式が ありますが,これらを まぜて つかう ことは できません。《パソコンのローマ字》に そんな きまりは ありません。キーボードを 操作 しやすい やりかたで 入力 する ことが できます。

《学》 女子: zyosi, joshi の どちらか
《パ》 女子: josi でも かまわない

ふたつの ローマ字を 統一 できるか

統一の 方向性

ふたつの ローマ字が ちがっていると,実用上の 不便や 教育上の 無駄が あり,何も いい ことは ありません。統一 できれば いいのですが,できるでしょうか?


ひとつの 道は かなづかいの 改革です。現代仮名遣いは 歴史的仮名遣いの かんがえかたを あらためて,表音主義を とりいれた かなづかいですが,その 表音化は 不完全です。もっと 表音化を すすめれば,ふたつの ローマ字は 自動的に ちかづいていきます。

具体的には「おはよう」「こんにちは」を「おはよー」「こんにちわ」に かえていく 方向性です。この 書きかたは 明治時代から 主張 されてきた もので,今も 規範に とらわれない わかい 世代では よく つかわれます。

しかし,これに 対して 一部の 人は すさまじい 反発を しめします。習慣を あらためる ことには 誰でも きわめて 保守的です。日本語ブームも 日本語の 発展を ねがう 前むきな ものでは なく,なぜか うしろむきです。

このような 状況で,かなづかいの 改革が 国民の ひろい 共感を えるのは むつかしく,前むきな 議論が おこなわれる ことも ここ しばらくの あいだは なさそうに おもわれます。


もう ひとつの 道は《学校のローマ字》と《パソコンのローマ字》の うち 一方の ルールを あらためて あわせる アプローチです。音声による 変換か 文字による 変換か,どちらかに 統一 して しまおう,という ことです。

第1案

第1案は 文字による 変換に 統一 します。これは「ローマ字は 日本語の 音声を ラテン文字で 書きあらわした もの」という 原則を かえて しまう ことを 意味 します。それでも いいと わりきる かんがえかたです99式は これに ちかいと かんがえる ことも できます。

《第1案》 私は: 「わたしは」 ⇔ watasi ha
《第1案》 鼻血: 「はなぢ」 ⇔ hanadi
《第1案》 空気: 「くうき」 ⇔ kuuki
《第1案》 王様: 「おうさま」 ⇔ ousama

ただし,この 方法は 現代仮名遣いが かかえている 欠点を そのまま ひきついで しまいます。すなわち,kousi を〈コーシ〉と 読むか〈コウシ〉と 読むかで まよう ことに なり,〈トーリ〉を toori と 書くか touri と 書くかで なやむ ことに なりますかみくだいて 説明 します。kousi という 文字は「講師」の 意味なら〈コーシ〉と 読みますが,「子牛」の 意味なら〈コウシ〉と 読まなければ なりません。つまり,kousi という 文字 だけでは 正しい 読みかたが わかりません。〈トーリ〉という 発音は「通り」の 意味なら toori と 書きますが,「党利」の 意味なら touri と 書かなければ なりません。つまり,〈トーリ〉という 発音 だけでは 正しい 書きかたが わかりません。

この 欠点は 致命的です。第1案を とる ことは できません。

第2案

第2案は 音声による 変換に 統一 します。

《第2案》 私は: 〈ワタシワ〉 ⇔ watasi wa
《第2案》 鼻血: 〈ハナジ〉 ⇔ hanazi
《第2案》 空気: 〈クーキ〉 ⇔ kûki
《第2案》 王様: 〈オーサマ〉 ⇔ ôsama

この 場合は「ローマ字入力」の キーの おしかたが かわります。たとえば,「空気」は kûki で,「ケーキ」は kêki で,「後期」は kôki という ふうに キーを おして 入力 する ことに なります。これは 感覚的にも 自然では ないでしょうかこの 方式の 欠点は「かな入力」と「ローマ字入力」で おなじ 変換辞書が つかえない ことです。今の「ローマ字入力」は,第1段階で kuuki を「くうき」に 変換 し,第2段階で「くうき」を「空気」に 変換 する,という 2段がまえに なっています。こう する ことで「かな入力」と「ローマ字入力」で おなじ 変換辞書が つかえるからです。

