ISO 3602

あらまし

1989(平成元)年,国際標準化機構(ISO)は 訓令式日本式の ローマ字を 国際標準として 採用 しました。ISO 3602:1989 "Documentation -- Romanization of Japanese (kana script)" です。これが 国際標準の ローマ字です。


この 規格は 表記体系の 変換規則として 定義 されています。つまり,かな文字で 書かれた 日本語を ラテン文字に 変換 する ルールが さだめられています。通常,外国人が ローマ字を つかう 場合,文字に 書かれた 日本語を ラテン文字で 書く ことに なるからです。

たとえば,外国の 図書館が 日本語で 書かれた 書籍を もっていて,それを 管理 する 目的で 日本語の タイトルを ラテン文字表記に する 場合などが かんがえられます。基本的に,日本語を よく しらない 外国人が つかう ことを かんがえている わけです。

この 規格は 訓令式を 基本と していますが,厳密に 日本語の 文字を 書きうつしたい 場合には 日本式を つかう ことに しています。つまり,「お」と 書いてあったのか「を」と 書いてあったのかを 区別 したい 場合には 日本式を つかう わけです。もとの 表記が「キイ」だったのか「キー」だったのかも 区別 できる ように かんがえられています「ー」の 長音は 長音符号を マクロン(¯)に します。

今の ありさま

ISO 3602 は,強制力こそ ありませんが,世界の 標準です。学術,芸術,産業など さまざまな 分野で ひろく つかわれる ことが 期待 されています。にも かかわらず,日本政府は この 標準に 賛同 する 意思を しめしていません。国内で ばらばらに なっている ローマ字の 方式を この 標準に あわせて 統一 する うごきも ありません。

北京オリンピック
北京オリンピック

中国と 韓国にも 中国語と 韓国語(朝鮮語)を ラテン文字で 書く ルールの 国際標準が あり,中国政府と 韓国政府は それらに 賛同 する 意思を あきらかに しています。中国と 韓国の 国内ルールは その 標準に のっとっています。国際的な 場で「北京」が Beijing と 書かれ,「釜山」が Busan と 書かれるのは このためです。そして 外国も これらを 書きかたを 尊重 しています。

それに 対して,国際的な 場で「広島」が Hirosima と 書かれる ことは ありません。ISO 3602 が ないがしろに されているからです。日本政府が みずから これを 無視 している くらいですから,外国が これを 尊重 する はずも ありません。


ISO 3602 は ヘボン式に 変更 されるか または 廃止 される 可能性が あります規格は 定期的に みなおされる ことに なっています。現在 その 作業が すすんでいて,おおきな 変更が あるかも しれません。