フリガナの ローマ字 変換

はじめに

名前の 書きかた

名前の 先頭は 大文字に します。姓と 名を ならべる 順番は「姓-名」です。姓を すべて 大文字で 書く 方法も あります。イニシャルに する 場合は うしろに とめの印(.)を つけます。長音符号つき文字â, î, û など)が つかえない ときは 代用表記に します。

Yamada Tarô(山田 太郎)
YAMADA Tarô 【姓を 大文字に】
Yamada T. 【イニシャル】
Yamada Taroo 【代用表記】

くわしくは「人名」を お読み ください。

変換の しくみ

フリガナを 完全に 自動で ローマ字に 変換 する ことは できません。この 処理を おこなうには,まず フリガナを 読みかたに 変換 して,それから 読みかたを ローマ字に 変換 しなければ なりませんが,前半の 処理が 自動化 できないからです。そこで,この ツールでは 前半の 処理を 手作業で やります。

フリガナの ローマ字 変換

[1] フリガナ

[2] フリガナ → 読みかた

[3] 読みかた → ローマ字

変換 できなかった ところが あります。

***は 書きかたが きまっていません。くわしくは「特殊音」を お読み ください。

学校の「国語」では n'wnw に して ください。

イ段の 長音は ii に する 書きかたも あります。くわしくは「îii と 書く?」を お読み ください。

この サイトは 訓令式を すすめています。そのほかの 方式は 行数などに 制限が あります。ボタンが おせなく なったら おまじないを 入力 して ください。

ローマ字は ことばを きりはなして 書きます。くわしくは「分かち書き」を お読み ください。

パスポートの 名前の 書きかたは「パスポートの ローマ字」で 説明 しています。

つかいかた

  1. テキストボックスに フリガナを 入力 します(1行は 25文字まで)。
  2. フリガナから 読みかたを つくります。
  3. ローマ字の 方式の ボタンを おします。

フリガナから 読みかたを つくるときは つぎの ように します:

気を つける こと

おぎない

ローマ字の 方式

訓令式
「国語」で ならう ローマ字です。日本語を 日本語らしく 書く 方式で,特別な 事情が なければ 訓令式を つかうのが 日本語の きまりです。ここでは すこし 仕様を 拡張 して,〈ティ〉〈ファ〉〈チェ〉などの 特殊音にも 対応 できる ように してあります。
ヘボン式
「国語」で ならう ローマ字です。日本語を 英語風に 書く 方式で,特別な 事情が あれば ヘボン式を つかっても かまいません。「英語」で ならう 書きかたや パスポートの 名前の 書きかたとは ちがいますから,気を つけて ください。
「英語式」
「英語」で ならう 書きかたです。一般には この 書きかたが ヘボン式と よばれています。judo(柔道)の ように,英語に なった 日本語は「英語式」の つづりで 書かれます。これは 英語の 書きかたですから,英語に なっていない 日本語には つかえません。
訓令式(パスポート)
この サイトが すすめている パスポートの 名前の 書きかたです。拡張 した 訓令式の 変形です。「パスポートむけ訓令式」と よんでいます。特殊音に 対応 しています。
ヘボン式(パスポート)
外務省が すすめている パスポートの 名前の 書きかたです。「外務省ヘボン式」と よばれる ことも あります。この サイトは「パスポート式」と よんでいます。一部の 特殊音に 対応 しています。