ローマ字の 目的

「ローマ字教育の指針」

ローマ字は 何の ために あるのでしょうか? ローマ字を つぎの ような ものと おもっている 人は おおいでしょう:

これらは すべて まちがいです。もちろん,ローマ字を 英語や パソコンに 応用 する ことも できますし,すれば いいでしょう。しかし,それは 電話を モーニングコール(wake-up call)に つかうのと おなじ くらい 本来の 目的から はずれています。では,本当の 目的は なんでしょうか?


戦後 まもなく,当時の 文部省が「ローマ字教育の指針」という ものを まとめており,そこで ローマ字教育の 目的を のべています。ここに ローマ字の 目的が はっきり しめされています。それは 簡単に まとめると,つぎの 3項目です:

つまり,日本人が 日本語の 文章を ローマ字で 書くという 未来の 社会が 想定 されていて,その 目的は 世界の 中で 日本が 発展 していく ため,日本の 産業や 文化を 発展 させる ため,日本語 そのものを 発展 させる ため,と いっていた わけです。これが ローマ字の 本当の 目的です。

ローマ字は 外国人の ために ある ものだと かんがえている 人が おおいかも しれませんが,それは 勘ちがいです。ローマ字は まず 第一に 日本語で 生活 している 人の ために あります。

下の 節で これら 3項目に ついて 説明 します。

日本語の 国際化

ひとつめは ラテン文字化の 意義を いっています。ラテン文字は ローマ帝国が ラテン語を 記述 する ために もちいた 文字ですが,のちには 世界中で つかわれる ように なり,今では 世界共通の 文字と みなされています。ですから,通常は ラテン文字で 記述 しない 言語でも ラテン文字で 記述 する 方法が かんがえられている ことが あります。これを「ラテン化」とか「ラテン文字化」と いいます。

たとえば,ギリシャ語は ギリシャ文字で 書く 言語ですが ラテン文字でも 書けるように なっています。中国語は 漢字で 書きますが ラテン文字でも 書ける ように なっています。おなじ ように,日本語は 漢字と かな文字で 書くのが 普通ですが ラテン文字でも 書ける ように してあります。

これを もう 一歩 すすめて,日常の 日本語を ラテン文字で 書く ことに すれば,日本語・日本文化・日本的な 価値観などが 世界の 人々に 理解 されやすく なります。たとえば,日本の 新聞が ローマ字で 書かれる ように なれば,日本に 興味を もつ 外国人が 辞書を ひきながら それを 読むでしょう。これは 日本に とっても 世界に とっても おおきな メリットに なる はずですよく 日本語は むつかしい 言語だと いわれますが,これは 事実では ありません。日本語の 文法は 外国人でも 比較的 たやすく おぼえられます。むつかしいのは 日本語では なく 日本語の 表記システムや 日本の 文化です。ローマ字に すれば 表記システムが 簡単に なって,日本語は 外国人に とっても(ほかの 言語と おなじ 程度に)やさしい 言語に なります。

日本語の 合理化

ふたつめは 日本語の 表記システムを 合理化 する ことを いっています。これには 能率化の 側面と 民主化の 側面が あります。つまり,産業に おける 能率アップと 教育に おける 脱エリート化です。

すすんだ 国が 事務処理に タイプライターを つかう ように なった ころ,日本では 複雑な 字体の 漢字を 性能の わるい 筆記具で 手書き していました。また,学校の「国語」は 漢字の 学習に 授業時間を うばわれて しまい,本来の 学習が おろそかに なりがちでした。そのため,庶民は 日本語を つかいこなす 能力が 十分で なく,ごく 一部の エリート だけが 芸術的な 日本語を もてあそんでいました。日本語の 表記システムが かかえている 非能率性と 非民主性に 産業界や 教育界は 頭を かかえていた わけです。ローマ字で 書く 習慣が ひろく ゆきわたれば,漢字を つかわなく なっていき,能率的で 民主的に なります。