â, î, û などの 長音符号つき文字は 直接 入力 できる キーが キーボードに ありませんから,代用表記の かんがえかたを つかいます。この あたりの 操作性は 工夫次第で 改良 できるでしょう^キーは すこし おしにくい 位置に ありますから,@キーや ;キーで 代用 するなど,アイデアは いろいろ あるでしょう。

この 改良版の「ローマ字入力」では,ローマ字文を 分かち書きで 書く ように スペース バーを おせば,そこで 変換が おこなわれますしたがって,基本的に 単語の 単位で 変換 する ことに なります。連文節変換では ないので,同音異義語の しぼりこみが できず,おびただしい 変換候補が 表示 されるかも しれませんが,これは 技術的に 解決 できる 課題です。


もし《パソコンのローマ字》が この 方向に すすんでいけば,「おはよー」「こんにちわ」の 違和感が だんだん うすれていくと おもわれます。これが 現代仮名遣いを 表音かなづかいに ちかづけていく 力に なるかも しれません。

「氷」「公理」「小売」の 発音は〈コーリ〉〈コーリ〉〈コウリ〉ですが,現代仮名遣いでは それぞれの 読みがなは「こおり」「こうり」「こうり」です。なぜ こんな 奇妙な ことに なるのかを 説明 されても,それを 理解 できる 人は すくなく,それに 納得 できる 人は さらに すくないでしょう。必要も ない ことで 小学生を なやませている だけで なく,こどもから 質問 された 親まで 頭を かかえている ありさまです。表音かなづかいでは それぞれの 読みがなは「こーり」「こーり」「こうり」です。これなら なやむ ところは ありません。

表音化は 日本語の 表記システムが すすんでいかなければ ならない 方向です。そして,現に すすんでいる 方向です。これを もっと 意識 して,戦略的に おしすすめていかなければ ならないでしょう。《パソコンのローマ字》の 改良が その さきがけに なるかも しれません。

【読み物】かな漢字変換

日本語ワープロを つかえば 漢字かな交じり文を 書く ことが できます。タイプライターの 時代には ローマ字文しか 書けませんでした。漢字が つかえる ように なり,便利に なった ように おもえますが,はたして 本当に そうでしょうか?

実は,機械で 文章を 書く とき,ローマ字文の ほうが 漢字かな交じり文より すぐれている ところが あります。どこか わかりますか? それは「かな漢字変換」です。

漢字変換
かな漢字変換

漢字かな交じり文の 入力には「かな漢字変換」の 作業が ひと手間 余計に 必要です。しかも,これは 画面に 表示 された 変換候補を 目で みて 確認 しながらで なければ おこなえません。タッチ タイピングが できる 人でも 画面は みなければ なりません。このため,手書きの 原稿を ワープロで 清書 する ような 場合,原稿と 画面とを 交互に みなければ ならず,作業の 能率が いちじるしく おちて しまいます。

日本語ワープロが ひろく ゆきわたって,事務処理の 能率でも 日本は 欧米に おいついた,と おもっている 人が いるかも しれません。しかし,事実は ちがいます。文書作成の スピードを くらべたら,今でも 日本は 欧米の 半分くらいだとも いわれています。

ローマ字文の 入力には「かな漢字変換」の 無駄が ありません。原稿の 清書なら 原稿 だけ みていれば いい わけです。頭に うかんだ 文章を 書いていく 場合なら,目を とじた ままでも 作業が できるかも しれませんこれは ローマ字文 だけの 話では なく,原理的には 表音文字で 書く 世界の 言語に 共通です。この 点でも 日本語の 表記システムは おくれていると いえるでしょう。

ローマ字運動の 父と よばれる 田中館愛橘(たなかだて あいきつ)は 明治から 昭和の はじめに かけて 活躍 した 人です。彼の 仕事部屋からは いつも タイプライターを たたく 音が きこえていました。昔は 停電が おおく,突然 部屋が まっくらに なる ことも ありましたが,そんな ときでも タイプライターを たたく 音が とぎれる ことは なかったと いわれています偉人の エピソードです。どこまで 本当の 話かは わかりません。