ローマ字 変換 プログラム

はじめに

フリガナを ローマ字表記に 変換 する プログラムを つくろうと する 人は おおい ようですが,残念ながら それは できません。ローマ字は 日本語の 音声を ラテン文字表記に した ものですが,フリガナから 音声を 判定 できない ことが あり,その 場合に ローマ字表記を きめられないからです。

しかし,フリガナでは なく,長音を「ー」で 書く「読みかた」なら,簡単な プログラムで ローマ字表記に 変換 する ことが できます。

その 処理を おこなう プログラムを 用意 しました。言語は VBA です。そのまま Microsoft Excel などの データ ファイルに 標準モジュールとして インポート できます。おこのみで 手なおしして ご自由に おつかい ください。

ローマ字 変換 プログラム

ダウンロード

ローマ字 変換 プログラム

ZIPファイルに なっています。展開(解凍)して ください。

つかいかた

「読みかた」を ローマ字表記に 変換 します。「読みかた」は フリガナでは ありません。実際の 発音です。長音は「ー」を つかって 書き,「私は」「あなたへ」「これを」の「は」「へ」「を」は「ワ」「エ」「オ」と 書きます。また,ながい 語句は 分かち書きの ルールに したがって ことばを きりはなしておく 必要が あります。

ローマ字の 方式に 対応 した 6種類の 関数が あります:

関数の つかいかたは すべて おなじで,カタカナ表記の 「読みかた」を 引き数で あたえると ローマ字表記の 文字列を かえします。

KatakanaToRoomaziK( "イチロー" ) → "itirô"
KatakanaToRoomaziH( "イチロー" ) → "ichirō"
KatakanaToRoomaziP( "イチロー" ) → "ICHIRO"
KatakanaToRoomaziQ( "イチロー" ) → "ITIROO"

方式に ついて

日本式
日本式に〈スィ〉〈ティ〉〈トゥ〉〈ズィ〉〈ディ〉〈ドゥ〉を くわえた ものです。すべて 小文字に なります。
訓令式
訓令式に〈スィ〉〈ティ〉〈トゥ〉〈ズィ〉〈ディ〉〈ドゥ〉を くわえた ものです。すべて 小文字に なります。
訓令式(拡張版)
訓令式に 独自の 特殊音を くわえた ものです。すべて 小文字に なります。
ヘボン式
駅名標などに つかわれている,「東京」を Tōkyō と 書く 方式です。道路標識(案内標識)などに つかわれている,「東京」を Tokyo と 書く 方式では ありません。撥音と 促音の 不規則性は とりこんでいます(例:sampo, itchi)。長音符号は マクロン(¯),くぎり記号は ハイフン(-)です(例:kin-yōbi)。すべて 小文字に なります。
パスポート式
パスポート式(外務省ヘボン式)です特殊音の こまかい 仕様は わかりません。インターネット上の 信頼 できる 情報から 確認 できる〈ジェ〉〈チェ〉〈ティ〉〈ディ〉〈デュ〉〈ファ〉〈フィ〉〈フェ〉〈フォ〉〈ヴァ〉〈ヴィ〉〈ヴ〉〈ヴェ〉〈ヴォ〉に 対応 しています。。イ段の 長音を II に しています。すべて 大文字に なります。
パスポートむけ訓令式
パスポートむけに この サイトが すすめている 書きかたで,訓令式(拡張版)を 変形 した ものです。すべて 大文字に なります。

気を つける こと

おぎない

大文字と 小文字の 変換には VBAの Ucase(), Lcase(), StrConv() や Excelワークシート関数の UPPER(), LOWER(), PROPER() が つかえます。文字列に 長音符号つき文字が ふくまれていても 正しく はたらきます。ただし,PROPER() などは きる印(')の つぎの 文字も 大文字に なって しまいます。