この 問題は テクノロジーの 進歩に よって もう 解決 した,という 主張が あります。たしかに,今は 機械で 文章が 書ける ように なり,面倒な 手書き作業から ほぼ 解放 されました。漢字の 字体や 筆順を 正確に おぼえる 必要も なく なり,昔に くらべて 漢字の 負担が かるく なったのは 事実です。でも,よく かんがえてみれば,漢字を 書く ときの 負担が へった だけです。読む とき,はなす とき,きく ときの 負担は かわりません。そして なによりも,たくさんの 漢字を おぼえなければ ならない ことが かわっていません。

それどころか,どんな 漢字も 機械で たやすく うちだせる ように なった ため,やたらに むつかしい 漢字を つかいたがる 人が ふえました。漢字の 知識と 日本語能力を とりちがえた わるい 流行の せいで,漢字だらけの わかりにくい 文章を 書く 人が おおく なって しまいましたインターネットの 発達で,しろうとの 書いた 文章を 目に する ことが ふえたのも 理由の ひとつですが,それ だけでは ありません。

情報を つたえる 道具としての 言語,文明社会を ささえる インフラとしての 言語は,合理的で なければ なりません。言語 そのものを ねじまげては いけませんが,言語を 記述 する 文字は 時代に あわせて 合理化 していく べきでしょう。漢字よりも かな文字が,かな文字よりも ラテン文字が(道具として)すぐれている ことは いうまでも ありません。世界の 文字の 歴史も それを 証明 していますパソコンなどで 日本語を 入力 する とき,「ローマ字入力」を つかう 人が おおい 事実も 指摘 しておきます。今の 日本人は,漢字を 書いている つもりで,実は ローマ字を うっています。漢字変換を やめれば,ローマ字で 文章を 書いているのと ほとんど おなじです。あとは ローマ字で 書かれた 文章を 読むのに なれれば,ローマ字 だけで 読み書きが できます。

メニューバー
いろいろな 言語の メニューバー

図は 表計算ソフトの メニューバーを いろいろな 言語で 表示 させた ものです。下線つきの 文字を よく みて ください。日本語の メニューバーには なぜか 英語と おなじ 文字が つかわれています。日本語の ことばと つながりが なく,おぼえにくくて 不便です。表記システムと 機械の 相性が わるいと,現代社会では さまざまな 面で 無視 できない デメリットを こうむる ことに なります。

言語の 表記システムは 意識的に かえていく ものです。それが 国の 発展に つながるからです。先進国で たびたび 正書法の 改訂が おこなわれるのは そのためです。

日本語の 分析

みっつめは 日本語という 言語 そのものを くわしく しらべるのに ローマ字が 役に たつ ことを いっています。ローマ字は 日本語の 音声を ほぼ そのまま 書きあらわす 表記システムですから,ことばの 発音に 目を むけさせる 効果を もっています。日本語を ローマ字で 書くと,ことばの 発音を 自然に 意識 できる ように なり,活用や 音便,お国ことばの 特徴などが 理解 しやすく なります。また,分かち書きを するので 単語を 認識 できる ように なります。

小学生にも わかる 例を あげると,「すみません」が「すいません」に なって しまう 原理が あります。これを ローマ字に すると,m が ぬけおちた ことが よく わかります。これは 発音を 楽に する ためだと かんがえられます。「春雨」の 読みかたは〈ハルアメ〉では なく〈ハルサメ〉です。これは 母音が つづくのを さけようと して s が はさみこまれたからだと かんがえられます。

sumimasen(スミマセン)
 → suimasen(スイマセン)
haruame(ハルアメ)
 → harusame(ハルサメ)

ローマ字なら,「目」「瞼(目蓋)」「見る」が すべて m で はじまり,「手」「轡(手綱)」「取る」が すべて t で はじまる 偶然(?)に 気づく ことも できるでしょう。

me, mabuta, miru(目,瞼,見る)
te, tazuna, toru(手,轡,取る)

