なんでも ローマ字 変換

はじめに

ローマ字の 方式

ローマ字の 方式は 訓令式ヘボン式の 2種類に 対応 しています。ただし,ここで いう ヘボン式は「東京」を Tōkyō と 書く 方式です。「東京」を Tokyo と 書く 方式(学校の「英語」で ならう 書きかた,パスポートの 名前の 書きかた,道路標識の 地名の 書きかた)とは ちがいます学校の「英語」で ならう 書きかたは 正しい ローマ字では なく,英語の 書きかたです。日本語の ことばが 英語に とりいれられて 英語化 した とき,この つづりに なります。この 書きかたは 英語の 話し手が つかう ものです。ほとんどの 外国人や 日本人の 役には たちません。。まちがえない ように してください。

ローマ字の 書きかたを さだめている「ローマ字のつづり方」は 訓令式を すすめています。この サイトも 訓令式を すすめています。くわしくは「訓令式の 根拠」を お読み ください。

分かち書き

ローマ字は ことばの あいだに 空白を いれる 分かち書きに しなければ なりませんが,この ツールに ことばを きりはなす はたらきは ありません。そのため,語句を 入力 する 段階で あらかじめ ことばを きりはなしておく 必要が あります。

いまの ところ,ことばの きりはなしかたには 公式の ルールが ありません。おおまかな ルールは「ローマ字文の 見本」を みれば わかります。こまかい ところは 書き手に よって ちがいますから,自己流で かまいません。それでは かえって 書けないという 人は,ほかの 人が 書いた ものを まね して 書くと いいでしょう。「分かち書き」「ローマ字小辞典」に この サイトが すすめる 書きかたの 例が あります。

なんでも ローマ字 変換

実際の「読みかたを」入力 して ください。フリガナを ローマ字に 変換 する ことは できません。
例:「学校」→「ガッコー」,「空気」→「クーキ」

の まちがいでは ありませんか? フリガナを 入力 すると 正しい ローマ字に 変換 できません。もし まちがっていたら やりなおして ください。正しく 入力 している 場合は そのままで かまいません。くわしくは 下で 説明 しています。

つかいかた

テキスト ボックスに 語句の「読みかた」を 入力 して,ローマ字の 方式に したがって ボタンを おして ください。結果は ボタンの 下に 表示 します。代用表記は 母音字かさね式です。コピー&ペーストで おつかい ください。

「読みかた」は フリガナでは なく 実際の 発音です。長音は「ー」を つかって 書きます。また,分かち書きの ルールに したがって ことばを きりはなして ください。

メール アドレス,URL,SNSの ユーザー名(ハンドル),ファイル名などを かんがえる ときは 代用表記に すると いいでしょう。長音符号つき文字â, î, û など)を つかわない 書きかたに なります。

気を つける こと

おぎない

「おはよー」は 幼稚な 書きかたか?

長音を「ー」で 書く 方法に 違和感を もつ 人や 反発を 感じる 人が いるかも しれません。けれども,これは 現代仮名遣いより ずっと 自然な 書きかたです。小学校の 1年生が「おはよう」を「おはよー」と 書いて しまう ことが あるのは,それが 自然だからです。こどもが よく やる まちがいなので 幼稚に みえるかも しれませんが,バカに しては いけません。本当は 現代仮名遣いより この 書きかたの ほうが すぐれています。

この 書きかたは 読む とおりに 書けます。現代仮名遣いでは,「多い」が「おうい」なのか「おおい」なのか,「氷」が「こうり」なのか「こおり」なのか,いちいち おぼえる 必要が あります。それに 対して,この 書きかたは 発音の とおりに「おーい」「こーり」と 書けます。

そして,この 書きかたは 書いてある とおりに 読めます。現代仮名遣いでは,「こうし」の 読みかたが 〈コウシ〉(子牛)なのか 〈コーシ〉(講師)なのか わかりません。この 書きかたなら,「こうし」の 読みかたは かならず〈コウシ〉で,「こーし」の 読みかたは かならず 〈コーシ〉です。