字訳

字訳とは

音訳と 字訳
音訳と 字訳

音声を 文字に 変換 する ことを「音訳」または「転写」(transcription)と いいます。それに 対して,ある 文字を 別の 文字に 変換 する ことを「字訳」または「翻字(ほんじ)」(transliteration)と いいます。

表音文字で 記述 する 言語は,文字の 対応関係さえ きめておけば,別の 種類の 表音文字で 書きなおす ことが できます。

たとえば,ギリシャ語は ギリシャ文字で 書く 言語ですが,ギリシャ文字と ラテン文字の 対応関係を,α (アルファ)は a に,β(ベータ)は b に,という ふうに きめておけば,ラテン文字で 書きなおす ことが できます。

このように して,ある 表音文字の 体系を 別の 表音文字の 体系に うつしかえるのが 字訳です。

α → a
β → b
γ → g
δ → d
ε → e

このとき,対応関係は かならずしも 1文字 対 1文字で なくても かまいませんし,一対一対応に なっている 必要も ありません。θ(シータ)を th に,σ(シグマ)と ς (ファイナルシグマ)を s に,という 対応でも いい わけです。

θ → th
σ, ς → s

字訳の ローマ字

ローマ字にも 音訳と 字訳が あります。普通の ローマ字は,日本語の 音声を ラテン文字で 書いた ものですから,音訳です。それに 対して,字訳の ローマ字は 日本語の 文字を ラテン文字で 書きなおした ものです。日本語の 文字と いっても,表音文字で なければ なりませんから,かな文字です。つまり,かな文字書きの 日本語を ラテン文字に うつしかえた ものが 字訳の ローマ字です。

具体的には「あ」「か」「さ」を a, ka, sa に,「きゃ」「きゅ」「きょ」は kya, kyu, kyo に,長音の「おう」「こう」「そう」は ô, kô, sô に,撥音「ん」は n に,促音「っ」は つぎの 子音字に,という 具合です。「じ」「ぢ」「ず」「づ」は それぞれ zi, zi, zu, zu に,という 対応ですここでは 現代仮名遣いで かんがえていますが,歴史的仮名遣いで かんがえる ことも できます。

あ → a
か → ka
ん → n
はっぱ → happa
きゃ → kya
おお → ô
おう → ô
おー → ô

結局,音訳の ローマ字と おなじ 結果に なりますが,音声を うつしかえたのでは ない 点が ちがいます。この ちがいは 重要です。字訳の 場合,かな文字書きの 日本語を 読めない(あるいは 正しい 発音を しらない)外国人でも ローマ字書きに できるからです実際には むつかしい 問題が あります。

また,ルールさえ さだめておけば,「アッン」「アッー」などの 発音 できない 表記や「ま゛」の ように 無理やり つくった 表記でも ラテン文字化 する ことが できます。

可逆的な 字訳とは

字訳に おける 文字の 対応関係が 一対一対応に なっている 場合,これを「可逆的な 字訳」と いいます。

可逆的な 字訳では,一度 うつしかえた 結果を 逆方向に うつしかえて もとに もどす ことが できます。

可逆的な 字訳の ローマ字

可逆的な 字訳の ローマ字を かんがえる ことも できます。ただし,それには つづりかたを すこし 手なおし する 必要が あり,普通の ローマ字と つづりかたが かわります。

まず,長音の つづりかたが ちがいます。たとえば,「おお」「おう」「おー」は oo, ou, ō に 対応 させます。

もし「おお」「おう」「おー」が すべて ô に 対応 していたら,ô を 逆方向に うつしかえようと しても,もともと「おお」「おう」「おー」の どれだったのか わかりませんから,もとに もどせません。したがって,「おお」「おう」「おー」は それぞれ 別の つづりに 対応 させなければ ならない わけですこれは 対応の させかたの 一例です。ほかの やりかたも かんがえられます。

おお ⇔ oo
おう ⇔ ou
おー ⇔ ō

また,ローマ字の 方式は 日本式に なります。たとえば,「じ」「ぢ」は zi, di に 対応 させます。

もし「じ」「ぢ」が どちらも zi に 対応 していたら,zi を 逆方向に うつしかえようと しても,もともと「じ」「ぢ」の どちらだったのか わかりませんから,もとに もどせません。したがって,「じ」「ぢ」は それぞれ 別の つづりに 対応 させなければ ならない わけです。

じ ⇔ zi
ぢ ⇔ di

この 理屈で,助詞の「は」「へ」「を」は ha, he, wo に 対応 させます。

gakkou(学校;がっこう)
koori(氷;こおり)
gōru(ゴール)
mikaduki(三日月;みかづき)
watasi ha(私は;わたしは)

発音 できない 表記の 字訳

ローマ字は 音声を 書きあらわした ものですから,発音 できない 音声(?)の 表記を かんがえる 必要は ありません。しかし,実際には 発音 できない 特殊な 表記も 漢字や かな文字で おこなわれています。

このような 表記を 字訳で ローマ字書きに する 必要が あるかも しれません。しかし,公式の ローマ字は 音訳の ローマ字ですから,こういう 場合の ルールは きめられていません。そこで,この サイトの 提案を しめします。

「ー」「~」

長音の「ー」を もちいた 特殊な 表記が あります。また,普通では ない 長音を あらわす 目的で「~」が つかわれる ことも あります。

この サイトでは,「ー」を x で,「~」を lx で あらわす ことに します。

aqx(あっー)
nx(んー)
pîxx, pixxx(ぴーーー)
alx(あ~)
ulxn(う~ん)

「っ」

促音の「っ」を もちいた 特殊な 表記が あります。この サイトでは,「っ」を q で あらわす ことに します。

aqa(あっあ)
aqn(あっん)
aqqq(あっっっ)

「ぁ」「ゃ」など

小書きの「ぁ」「ゃ」などを もちいた 特殊な 表記が あります。この サイトでは,小書きの 文字の 前に l を つけて 目印に します。

hala(はぁ)
dalo(だぉ)
sulu(すぅ)
dolya(どゃ)
ulwa(うゎ)

濁点(゛),半濁点(゜)

濁点(゛)や 半濁点(゜)を もちいた 特殊な 表記が あります。この サイトでは,濁点(゛)を lb,半濁点(゜)を lp と 書く ことに します。

alb(あ゛)
salp(さ゜)
elb', elbq(え゛っ)
albx(あ゛ー)