共通語と 東北地方の お国ことばが どのように ちがっているかも たやすく 説明 できます。これは かな文字書きでも 説明 できますが,ちがいの 本質が 子音に ある ことを しめせる 点で,ローマ字の ほうが すぐれています。

hata, hada(旗) ito, ido(糸)
take, tage(竹) hako, hago(箱)

学校の「国語」で ローマ字を まなぶ もっとも おおきな 理由は これです。ことばの 理解は 日本語教育の 土台だからです。

「ローマ字教育の指針」それから

文部省の 指針では 念を おす ように,つぎの ことを のべています誤解 されない ように 書きそえておくと,この指針は 漢字と かな文字による 日本語教育を 否定 しているのでは ありません。日本語は ローマ字で 書け,と いっているのでも ありません。日本語の 書きことばを 将来的に どのように していくかは 国民自身が かんがえる ことである,と のべています。

[…]英語その他の外国語を授ける前提として,ローマ字による国語の読み書きを教えようという考え方もあるが,これは,まったく誤りであって,ローマ字教育はあくまでも国語教育のために行われるものとして考えなければならない。

しかし,ローマ字に 関して このような 認識を もっている 人は,国語教師の 中にさえ,あまり いないのでは ないでしょうか? それも 当然です。実は,日本の 政府自体が とっくの 昔に かんがえを かえていて,「ローマ字教育の指針」の 理念を すてさっているからです1960年代に 国語審議会の ある 委員が「国語は、漢字かなまじりをもって、その表記の正則とする」という 提案を しています。これは 否決 されたのですが,この 委員らは 文部大臣から「今後の審議に当っては当然のことながら国語の表記は漢字かな交り文によることを前提とし……」という ことばを ひきだす ことに 成功 しました。このとき「ローマ字教育の指針」の 理念は すてられた,と いえます。明治時代から 半世紀 以上もの ながい 時間を かけて かんがえつづけてきた 国の 基本政策が,何の 議論も なしに,なかった ことに されたのでした。


日本の 言語政策は ゆがめられて しまいましたが,ローマ字を まなんで つかっていく ことの 大切さは 昔も 今も かわりません。この サイトは,今の 日本政府の かんがえとは ちがい,「ローマ字教育の指針」が かかげていた 崇高な 理念を まもりつたえていく 立場で つくられています。

【読みもの】てふてふ

てふ
てふてふ

おなじ ことばでも 昔の 発音と 今の 発音は ちがいます。今は「チョウ(蝶)」を「てふ」と 書いたら 実際の 発音と まったく ちがうので 不自然ですが,昔の 人に とっては「てふ」が 自然だった わけです。このように 日本語の 発音は ながい 歴史の 中で さまざまな 変化を してきましたが,その 変化の 中には わかりやすい 法則で 説明 できる ものが あります。そんな 例を ふたつ しめします。

ひとつは,「峠」「そう(副詞)」「扇」「雑煮」の 変化です。それぞれ,「たうげ」から「とうげ」に,「さう」から「そう」に,「あふぎ」から「おうぎ」に,「ざふに」から「ぞうに」に かわりました。

かな文字書きでは 変化の 法則が よく わかりませんが,ローマ字で 書くと au, ahuô に かわった ことが みえてきます。

taugetôge(峠)
sau(そう)
ahugiôgi(扇)
zahunizôni(雑煮)

もう ひとつは,「~でしょう」「料理」「今日」「チョウ」の 変化です。それぞれ,「~でせう」から「~でしょう」に,「れうり」から「りょうり」に,「けふ」から「きょう」に,「てふ」から「ちょう」に かわりました。

これも ローマ字に すると eu, ehu に かわった ことが わかります。

-deseu-desyô(~でしょう)
reuriryôri(料理)
kehukyô(今日)
tehutyô(チョウ)

なお,ローマ字の 方式を ヘボン式に すると うまく いきません。学校の「国語」で 訓令式を おしえる 理由が よく わかるでしょうこの 場合は,訓令式 よりも 日本式の ほうが すぐれています。