変な ローマ字

まちがいさがし

どこが 変か わかりますか?


変な ローマ字を みつけたら この サイトに おしえて ください。

正しい ローマ字と まちがった ローマ字

本物の ローマ字

本物の ローマ字は 日本語を ラテン文字で 書いた ものです。現在 つかわれている 方式は 訓令式ヘボン式で,その 書きかたは「ローマ字のつづり方」という ルールで さだめられています。この ルールに のっとって 書かれた ものが 正しい ローマ字です。

Tôkyô(東京) 【訓令式
Tōkyō(東京) 【ヘボン式

英語の 書きかた

ローマ字と よばれている ものには 本物の ローマ字で ない ものが あります。その 代表は 英語の 書きかた,すなわち 学校の「英語」で ならう ローマ字です。一般に ローマ字と いえば 本物の ローマ字では なく こちらを おもいうかべる 人が おおいでしょう。けれども,この 書きかたは 正しい ローマ字では ありませんただし,一般には まちがいと かんがえられていません。それどころか,英語の 書きかたが 正しい ローマ字で,小学校の「国語」で おしえている 本物の ローマ字(特に 訓令式)は おかしいと おもっている 人も います。

日本語の ルールから いえば 英語の 書きかたは まちがいです。これを さまざまな 分野で 採用 している 今の 政策も まちがっています。英語の 書きかたは 英語の 話し手が つかう ものです。日本語の 話し手が つかう ものでは ありません。自分の ことばを 外国語風に 書いている 現状は 国際的にも 問題が あります。

Tokyo(東京) 【「英語式」

まちがい

本物の ローマ字で ない ものの 中には,完全な まちがいも あります。これには いくつかの パターンが あります。

× Toukyou(東京) 【「ワープロ式」

まちがいの パターン

よく ある まちがいの パターンを 3種類 しめします。

「ワープロ式」

ローマ字は 日本語の 音声を ラテン文字で 書いた ものですが,かな文字(ふりがな,読みがな)を ラテン文字に おきかえた ものだと おもっている 人が います。また,ローマ字入力と ローマ字の 区別が できていない 人も います。これらの 勘ちがいが もとで,ローマ字入力の ときに おす キーを そのまま 書きつらねた ような 書きかたに する まちがいが はびこっています。

これは もっとも おおい まちがいの パターンで,「ワープロ式」と よばれています。フリガナの「オウ」が ou に なるのが 特に 目だつ ところです。

× watasi ha(私は)
× hanadi(鼻血)
× ookami(オオカミ)
× ousama(王様)

外来語などでは さらに おかしな つづりに なる ことも ありますこの 書きかたを する 人は,これを ローマ字の 正しい 書きかただと おもっている わけでは なく,これでも わかるから いいと おもっているのでしょう。それに しても,日本語を いいかげんに 書いて いいと かんがえているのだと したら 問題です。ローマ字表記は 外国人の 目に ふれる ことが おおいので,たとえ その つもりは なくても,結果として まちがった 日本語を 世界に ひろめて しまう ことに なりかねません。

× pa-thi-(パーティー)

スポーツ選手風

スポーツ選手の ユニフォームに 書かれる 名前には 独特の ローマ字が あります。オ段の 長音が oh に なるのが 特徴です最近,この 書きかたは すくなく なってきました。「英語式」に のりかえている ようです。。これは 完全な まちがいですが,一般人が 名刺や 表札を つくる ときに これを まね して しまう ことが あります。

大石さん,大原さん,大山さんが この 書きかたに した ものの,〈オヒシ〉〈オッハラ〉〈オヒャマ〉と 読まれそうで こまっている,という わらえない 話も あります。パスポートの 名前は この 書きかたに する ことも できますが,そう しない よう つよく おすすめ しますこの 書きかたは 完全な まちがいです。パスポートを この 書きかたで つくって しまうと 変更も できませんから,気を つけて ください。

× Ohishi(大石)
× Ohhara(大原)
× Ohyama(大山)

「ちゃんぽん式」

学校では 訓令式ヘボン式を ならいますが,それらの「ローマ字表」は ほんの すこし ちがう だけです。そのため,ふたつの 方式を ごちゃまぜに する まちがいが おこりがちです。この「ちゃんぽん式」は 昔から あり,日本式ヘボン式が 対立 していた 大正時代には すでに めずらしく なかったと いわれています。

ごちゃまぜの レベルには 2段階 あります。ひとつは 訓令式 の つづり(たとえば si, ti, tu, hu, zi)と ヘボン式 の つづり(shi, chi, tsu, fu, ji)が まざりあっている レベル。もう ひとつは 訓令式の つづり(たとえば zyo, tyo)と ヘボン式の つづり(jo, cho)が とけあっている レベルですローマ字入力tyo, cho, cyo の どれでも「チョ」に なる ものが おおい ようです。この 親切設計が アダに なって,まちがいに 気づきにくいのかも しれません。

× Tuji(辻)
× Funahasi(舟橋)
× Shinjyo(新庄)
× Cyosuke(長助)