ローマ字の 方式 修正

はじめに

ローマ字の 方式

ローマ字の 書きかたを さだめている「ローマ字のつづり方」は 訓令式を すすめています。この サイトも 訓令式を すすめています。ヘボン式は,まちがいでは ありませんが,推奨 されていません。くわしくは「訓令式の 根拠」を お読み ください。

ここで いう ヘボン式は「東京」を Tōkyō と 書く 方式です。「東京」を Tokyo と 書く 方式では ありません。後者の 書きかたを この サイトは「英語式」と よんでいます。これは 日本語の ことばが 英語に なった ときの 書きかたで,正しい ローマ字では ありませんたとえば,日本語の「豆腐」は 英語に なっていて tofu と 書かれます。「英語式」は 英語の 話し手が もともと 日本語の ことばだった 英単語を 書く 方法です。日本語の 話し手が 日本語を 書く 方法では ありません。そのように つかおうと しても,まったく つかいものに なりません。

国際的な 場では 日本語も ローマ字表記に しなければ なりませんが,英語風に 書かなければ ならない 理由は ありませんし,ましてや 英語化 する 必要は ありません。ヘボン式や 「英語式」は できるだけ つかわない ように して ください。

訓令式Tôkyô推奨
ヘボン式Tōkyō非推奨
「英語式」Tokyoまちがい

ローマ字の 方式 修正

ヘボン式訓令式に なおします。

つかいかた

上の テキスト ボックスに ヘボン式の ローマ字を 入力 して,[なおす]を おして ください。下の テキスト ボックスに 訓令式の ローマ字を 出力 します。コピー&ペーストで おつかい ください。

気を つける こと

おぎない