変な ローマ字

まちがいさがし

どこが 変か わかりますか?

KOBAN

KOBAN
交番は 日本の 誇りですが,KOBAN は 日本の 恥です。表記の 英語化は 国際化に 反しています。

dancyu

dancyu
有名な 雑誌。これで〈ダンチュー〉と 読みます。「ちゃんぽん式」の 典型です。

NIPPON GINKO

NIPPON GINKO
日本銀行の 日本は〈ニッポン〉だと わかります。でも,〈ギンコ〉って 何?「金庫」じゃなくて「銀庫」?

BOSAI

BOSAI
NHKの テレビ番組です。「防災」に ついて まなべる すぐれた 内容なのですが,タイトルは 失敗でした。

GOUNN

GOUNN
アイドル グループが 歌う 曲で,仏教用語の「五蘊(ごうん)」。「ローマ字入力」から くる まちがいです。

SHINE

SHINE
ローマ字を しっていたら,ブログに こんな タイトルは つけません。知性が うたがわれます。

変な ローマ字 募集中

変な ローマ字 募集中!
変な ローマ字を みつけて「お問いあわせ」から おしえて ください。

 

なぜ まちがうのか?

ローマ字の まちがいには おおきく わけると ふたつの パターンが あります。ひとつは かなづかいに ひきずられた もの,もう ひとつは「ちゃんぽん式」です。

かなづかいに ひきずられた もの

ローマ字は 日本語の 音声を ラテン文字で 書いた ものです(くわしくは「ことばと 文字の 関係」で 説明 しています)。しかし,かな文字(読みがな)を いわゆる「ローマ字表」に したがって ラテン文字に おきかえた ものだと おもっている 人が います。また,パソコンなどの 機械で 日本語を 入力 する ときに つかう「ローマ字入力」と ローマ字を 混同 している 人も います。このため,かなづかいに ひきずられる まちがいが おこります。

× gakkou(学校)× koori(氷)
× watasi ha, anata he, kore wo (私は,あなたへ,これを)
× kandume(缶詰)
× Katou Yuuka(加藤優香)

ちゃんぽん式

学校では 訓令式ヘボン式を ならいますが,どちらの 知識も あやふやな 人が おおい ようです。そのため,両方を ごちゃまぜに した パターンが 発生 します。この「ちゃんぽん式」は 日本式ヘボン式が 対立 していた 大正時代には すでに めずらしく なかったと いわれています。

ごちゃまぜの レベルにも 2段階 あります。ひとつは 訓令式 だけに ある つづり(たとえば si, ti, tu, hu)と ヘボン式 だけに ある つづり(shi, chi, tsu, fu)が まざりあっている レベル。もう ひとつは 訓令式の つづり(zyo, tyo)と ヘボン式の つづり(jo, cho)が とけあっている(jyo, cyo)レベルです「ローマ字入力」は tyo, cho, cyo の どれでも「チョ」に なる ものが おおい ようです。この 親切設計が アダに なり,まちがいに 気づきにくいのかも しれません。なお,cyo は「新日本式」ローマ字の〈チョ〉ですが,「ローマ字入力」は これを とりいれた わけでは ないと おもわれます。

× Tuji(辻)/ × Funahasi(舟橋)
× Shinjyō(新庄)× Cyôsuke(長助)

それ 以前の 勘ちがい

上で のべた まちがいの ほかに,それ 以前の レベルと いっても よい 勘ちがいが あります。それは「大野」を Ono に する「英語風の 書きかた」です。

大野さんは 自分の 名前の フリガナを「オノ」とは 書かないのに,名刺や 表札に Ono と 書いている ことが あります。「オノ」と 書いたら おかしいと 感じるのに,Ono と 書いて おかしいと 感じないのは なぜでしょうか。それは,ローマ字が 日本語で ある ことを しらず,「英語と 日本語の 中間的な もの」「発音を しめす ための 書きかた」などと 勘ちがい しているからです。

しかし そうだと すると,自分の 名前を 日本語で 書いていない ことに なります。たしかに「英語」の 教科書では 日本人の 名前が「英語風の 書きかた」に されます。日本人の 名前を 英語風に ゆがめて 書いている わけです。こんな 異常とも いえる 状況の 中で 正常な 言語感覚を 身に つけるのは むつかしいかも しれません。このような 教育の まずしさを さしひくと しても,自分の 名前を 自分の 言語で 書かない ことに 疑問を 感じていないと したら,ことばに 対する 意識が ひくすぎると いわなければ なりません。