ポルトガル式

あらまし

16世紀の 末に イエズス会の 宣教師が 日本に やってきました。そして,当時の 日本語を 彼らの 言語風に 書きうつしました。日本に はじめて 活版印刷機を もちこみ,教団の 教育の ために テキストを 印刷 したりも しました。これを「キリシタン版」などと よんでいます。

彼らは ポルトガル語を 公用語に していました。日本語を ポルトガル語風に 書いた わけです。ポルトガル語は ラテン文字で 書く 言語ですから,日本語を ラテン文字で 書いた ことに なります。つまり,これが ローマ字の はじまり です。ポルトガル式 ローマ字と よばれています。

ただし,この ローマ字は 宣教師たち だけが つかった ものです。彼らは 漢字と かな文字の 日本語を すらすら 読み書き できた わけでは ありません。あらかじめ ローマ字で 書いた 文章を こしらえておき,それを 読みあげて 辻説法などを したのでしょう。

そのあとも ポルトガル式 ローマ字は 日本人の あいだに ひろまりませんでした。キリシタン弾圧の せいで すたれて しまったからです。

「ローマ字表」

ポルトガル式の ローマ字は 五十音と ローマ字の つづりが 1対1には 対応 していませんが,おおよそは 下の 表の ように なっています。

エ(イェ)オ(ウォ)
ai, j, yu, vyevo
caqicu, quqe, queco
gaguiguguego
セ(シェ)
saxisuxeso
ゼ(ジェ)
zajizujezo
tachitçuteto
dagizzu, dzudedo
naninuneno
ハ(ファ)ヒ(フィ)ヘ(フェ)ホ(フォ)
fafifufefo
babibubebo
papipupepo
mamimumemo
エ(イェ)
yai, j, yyuyeyo
rarirurero
エ(イェ)ヲ(ウォ)
vai, j, yu, vyevo

※ カタカナは 音声を しめしています。ただし,( )は 実際の 発音です。たとえば,「エ(イェ)」は「エ」を 実際には〈イェ〉と 発音 していたという 意味です。

おぎない

拗音は〈キャ〉〈ギャ〉〈シャ〉〈ジャ〉〈チャ〉〈ヂャ〉〈ニャ〉〈ヒャ〉〈ミャ〉〈リャ〉を それぞれ quia, guia, xa, ja, cha, gia, nha, fia, mia, ria の ように 書きました。〈ジ〉〈ヂ〉〈ズ〉〈ヅ〉は ji, gi, zu, zzu と 書きわけています。発音の 区別が あったからです。

長音符号には 山形(^)と 谷形(v)の 2種類が あります。口を せばめて 発音 する〈オー〉と 口を ひろげて 発音 する〈オー〉の 区別が あったからです口を ひろげる 長音を 開長音,そうで ない ほうを 合長音と いいます。開長音は 17世紀ごろから つかわれなく なり,いまでは 開合の 区別は ありませんが,方言で 一部の 地方に のこっています。

cŏcŏ(孝行) fôcô(奉公)
bucqeô(仏教) bucqiŏ(仏経)
Fijen no cvni(肥前の国) qenpijxi(検非違使)


手紙の あて先に「御中」と 書く ことが あります。これを いまは〈オンチュー〉と 読んでいます。室町時代も「御中」と 書いていましたが,これを〈オンナカ〉と 読んでいました。なぜ そんな ことが わかるのかと いうと,手紙の 作法を まとめた ローマ字の 文書が のこっていて,それに von naca と 書いてあるからです。宣教師が 日本の 文化を しらべていたのでしょう。漢字で 書いてあったら,読みかたまでは わかりません。

このように,ポルトガル式で 書かれた 文書は 昔の 日本語の 発音を しる 手がかりに なります。この 意味で,キリシタン資料は 日本語を 研究 する 学者に とっても たいへん 重要な 研究材料と なっています。


いまに つたわる もっとも ふるい キリシタン版は "SANCTOS NO GOSAGVIO NO VCHI NVQIGAQI"(サントスの御作業の内抜書)で,聖人(ポルトガル語で サントス)の 伝記を あつめた ものです。

キリシタン版は 宗教書 ばかりでは ありません。 "FEIQE MONOGATARI"(平家物語)や "ESOPO NO FABVLAS"(エソポのハブラス:イソップ寓話集)なども あります。しかし,当時の 日本人は その ローマ字を 読む ことが できません。これらの 文書は 宣教師が 日本語を 勉強 する ために つかった テキスト でした。

ただ,イソップ寓話は 当時の 日本人にも うけいれられました。漢字と かな文字で 書かれた「伊曽保物語」も つくられて,第7版まで でる 人気だった ようです。

【読みもの】 天草版平家物語

天草版平家物語の 表紙には つぎの ように 書いてあります:NIFONNO COTOBA TO Hiſtoria uo narai xiran to FOSSVRV FITO NO TAMENI XEVA NI YAVA RAGVETARV FEIQE NO MONOGATARI.


天草版平家物語

これは「日本の 言葉と Historia(イストリア:歴史)を 習い知らんと 欲する 人の 為に 世話に 和(やわ)らげたる 平家の 物語」と 読みます。「世話に 和らげたる」とは「やさしい ことばづかいに した」という 意味です。この 平家物語は 口語訳だからです。これも 宣教師が 日本語と 日本史を まなぶ ための テキスト だった ようです。

ここで 注目 したいのは NIFON です。「日本」を〈ニフォン〉と 発音 したらしい ことが わかります。漢字や かな文字で 書いてあったら わかりませんかな文字で 書いてあったら わかるだろうと おもうかも しれませんが,わかりません。この 時代には まだ 濁点や 半濁点が なく,促音の「っ」も 書きませんでした。そのため,実際の 発音が〈ニッポン〉でも〈ニフォン〉でも ひらがな表記が「にほん」に なって しまうからです。

さまざまな 研究から,この 時代には〈ジッポン〉〈ニッポン〉の 発音も あった ことが わかっています。「ほ」の 発音が かわって〈ニフォン〉が〈ニホン〉に なるのは もう すこし あとの 時代です。