なんでも ローマ字 変換

はじめに

任意の 語句の 読みかたを 入力 して ローマ字に 変換 する ツールです。ローマ字の 方式は 訓令式ヘボン式などに 対応 しています。

メール アドレス,SNSの ユーザー名(ハンドル)などを かんがえる とき,この ツールを つかって ローマ字を 参考に して ください。

なんでも ローマ字 変換

読みかたを 入力 して ください。フリガナは ローマ字に 変換 できません。
例:「学校」→「ガッコー」,「空気」→「クーキ」



******の まちがいでは ありませんか? フリガナを 入力 しても 正しい ローマ字には 変換 できません。もし まちがっていたら やりなおして ください。正しく 入力 していたら そのままで かまいません。くわしくは 下で 説明 しています。

変換 できなかった ところが あります。

***は 書きかたが きまっていません。くわしくは「特殊音」を お読み ください。

学校の「国語」では n'wnw に して ください。

イ段の 長音は ii に する 書きかたも あります。くわしくは「îii と 書く?」を お読み ください。

この サイトは 訓令式を すすめています。

ローマ字は ことばを きりはなして 書きます。くわしくは「分かち書き」を お読み ください。

つかいかた

  1. テキストボックスに 読みかたを 入力 します。
  2. ローマ字の 方式の ボタンを おして 変換 します。

読みかたは フリガナでは なく 実際の 発音です。長音は「ー」を つかって 書きます。たとえば,「太陽」は「タイヨー」,「地球」は「チキュー」です。

フリガナの ように みえる 部分が あると,確認の メッセージを 表示 します。指示に したがって[やりなおす]か[そのまま]の ボタンを おして ください。

気を つける こと

おぎない

ローマ字の 方式

訓令式
「国語」で ならう ローマ字です。特別な 事情が なければ 訓令式を つかうのが 日本語の きまりです。この サイトも 訓令式を すすめています。ここでは すこし 拡張 して あり,特殊音に 対応 しています。
ヘボン式
「国語」で ならう ローマ字です。特別な 事情が あれば ヘボン式を つかっても かまいません。「英語」で ならう 書きかたや パスポートの 名前の 書きかたとは ちがいます。特殊音に 対応 していません。
「英語式」
「英語」で ならう 書きかたです。一般には この 書きかたも ヘボン式と よばれています。パスポートの 名前の 書きかたは これを 拡張 した ものです。特殊音に 対応 していません。
代用表記
母音字かさね式の 代用表記です。長音符合つき文字â, î, û, ê, ô または ā, ī, ū, ē, ō)を aa, ii, uu, ee, oo で おきかえます。特殊な 文字が つかえない ときは この 書きかたに して ください。

「おはよー」は 幼稚な 書きかたか?

「ー」で 長音を 書く 方法に 違和感を もつ 人や 反発を 感じる 人が いるかも しれません。けれども,ちいさい こどもが「おはよう」を「おはよー」と 書いて しまう ことが あるのは,それが 自然だからです。こどもが よく やる まちがいなので 幼稚に みえるかも しれませんが,バカに しては いけません。本当は 現代仮名遣いより この 書きかたの ほうが すぐれています。

まず,この 書きかたは 読む とおりに 書けます。現代仮名遣いでは,「多い」が「おうい」か「おおい」か,「氷」が「こうり」か「こおり」か,いちいち おぼえなければ なりません。それに 対して,この 書きかたは 読む とおりに「多い」は「おーい」,「氷」は「こーり」と 書けます。そして,書いてある とおりに 読めます。現代仮名遣いでは,「こうし」が〈コウシ〉(子牛)か〈コーシ〉(講師)か わかりません。それに 対して,この 書きかたは 書いてある とおりに「こうし」は〈コウシ〉,「こーし」は〈コーシ〉と 読めます。

この 書きかたは「棒引き仮名遣い」と よばれ,明治時代から ある ものです。実際に 教科書で つかわれた ことも あります明治33(1900)年に 小学校の 教科書で つかわれました。しかし,保守派の はげしい 反発を まねき,わずか 数年で 廃止 されました。